ジープ 故障。 ジープ ラングラーの故障の多さや修理費用を口コミ・評判から調査!

ジープパトリオット【車検後に恐い2つの高額故障】とは?!

ジープ 故障

解決済みジープ(フィアット?)の走行距離と故障について質問です。 中古にてジープレネゲードの購入を検討しているのですが、通勤その他で毎月1. 200㌔前後を走る為、走行距離はぐんぐん伸びます。 た ジープ(フィアット?)の走行距離と故障について質問です。 中古にてジープレネゲードの購入を検討しているのですが、通勤その他で毎月1. 200㌔前後を走る為、走行距離はぐんぐん伸びます。 ただ、今の車(18年式トヨタ車)も20万㌔超えてますがオイル下りくらいしか不具合は経験したことは有りません。 yahoo. 1番最初にエアコンが冷えなくなる故障がありましたが保証で修理してからは、故障なしですね。 二駆モデルはエンジン、ミッションとも違うのでわかりませんが… 1年3ヶ月で現在1万7千キロ乗りました。 通勤で使ってますが調子は良いですよ。 あ、たまにブレーキは鳴きます。 細かいことを気にするなら国産が無難だとは思いますが、私はデザイン含めて気に入っていて全然飽きません。 走りも良いですよ。

次の

ジープ・チェロキーまとめ|歴史ある元祖SUVの新車・中古車価格と燃費や故障について

ジープ 故障

ジープ・チェロキーの歴史 ジープ・チェロキーの誕生 画像は現行型5代目ジープチェロキー。 ジープチェロキー、その冠が示す通り、第二次大戦の1940年にアメリカ軍の要請で開発された軍用車両ジープの流れを組んでいます。 本格的な悪路走破性能を備えたのジープの本流は、ジープラングラーに継承されていますが、1960年代からアメリカで盛んになったキャンプ、スキー、サーフィンなどのレジャー用車両として新ジャンルのコンパクトのカテゴリーが確立していきます。 1974年、AMC(アメリカンモーターズ、クライスラーから買収される前の会社)によって開発されたのがチェロキーです。 本格的な日本への輸入投入はXJからですが、チェロキー誕生の経緯などからSJを初代として紹介していきます。 初代 ジープ・チェロキー SJ 1974年にジープワゴニアのスポーツタイプとして誕生しました。 初代チェロキーSJは、2ドアモデルで、ピックアップトラックの派生ではなく独自に開発されたSUVで、ジープの血脈を受け継ぐは高い走破性を備えています。 アメリカンスタイルの大陸的な重厚長大のフルサイズで、現在ではビッグチェロキーと呼ばれ親しまれています。 6Lモデルスペック 初代チェロキー SJの中古車市場価格 残念ながら、チェロキーSJとしては市場で出回っていないようです。 ジープワゴニア(4ドア)が80~300万円、カスタムカーはほぼASKで市場で見つけることができます。 2代目 爆発的な人気を博したジープ・チェロキー XJ AMCは、1983年に新世代四輪駆動車としてXJを発表します。 SJからXJへのフルモデルチェンジとなります。 フルモデルチェンジといっても、まったくの別モノでフレームもからフレームになり軽量化が図られるなど、エンジン以外はすべてゼロからの開発となります。 日本でチェロキーと言えば、この2代目のXJを思い出す方がほとんどではないでしょうか。 コンパクトでありながらスタイリッシュでスポーティーなXJは、高い走破性もあわせ持つ4X4スポーツワゴンとして、クロカン四駆ブームにも乗り爆発的な人気を博することになります。 ジープ・チェロキー XJの日本モデル投入 1985年、ジープジャパンにより正式輸入が開始されます。 当初は、直4・2. 5L、V6・2. 8Lの2種類が投入され価格は435万円でした。 最上級グレードのラレードは518万円。 1987年、AMCがクライスラーに買収され直64L搭載モデルとなります。 1989年、クライスラーが日本法人を設立し、正規輸入が開始されます。 ジープ・チェロキーLIMITEDが525万円。 本革の内装とスタイリッシュなスタイリングは人気となります。 バブル景気と呼応するように日本でもクロカンブームが席巻します。 、ハイラックスサーフ、、、、いすゞのビックホーン。 ホンダは自社でのクロカンの扱いがなく、その後ホンダ系ディーラーでチェロキーが販売されます。 1992年、右ハンドルモデルの投入と価格改定によりLIMITEDが372. 5万円。 1993年、本革シート、クルコン、アルミなどを省いた廉価版「チェロキー・スポーツ」(299. 8万円)が投入されます。 国産車と同価格帯となったこと、ホンダ系ディーラーで販売されたことで爆発的にヒットし、チェロキーブームと呼ばれることとなります。 その後、いくつかの改良マイナーチェンジを経ながらXJは2001年まで販売されます。 