お隣 の 天子 様 に。 お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件 (GA文庫)

#7 【おれの】隣の席は会長様【天使】2

お隣 の 天子 様 に

おはようございますこんにちわこんばんわ。 前回のアンケにて優しい方々に続けていいよ、との声を頂いたのでちゃっかり続いちゃいました。 注意 ・2スレ目です ・作者は本家を知りません ・学パロです ・スレ主はロマです ・ロマのテンションが振り切れてます 以上が問題なければどうぞ! [newpage] 1:ピッツァ ある晴れた日のことだ。 おれの天使と登校中、おれはふと思い至った。 この幸せを誰かにじまn……共有しなくては!と 思い立ったら吉日!おれはスレを建てた。 でも会長の方がもーっとすき 授業中も天使をちら見できる至福の席に降臨 会長:二年 金髪翠目 おれの隣の席に棲む天使 元ヤンは新しい萌え要素 食物兵器は愛情ではカバーできませんでした 料理はおれがするので問題ありません ツンデレ小悪魔でもおれの天使 スレ民のアイドル 魅惑のアイドル 変態:金髪碧目 変態 女好きなら会長の腰撫でてんじゃねえぞコノヤロー! 変態 髭面 やっぱり変態 不憫:銀髪赤目 不憫 ただの不憫 3:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします ピッツァ乙! 4:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします まとめサンクス! 5:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします ……それにしても…… 6:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします あ、もうツッコんでいいのか?じゃあ、いくぞー 7:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>1 モノローグどうしたwww 8:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>1 一緒に登校wwwいつの間にそんなに仲良くなったんだよwww 9:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>1 しかも天使wwwいや、会長は天使だけどな!それにしたって朝からどーしたよwww 10:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>1 自慢ってほぼ9割言っちまってるじゃねーかwwwいっそ言い切れよwww >>9 いやもう昼前だけどなwww 11:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>1 自慢したかったんだなwwwほら、話してみろよ。 聞いてやるからさ! いや、是非話して下さい!!!! 12:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>1 会長が天使なことくらいおれは前スレにときから知ってたけどな! 13:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします そろそろ>>2のツッコミに移りまーす 14:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>13 誘導wwwいや有り難いけどさwww 15:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>2 怖がってたのはもう過去なのかwww 16:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>2 そうだったなwww始めは怖がってたなwww懐かしいwww 17:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>2 会長しっかり餌付けされてんのかwww 18:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>2 でも会長の方がもーっとすきってwww 19:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>2 今更だがピッツァお前テンションどーしたwww 20:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>2 ちょwww会長のスぺwww隣の席に棲んではないだろwww 21:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>2 食物兵器wwwついに食ったのかwww 22:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>2 魅惑のアイドルwww一昔前のアイドルの煽りみたいになってんぞwww 23:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>2 そして変態と不憫のスペックwww 24:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>2 これ疲れたんだろwww絶対そうだろwww 25:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>2 不憫のスペなんて適当感満載じゃねえかwww 26:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>2 さすが不憫wwww 27:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>2 でもそれ以上に前回出てきたのに名前も掠ってないやつもいるぞwww 28:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>2 メタボと塩分なwwww 29:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>2 だが、真の不憫はやっぱ変態じゃね?wwww 不憫の倍はスペ書かれてるのにその半分は変態。 ; ロ゚ ゚ デス!! ; ロ ゚ ゚トー!!! 書き溜めてくるからもーちょい待て 97:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>96 正座待機! てゆかピッツァwww忘れてたのかwww 98:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>96 正座待機!! 99:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>96 全裸待機! 100:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>99 なんで脱いだwww 100げっと 101:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>100 会長のカーディガン欲しさに脱ぎました 会長カーディガンくれくれ 102:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>101 だが断る! 103:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>101 却下! 104:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>101 阻止! 105:ピッツァ >>101 無視! 投下するぞー 106:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>105 ピッツァwww無視www 107:ピッツァ まずは買い物行くことになった経緯だが、これは、前回のメールの後に会長からメールがあった が、その辺は至って普通に誘われて、それに乗っただけだから割愛するな 108:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>107 割愛すんなよwww 109:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>107 あの後メール来たのかよwww 110:ピッツァ 前日はもちろん眠れないほど楽しみだった で、当日。 物凄く眠いが、待ち遠しすぎて二時間前に集合場所に着いたおれ 三十分過ぎて来ると考え過ぎだと思いながらも、通行人の目が気になってくるのはまあ、当然だよな 会長早く来ねーかなーと思いつつポケモソを19匹暗唱していたそのとき! 向こう側から駆けてくる会長発見!待ち合わせ三十分前 ちょい早くね?もしかして楽しみにしててくれた?と思いながらも会長に手を振るおれ 会「わるい。 そうですよね。 極力楽しみと思わないようにすればいいらしいぞ ああ、三十分過ぎた辺りから、こいつ待ち呆けじゃね?みたいな空気が漂ってくる気がするんだよな 114:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>113 いまさら言われても遅いってwww 分かる分かる。 