猫 ワクチン 種類。 【獣医師が解説】猫のワクチンの種類や接種する回数について、副作用は起こるの?

猫にワクチン接種してから元気ない!ワクチンの種類と怖い副作用

猫 ワクチン 種類

猫のワクチン接種には多くのトピックが絡みます。 獣医師によって意見が異なり、それによりオーナーさんをますます混乱させています。 各々のメリットとデメリットを理解し、信頼できる獣医師に接種してもらうのが良いでしょう。 今回は一般的なワクチン接種プログラムの紹介と、当院の方針について解説します。 ワクチン接種は新人獣医師にとって比較的早い段階で任される仕事の1つです。 しかし適切なワクチンの接種には、飼育環境・猫の状態にあったワクチンの選択、ワクチンの副作用、接種部位の選択、接種後の対応、ワクチンプログラムのメリット・デメリットなどを、理解し説明できる必要があります。 ワクチンを打つこと自体は技術的には簡単ですが、様々な知識が求められます。 猫のワクチンは特に他の病気のリスクにも関係するため、日々の学習が欠かせません。 、、、 1ワクチンの種類 7種ワクチンは3種類(3株)の猫カリシウィルスに対する免疫を促します。 3種ワクチン:猫ウィルス性鼻気管炎、猫カリシウィルス感染症、猫汎白血球減少症に対する免疫を促します。 これはコアワクチンと呼ばれ、全ての猫に接種が推奨されています。 猫ウィルス性鼻気管炎はくしゃみなどを介して感染し、猫カリシウィルス感染症や猫汎白血球減少症の原因ウィルスは、自然環境で1ヶ月以上感染性が維持されるため、靴や衣類を介して自宅の猫に感染するリスクがあります。 そのため外に出ない猫でも接種が推奨されます。 5種ワクチン:3種に加え猫クラミジア感染症、猫白血病ウィルスをカバーしています。 猫クラミジアと猫白血病は猫同士の蜜な接触(喧嘩、交尾、お互いにグルーミングし合う、食器を共有するなど)が必要になるため、完全室内飼育の猫は必要ないとされています。 外飼い、または多数の猫と接触する機会がある猫で接種を推奨されています。 7種ワクチン:5種ワクチンに加え、カリシウィルスが3種類(3株)に増えています。 カリシウィルスは変異を起こしやすいため、3つの株を摂取することでより強固な免疫を促します。 狂犬病ワクチン:日本では猫の摂取義務はありませんので、主に海外へ移動するときに必要になります。 海外へ移動する書類に記載するには、狂犬病ワクチンは30日以上日数をあけて2回摂取し、その後抗体価(抗体の量を示す指標)を測定する必要があります。 最初のワクチン接種から抗体価検査の結果報告まで数ヶ月かかりますので、海外へ猫と移動を考えている方は早めに準備しましょう。 特に高齢で初めて狂犬病ワクチンを受ける場合、抗体価が国が求める基準まで上がりにくい傾向があるので注意です。 生ワクチンと不活化ワクチン ワクチンには毒性を弱めた注射を接種する「生ワクチン」と細菌やウィルスを殺した「不活化ワクチン」があります。 現在国内に流通している猫のワクチン一覧。 FHV:猫ヘルペスウィルス、FCV:猫カリスウィルス、FPV:猫パルボウィルス、Chlamydia felis :猫クラミジア、Rabies virus:狂犬病ウィルス 2ワクチンプログラム ワクチンプログラムとは、どのような周期でワクチンを接種するのか。 AAFP(米国猫臨床協会)のパネルレポートとWSAVA(世界小動物獣医師会)のガイドラインを元にしたプログラムと、伝統的なワクチンプログラムを紹介します。 ここでは最も摂取する頻度が高い3種ワクチンについて述べます。 ワクチンのプログラムは「ワクチン導入期」とその後、抗体価を維持する「追加免疫(ブースター)期」にわかれます。 1幼猫(16週齢未満)のワクチン導入期 生後間もなくから免疫力が発達するまでの間が最も感染リスクが高い時期です。 母猫の初乳(産後数日間に分泌される乳汁)には感染症に対する抗体が含まれます。 これを飲むことで、小さな体を守ることができます。 しかしこの母猫からの抗体は時間とともに消失します。 平均でも12週齢頃には効果がなくなってしまいます。 