0Lモデルスペック 3代目 丸みを帯びてファニーなジープ・チェロキー KJ 2001年、3代目となるジープ・チェロキーKJ(北米ではリバティ)が販売されます。 XJとは異なり、丸みを帯びたファニーなデザインとなりましたが、オフロードの走破性は変わらず本格的なものでした。 当時、ベンツと合併してダイムラークライスターとなり、デザインにも少なからず影響していたということです。 爆発的な人気を博したXJとは対照的に国内販売は振るわず7年でフルモデルチェンジすることとなります。 ジープ・チェロキーKK(北米名:リバティ)は、原点回帰とも言うべきXJを彷彿させる武骨な角形デザインに戻ります。 KKは、電子制御による横滑り防止装置(ESP)、電子制御センサーによる走行支援装置、ABSとの組み合わせにより早期危険回避、滑りやすい路面での安定したブレーキ性能を維持するシステムなどを標準装備するなど安全性能を強化されます。 ジープ・チェロキー KKの性能 エンジン形式:V63,7L ミッション:4速AT 駆動方式:フルタイム 実質燃費:4. さすがは、爆発的に売れただけのことはあり、今でも人気です。 3代目KJは、30万~160万で60台ほど確認できます。 XJほどの球数はないものの、丸みのファニーデザインは女性受けする一台がお手頃価格で購入することが出来ます。 4代目、2008年以降のKKモデル。 中古車市場では、100万~290万円の間で50台ほどを見つけることが出来ます。 現行モデルのひとつ前のモデルだけあって、程度の良いもの、走行距離の少なめのものも見つけることが出来ます。 斬新的な5代目よりも武骨なカントリー調の角型チェロキーが良い方にとっては、ねらい目ではないでしょうか。 5代目 斬新なスタイリングへ変貌 ジープ チェロキー KL 2013年、オフローダーのイメージから一転し革新的で都会的なデザインへ変貌をとげます。 本格派のでありながら都会のタウンユースにも融合するSUVは近未来的なデザインをまとうことになります。 5代目となるジープ・チェロキーKLは北米名も同様のチェロキーとして生まれ変わることとなります。 本国でも、チェロキーの名を復活させたことはクライスラー社の意気込みが感じられます。 コンパクトSUVの復権を目指すモデルチェンジとなっています。 斬新なデザインはレンジローバー・イヴォーグなどの近未来的なSUVの成功も影響しているとの意見も見うけられます。 また、現在のクライスラー社は、フィアット傘下にあり、欧州車のようでもあります。 FF・4WDと先進の安全性能を装備 ジープ・ チェロキーKLでは、駆動方式が変更され、これまでの縦置FRの車が、横置きFFの車になり、状況に応じて四駆と二駆を自動切替え、低燃費に貢献する革新的なシステムが搭載されています。 ジープ チェロキー KLの性能 【ラインナップ:価格】 ロンジチュード(FF):379万円 ロンジチュード():464万4000円 トレイルホーク(4WD):429万8400円 リミテッド(4WD):461万1600円 <ロンジチュード2WD> エンジン形式:直42. 4L ミッション:9速AT 駆動方式:FF 最高:177ps 全長:4,630mm 全幅:1,860mm 全高:1,700mm 車重:1,730kg 燃費:10. 0~8. 9~6. 2代目XJは、AMC製ではあるものの爆発的に売れた一因に、ホンダ系ディーラーで販売されたことにあるように、故障の保障、メンテナンスの安心感も手伝っていたようです。 ただ、とはいっても国産とは違い、トラブルも多く見受けられます。 3代目(ダイムラークライスラー)、4代目(ダイムラークライスラー、フィアット系)と現行5代目(フィアット系)と代を重ねるごとに品質面での安定感が出てきたものの、そこは外国車、国産車の品質を求めるわけにはいきません。 ・電装系トラブル ・フロントガラス、サイドガラスのパッキンからの水漏れ ・走行時の異音 ・ハンドルの不具合(パワステが効かなくなるほか) ・(パートタイム4WD)の切り替えが出来ない ・のオイル漏れ ・アイドリングの不安定 ・ウッドパネルの軋み などなど、故障個所はそれぞれあり、枚挙にいとまがありません。 口コミ ・個性的なデザインで飽きがこない ・パワーがあるので悪路に強い。 四駆の切り替えが出来るので状況に応じてセレクトできる ・街乗りをしていても上品で優越感を得ることができる ・アメ車ということが頼もしい、ジープと言う名にふさわしいカッコいい ・室内がシンプルで使い易い ・日本車にはないいい加減なつくりがたまらない ・燃費が悪い、税金が高い ・修理に時間がかかる ・車格の割に荷室が狭い ・故障、トラブルが多い ・車体が大きく取り回しに慣れるまで苦労する(KK) ・カーナビの精度が悪い(KL) 最新「ジープ・チェロキー」中古車情報.

