遊戯王 クロノ ダイバー。 【カードテーマ考察】クロノダイバー(Time Thief)

【カードテーマ考察】クロノダイバー(Time Thief)

遊戯王 クロノ ダイバー

このカードを手札から特殊召喚する。 デッキから「クロノダイバー・リューズ」以外の「クロノダイバー」カード1枚を手札に加える。 【クロノダイバー】のサーチャー 召喚・特殊召喚時に同名以外の「クロノダイバー」カード1枚をサーチできます。 特に魔法・罠は専用効果なのでこの効果でサーチできるのは大きい。 また、 自分フィールドのX素材1つを取り除くことで手札から特殊召喚できるため、展開もしやすい。 【クロノダイバー】はランク4を主軸とするデッキなので、余ったX素材を即座に墓地に送る方法として見てもいいでしょう。 数少ない「クロノダイバー」の中でも中核を担うモンスターなので3積みしておきたいカードです。 相手の墓地からカード1枚を選び、対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。 この効果は相手ターンでも発動できる。 このカードを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。 自身をリリースし、相手の墓地のカード1枚を自分フィールドの「クロノダイバー」Xモンスター1体のX素材にできる(フリーチェーン)モンスター 相手の墓地の妨害をしつつ、《クロノダイバー・リダン》の効果のバリエーションを増やすことができます。 ただし、モンスター1体を失ってできることがこれだけなので相手の墓地が少なければそのままX素材に使ってしまうのもあり。 墓地に存在する場合、自分フィールドのX素材を1つ取り除き特殊召喚することもでき、繰り返しX素材として使うことができます。 1体墓地に送っておくだけでも戦線維持が行いやすくなり、リンクモンスターを展開する余裕も生まれます。 デッキから「クロノダイバー・レギュレーター」以外の「クロノダイバー」モンスター2体を守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。 このカードを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。 自分フィールドにこのカード以外が存在しない場合、 自身をリリースしてデッキから同名以外の「クロノダイバー」を2体まで守備表示で特殊召喚できるモンスター 現時点では《リューズ》と《ベゼルシップ》しか出せませんが、効果も無効にならないため《リューズ》のサーチ効果も活かしつつ1枚でランク4が出せます。 基本的に自分が優勢時には使えませんが、とても心強いカードと言えます。 また、 自分のエクシーズモンスターが戦闘破壊された場合、墓地から特殊召喚できる効果も持っており、緊急の壁とすることも可能。 このカード1枚から制圧盤面を作ることもできます。 詳しくは展開例にて。 このターンに1度だけ、相手モンスターの攻撃で発生する自分への戦闘ダメージは代わりに相手が受ける。 このカードを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。 数少ない「クロノダイバー」の1体なのでテーマ色を強める場合には複数採用も見込めるでしょう。 一般的な混合デッキの【クロノダイバー】では無理に採用しなくてもOKです。 相手のデッキの一番上のカードをこのカードの下に重ねてX素材とする。 このカードのX素材を3種類(モンスター・魔法・罠)まで取り除く。 その後、以下を適用する。 取り除いた自身のX素材のカードによって効果を変化させるモンスター 専用のサポートカードを用いて魔法・罠をX素材化していきます。 また、エクシーズモンスターとしては珍しい 自身をエンドフェイズまで除外できる効果でフィールドに残りつつアドバンテージを稼ぐことを得意としています。 【クロノダイバー】はこのカードありきのカードが多いため、まずは1体エクシーズ召喚することから始めていきます。 そのモンスターを特殊召喚する。 デッキから「クロノダイバー」カード1枚を選び、対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。 この効果は相手ターンでも発動できる。 