メタル ギア ソリッド 5 グラウンド ゼロ 攻略。 『メタルギアソリッドV グラウンド・ゼロズ』の攻略・ストーリーネタバレまとめ

捕虜の場所

メタル ギア ソリッド 5 グラウンド ゼロ 攻略

ストーリー ピースウォーカー事件のその後 ピースウォーカー事件から4カ月後、ベトナム戦争も終結を迎えかけた1975年3月。 スネーク率いる国境なき軍隊(MSF は世界各国から公にできない任務を請けながら兵力を増強し、遂には核を保有するほどに拡大します。 ですが、MSFの核保有情報を得たIAEA(国際原子力機関)はMSFに核査察の申し入れをおこないます。 指揮官スネークはNPT 核拡散防止条約)には非加盟であり、どこの国にも属していなMSFを査察しようとするIAEAの意図を怪しみます。 同時に、前回の事件で死亡したと思われていたアメリカの非政府諜報機関「サイファー」の女性諜報員であるパスが、キューバ南端にあるアメリカ軍基地キャンプオメガで尋問を受けていると情報が入ってきます。 それを聞いた少年・チコは、一人でパスを救出するためにキャンプオメガへ潜入を試みますが、捕らえられてしまいます。 IAEAによる核査察が始まろうとしている時、スネークは2人を助けるためキューバへ救出に向かいます。 キャンプオメガでの救出作戦 チコからの無線を罠の可能性があると疑いながらも、救出のためキャンプオメガに到着したスネーク。 入れ違いに、スカルフェイス率いる特使部隊XOFが6機のヘリコプターで飛び立っていったのです。 スネークはまず基地内の捕虜収容所でチコを助けた後、ボイラー室で吊されている意識不明のパスを見つけてなんとか救出します。 しかし、ヘリコプターでマザーベースへ帰還中、チコがパスのお腹にV字型の傷があるのを見つけます。 それを見たスネークは、パスはお腹の中に爆弾を仕掛けられ、人間爆弾にされていることに気付き、ヘリコプターの中で爆弾を摘出し、そのまま海へ放り投げます。 なんとか無事に帰還したスネークたちですが、壊滅寸前のマザーベースを見て愕然とします。 実は、チコは捕らえられた時に拷問を受けており、XOFの指揮官スカルフェイスにマザーベースの場所を白状してしまったのでした。 マザーベースでの激闘 スネークたちはヘリコプターの中から炎に包まれて壊滅寸前のマザーベースを見て仲間たちが死亡してしまったと思い、呆然とします。 しかし、パイロットが炎の中でスカルフェイスたちのヘリコプターと勇敢に戦う副官のミラーや生き残った兵士たちを見つけました。 仲間を助けるために、彼らはすぐさま反撃を開始します。 マザーベースの甲板へなんとか降り立った彼らは生き残った兵士たちと共に戦いますが、手持ちの武器が底をついてしまいます。 それでも仲間たちを見捨てず戦おうとするスネークに、ミラーは一旦退却することを進言します。 仲間の兵士が力尽きていく姿に怒りを覚えながらも一同は撤退し、崩れていくマザーベースをなすすべもなく見つめるしかなかったのでした。 絶体絶命のピンチ ヘリコプターの中でミラーは、核査察については騙されていたこと、そして、それに気付いたとたん突然爆発が起こったことを話します。 その話の中で、スネークはXOFに嵌められたのだと気付くのです。 マザーベースを失ったミラーは我を忘れて感情的になり、声を荒らげてパスにあたってしまいます。 ミラーは取り押さえられましたが、その声に反応したパスは、ヘリコプターの扉を開けて飛び出そうとします。 驚いたスネークは、パスに向かってお腹の中の爆弾は取り除いたことを伝えますが、パスが言うには、実はお腹の中の爆弾はダミーであり、本当の爆弾は子宮の中にあると言います。 言い終えると、パスは彼らを助けるためにヘリコプターから外へ飛び降り、爆発してしまいます。 爆発に直接巻き込まれはしなかったものの、思いのほか爆弾の威力が強く、ヘリコプターはコントロールがきかなくなります。 その後、XOFのヘリコプターに直撃してしまい、乗っていたスネークたちは気を失ってしまうのです。 いったい彼らはどうなるのでしょうか? 攻略テクニック 序盤をスムーズに進めるテクニック集 ・基地内に入るとスタート地点から東へ進み旧収容所までチコを探しに行きます。 