あと1センチの恋。 映画あと1センチの恋(日本語吹き替え/字幕)のフル動画が無料|OpenlandyやDailymotionでも|シネマテラス

「あと1センチの恋」あらすじと感想。リリー・コリンズを応援したくなる!

あと1センチの恋

あと1センチの恋のあらすじ 6歳からの幼馴染みの少女ロージーと少年アレックス。 思春期を迎えてもまるで恋人のように仲がいい2人は、まさに 友達以上恋人未満の関係。 楽しい話、恋の話、将来の話。 何でも分かち合った2人は、このまま大親友として一緒の大学へ進学することを夢見ていた。 しかし、高校生となったある日。 ロージーがクラスメイトの人気者と関係を持つ。 そして 妊娠する。 2人の夢だった一緒の大学への進学はなくなり、ロージーはこのまま地元に残り、アレックスは一緒に行くはずだった遠く離れたボストンの大学へ。 親友として再会を誓い、 2人は人生で初めて離れ離れになる。 お互いの 本当の気持ちを伝えられないまま…。 「なかなか上手くいかない」現実的で等身大の恋に共感 「あと1センチの恋」の特徴は、2人のもどかしい関係。 なかなか上手くいかない2人に、見ている自分がついつい背中を押したくなるような気持ちになりました。 でも、映画を観終わって思い返してみると「もしかして今の自分もこんな感じ?」なんて気持ちになってました。 恋人がいる人も、片想いの人も、本当の自分の気持ちを相手に伝えられないまま、大きなチャンスを逃しているのでは…。 日本のありきたりなパターンのラブコメではなく、 もっと現実的で等身大の恋。 それが10代・20代の女子の共感を得たそうです。 TwitterなどのSNSで全国に拡散 「あと1センチの恋」がここまで人気になった背景には、Twitterをはじめとする SNSによる拡散が大きいと言われています。 「感動した」「面白かった」という理由でTwitterに投稿するのはごく普通のことですが、この映画の場合は「一緒に見た人」という事が、ここまで人気になった大きな理由なのかなと感じました。 10代・20代の若い世代が映画館で映画を観る目的としてよくあるのが「好きな芸能人が出演している」「3Dなど映画館の大迫力で観たい」などがあります。 ですが「あと1センチの恋」に関してはこれまでの概念と少し違っていて、映画館というちょっと特別な場所で、大切な恋人や親友と一緒に観るということが一番の目的なのかもしれません。 同じ場所で、同じ時間に、同じ映画を観て、同じ感情を抱く。 「あと1センチの恋」のストーリーも素晴らしいのですが、それ以上に 見終わった時の特別な想いが、若い世代には新鮮だったのかもしれません。