お互いのスタンバイフェイズにX素材1つを取り除き、同名以外の「クロノダイバー」1体を墓地から特殊召喚できるモンスター 蘇生は基本的に相手ターン中になるため《リューズ》or《リダン》が筆頭。 また、 自身以外のエクシーズモンスターへデッキからX素材を追加できる効果も持っており、これにより《クロノダイバー・リダン》の効果をサポートすることができます。 【クロノダイバー】の展開力は高くないため、1ターン中に《リダン》と共に並べることは難しいですが、リンクモンスターを使わなくても両立できるため2ターン目以降に使っていきたいカードです。 さらにそのモンスターが、元々の持ち主が相手となるカードをX素材としている場合、 このターンそのモンスターは直接攻撃できる。 自分フィールドのエクシーズモンスター(特殊召喚したターンのみ)に相手の効果対象にならず、効果で破壊されない耐性を付与するカード 【クロノダイバー】が主軸とするランク4全般にこの耐性が付与されるのは結構強く、ランク4の対応力を存分に発揮しつつ状況を打破できます。 相手のカードをX素材として持っていた場合は直接攻撃を付与する追加効果もあり、《クロノダイバー・リダン》だけでなく《No. 101 S・H・Ark Knight》などでも発動できるため相手がLP3000を切っていれば楽にフィニッシャーとなれます。 エクシーズモンスター全般のサポートとしてもかなり質がよく、「希望皇ホープ」の1キルコンボも成功させやすいため、ぜひ【クロノダイバー】にも組み込みたい。 《リューズ》でサーチできるため1~2枚でも十分です。 自分の墓地から、「クロノダイバー」カード3種類(モンスター・魔法・罠)をそれぞれ1枚ずつ選んで、対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。 手札から「クロノダイバー」1体を特殊召喚できるカード 展開効果があるのは嬉しいのですが、メインデッキの「クロノダイバー」が3種類しか存在しないので多く採用すると腐りやすいです。 墓地から除外し、「クロノダイバー」のX素材を墓地から追加することもできます。 モンスター・魔法・罠の3種類全てを墓地へ用意しておく必要がありますが、《リダン》の効果を1枚で最大限に活かせるのは大きな強み。 手札・デッキから「クロノダイバー」カード1枚を選び、対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。 相手の墓地からカード1枚を選び、対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。 「クロノダイバー」Xモンスター1体へ手札・デッキから「クロノダイバー」カード1枚をX素材として重ねるカード 《クロノダイバー・リダン》の1ドローとデッキバウンスの効果が使いやすくなり、戦線維持がしやすくなります。 デッキ圧縮にもなり一石二鳥。 また、 墓地から除外することで相手の墓地のカード1枚を「クロノダイバー」XモンスターのX素材とすることができます。 さながら《D. クロウ》のような墓地妨害も可能なので中々優秀。 やや状況を選びますが、思わず使いたくなるいいカードですね! 《クロノダイバー・レトログラード》 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 その発動を無効にし、そのカードを自分フィールドの「クロノダイバー」Xモンスターの下に重ねてX素材とする。 相手の魔法・罠の発動を無効にして、「クロノダイバー」のX素材にすることができるカード 《リューズ》でサーチできるため、安定して使える妨害札となります。 ランク4のデッキに《リューズ》と共に出張させてみるのもいいかもしれません。 そのカードを破壊し、デッキから「ヴァレット・トレーサー」以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。 この効果は相手ターンでも発動できる。 《クイック・リボルブ》でデッキから特殊召喚できるパワーカード 闇属性しか特殊召喚できない制約も【クロノダイバー】なら問題なし。 基本的に1枚から始動できない「クロノダイバー」にとって使いやすい相方になります。 そのままX召喚すれば《リューズ》や《ベゼルシップ》の特殊召喚効果も活かしやすい。 また、チューナーなのでシンクロ召喚も組み込むことができ、戦術に幅がでます。 デッキから鳥獣族・闇属性・レベル4モンスター1体を手札に加える。 