ワークマン 株価。 ワークマン (7564) : 株価/予想・目標株価 [WORKMAN]

ワークマン (7564)

ワークマン 株価

今夏、昼休みにペットボトルホルダーを 買いにいったのですが、他に客はゼロ。 付近で渋滞が発生する場合もあり。 店内はずっと活況。 見た印象ですが、売上は転換前の 10倍は、 軽く超えているのではというレベル。 これが全国規模で進んでいるわけですな。 そして、ワークマンPlusは「 機能性+低価格」を売りにしてますので、 これだけの客が入れば、ユニクロにも それなりの影響はあるだろうなと思いますね。 アパレル店の成長限界 アパレルチェーンの場合、 1000店舗を超えたショップは、 ほぼ例外なく成長限界を迎え、 業績や株価もピークアウトする傾向にあります。 例えば、現在の理論株価4540円は、 BPS821円、EPS161. 1円、自己資本比率81. この条件で計算した理論株価が9325円ですから、 ここまでは、ほぼ織り込み済みです。 さらに、ワークマンPlusへの転換でEPSが2倍 とすると、BPS969円、EPS380円となります。 この場合の理論株価は12,175円です。 そこまであるの?と思いますが。 笑 仮にEPS2倍としても現在の水準は、 国内展開を織り込みつつあるので、 その先の上限株価は海外次第ですかね。 ベイシアグループとしても、 意欲は持っているようですし。 とにかく上に振り切るまで上げるのも 市場の特性なので、天井確認までは、 ついて行ってもよいとは思います。 笑 ただ、上の例のように、業績予測を立てて、 その 実現可能性を見ながら、 リスクを承知のうえで投資判断していく ことが重要です。

次の

【株式投資】ワークマンの株価はどこまで下がる?ワタシが考える売りのルール

ワークマン 株価

ワークマンのみんかぶ目標株価は「9,007円」で【売り】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断では【割高】 理論株価 8,087円 、証券アナリストによる予想では【買い】 予想株価 10,200円 、個人投資家による株価予想では【売り】 予想株価 7,407円 と判断されています。 ワークマンは、【作業服、専門店、アウトドア】などのテーマ銘柄です。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

ワークマン (7564) の株価・株式|QUICK Money World

ワークマン 株価

国内では、12日に株価指数先物・オプション6月限のメジャーSQを通過。 ロールオーバー(期近から期先への乗り換え)しなかった売りポジションは解消され、新たな売り余力が生じやすい。 一方、19日には米国版メジャーSQが到来する。 値動きが荒れる公算は拭えず、新型コロナウイルスの感染状況の悪化などが加われば、下げ圧力が増幅されることも想定される。 15-16日開催の日銀金融政策決定会合では、現状維持が予想されるが、一部では中小企業向け資金供給の増枠観測も浮上するなど、期待がないわけではない。 何らかのアクションがあれば、株価にプラス効果をもたらすことも考えられる。 スケジュール面では、国内で日銀決定会合のほか、16日に黒田日銀総裁会見、17日に5月貿易統計、19日に4月27日開催の日銀金融政策決定会合議事要旨、5月消費者物価などが予定される。 海外では15日に中国5月工業生産・小売売上高・都市部固定資産投資、16日に米5月小売売上高、17日に米5月住宅着工件数、18日に中国全人代常務委員会開催(20日まで)、米5月CB景気先行総合指数などがある。 なお、2日の日経平均株価は続落し、2万2305円(前日比167円安)引け。 朝方は、リスク回避の売りが先行した。 米国で新型コロナウイルスの感染拡大第2波が警戒され、11日の米国株式が急落し、欧州株も大きく値を下げた流れを受け、下げ幅は一時680円を超えた。 一巡後は、時間外取引での米株価指数先物の上昇や、日銀のETF(上場投資信託)買い観測を支えに下げ幅を縮小した。 市場では「日経平均は200日移動平均線(2万1749円)で下げ止まり、SQ値(2万2071円)がサポートラインとして意識される」(準大手証券)、「短期的には調整が尾を引く可能性はあるが、中・長期上昇トレンドには変わりはなく、格好の押し目提供場面とみている」(中堅証券)との声が聞かれた。

次の