幻 類語。 幻 (源氏物語)

「神秘的」と「幻想的」の意味の違いと使い分け

幻 類語

「鏡花水月」の意味とは? 「鏡花水月」の意味1:「はかない幻」 「鏡花水月」は「きょうかすいげつ」と読み、その意味は「はかない幻」の意味です。 目に見えても手にすることができないもののたとえになります。 「鏡花水月」の意味2:「奥深い趣のたとえ」 またもう一つの意味として、「感じ取れるものの言葉でうまく言い表せないような奥深く、趣深い趣のたとえ」でもあります。 主に詩や文学などの芸術関係のことで、微妙な味わいのあるものを「鏡花水月」と言います。 「鏡花水月」の由来は? 「鏡花水月」の由来は「鏡に映った花」と「水に映った月」 「鏡花」とは「鏡に映った花」という意味で、「水月」は「水に映った月」という意味です。 どちらも実際に手に取ることができないことから、その二つを並べて「はかない幻」という意味の「鏡花水月」が生まれました。 出典は『詩家直説』の一説 「鏡花水月」の出典は『詩家直説』の中の一説です。 「詩有可解不可解若鏡花水月、勿泥其跡可也。 」 この一文は、「詩でわかることとわからないことは、それはちょうど鏡花水月のようだ」と解釈されます。 文中の「鏡花水月」がそのまま四字熟語として使われるようになりました。 「鏡花水月」の使い方と例文 「鏡花水月のように」と比喩として使うのが一般的 「鏡花水月」を使う場合は、この四字熟語を比喩として使われるのが一般的な使い方です。 趣深いものを見て感じ取った時、「鏡花水月のように」といって表現します。 「鏡花水月」を使った例文• 「この陶器の美しさはまるで鏡花水月のようだ。 あまりにも繊細で触れたら壊れてしまいそうだ」• 「この小説は鏡花水月のような言葉に言い表せない趣深さが伝わってくる」• 「夢で見た亡くなった私の友人の幻影は、鏡花水月のように切なく微笑みかけてくれた」• 「この詩の醍醐味は、鏡花水月のようにとらえどころがないものの、ヴィジョンとして私たちの目にその詩が描く状況を思い描くことができることだ」 「鏡花水月」の類語 「水月鏡花 (すいげつきょうか) 」は同じ意味 「水月鏡花」は「鏡花水月」を入れ替えただけですが、「鏡花水月」の同義語として実際にある四字熟語です。 意味は「鏡花水月」と同じく、「目で見ることができても手に取ることができないはかない幻」です。 「水月鏡像(すいげつきょうぞう)」も類語 「鏡花水月」の類義語とされる「水月鏡像」は、「鏡花水月」の「鏡花」を「鏡像」に変えた言葉です。 鏡に映るものが、花から事物になり、「鏡に映った像は触ることができない」と一般的な事物に直した表現です。 「鏡花水月」の英語表現 「はかない幻」の意味で「phantom」 「鏡花水月」の「幻」という意味を表す英単語なら「vison」や「illusion」などがありますが、「鏡花水月」の表すような「はかない幻」という切なさを1語で表現できるような英単語というと「phantom」が最も近いでしょう。 「phantom」という語の最もよく使われる意味は「幽霊」や「亡霊」なのですが、「幻」や「妄想」という意味もあります。 「自分の想像の中でだけ見ることができるもの」を指す語として使われて、文学的な表現です。 「鏡花水月」の状況をそのまま描写した英訳です。 「はかない幻」といった意味が伝わるとは限らず、読み手次第になります。 「鏡花水月」の意味を伝える英訳 「鏡花水月」が意味する「はかない幻」という意味に近づけた英訳だと次のようになります。 というのも、「鏡花水月」に該当する英単語や英語表現がないからです。 まとめ 「鏡花水月」とは鏡に映る花や水面に映る月のように「目で見ることもできるけれど、実際には手に取れないことのたとえ」です。 そのことから「はかない幻」や「言葉でにできないような趣」といった意味が生まれました。 その意味から、詩や文学などの芸術の世界で使われることの多い四字熟語です。