次の

三菱ジープ【修理代が高くなりがち】に注意?!

ジープ 故障

レネゲード 故障、不具合口コミ ・ブレーキパッドから異音が聞こえる。 ・シートベルトから異音がする。 ・エンジントラブルが発生した。 ・スマートキーの反応が悪い時がある。 ・純正ナビが不調、アップデートで少し改善された。 ・自動ドアロックが動作しなかった、再設定した後は正常に動作している。 ジープレネゲードは口コミサイトを確認すると、異音、不具合などの報告が多数確認できました。 特に 異音が聞こえるという報告は複数あって、ブレーキパッド、シートベルトからの異音は多いように感じられました。 異音は修理に出しても発生すると報告している方もいて、不安に感じている方もいるようです。 さらにジープレネゲードはエンジントラブルが発生したという報告も寄せられています。 エンジントラブルが発生した場合、再始動しても直らない時には修理が必要になることも多く、 エンジントラブルは修理費が高額になる可能性もあります。 エンジンに関する不具合報告は少なめでしたが、エンジントラブルの発生報告があるのは、少し怖く感じてしまいますね。 他にもレネゲードには、 スマートキーの反応が悪いという不具合報告も確認できました。 レネゲードはスマートキーのボタンを押すとロックの施錠、解除が行えますが、ボタンの反応が悪く、近く操作してもスマートキーのボタンが反応しないこともあるようです。 フロントドアに装備されているロック施錠、解除のスイッチは反応が良いようですが、スマートキーの反応が悪いと少し離れた位置からのロック解除等ができないので、キーの反応の悪さは不満に感じてしまうかもしれません。 そして、レネゲードは一部の方から ナビが不調で、電気系が弱いという報告があります。 ナビ不調の詳細は報告されていませんでしたが、恐らくナビがフリーズする、電源が付かない等の不具合だと思われます。 さらに一部の方はナビが突然映らなくなり、交換を行ったという報告もあって、ナビの故障率は少し高い印象を受けました。 また、レネゲードは走行中の自動ドアロック機能が付いていますが、 自動ドアロックが動作しなかったという不具合報告が確認できました。 しかし、自動ドアロックは再設定後は正常に動作していると報告が寄せられていて、問題が発生した時には、一時停車して再設定を行えば改善されると思われます。 ジープレネゲードは故障や不具合の報告が多めで、大きな問題となるエンジントラブルの報告もあるので、故障リスクが高い車に感じられます。 グレード名 カタログ燃費 JC08モード 実燃費 e燃費情報 ロンジチュード リミテッド 14. 6~15. 5km 12. 05km トレイルホーク 10. 4km 9. 43km ジープレネゲードは一部グレードの搭載エンジンが違っていて、エンジン別に燃費性能が異なっています。 4Lガソリンターボが搭載されているロンジチュード、リミテッドグレードはカタログ燃費が14. 6~15. 5kmで、実燃費の平均値は12. 05kmとなっていました。 ロンジチュードとリミテッドはカタログ燃費と実燃費平均を比べると、差が約2. 5kmほどで、カタログ値に大きく劣る結果は出ておらず、燃費性能は悪くないように感じられます。 4Lガソリンエンジンが搭載されているトレイルホークはカタログ燃費が10. 4km、実燃費平均が9. 43kmとなっています。 ガソリンターボ車と比べるとカタログ値、実燃費は低めですが、カタログ値と実燃費の差が約1kmほどしかなく、 トレイルホークはカタログ値に近い燃費性能を発揮できている方も多数いるようです。 そして、ジープレネゲードの燃費の口コミ評価ですが、燃費に関する口コミには下記のような内容がありました。 レネゲード 燃費口コミ ・街乗り平均11km、混んでないと14km。 レネゲード ロンジチュード ・坂道を上る普段使いで11km、遠出だと16~17km レネゲード リミテッド ・街中ちょい乗りで9~9. 5km、もう少し伸びてほしい。 