完全に気がするだけだけどなwww 実際は通行人も他人にそんな興味ないだろうしwww 115:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします なんでポケモソwww何の儀式だよwww 116:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします しかも二時間いて19匹だぞwww 117:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします 三十分前は確かに早いが、二時間前に来てたピッツァがいうなよwww 118:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします カレカノみたいな会話がはじまるのかと思ったらwww ピッツァなんでそこでツンデレたしww 119:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします これツンデレって言っていいのかよwwwただのアホなやつだろwww 120:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>119 そうだよな。 約束した相手に「べ、別にお前を待ってたんじゃねーよ!?」って言われたら俺だったら、じゃあお前は誰を待ってたんだよって思うわ 121: 以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします つまりツンデレじゃなくてツンアホだな! 122:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします 新しい属性出来たwwww ピッツァ:二年 前スレ主 会長を怖がってたのは過去のこと ヘタレ?ほっとけコノヤロー おれの料理の腕は会長を餌付けするためにあります 女の子が好き。 仕方ないっちゃ、仕方ない 141:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします そういや、最初は何もしてない会長にすら怯えてたもんなwww 142:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします 会長ほど人畜無害な天使はいないのにな!!! 143:ピッツァ 135-141 ちぎー!!仕方ねえだろ!怖かったんだよ! ぶつかって来た不良男子学生は相変わらず何か騒いでた。 しかも、俺の胸倉掴んで 俺はもう涙目でひたすら呪詛のように謝罪の言葉を紡ぐ。 へこへこ謝るおれ。 困り果てる会長。 やけに因縁を付けてくる不良。 明らかに怯える俺の態度をお気に召したようで、ニヤニヤして拳を振り上げた 殴られる!と思って、目を閉じた。 が、いつまで経っても衝撃が来ない。 147:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします !!そういや元ヤンだったな……。 あまりの可愛さにその事実吹き飛んでたわ 148:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします ちょwww待て待てwww会長wwww 149:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします そうだった。 会長元ヤンだった…… むしろこの反応現ヤンじゃねーかwww 150:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします 会長おっとこまえー 151:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします 会長ェ >>150 男前で済ませていいのかよ!? 152:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします 殴り飛ばして浮いた相手を、さらに蹴り飛ばすとかwww 153:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします すげえな……。 会長を狙ったやつが悪いよな 172:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします 会長に御仕置きされるとか……なんて羨ましいんだ!! 173:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>172 おまわりさーん!こいつでーす!! 174:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>172 変態は此処でーす! 175:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>172 羨ましい言ってやるなwwwたぶん不良は生命の危機に瀕したと思うぞwww 176:ピッツァ で、死体モドキ 不良 が転がる中、頬に付いた血を拭いながら振り返った会長が俺の顔を覗き込んだ 会「大丈夫か?けがはなかったか?」 俺は言葉もでなくて必死に首を縦に振った ドキドキと苦しいくらいに高鳴る心臓 俺は確信した!! ああ!これが恋か、と!!! 177:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします え、え……。 急展開過ぎてついていけねーよ!? 178:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします なにがどうしてそうなった!? 179:ピッツァ だから!言ってるだろ!!会長にときめいたって!これが恋なんだな 俺ずっと女が好きと思ってたけど、違ったんだ 性別云々じゃなくて、会長だから好きなんだ!!!! 180:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします ;゚ ロ゚ ナン! ; ロ゚ ゚ デス!! ; ロ ゚ ゚トー!!! 181:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします おれ毎回これ以上驚くこともないって思ってるけど、スレが進むたびにピッツァのレスが更に斜め上に飛ぶよな…… 182:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>181 おまおれ 183:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします なあ、なんかこういう現象あったよな?な? なぁ、176みたいな現象さぁ。 あったよな!? 184:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします なんか、こう、恐怖を体験した時、緊張によって起こる心拍の上昇を恋のときめきと勘違いするやつ……だよな? 185:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします ……それ完全につり橋効果じゃねえかよ!?!?! 186:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします ちょwwwつり橋効果wwww確かにこれつり橋効果だわwww 187:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします それは恋ではありませんwww 188:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします いや、もう本人が恋って言うなら恋でいいんじゃね? 189:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします そうだよな!何よりおもしr…げふんげふん 190:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします んで、ピッツァは会長への恋心 笑 を自覚したわけだけど、付き合いたいのか? 191:ピッツァ 付き合いたいけど、それより気軽に話せる関係になるのが先だな、と思ってる 192:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします そりゃそーだな。 まだ敬語は出るのか? 193:ピッツァ >>192 たまに。 でも様付けはやめた。 )グスン 194:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします ファミリーネームで呼ばれてるのか!? 結構仲良い雰囲気だからファーストネーム呼びかと思ってた 195:ピッツァ どうしたらファーストネームで呼んでくれるか >>203 196:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします 此処で安価www 普通に呼んで?っていえよwww 197:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします 会長はいま何してんだ? 安価なら一文字づつ、りぴーとあふたみーってやる 198:ピッツァ 今はもb……じゃなかった不憫と話してる。 不憫が会長の頭撫でてる! ギリィッ 「どーしたんだよ、急に」とか言いながらも、笑って好きなようにさせてる ちなみに授業中だけど、自習 目細めて気持ちよさそうにしてる。 猫みてー。 お、おれにも勿論優しいけどな!!! 199:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>197 めんどいなそれwww >>198 会長と不憫は仲良いのか。 そしてピッツァはなにを競ってんだwww 安価なら「もっと仲良くなりたいから、名前で呼んで?」って言う 200は貰ったぜ! 201:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします 猫みたいってかわいいな。 会長の髪わしゃわしゃーっ!ってしてやりたい! 安価なら罰ゲーム付きのゲームして勝って呼んでもらう 202:以下、名無しにかわりましてヘタレがお送りします >>201 遠回りしすぎだろwww しかも会長はなにが弱いんだwww下手したらピッツァが罰ゲームする羽目になんぞwww 安価なら「テストで点数上がったら呼んで?」って言う 203:ピッツァ >>202 掛け事系は鬼強いらしい。