次の

男子は見ちゃいかん!!! 『あと1センチの恋』

あと1センチの恋

しかしこの作品は学生時代の背景はあるものの、 メインは大学〜社会人といった大人な心情や背景がとても多い。 ロージーのシングルマザーとしての大変さが、しっかり描かれています。 また、シングルマザーという事実を幼なじみで片思いの相手アレックスに知られない為、同級生にもバレないようにするところなどが忠実にとても現実的かつコミカルに作品に現れています。 わたしがこの作品を好きな3つの理由 1、夢を追う姿勢 2人はお互いをとても尊敬し、夢を追いかけるために別々の道を選びました。 しかし、ロージーは妊娠して地元に残ることになり、夢を一旦諦めることになります。 現実の社会でも望まない妊娠をしてしまう女性は多かったり、シングルマザーの選択をする方も多いように感じます。 自分の夢へ向かって小さいことから一つずつと着実に努力を積み重ね、成功へと向かっていく姿は昨今のシングルマザーへ勇気や希望、新たな道がひらける選択肢を与えているよう。 また、夢へ向かっている最中の困難や大きな壁にぶちあたり落ち込んでるときに、子どもが支えになっているところや子供のために頑張ろうという姿には、親子の絆や温かさを感じます。 2、ロージーとアレックスの一筋縄にはいかない関係 ロージーとアレックスはクラブへ行った際にキスをするのですが、ロージーは泥酔のあまり覚えていません。 アレックスはロージーがキスに触れてこないことをモヤモヤしたいるものの、幼なじみという関係を壊さないためにもそのことには触れませんでした。 その後、ベサニーという女性がアレックスに猛アタックし、2人は付き合うことになります。 ロージーはベサニーとアレックスが付き合ったことを残念に思ったり、気持ちを伝えてられないというモヤモヤ感や、幼なじみという関係性を壊したくないという思いがとても伝わってきます。 ネタバレに近いようなお話にはなってしまうのですが、2人が社会人になりお互いに惹かれはじめたときは、やっとくっつくと思ってドキドキしたのにも関わらず、やっぱり上手くいきません。 距離が少しできてしまう感じなんですね。 2人はお互いのことを1番理解しています。 誰よりも長く一緒にいる友達、幼なじみとしての関係なら言えてたことやできていたことが、恋人という関係になることで少し複雑になったりと、観ているこちらの心情まで浮いたり沈んだりする作品です。 3、片思いのもどかしさを実感できる ラブストーリーではキュンキュンする場面が多いですよね。 でも「あと1センチの恋」では、キュンキュンする場面もある分、片思いのもどかしさがとてもよく伝わってきます。 誰もが片思いのときに感じるであろう 嫉妬心や後悔などが、とても繊細に描かれています。 夢に向かって挫けないところや、子どもとの関係性、また感想を言うなかで触れませんでしたが、ロージーと父親との関係性が描かれているところには思わず涙が出てしまい止まりません。 最後までハッピーエンドで終わるかどうかが分からなかったり、他のラブストーリーとは少し違うなと序盤に感じるはずです。 でも見終わったあとは、心があったまり、ちょっとでも勇気がもらえる作品になっています。 最後に映画のオススメポイントとして主役の リリー・コリンズがとても美しくて、たまに笑顔に見惚れすぎてストーリーを忘れてしまうほど!!!笑 ただその綺麗な美しい笑顔が、ロージーが辛いときでも無理して笑っていると胸が苦しくなったり、作品とうまく相まってこの映画をより良いものにしていると感じます。

次の

映画あと1センチの恋(日本語吹き替え/字幕)のフル動画が無料|OpenlandyやDailymotionでも|シネマテラス

あと1センチの恋

あと1センチの恋のあらすじ 6歳からの幼馴染みの少女ロージーと少年アレックス。 思春期を迎えてもまるで恋人のように仲がいい2人は、まさに 友達以上恋人未満の関係。 楽しい話、恋の話、将来の話。 何でも分かち合った2人は、このまま大親友として一緒の大学へ進学することを夢見ていた。 しかし、高校生となったある日。 ロージーがクラスメイトの人気者と関係を持つ。 そして 妊娠する。 2人の夢だった一緒の大学への進学はなくなり、ロージーはこのまま地元に残り、アレックスは一緒に行くはずだった遠く離れたボストンの大学へ。 親友として再会を誓い、 2人は人生で初めて離れ離れになる。 お互いの 本当の気持ちを伝えられないまま…。 「なかなか上手くいかない」現実的で等身大の恋に共感 「あと1センチの恋」の特徴は、2人のもどかしい関係。 なかなか上手くいかない2人に、見ている自分がついつい背中を押したくなるような気持ちになりました。 でも、映画を観終わって思い返してみると「もしかして今の自分もこんな感じ?」なんて気持ちになってました。 恋人がいる人も、片想いの人も、本当の自分の気持ちを相手に伝えられないまま、大きなチャンスを逃しているのでは…。 日本のありきたりなパターンのラブコメではなく、 もっと現実的で等身大の恋。 それが10代・20代の女子の共感を得たそうです。 TwitterなどのSNSで全国に拡散 「あと1センチの恋」がここまで人気になった背景には、Twitterをはじめとする SNSによる拡散が大きいと言われています。 「感動した」「面白かった」という理由でTwitterに投稿するのはごく普通のことですが、この映画の場合は「一緒に見た人」という事が、ここまで人気になった大きな理由なのかなと感じました。 10代・20代の若い世代が映画館で映画を観る目的としてよくあるのが「好きな芸能人が出演している」「3Dなど映画館の大迫力で観たい」などがあります。 ですが「あと1センチの恋」に関してはこれまでの概念と少し違っていて、映画館というちょっと特別な場所で、大切な恋人や親友と一緒に観るということが一番の目的なのかもしれません。 同じ場所で、同じ時間に、同じ映画を観て、同じ感情を抱く。 「あと1センチの恋」のストーリーも素晴らしいのですが、それ以上に 見終わった時の特別な想いが、若い世代には新鮮だったのかもしれません。

次の