敵を双眼鏡でズームもしくは銃で狙うとマーキングでき、マーキングした敵は壁越しでも把握可能です。 ・旧収容所ではチコは檻の柵に入って左側の檻に捕らえられています。 チコ救出後は収容所近くの崖に運ぶのがおすすめです。 その際、他の捕虜も解放するとリザルトでボーナスポイントが貰えます。 ただし、チコを救出すると兵士が3~4人増えます。 ・チコのテープ音声を手掛かりにパスを探します。 カセットテープはチコが捕らえられていた檻の裏側にパスが収容されていたと思われる檻があり、そこにカセットテープは落ちています。 ・パスはマップの北東にある地下のボイラー室にいます。 ボイラー室へ行くまでに監視カメラのある小屋があり、監視カメラを破壊してしまうと敵が警戒態勢に入るので、高ランクを狙うならほふく前進で進みましょう。 小屋を過ぎて排水口の中を進み、右の障害物から赤い扉まで進むとボイラー室で、ボイラー室の奥の金網にパスは捕らえられています。 パス救出後はチコと同じようにヘリまで運びますが、チコを回収した場所が敵兵士に見つかりにくく一番安全です。 デジャヴミッションの解放 ミッション中に手に入れられるXOF部隊章の9つすべてを入手すると、裏ミッションのデジャヴミッションが解放されます。 再現をすべてクリアし、その後のクイズに全問正解すると、ノーマルプレイではメタルギア ソリッド1のスネーク、ハードプレイではサイボーグ忍者の姿でプレイできます。 XOF部隊章の場所は次の9つです。 スタート地点の崖(少し戻ったところの茂みの影)• スネークの背中(ほふく状態で何度か転がると剥がれ落ちる)• 西難民キャンプ(資材置き場のごみの中)• 旧収容所の監視小屋の屋根• 旧収容所の入り口(扉を開けてすぐのところに落ちている)• ヘリ発着場の近くの白い装置• ヘリ発着場(管制塔付近)• 排水口侵入口(管制塔側)• 地下ボイラー付近の屋根の上(通り道にある建物の屋根の上) ミッションをクリアしてハードプレイを遊ぼう ラオスからの帰還兵である「アメリカ海兵隊員2人を排除する」というミッションをクリアするとハードプレイが可能になります。 攻略ポイントは3つあり、 1.敵に見つからないようにする 敵に見つかるとターゲット帰還兵が逃げ出し、敷地外に出てしまうとミッション失敗になるので、見つからないように接近しましょう。 2.敵の遺体は隠す 敵が仲間の遺体を見つけると警戒態勢になるので、倒した敵は見つからないように隠した方が良いでしょう。 麻酔銃で眠らせる方法がベストです。 3.マーキングする ターゲットの帰還兵は白人と黒人で、白人の方は敷地内を常に移動しています。 黒人は地下ボイラー付近にいるため、見つけたらマーキングをして常に行動を把握しておきましょう。 このミッションは帰還兵の排除がクリアの条件なので、銃で眠らせるかヘリに収容して作戦エリア外に連れて行けばミッションクリアになります。 キルカウントに含まれない敵の倒し方 本作のミッションでSランクをとるためには、敵の殺傷数をできるだけ少なくする、可能であれば0にすることが求められます。 そうしたハイレベルなランクを目指す方向けに、キルカウントに含まれない敵の倒し方をいくつかご紹介します。 敵を建物の上や、崖から海へ投げる。 ドラム缶や車といった爆発するオブジェクトを爆発させ、それに敵を巻き込む。 車を運転する場面でスピードを思いっきり出し、慣性を利用して敵を轢く。 敵兵がはしごをおりる際、はしごの途中にプレイヤーがいると足を踏み外し落下死する。 (落ちた高度が低いと気絶になるので注意してください。 敵を瀕死状態まで攻撃し、倒すギリギリで止めて放置する。 あるいは敵に介抱させる。 メタルギアシリーズは外れがありません。 ステージが一つしかないのが難点で、広くもないので、本編TPPより難しいです。 オープンワールドに慣れるのと、ストーリーを追う意味では買って損なしかと。 メタルギアソリッドは、20年前のファミリーコンピュータから最近出た5号機のスロットまで色々プレイしてきましたが、やはりなんと言ってもグラフィックが最高です。 全体的にTPPに比べるとエリアが狭いけど、小島監督をヘリから敵を倒して救うのは面白い。 簡単に武器が手に入るところも面白い。