次の

佐伯さん

お隣 の 天子 様 に

お隣の天使様にいつの間にか 駄目人間にされていた件 著:佐伯さん/カバーイラスト:はねこと 口絵・本文イラスト:和武はざの 定価:600円(+税) もどかしく、焦れったい。 特に関わり合いのなかった二人だが、雨の中ずぶ濡れになった彼女に傘を貸したことから、不思議な交流が始まった。 自堕落な一人暮らしを送る周を見かねて、食事をつくり、部屋を掃除し、なにかと世話を焼く真昼。 家族の繋がりに飢え、次第に心を開いて甘えるようになる真昼と、彼女からの好意に自信を持ちきれない周。 素直でないながらも二人は少しずつ距離を縮めていく…… 「小説家になろう」で絶大な支持を集める、素っ気なくも可愛い隣人との甘く焦れったい恋の物語。 お隣の天使様にいつの間にか 駄目人間にされていた件2 著:佐伯さん/イラスト:はねこと 定価:630円(+税) もどかしくも、着実に。 関わりのなかった二人だが、ふとしたきっかけから交流が始まり、食事をともにするようになっていった。 年越しを一緒に過ごし、初詣に赴き、バレンタインの煩わしさを受け流していく日々。 不器用ながらも温かい周の態度、周の両親や友人との関わりのなかで、冷え切っていた真昼の心は少しずつ溶かされつつあった……。 WEBにて絶大な支持を集める、可愛らしい隣人との甘く焦れったい恋の物語。