反対に母親由来の抗体がたくさん残っていると、ワクチン接種による抗体の産生を阻止してしまいます(移行抗体の干渉)。 そのため、母親由来の抗体が切れた時が感染リスクが高く、その時期にワクチンを接種する必要があります。 黄色線:移行抗体の平均 紫線:移行抗体の個体差の幅 赤線:ウィルスの感染を阻止できる抗体価の最低ライン 緑線:ワクチンの抗体産生を阻止(移行抗体の干渉)してしまう最低抗体価。 赤と緑の間が最も危険。 移行抗体の強さは個体差があるため、生後9週で抗体がなくなってしまうこともあります。 緑の線(移行抗体の干渉を起こさないライン)よりも抗体が下がった時にワクチンを接種するのが好ましいです。 反対に移行抗体が多く、15週まで残っている子猫もいます。 その場合、9週と13週に打ったワクチンは移行抗体の干渉により、抗体がうまく産生できない場合があります。 そのため、導入期の最後のワクチン接種は16週以降に打つことが推奨されています(下図)。 個々の猫の移行抗体がどれくらい残っているのかはわからないので、以下のようにワクチンを接種することで、移行抗体が少ない猫、移行抗体が多い猫のどちらにも対応することができます。 2子猫以上の場合(16週以上)のワクチン導入 16週齢以降の猫は母親からの移行抗体の影響がありませんので、3〜4週間隔で2回の接種が進められています。 これは中年齢で保護して3歳で初めてワクチンを打った場合なども同じです。 3追加免疫期 ワクチンによる免疫はそのままにしておくと弱まってしまいます。 一度作られた免疫を、定期的にワクチン摂取することによって、免疫力を維持します。 導入期の最後のワクチンから1年後(WSAVAガイドラインでは 6ヶ月後 or 12ヶ月後)にワクチンを接種し免疫力を強固にします。 さらにその後の追加免疫期のワクチンプログラムは大きく2つに分けられます。 導入期の翌年から1年に1度接種していきます。 伝統的なプログラムで、国内ではこちらを採用しいる動物病院の方が多いでしょう。 私が個人的に尋ねた限りではオーストラリア、イギリスでもこのプログラムを採用している病院の方が多いように感じました。 私が研修したシドニーのPaddington Cat Hospital も1年おきのプログラムでした。 研究により猫の3種ワクチン(猫カリシ、猫ヘルペス、猫パルボウィルス)の免疫持続時間は各々3年以上持続することがわかりました。 WSAVAガイドラインやAAFPパネルレポートで推奨しているプログラムです。 ワクチン接種回数を減らすことができます。 1 ワクチン接種回数を減らすメリット ・13歳で最後に接種すればその3年後の16歳まで効果が持続する。 16歳の時にワクチン接種をするかは、その時の猫の健康状態によって相談します。 導入期を含め8回打てば猫の平均年齢(15歳)までカバーできます。 このような反応が出ることは多くはありませんが、接種回数が少ないに越したことはありません。 注射部位肉腫とは、注射をした接種部位に肉腫(がん)ができることです。 不活化ワクチンの接種と肉腫の因果関係が強かったため、かつてはワクチン関連性肉腫と呼ばれていました。 その後ワクチン以外の注射でも発生することがわかり、注射部位肉腫と呼ばれるようになりました。 その他:最近の研究で毎年のワクチン接種が慢性腎臓病の発生率を高めている可能性が指摘されています。 C Finch, H. M Syme, and J. Elliot 2014)毎年ワクチンを接種していた猫のグループは、そうでないグループよりも慢性腎臓病の発症率が高かったと報告しています。 さらなる研究の報告が待たれます。 3年おきのプログラムだと最後に打ったのがいつなのかわからなくなってしまい接種率が下がる可能性があります。 ワクチンに限らず、投薬でも複雑な処方は避けられる傾向にあります。 日本では猫のワクチン接種率が低く、さらに低下してしまう可能性があります。 3年以上有効な抗体価を維持すると報告されましたが、中には反応が弱く3年持たない猫もいます。 そのため毎年接種した方がより確実と考えられます。 