次の

カセットテープの場所

メタル ギア ソリッド 5 グラウンド ゼロ 攻略

(ピース)が終わる、 Vが覚める。 V OUND ES 『 メタルギアソリッドV グラウンド・ゼロズ』とは、から発売されたの、『』の序章部分にあたる作品である。 序章『OUND ES』(本記事)と本章『』(別記事)の 二部作であり、 ペについてはそちらの記事を、としての取り扱いはの記事を参照頂きたい。 対応プムは、・・・・()。 V:OUND ES 対応機種 タクカル ピオナージ オーション 発売日 (版のみ) 価格(税抜) /: 2,9円 /: 2,円 : 2,9円 : 2,4円 2,3円 2, D 版推奨 、 (bS必須) - 40 4. 0c対応(5. への接続 未発表 連携 未発表 概要 前作『』(以下)にて、核のに尽し、幾度とを救ったが、後のである『』『』で見せる姿に変貌するきっかけを描く作品が『』である。 本作『グラウンドズ』(以下GZ)は、に訪れる大きな転機の幕開けを描く、『』の的作品である。 『』の直接的続編であり、同作から数ヶが経ったがである。 の他にやといったが登場する他、とパスがの鍵を握っている。 後に巻き起こるアウターヘブン起、、あるいはそれ以降の事件の発端としての意味や、や達の運命の転換点としての意味を持っていると考えられる。 『』には、中のな変化、時間経過などが導入されると発表されていたが、本作はという位置づけからかこれらのは排されている。 へのなどによると、である『THE IN』は本作の200~倍のボリュームになる予定だという。 本作の、の規模などは、すべて、あくまで先行としての域を出ない控えめなものであるようだ。 なお、「に至るまでに何があったのか」というのため、 にGZを含める予定はいとのこと。 組織でありながら、「の」と化していた。 そのがどこから漏れたのか、EA(際)がに察を申し入れてきた。 はNPT(核防止条約)に加盟していないどころか、そもそもですらない。 EAによる察はにであった。 しかし、はこの申し入れを拒絶したが、「がな組織であることをするである」としてが独断で承諾してしまう。 とはやむなく受け入れを決意。 の武装・兵を極削減し、ZEを含めた大は陸地や中に一旦退避させることにした。 時を同じくして、したと思われていたパスが、南端の収容で尋問を受けていることが分かる。 は非から二重の嫌疑をかけられ、尋問は過酷を極めていると思われた。 そこへ、パスに想いを寄せていたが単独で救出に向かい、されてしまう。 やパスから内部のが漏れれば、察対策がの泡になってしまう。 からの救援要請を受けたは、察受け入れへの準備が進むを後にし、単独で救出に向かう。 「のにはに戻れる。 登場人物• なき軍隊「」の。 前作での武を確固たるものに押し上げ、さらにはの遺志と決別し「時代」という怪物と戦うことを決意した。 今作では、EAの察と、の内情を知るパスのという、ふたつの重大なに襲われ、をに任せて、単身とパスの救出任務に挑む。 の友人で、の副。 『』と『』の間にと出会いを設立。 前作においては知略を巡らし、敵味方すべてを欺いてをさせることに成功した。 彼を突き動かしているのは、を巨大なに成長させ、中で自分達の価値を売るという願いである。 今作では、EAの察の準備に追われながら、へ向かったの線を行う。 : (のみの出演のためか、肩書は出されていない) 前作でと出会った者。 ZEの開発者であり、後に「」というのとなる。 かつてグニン(『』)が言っていた「の友人」とは彼であるとされる。 やが拒否したEAの察申し入れを、がや過剰な武装などを持たないな組織だとするだとして独断で承諾してしまった。 の察受け入れ態勢準備は彼の支持の下で進んでおり、兵や武装を(一時的にだが)大幅に削減し、ZEに至ってはわざわざ防加工を施して中に潜伏させるという手間を費やしている。 既にXOFによる襲撃が起こっていた可性のある時間にも、察が順調に進んでいる旨の通信を然と行うなど、その行動にはな点がある。 9年後にはとにを受けているらしい描写があるので、彼が裏切り者であると推測するは少なくない。 組織のであるンダのに当たる。 パスのと監禁を知り、謀にも単独で潜入しあえなく捕まってしまう。 と同じ収容に監禁されている。 冒頭に登場する、胸にのような端子が付いた奇妙な体のこそ彼である。 との会話の内容て、何か重大な秘密を彼に話してしまったと思われる。 前作ではなを装ってに潜入したが、終盤に正体を現した。 