次の

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件|SBクリエイティブ

お隣 の 天子 様 に

もどかしく、焦れったい。 藤宮周の住むマンションの隣には、学校で一番の美少女・椎名真昼が住んでいる。 特に関わり合いのなかった二人だが、雨の中ずぶ濡れになった彼女に傘を貸したことから、不思議な交流が始まった。 自堕落な一人暮らしを送る周を見かねて、食事をつくり、部屋を掃除し、なにかと世話を焼く真昼。 家族の繋がりに飢え、次第に心を開いて甘えるようになる真昼と、彼女からの好意に自信を持ちきれない周。 素直でないながらも二人は少しずつ距離を縮めていく…… 「小説家になろう」で絶大な支持を集める、素っ気なくも可愛い隣人との甘く焦れったい恋の物語。 部屋が隣というだけでそれまで接点の無かったルックス・成績・性格完璧美少女が、ふとした キッカケから世話を焼かれる関係になり、少しずつ距離が縮まっていく話。 すごくスローテン ポながら、それがいい。 繊細かつ悶死するような愛らしい描写も相まって退屈とは無縁の出来 だ。 雰囲気的にはファミ通文庫の某作家さんの作品に似ている気もするが、唐突に惚れられる話で も無く、互いに積極的でも無く、しかし着実に仲が深まり互いに意識し出す様がより好みであ った。 しかもクラスでは完璧美少女を演じているのに、自分にだけはそれ以外の表情を見せて くれるなど、最高のご褒美では無いか! 今時絶滅危惧種な2人ではないかと思わないでも無いが、小説の中だけでも夢があってよろし い。 好感度MAXだ。 イラストがイイ。 ヒロインの真昼がとにかくかわいい。 内容は日常モノで、ストーリーに大きな起伏はないし、他に目を引く要素も見当たらなかった。 そして、ズボラでやさしいだけの主人公に面白味がない。 「~だが、~だった」といった地の文が多くみられ、とにかくワンテンポ遅らせるような文体が鬱陶しくて退屈です。 45ページ目の「本当に的確に当たっていた」とか、文章がちょっとおかしい部分もあったり。 セリフで言ったことと同じ内容を地の文で繰り返すことが多いし、地の文の内容も同じように繰り返すことがあるのでリズムが非常に悪く感じました。 あと、真昼がなぜ公園のブランコでずぶ濡れでいたのかの理由は、この一冊ではわからないのが消化不良。 恋愛・青春モノとしては物足りなくて、続きが気にならない。 なので、過度な期待はせずに、移動中とか待ち時間の暇なときに読むのがイイと思います。 あと、タイトルが微妙にしっくりこない。 主人公最初からダメ人間だったろ……。 草食系男子とパーフェクト美少女のスローラブストーリーで、本来なら2人に接点はないはずだが、家族に問題を抱える少女の心の隙を男子主人公が下心無く「偶然」突いたことできっかけが生まれ、「たまたま」住居が隣同士という環境もあって、2人の関係はゆっくり、じっくり進展していく。 この絵に描いたようなご都合主義的とっかかりと、1冊まるまるかけても「付き合い」が始まらない超微速展開さえ気にならなければ、微笑ましい2人の日常は読んでいて心が癒やされること間違いない。 人付き合いは苦手だが、そこそこ成績が良かったり、「眼鏡を取れば美少女」的な男子主人公のエクステリアに共感を覚えられないという感想もあるが、彼のいちばんの長所は、そうした自分の良い点に気付いていないがための奢りとは無縁な謙虚な性格と、自分の想いは二の次にして常に他人(少女)の気持ちを優先しようとする、思いやりを忘れない優しさだろう。 強いてクレームを付けるなら、セリフ回しが少々おっさんくさく、高校生らしくないところか。 2人の関係を空想の産物とする意見もあるが、現実の世界で長続きしている仲睦まじいカップルの多くは、この作品の2人のように、相手を思いやる気持ちを互いに持ち続けているからだということにも、この本は気づかせてくれた。 本当に久々に読んでよかったと思える作品。 互いに 色んな意味で ちょっと含んでいるものがあるのだが、接し方であったり言葉の端々に一歩とはいわなくとも半歩ずつ確かに歩み寄っていくその様子が見ていてとても心地が良い。 設定としてそこまで捻った、むしろ言葉を選ばなければ高嶺の花であるヒロインと平凡な主人公が出会うといった定番なボーイミーツガールであるにも関わらず、調理をする人次第でここまで美味しくかつ見栄えのいい作品になるのかと感心しかない。 色んな味付けで麻痺してきた舌にも、たまには素朴でありながらも最上な素材で癒しを与えるのもいいと思えた。

次の