血液中の抗体価を測ることはできますが、抗体価の測定は日数がかかり、またワクチン代より高額の費用がかかるのがネックです。 3当院の方針 当院は感染リスクが低い猫に関しては3年に1度の接種を推奨しています。 感染リスクが低い猫とは完全室内飼育で、キャットホテルなどを利用せず、他の猫と接触が少ない猫です。 反対に多頭飼育、定期的にキャットホテルを利用する猫は感染リスクがあります。 感染リスクが高い場合は年に1度の接種を推奨します。 その年にワクチンを打ってないのであれば、キャットホテルを利用する前7〜10日にワクチンを接種しましょう。 3ワクチンの接種部位 かつてアジュバンド入りの猫白血病ワクチンを打った部位に肉腫(がん)ができやすいことがわかり、猫ワクチン関連性肉腫(Vaccine Associated Felien Sarcoma)と呼ばれていました。 現在では猫白血病ワクチンは改良され、またワクチン以外の注射でも肉腫ができる可能性があることがわかり、猫注射部位肉腫(FISS:Feline Injection-Site Sarcoma)と名前が変わりました。 昔は肩甲骨の間に摂取していましたが、肉腫ができた場合切除手術が難しいため、もし肉腫ができてしまった時のことを考えて四肢の先に打つことが推奨されています。 最も簡易に切除できるので尻尾に摂取すべきという意見もあります。 研究では尻尾に摂取しても通常通り抗体産生が促されたと報告しています。 Hendricks, C. G et al 2014 研究の本文では「猫は尻尾への摂取を十分許容した」とありますが、実際には尻尾にワクチンを打とうとすると、結構抵抗します。 尻尾は敏感な部分なので痛いのでしょう。 そしてこの研究はパイロットスタディ(大型研究を行う前の小規模研究)です。 私は飼い主さんの希望があれば尻尾への摂取を試みますが、難しい場合は後肢に打ちます。 4 その他のワクチン接種に関するFAQ 4. 1 ワクチンにはどのような副作用がありますか? 稀に疼痛(痛がる)、腫脹(接種部位の腫れ)、発熱、嘔吐、元気食欲低下、下痢などを起こすことがあります。 ワクチン接種後は2〜3日は安静にし、シャンプーなどは避けましょう。 非常に稀ですがアナフィラキシーといって、全身性のアレルギーにより血圧が下がり重篤な症状を示すこともあります。 接種後はしばらくは観察を続け、帰宅後も気にかけてあげましょう。 異常があれば速やかに獣医師に連絡して下さい。 2 ワクチンを接種すれば確実に感染を防げますか? 完全には防げません。 特に猫カリシウィルスや、猫ウィルス性鼻気管炎(猫ヘルペスウィルス)はハイリスクな環境(シェルター、猫過密地域など)では感染からの防御は難しいです。 発症を防ぐことには効果的です。 また仮に感染・発症してしまってもワクチンを接種している猫の方がはるかに軽症で済みます。 また稀なケースですが、ワクチンへ免疫応答が生じない猫もいます(ノーレスポンダー)。 血液検査で全く抗体価が上がってないことで判明します。 このような猫はできるだけ感染症のリスクがない環境で暮らしましょう。 3 接種後どのくらいで抗体が作られますか? 接種後免疫を獲得するには3〜4週間かかるので、この間は病気を持っていると思われる猫との接触は避けましょう。 4 猫エイズウィルスの(FIV)のワクチンはありますか? あります。 ただしFIVにA〜Fタイプの6タイプがあり、日本では(特に関東)ではBタイプが流行しているのに対して、現在市販されいてるFIVワクチンはA,Dタイプです。 異なるタイプにも免疫防御が働くと示唆されていますが、他のワクチンほどの効果は見込めないと思います。 しかし。 2010年のWSAVAガイドラインではFIVワクチンは「非推奨」でしたが2015年の同ガイドラインでは「ノンコア none-core」に再分類されました。 「非推奨」とは現在のところ科学的な根拠に乏しく接種が推奨されないワクチンです。 それに対して「ノンコア 」とは生活環境、ライフスタイルによって感染リスクがある猫に推奨されるワクチンです。 そして「コア」は生活環境にかかわらず全ての猫に接種が推奨されるワクチンで、3種ワクチンがこれに当てはまります。 