レネゲード リミテッド ・リッター10. 3km レネゲード トレイルホーク ・買い物、週末ドライブで8km台。 レネゲード トレイルホーク レネゲードは 口コミで寄せられていた燃費はロンジチュード、リミテッドが9~11kmほど、トレイルホークが8~10kmほどの報告が多めに確認できました。 実燃費平均と比べると、ロンジチュード、リミテッドは実燃費より少し下回っていますが、トレイルホークは実燃費平均以上の記録を出せている方も多いようです。 また、高速などの混んでいない道では、ロンジチュード、リミテッドでリッター14~16kmほどの記録を出せている方もいるので、発進、停車が少なければ燃費性能は大きく伸びるのではないかと思われます。 ただし、街中の発進、停車が多い場所では、各グレード共に実燃費平均を下回る結果も報告されているので、街乗りでは実燃費平均より燃費性能が落ちるかもしれません。 ジープレネゲードは口コミでの燃費報告と実燃費に大きな差はあまりなく、走行環境が良ければカタログ値に近い性能で走行できる可能性も十分あると思います。 jeep-japan. html ジープレネゲードを購入候補として考えている場合、価格に関する口コミ評価はどうなのか、気になりますよね。 レネゲードは他のジープ車に比べて価格は安めで、口コミには価格に関する評価、意見も寄せられています。 まず、ジープレネゲードのカタロググレードの価格を確認してみましょう。 ベースグレードのロンジチュードは299万円から販売されていて、レネゲードの中で本体価格が唯一300万円を下回っています。 リミテッドは337万円から購入が可能で、ロンジチュードと比べると35万円以上価格がアップしています。 しかし、リミテッドは各種装備がアップグレードされていて、ボディーカラーの選択可能数も増えているので、価格アップした分の性能向上は図られていると思います。 トレイルホークは365万円から販売されていて、リミテッドより25万円以上価格が上がっています。 ただ、トレイルホークは2. 4Lガソリンエンジンを搭載し、4WD駆動を採用したオフロードに強いモデルなので、オフロード走行メインの方はトレイルホークを選ぶ方も多いようです。 ジープ車はベースグレードでも400万円を越えているモデルもあるので、レネゲードは価格面を見ると外車ながら価格が抑えられていると感じられます。 そして、レネゲードの価格口コミですが、価格に関する口コミには下記のような意見がありました。 レネゲード 価格口コミ ・装備が良く、300万円台ならお買い得に感じた。 ・トレイルホークを380万円台に抑えられた。 ・外車SUVにしては安い方だと思います。 ・国産車よりは高いですが、輸入車と考えるとバーゲンプライス。 口コミを確認したところ、 レネゲードの価格面は良い評価が多めで、価格に不満を感じている方はほとんどいませんでした。 みんカラ、価格. comなどの口コミサイトでは、リミテッド以上のグレードを購入している方が多めでしたが、300万円台ならお得と感じている方は多く確認できています。 また、トレイルホークを購入した方からも値引き込みで380万円台に抑えられたという報告が寄せられていて、 上位グレードでも価格面に不満を感じている方は少ないようです。 ジープレネゲードは価格面に関する口コミ評価は悪くなく、外車ながら最上位グレードが400万円台以下で購入できる点は高評価を寄せている方も多数確認できました。 グレード名 全長 全幅 全高 ロンジチュード リミテッド 4,255mm 1,805mm 1,695mm トレイルホーク 4,260mm 1,805mm 1,725mm レネゲードは一部グレードによって車体サイズが異なっています。 ロンジチュード、リミテッドとトレイルホークのサイズを比べると、 ロンジチュード、リミテッドのほうがサイズが小さく、取り回しが良いのではないでしょうか。 