次の

「ぬか喜び」の意味と使い方、語源、類語、対義語、英語表現

幻 類語

夢にさえ姿の見えないあの人の魂の行方を捜しておくれ)に因み、『』の後半をモチーフとしている。 この歌は光源氏の物語の始まりである第1帖「」で、源氏の父が亡きを偲んで詠んだ和歌「尋ねゆく幻もがなつてにても魂のありかをそこと知るべく」と呼応するものとなっている。 また、源氏が故(に火葬)の手紙を焼くエピソードは、『』で八月十五日に月へ帰ったかぐや姫から贈られた不死の薬を帝が焼く話から着想したと思われる。 あらすじ 52歳の正月から十二月の晦日までの一年間。 が世を去り、また新しい年がめぐってきた。 新春の光を見ても悲しさは改まらず、源氏は年賀の客にも会わずに引きこもっている。 そして紫の上に仕えていた女房たちを話相手に、後悔と懺悔の日々を過ごしていた。 は紫の上が可愛がっていたを源氏の慰めに残し宮中に帰る。 が訪ねてきて、かつて催したで紫の上が合わせた香を回想して褒め称えた。 それと同時に、「どうという取り柄がない妻を亡くしても、悲しみは尽きぬもの…ましてやあのような…」と自分の妻を亡くした時の記憶がよみがえり、更に涙ぐむ宮。 源氏は そうだった、宮も北の方を亡くされていたのだ… と心中を思いやる。 宮は北の方を早くに亡くし、かつてはに思いを寄せていたが、のちにの娘・と結婚したのだ。 彼女が住むの屋敷へ婿として通っていたが、夫婦仲はあまりうまくいっていない様子で、足が遠のいているという噂を聞いていた源氏。 ましてや宮は、未だに北の方を忘れかねているのだ… お互いのつらい現実に、さらに悲しみがこみ上げる源氏だった。 春が深まるにつれ、春を愛した故人への思いは募る。 しかしやのもとを訪れても、紫の上を失った悲しみが深まるだけだった。 四月、から衣替えの衣装と歌が届けられる。 の頃、に紫の上の一周忌の手配を頼む。 八月のには、生前に紫の上が発願していたの供養を営んだ。 年が明けたらを果たす考えの源氏は、身辺を整理しはじめる。 その途中、にいたころに届いた紫の上の手紙の束が出てきた。 墨の色も今書いたかのように美しく、寂寥の念はひとしおだが、すべて破って燃やしてしまう。 十二月、で行われた御仏名の席で、源氏は久しぶりに公に姿を現した。 その姿は「 光る君」と愛でられた頃よりも一層美しく光り輝いており、昔を知る僧並びに出席した貴族たちは涙を流した。 晦日、にはしゃぎまわる三の宮を見るのもこれが最後と思う。 源氏は最後の新年を迎えるための準備をした。 もの思ふと過ぐる月日も知らぬ間に年もわが世も今日や尽きぬる 外部リンク• による定家本の・• - (訳).

次の

幻 類語

「神秘的」の意味と使い方 「神秘的」は「 しんぴてき」と読みます。 「神秘的」の意味は「 人間の知恵でははかり知れず、言葉でも言い表せないほど不思議なさま」です。 「神秘」は「人知では想像できないこと」、「的」は「そのような様子であること」を意味します。 主に、景色に対して使うことが多いです。 「神秘的な風景」「神秘的な空間」などと使います。 例えば、旅行に行ったときに、普段の生活ではなかなか見ることができない綺麗な景色を見たりしますよね。 そういった景色を「神秘的な景色」と表すことができます。 「神秘的」は景色だけではなく、人や出来事に対しても使うことができます。 ・神秘的な景色 ・神秘的な美しさ ・神秘的な雰囲気 ・神秘的な現象 ・神秘的な場所 ・神秘的な力 というような使い方をします。 「神秘的」の類語には、「不思議」「奇怪」「摩訶不思議」「奇天烈」「奇異」「不可思議」「ミステリアス」などがあります。 例文 ・世界各地に旅行に行けば、神秘的な景色を見ることができるだろう。 ・どうやら彼は神秘的な力を持っているらしい。 ・彼は神秘的で魅力があるから、女子から人気がある。 「幻想的」の意味と使い方 「幻想的」は「 げんそうてき」と読みます。 「幻想的」の意味は「 現実から離れていて、まるで空想の世界にいるようなさま」です。 「幻想」は「実際にはないことをあるかのように想像すること」、「的」は「そのような様子であること」を意味します。 現実ではなく、幻の世界にいるような気分であることを表します。 夢や幻のようなことを「幻想的」と言います。 例えば、「幻想的な光景」ならば「実際のことではないような、空想のような景色」を意味します。 ・幻想的な音楽 ・幻想的な曲 ・幻想的な調べ ・幻想的な世界 ・幻想的な光景 というような使い方をします。 「幻想的」の類語には、「架空」「夢幻的」「空想的」「ファンタジック」「ファンタスティック」「ドリーミー」などがあります。 例文 ・青い海が周りに広がっていて、幻想的な世界にいるみたいだ。 ・この曲はとても幻想的で、映画の雰囲気に合っている。 ・その通りはクリスマスになるとライトアップされて、幻想的な光景になる。

次の