4 不活化ワクチンの方が注射部位肉腫になりやすいですか? 注射部位肉腫が判明した当時はアジュバンド(ワクチンの効果を補助する物質)にアルミニウムが使われていたワクチンで有意に注射部位肉腫の発生率が高かったですが、最近の研究ではは不活化、生ワクチンで発生率の違いはありません。 同様に特定の製薬会社のワクチンが注射部位肉腫を起こしやすいということもありません。 まとめ 猫のワクチンは注射部位肉腫の問題、猫白血病・猫エイズワクチン、1年or3年、最近では慢性腎臓病との関連性など、ますます複雑になってきています。 今回はガイドラインを紹介しましたが、必ずしも欧米のガイドラインに従う必要性はありません。 獣医師と十分相談してから愛猫にワクチン接種をしましょう。 私は低リスク環境の猫には不要な接種による副作用を避けたいという理由で上記のガイドラインを支持しています。 そして3年おきのプログラムの場合は、ワクチンを打たない年度も年1回、身体検査だけでも健康チェックを受けることをお勧めします。 2010年版ですがWSAVAガイドラインはから日本語で読むことができます。 参考 ・Guidelines for the vaccination of dogs and cats. 2015 WSAVA ・2013 AAFP Feline Vaccination Advisory Panel Report カテゴリー• 33 人気記事• 猫のダイエットに関してはこちら 画像は世界2位のデブ猫 デンマークのTubcatちゃん20kgで... 子猫を拾ったとき、まず気になるのが性別でしょう。 性別がわからないと、名前も付けられませんよね。 たまに「... 人間のように音楽を聴くことで動物もリラックスしたり、癒されたりするのでしょうか。 犬ではクラッシック音楽を聞... 現在2020年のゴールデンウィークですが、新型コロナウィル... 日頃は大人しい猫でも爪切りだけは異様に嫌がることがあります。 当院でも爪切りだけで定期的に来院される方が...

次の

猫に必要なワクチン (全文) [猫] All About

猫 ワクチン 種類

うちは室内飼育だから伝染病は大丈夫、なんて思っていませんか? 飼い主さんが外から病原体をもって帰ってきてしまうこともありますし、猫ちゃんがひょんなことで脱走して外でもらってくることもあります。 ちょっとしたお出かけ時やベランダに出ることもあるし、外部接触の可能性はあるわけで、室内飼育だからといって感染のリスクがゼロとはいいきれないのです。 実際発症してしまうと怖い感染病、とくに猫風邪とよばれる感染症たちは、ワクチン接種することで予防できます。 感染したとしてもその発症を防ぐことができ、また万が一発症しても症状が軽症で済むのです。 ほかの猫ちゃんに病原体を移すということも防げます。 ワクチン接種(予防接種)は、飼い主さんがきちんと管理してあげたいことのひとつです。 ワクチン接種って? 人間であれ動物であれ、細菌やウイルスに感染して、病原体が体に入ってくると、その病原体に対する免疫(抗体)が体内に生まれ抵抗力がつきます。 この原理を応用したのがワクチンによる予防接種です。 ワクチンとは、病原体の一部、ないし病原体の毒性を弱めたり、無毒化したりしたものが入っている薬液のことです。 ワクチンを打つと、体内では病原体が入ったときと同じようなことが起こり、その病原体に対する抗体が大量に作られます。 抗体は病原体を攻撃して破壊するので、次に本当の病原体が入ってきたとしても、発病する前に病原体を破壊できるというしくみです。 人間も成長に応じて、いくつかの予防接種を受けますよね。 猫も同じことで病気を予防できるというわけです。 ワクチン接種の種類 猫に行うワクチン接種には、その組み合わせによって、いくつかの種類があります。 「クラミジア感染症」も加えた5種混合ワクチン、またたくさんのパターンがあるといわれる猫カリシウイルスで3パターンを予防できる7種混合ワクチンといった種類があります。 3種混合ワクチンでは、いわゆる「猫風邪」と呼ばれる、「猫ウイルス性鼻気管炎」「猫カリシウイルス感染症」という感染症、そして「猫汎白血球減少症」を予防できます。 