との対決の末にし、したと思われていたが、漁師に救出されていた。 しかしその後、に二重の嫌疑をかけられ、数ヶに渡って過酷な尋問を受けることになった。 かつての部隊のをさせたような奇妙なを持つ「XOF」部隊を揮している。 や、中でを入手することでその出自や行動理由の一端が伺える。 どうやら、とも違う独自の考えの下で行動しているようだ。 名前だけの登場• ンダ・ノ・リブレ LN。 LNは前作でと出会ったことで、未熟な反乱部隊から、屈強な部隊へと発展しており、はそれをに代わって率いている。 今作ではではなくにいる。 のと久しぶりに再会する予定だったが、彼はその途上で基地に潜入しされてしまった。 前作でのを研究していた者。 と共にZEなどを開発していたが、それらの研究がひとしたため、を去っている。 からに好意を寄せられている(の方もまんざらではなさそうだったが)。 共同研究を進めている間は、彼のに嫌気が差すことも幾度となくあったようだ。 正確には「あのジェ」としか言及されていない。 軍人でも者でもなく、に保護されているだけの全な人だった。 前作の事件に巻き込まれたところをに保護されていたが、今作ではEAの察を受け入れるにあたって、を含めた人は帰させられた。 SIDE OPSでの登場• : E 「奪還」に登場するの。 「」と「」 :()・() E 「帰還兵排除」に登場する二人の元の。 の「」と観測手の「」の二人組である。 二人をで回収すると…?• 「ジャメヴ(未視感)・」に登場。 別のから何故かのに登場する。 そして「」の殲滅のためにを持って戦っていく…。 (B )が集めた「XOF部隊章」を報酬として要した模様。 舞台:キャンプオメガ 今作には、はひとつしか登場しない。 となっているのは、南端に位置するの収容で、その名も「」である。 に面した基地で、周囲は険しい崖に囲まれている。 基地のの陸地は・両が大量にを仕掛けているため、軍が整備した以外の陸路では近寄ることも出ることも出来ない。 ふたつの収容のほか、管理棟や捕虜収容などがある。 ポートも整備されているほか、多くの監視、庫がある。 当時のは共産圏にあるが、かつて同はの援助によってからしたため、このの租借を特別に認めている。 が「の中の、法を逃れた」と言い表している通り、を適用する上で非常にな位置にあるため、内法もも適用されず、軍法だけが適用されている奇妙かつ危険な領域である。 収容とは名ばかりで、このように法のを潜り抜けられる場であることを利用した凄惨な尋問が繰り返されている。 や中央部からもが送られているが、消息を絶つ者が少なくない。 は グァンタナモ。 上の文章は、「南端」を「東南端」に置き換えればそのままこのする基地のとなる。 関係者など、尋問の必要がある重要人物を確保した際、内ではが禁止されているため、法の及ばない場所をに用意してそこでする、という手法は、にの苛な尋問法として近年際的に問題されている(「ディション・」などでググろう)。 本作では、を、のこの暴挙のはしりとして描写している。 ちなみにグァンタナモでの蛮行を、とは最近になって正式に認め、基地のを確約したのだが、層の多いの大反対に遭い、これを取り下げている。 デジャヴ/ジャメヴ・ミッション ・版と、・版には、それぞれ別のが特典として収録される。 ・版には、「 ()・」が収録される。 これは、 『1』に準拠したや演出をあえて導入したで、通り、かつてで『1』を遊んだにを感じさせる内容となる。 ・版には、「 ジャメヴ(未視感 ・」が収録される。 こちらは、氏がかつてした 『』に登場する同名の知性体を相手に、『R』に準拠した格好のを操作して戦うという。 の敵兵は格が透けて見えるが、の場合は何かドロドロした内容物(おそらくその色はい)で満たされているなど、単なる流用のにとどまらず細かい描写がなされている。 も、『R』で披露した、のを生かした強な走行を見せており、にまつわる作品からのお遊び要素に溢れたであるといえる。 なお、ので、両機種共に、「」「ジャメヴ」のが可となった。 関連動画 関連商品 から注文できるのは通常版と限定版の2つだが、このほか、限定版も存在する。 通常版 特典付 Amazon予約限定版 こちらは、からのみ予約できる限定版。 ヤマグチののと、 一人による『』のノベラ本が付属する。 『』のノベラ本はにから文庫版という形で一般販売も開始される。 なお、文庫版は限定版同梱のノベラとは等が一部異なる模様。 関連コミュニティ 関連項目•