ただ、レネゲードは各グレードの全長が4,255~4,260mmと小さく、国産車のコンパクトSUV車と比べても車体全長が短いので、トレイルホークを選んでもサイズで不満を感じることはないと思われます。 そして、レネゲードの車体サイズに関してですが、口コミサイトを確認したところ、下記のような評価が寄せられていました。 レネゲード サイズ口コミ ・レネゲードはコンパクトで運転しやすく、操舵感も良い。 ・車のサイズの割りに操作感、加速申し分なし。 ・コンパクトSUVながら車内の狭さは感じにくい。 ・車体サイズが抑えられている為、荷室スペースは少し狭い。 レネゲードはサイズに関する口コミは良い評価が多めで、車体サイズ、内装の大きさに関する意見も確認できました。 最初に車体サイズに関する口コミですが、レネゲードは車体サイズがコンパクトで、運転しやすいと評価している方が複数確認できました。 さらにサイズが抑えられているのにレネゲードは操作感が良いと評価している方もいて、取り回しの良さも高評価を受けているように感じられます。 車体サイズに関しては多くの方が満足しているようで、レネゲードは車の大きさに関しての不満意見はほとんどありません。 次に車内のサイズですが、 レネゲードは車内の大きさに関しても満足している方が多めで、セカンドシートでも狭さを感じないという意見も確認できました。 車内サイズに関する意見では、レネゲードは全高が大きいので、ヘッドスペースが広く確保できているという意見もあって、車内の快適さも高い印象を受けます。 ただ、荷室スペースに関しては狭いと感じている方もいて、大きな荷物を積み込む機会が多い方は荷室スペースに少し不満を感じてしまうかもしれません。 ジープレネゲードは車体サイズの口コミ評価は高めで、車内の評価も悪くなく、荷室スペースの広さを重視しないならコンパクトSUVの候補に入れてみるのも良いと思います。 jeep-japan. html 今回はジープレネゲードの口コミ情報について紹介してきました。 レネゲードは価格、サイズに関する口コミは良い評価が多めで、最上位グレードの価格にも満足している方が多数確認できました。 サイズも車体サイズ、車内サイズ共に満足している方は多く、コンパクトSUV車ながら室内は拾いと感じている方もいるようです。 また、レネゲードは燃費に関しても多数の報告が寄せられていて、口コミ燃費には実燃費平均以上の記録も寄せられていました。 ただ、 レネゲードは故障に関する報告が多めで、総評を悪く評価している方もいます。 特に異音に関する報告は多く、軽微な不具合の報告も多数あって、故障リスクが気になる方はレネゲードの評価を見て候補から外してしまうのではと感じました。 ジープレネゲードは故障発生数が多いので、悪い口コミ評価も複数ありますが、燃費や価格、サイズは良い評価を受けているので、燃費が良く、価格を抑えて購入できる外車コンパクトSUVを求めている場合には、候補に入れてみるのもいいかもしれません。 愛車の査定を50万円以上、高く査定してくれるのは楽天査定! 「愛車の売却どこにしたらいいか分からない…」 「愛車の売却は近くの中古車販売で妥協しようか…」 「下取りで値引きを大きくしたい…」 「新車をお得に最安値で手に入れたい…」 「ディーラーの売り込みがイヤ…」 などあなたにも 悩みがあるのではないでしょうか。 1,値引きを大きくして 新車を安く買いたい! 2,愛車を高く売りたい! こんなあなたの望みを叶える オススメの裏ワザを ご紹介します! 下取り、愛車の売却は無料の一括査定サイトを使い最高値で売る! ディーラーで20万円の下取りが 一括査定を使い80万円になることも 多々あります。 一括査定ではあなたの 愛車をガリバーなど 大手下取り会社の 複数業者が 無料査定をしてくれるのです。 ここで出た 最高値で 車を売却することができます。 またその最高値を ディーラーに伝え 値引き交渉に使うことで 値引きの限界を引き出す ことも可能です。 一括査定を使うことで 愛車を最も高く 売却することが出来るのです。

次の