これらの病気は、空気・飛沫および接触感染するので、完全室内飼育をしている猫でも接種すべきワクチンです。 また猫エイズと呼ばれる「猫免疫不全ウィルス感染症」には、単独のFIVワクチンを接種します。 WSAVA(世界小動物獣医師会)では、FIVワクチンの効果について否定的な意見も出ているため、接種を検討する際にはかかりつけの獣医師に相談しましょう。 ワクチンで防げる病気 猫ウイルス性鼻気管炎 猫風邪の一種。 猫ヘルペスウイルスが原因で、症状としてはくしゃみ、鼻水、発熱、目やにが見られます。 進行すると鼻がつまって慢性副鼻腔炎や呼吸困難、気管支炎から肺炎になったりもします。 また目の表面にある「角膜」に炎症を起こすこともあります。 この感染症は完治させないと、ウイルスが一生体に残り、再発することもあります。 猫カリシウイルス感染症 猫カリシウイルスが原因の感染症。 猫風邪の一種。 初期には、目やに、よだれ、涙、くしゃみなどが見られ、かなり重症化すると口内炎や舌に潰瘍ができ、食べることができなくなってしまいます。 猫ウィルス性鼻気管炎との併発が多くみられます。 *もっと詳しく知りたい方は、『』をご覧下さい! 猫汎白血球減少症 「猫伝染性腸炎」、あるいは「猫ジステンパー」とも呼ばれます。 重度の腸炎を起こす病気で、高熱や激しい下痢や嘔吐によって脱水症状になって衰弱していきます。 パルボウイルスが原因で、猫の排泄物などから感染し、感染した場合の致死率も高いといわれています。 腸などに炎症が起き、白血球が急激に減少。 免疫力の低下により敗血症を起こし、全身の臓器が機能しなくなります。 猫クラミジア感染症 クラミジア病原体に感染することが原因で発症する猫風邪の一種。 くしゃみ、鼻水のほかに、咳が出て、目やにや涙が出るなど粘膜の異常、とくに結膜炎の症状が激しいのが特徴です。 症状が軽いうちに対処すると、すぐに治りますが、万が一重症化すると死亡してしまうケースも。 人獣共通感染症の一つではありますが、一般的な人間の結膜炎は同じクラミジアの仲間でもタイプが異なります。 *詳しくは、『』をご覧ください。 猫白血病ウイルス感染症 貧血、下痢、発熱、口内炎、リンパ節の腫れ、リンパ腫、白血病などが見られ、一度発病すると完治することがなく、致死率が非常に高い伝染病です。 唾液やケンカの傷から、あるいは母子感染によって感染します。 *詳しくは、『』をご覧下さい。 猫免疫不全ウイルス感染症 通称「」。喧嘩などの血液感染や母子感染などで、キャリアの猫から感染します。エイズを発症すると、免疫機能が低下することで、口内炎などの口の中の疾患から始まり、嘔吐・下痢・体重減少・カゼなど、さまざまな症状が出はじめ、悪性腫瘍などにもかかりやすくなります。 おうちに猫ちゃんを迎えたら、まずは獣医師と接種時期や健康状態をよく相談しながら予防接種のスケジュールを決めていきましょう。 生後1歳までは、2~3回、そのあとは、一年に一度の予防接種が基本です。 生後すぐの子猫の場合は、母猫の初乳を飲んだかどうかで、予防接種の回数が変わりますので、獣医師に相談してみてください。

次の

愛犬を感染症から守るための「予防接種」 種類と費用

猫 ワクチン 種類

不活化ワクチンの場合は病原体が体内で増殖しないため、十分な抗体を作り出す為には複数回の接種を要します。 また、生ワクチンに比べて抗体効果や、持続期間が短いことからアジュバンドと呼ばれる「抗原性補強剤」を同時接種する場合もあります。 日本で使用されているワクチンは、効果持続期間が約1年のものが多く、一般的には年に1度の接種が推奨されています。 しかし、猫のワクチン接種に関してアメリカでは2~3年に1度の接種でも効果に変わりがなかったという研究結果も報告されている事から、近年では獣医師によってその期間の定めについて多少違いがあるようです。 また、完全室内飼いである場合の猫のワクチン接種についても様々な意見があります。 ワクチン接種による副作用や、注射部位肉腫と呼ばれる注射の針を刺した部位に悪性の腫瘍が発症する病気等を懸念し、完全室内飼いの猫にはワクチンを勧めない獣医師もいるようです。 