次の

メタルギアソリッドⅤ グラウンド・ゼロズとは (メタルギアソリッドファイブグラウンドゼロズとは) [単語記事]

メタル ギア ソリッド 5 グラウンド ゼロ 攻略

ストーリー ピースウォーカー事件のその後 ピースウォーカー事件から4カ月後、ベトナム戦争も終結を迎えかけた1975年3月。 スネーク率いる国境なき軍隊(MSF は世界各国から公にできない任務を請けながら兵力を増強し、遂には核を保有するほどに拡大します。 ですが、MSFの核保有情報を得たIAEA(国際原子力機関)はMSFに核査察の申し入れをおこないます。 指揮官スネークはNPT 核拡散防止条約)には非加盟であり、どこの国にも属していなMSFを査察しようとするIAEAの意図を怪しみます。 同時に、前回の事件で死亡したと思われていたアメリカの非政府諜報機関「サイファー」の女性諜報員であるパスが、キューバ南端にあるアメリカ軍基地キャンプオメガで尋問を受けていると情報が入ってきます。 それを聞いた少年・チコは、一人でパスを救出するためにキャンプオメガへ潜入を試みますが、捕らえられてしまいます。 IAEAによる核査察が始まろうとしている時、スネークは2人を助けるためキューバへ救出に向かいます。 キャンプオメガでの救出作戦 チコからの無線を罠の可能性があると疑いながらも、救出のためキャンプオメガに到着したスネーク。 入れ違いに、スカルフェイス率いる特使部隊XOFが6機のヘリコプターで飛び立っていったのです。 スネークはまず基地内の捕虜収容所でチコを助けた後、ボイラー室で吊されている意識不明のパスを見つけてなんとか救出します。 しかし、ヘリコプターでマザーベースへ帰還中、チコがパスのお腹にV字型の傷があるのを見つけます。 それを見たスネークは、パスはお腹の中に爆弾を仕掛けられ、人間爆弾にされていることに気付き、ヘリコプターの中で爆弾を摘出し、そのまま海へ放り投げます。 なんとか無事に帰還したスネークたちですが、壊滅寸前のマザーベースを見て愕然とします。 実は、チコは捕らえられた時に拷問を受けており、XOFの指揮官スカルフェイスにマザーベースの場所を白状してしまったのでした。 マザーベースでの激闘 スネークたちはヘリコプターの中から炎に包まれて壊滅寸前のマザーベースを見て仲間たちが死亡してしまったと思い、呆然とします。 しかし、パイロットが炎の中でスカルフェイスたちのヘリコプターと勇敢に戦う副官のミラーや生き残った兵士たちを見つけました。 仲間を助けるために、彼らはすぐさま反撃を開始します。 マザーベースの甲板へなんとか降り立った彼らは生き残った兵士たちと共に戦いますが、手持ちの武器が底をついてしまいます。 それでも仲間たちを見捨てず戦おうとするスネークに、ミラーは一旦退却することを進言します。 仲間の兵士が力尽きていく姿に怒りを覚えながらも一同は撤退し、崩れていくマザーベースをなすすべもなく見つめるしかなかったのでした。 絶体絶命のピンチ ヘリコプターの中でミラーは、核査察については騙されていたこと、そして、それに気付いたとたん突然爆発が起こったことを話します。 その話の中で、スネークはXOFに嵌められたのだと気付くのです。 マザーベースを失ったミラーは我を忘れて感情的になり、声を荒らげてパスにあたってしまいます。 ミラーは取り押さえられましたが、その声に反応したパスは、ヘリコプターの扉を開けて飛び出そうとします。 驚いたスネークは、パスに向かってお腹の中の爆弾は取り除いたことを伝えますが、パスが言うには、実はお腹の中の爆弾はダミーであり、本当の爆弾は子宮の中にあると言います。 言い終えると、パスは彼らを助けるためにヘリコプターから外へ飛び降り、爆発してしまいます。 爆発に直接巻き込まれはしなかったものの、思いのほか爆弾の威力が強く、ヘリコプターはコントロールがきかなくなります。 その後、XOFのヘリコプターに直撃してしまい、乗っていたスネークたちは気を失ってしまうのです。 いったい彼らはどうなるのでしょうか? 攻略テクニック 序盤をスムーズに進めるテクニック集 ・基地内に入るとスタート地点から東へ進み旧収容所までチコを探しに行きます。 敵を双眼鏡でズームもしくは銃で狙うとマーキングでき、マーキングした敵は壁越しでも把握可能です。 ・旧収容所ではチコは檻の柵に入って左側の檻に捕らえられています。 チコ救出後は収容所近くの崖に運ぶのがおすすめです。 その際、他の捕虜も解放するとリザルトでボーナスポイントが貰えます。 ただし、チコを救出すると兵士が3~4人増えます。 ・チコのテープ音声を手掛かりにパスを探します。 カセットテープはチコが捕らえられていた檻の裏側にパスが収容されていたと思われる檻があり、そこにカセットテープは落ちています。 ・パスはマップの北東にある地下のボイラー室にいます。 ボイラー室へ行くまでに監視カメラのある小屋があり、監視カメラを破壊してしまうと敵が警戒態勢に入るので、高ランクを狙うならほふく前進で進みましょう。 小屋を過ぎて排水口の中を進み、右の障害物から赤い扉まで進むとボイラー室で、ボイラー室の奥の金網にパスは捕らえられています。 パス救出後はチコと同じようにヘリまで運びますが、チコを回収した場所が敵兵士に見つかりにくく一番安全です。 デジャヴミッションの解放 ミッション中に手に入れられるXOF部隊章の9つすべてを入手すると、裏ミッションのデジャヴミッションが解放されます。 再現をすべてクリアし、その後のクイズに全問正解すると、ノーマルプレイではメタルギア ソリッド1のスネーク、ハードプレイではサイボーグ忍者の姿でプレイできます。 XOF部隊章の場所は次の9つです。 スタート地点の崖(少し戻ったところの茂みの影)• スネークの背中(ほふく状態で何度か転がると剥がれ落ちる)• 西難民キャンプ(資材置き場のごみの中)• 旧収容所の監視小屋の屋根• 旧収容所の入り口(扉を開けてすぐのところに落ちている)• ヘリ発着場の近くの白い装置• ヘリ発着場(管制塔付近)• 排水口侵入口(管制塔側)• 地下ボイラー付近の屋根の上(通り道にある建物の屋根の上) ミッションをクリアしてハードプレイを遊ぼう ラオスからの帰還兵である「アメリカ海兵隊員2人を排除する」というミッションをクリアするとハードプレイが可能になります。 攻略ポイントは3つあり、 1.敵に見つからないようにする 敵に見つかるとターゲット帰還兵が逃げ出し、敷地外に出てしまうとミッション失敗になるので、見つからないように接近しましょう。 2.敵の遺体は隠す 敵が仲間の遺体を見つけると警戒態勢になるので、倒した敵は見つからないように隠した方が良いでしょう。 麻酔銃で眠らせる方法がベストです。 3.マーキングする ターゲットの帰還兵は白人と黒人で、白人の方は敷地内を常に移動しています。 黒人は地下ボイラー付近にいるため、見つけたらマーキングをして常に行動を把握しておきましょう。 このミッションは帰還兵の排除がクリアの条件なので、銃で眠らせるかヘリに収容して作戦エリア外に連れて行けばミッションクリアになります。 キルカウントに含まれない敵の倒し方 本作のミッションでSランクをとるためには、敵の殺傷数をできるだけ少なくする、可能であれば0にすることが求められます。 そうしたハイレベルなランクを目指す方向けに、キルカウントに含まれない敵の倒し方をいくつかご紹介します。 敵を建物の上や、崖から海へ投げる。 ドラム缶や車といった爆発するオブジェクトを爆発させ、それに敵を巻き込む。 車を運転する場面でスピードを思いっきり出し、慣性を利用して敵を轢く。 敵兵がはしごをおりる際、はしごの途中にプレイヤーがいると足を踏み外し落下死する。 (落ちた高度が低いと気絶になるので注意してください。 敵を瀕死状態まで攻撃し、倒すギリギリで止めて放置する。 あるいは敵に介抱させる。 メタルギアシリーズは外れがありません。 ステージが一つしかないのが難点で、広くもないので、本編TPPより難しいです。 オープンワールドに慣れるのと、ストーリーを追う意味では買って損なしかと。 メタルギアソリッドは、20年前のファミリーコンピュータから最近出た5号機のスロットまで色々プレイしてきましたが、やはりなんと言ってもグラフィックが最高です。 全体的にTPPに比べるとエリアが狭いけど、小島監督をヘリから敵を倒して救うのは面白い。 簡単に武器が手に入るところも面白い。

次の