注射部位肉腫の発症を防ぐために、同じ部位に続けて注射しないよう気を配って下さる獣医師もいます。 気になる場合は相談してみましょう。 これは、猫のワクチンに限らず言えることですが、長年に渡ってワクチンの安全性や必要性について研究・討論されていますが、まだまだ「正解」と言える答えは見つかっていないようです。 現段階では、猫のワクチン接種についての判断は、飼い主さんに委ねられています。 猫のワクチン接種についてしっかりと理解することで、愛猫の健康を守りましょう。 一般的に「猫風邪」とひとまとめにして呼ばれる事も多く、その名の通り咳やくしゃみ、鼻水、発熱等、人間の風邪とよく似た症状が出ます。 しかし、ただの風邪と考えて放置すれば、結膜炎や角膜炎、皮膚炎とその症状は広がっていき、重篤化、最悪の場合死に至る可能性も十分にあります。 また、このウイルスは強い感染力を持つことから、多頭飼いの場合等は驚異的なスピードで感染が拡大します。 主な感染源は接触感染で、感染猫に触れた人間の手等から、間接的に触れることで感染する可能性もあります。 猫汎白血球減少症は、「猫伝染性腸炎」「猫ジステンパー」と呼ばれる事もあり、非常に強い感染力と致死性を持つ病気です。 猫汎白血球減少症に感染した場合、激しい嘔吐や下痢、食欲不振等の症状が現れます。 猫汎白血球減少症は、主な感染経路は経口感染や垂直感染(妊娠中の母猫が感染した場合、胎盤を経由して胎児に感染する)です。 感染猫との直接的な接触はもちろん、動物病院や公園、ペットショップ等で飛沫したウイルスを鼻や口から吸いこむことで感染する場合もあります。 ウイルスが人間の衣服に付着し、ウイルスが運ばれる可能性も十分にあります。 これらの病気は、完全室内飼いであっても防ぎきれない可能性が十分にあります。 ベランダや、玄関から飛び出してしまったほんの一瞬で感染してしまう可能性もありますし、人が衣服にウイルスを運んでしまう可能性もあります。 また、これらの病気には特効薬はなく、対症療法が用いられます。 特に猫汎白血球減少症は、感染後の消毒、無毒化が難しいとされていますので、まず感染しないよう予防を徹底する事が重要になります。 愛猫の命を守るために、完全室内飼いや単頭飼育である場合も3種混合ワクチンの接種は必要といえます。 猫白血病ウイルス(FeLV)に感染すると、口やのどのリンパ組織から血液へ、体中のリンパ組織から骨髄へと、おおよそ1ヶ月程の時間を掛けて体を蝕んでいきます。 この時期を急性期と呼び、食欲不振や体重減少、下痢、貧血、発熱等の症状が現れます。 この時点で、免疫力が不十分であり、骨髄へのウイルス侵入を許してしまった場合、ウイルスが血液へと持続的に放出されてしまい、白血球減少症や腎臓病等、二次的な疾患によって命を奪われます。 主な感染経路は、接触感染と垂直感染(妊娠中の母猫が感染した場合、胎盤を経由し、胎児に感染する)です。 猫の7種混合ワクチンは、上記の5種混合ワクチン・猫ウイルス性鼻気管炎(猫カリシウイルス感染症・猫汎白血球減少症・猫白血病ウイルス感染症・猫クラミジア感染症)に猫カリシウイルス2種を加えたワクチンです。 猫ウイルス性鼻気管炎• 猫カリシウイルス感染症(3種)• 猫汎白血球減少症• 猫白血病ウイルス感染症• 猫クラミジア感染症 というのも、猫カリシウイルスには複数の種類があり、3種・4種・5種で予防できる猫カリシウイルスは1種です。 この7種混合ワクチンでは、それと別のカリシウイルスを予防できるワクチンが2種追加されています。 つまり、7種混合ワクチンでは、3種類のカリシウイルスを予防できるということになります。 完全室内飼いの場合 まず、完全室内飼いの場合でも、コアワクチンと呼ばれる「3種混合ワクチン」の接種は非常に重要となります。 猫の混合ワクチンで予防できる病気についてご紹介しましたが、3種混合ワクチンで予防できる病気は、完全室内飼いであっても十分に感染する可能性がある病気ばかりです。 また、特効薬もなく、重篤化する恐れもありますので、ワクチン接種による予防が大切です。 一般的には、4種混合ワクチン、5種混合ワクチンに加えられる猫白血病ウイルス感染症、猫クラミジア感染症は、感染猫との密な接触によって感染することから、他の猫と会う機会が一切ない場合は必要ないと考えられています。 ただ、猫自身は外に出ないけれど、他の野良猫が出入りすることがある場合等は、感染のリスクを考慮しなければなりません。 その場合は、5種混合ワクチン、または7種混合ワクチンを検討しましょう。 外に出入りしている猫の場合 外に出入りしている猫の場合は、さまざまな感染症のリスクがあります。 喧嘩や交尾だけでなく、グルーミングやエサの共有等での感染も考えられますので、5種混合ワクチン、または7種混合ワクチンを検討しましょう。 これらはあくまでも目安であり、猫の混合ワクチン接種については、愛猫の体調や生活環境等に基づいて選ぶ必要がありますので、獣医師としっかりと相談して下さいね。 猫のワクチン接種は、年に1度とはいえ多頭飼いの場合は、大きな出費になりますよね。 しかし、感染症を発症してしまった場合の治療費は、もっと莫大になる可能性もあります。 5種混合ワクチン、7種混合ワクチンになるとやはり金額が大きくなってくるので、やはり完全室内飼いを徹底して、愛猫を感染症のリスクから守るのも大切です。 これは、猫の混合ワクチンに限らず言えることですが、100%副作用のないワクチンはありません。 ただ、猫の混合ワクチン接種による副作用は、殆どないと言われています。 しかし、ワクチンの種類でも説明したように、ワクチンとはウイルスを体内に取り込み抗体を作る仕組みを利用しています。 その為、やはり副作用が伴う可能性があることも頭に置いておかなければなりません。 非常に稀ではありますが、ワクチン接種後すぐにけいれんを起こしたり、激しい嘔吐を繰り返したりする 「アナフィラキシーショック」を引き起こす、重度な副作用反応が出る可能性もあります。 他にも、体が浮腫んだり、目が腫れる等の副作用反応もありますので、出来るだけかかりつけの動物病院が午後も診察している日を選び、午前中にワクチン接種を済ませておくと安心ですね。 元気がない、食欲がないという場合は、動物病院へ行った事や注射された事での一過性のショック状態である可能性もありますが、明らかにぐったりしている場合はすぐにかかりつけ医を受診しましょう。 猫がワクチンを接種する時は、しっかりと事前に健康状態をチェックし、接種後はなるべく安静に過ごすよう気を付ける等の工夫も大切です。 猫の混合ワクチンの料金は、病院によって様々ですが、おおよその目安は以下の通りです。 3種混合ワクチン 4,500円~5,000円程度• 4種混合ワクチン 5. 500円~7,500円程度• 5種混合ワクチン 6,000円~9,000円程度• 7種混合ワクチン 7,500円~10,000円程度 猫の混合ワクチンの料金には、問診、触診等の簡単な健康チェックが含まれている場合も多く、動物病院によっては爪切りを行ってくれる場合もあります。 動物病院のホームページに、ワクチン接種の料金が詳しく掲載されている場合もありますので、事前にチェックしておくと安心ですね。 ちなみに、現在単体でのみ接種が行われている猫エイズウイルス感染症(猫後天性免疫不全症候群)や、混合ワクチンにも含まれている猫白血病ウイルス感染症の単体ワクチン接種の料金は3,500円~5,000円程度のようです。 猫の混合ワクチンについて、その種類や効果、料金等をご紹介しました。 我が家で暮らす完全室内飼いの愛猫は年に一度、三種混合ワクチンを接種しています。 コアワクチンと呼ばれるこの三種混合ワクチンを受けないということは、私達人間が何らかのウイルスを持ち帰ってしまう危険性と常に隣り合わせであるということです。 また、動物病院やペットホテルに預ける場合、このワクチン接種証明書の提示が必要な場合も多くあります。 旅行に行かない、外泊しないと考えていても、突然飼い主さんが入院してしまったり、お仕事で出張が決まってしまったりする可能性もあります。 愛猫の健康の為にも、今一度猫の混合ワクチン接種について改めて考えてみて下さいね。

次の