X素材を1つ取り除き、闇属性鳥獣族レベル4を1体サーチできるモンスター 基本は後続に繋げられる《RR-シンキング・レイニアス》を持ってきます。 残ったX素材で《リューズ》や《ベゼルシップ》を特殊召喚しつつ、さらに《RR-ワイズ・ストリクス》をリンク召喚すれば、次々と戦線を整えることができます。 《幻影騎士団シェード・ブリガンダイン》 「幻影騎士団シェード・ブリガンダイン」は1ターンに1枚しか発動できない。 自分の墓地に罠カードが存在しない場合、このカードはセットしたターンでも発動できる。 墓地に罠カードが存在しない場合、セットしたターン中でも発動できる罠カード 発動後、レベル4のモンスターとして特殊召喚することができます。 自身で除外できる《クロノダイバー・フライバック》と両立することができ、《クロノダイバー・リダン》の効果を自分のターンで即座に使うことができます。 単純にランク4・リンク素材としても使いやすいため腐りにくくおすすめの1枚。 《一回休み》 特殊召喚されたモンスターが自分フィールドに存在しない場合にこのカードを発動できる。 そのモンスターを守備表示にする。 特殊召喚されたモンスターをターン終了時まで効果を無効にするカード また、攻撃表示で特殊召喚したモンスターも守備表示にします。 《クロノダイバー・リダン》は 効果で一度フィールドを離れれば、特殊召喚されたモンスターとしては扱わないため、このカードで維持できればさらに場もちの良さが光ります。 《リダン》を維持できれば効果でドローが期待できるため、アドバンテージに差をつけつつ有利な盤面で戦っていくことができます。 展開例 手札1枚で環境デッキ並みの展開が可能。 《クロノダイバー・レギュレーター》優秀すぎる。 《クロノダイバー・レギュレーター》を召喚。 自身をリリースし、《クロノダイバー・リューズ》と《クロノダイバー・ベゼルシップ》をデッキから特殊召喚。 《リューズ》の効果でデッキから《クロノダイバー・ハック》をサーチしそのまま発動。 《リューズ》と《ベゼルシップ》で《RR-フォース・ストリクス》をエクシーズ召喚。 効果でデッキから《RR-シンキング・レイニアス》をサーチし、そのまま特殊召喚。 《RR-フォース・ストリクス》の残りのX素材を取り除き、墓地の《ベゼルシップ》を蘇生。 「RR」2体で《RR-ワイズ・ストリクス》をリンク召喚。 デッキから《BF-精鋭のゼピュロス》を特殊召喚し、そのまま《ベゼルシップ》とで2体目の《RR-フォース・ストリクス》をエクシーズ召喚する。 効果でデッキからそれぞれ《BF-残夜のクリス》と《RUM-ソウル・シェイブ・フォース》をサーチ&セット。 《ワイズ・ストリクス》と《フォース・ストリクス》で《幻影騎士団ラスティ・バルディッシュ》をリンク召喚。 デッキから《幻影騎士団サイレントブーツ》を墓地へ送り、《RUM-幻影騎士団ラウンチ》をセットする。 墓地の《サイレントブーツ》を除外してデッキから《幻影騎士団シェードブリガンダイン》をサーチ。 《クロノダイバー・ハック》をバウンスして《精鋭のゼピュロス》を蘇生(《ハック》はすぐに発動)。 手札から《残夜のクリス》と《シェードブリガンダイン》を特殊召喚して《クロノダイバー・リダン》をエクシーズ召喚。 《RUM-ソウル・シェイブ・フォース》を発動。 EXデッキから《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》をエクシーズ召喚。 【月光】のコンボをベースにしました。 相手の盤面をズタボロにしつつ、ドローロックをかけて、相手ターン中の《外神アザトート》を決めて勝つ。 パーツは多くとも組み込む価値はあると思います。 たまには強いコンボもしたくなるよね。

次の

【遊戯王】待望の最強月光新規、タイムシーフ改めクロノダイバー・リダン!

遊戯王 クロノ ダイバー

テーマ特徴 時間を操るイケメンな怪盗達 ・時間を操る泥棒をテーマとしたテーマである ・闇属性のレベル4モンスターが中心でエクシーズ召喚を軸に戦う ・相手の墓地やデッキのカードをオーバーレイユニットにしてそれを活用する ・カードの縛りが少なく他のランク4用のカードを混ぜやすく出張もさせやすい ・遅れてすみません。 怪盗アンデス 特殊な装置を埋め込んだ手袋をつけたイケメンな怪盗と 恐らく彼らが活用するあろう様々なツールがあり 人型のモンスターがサイキック族、ツール的なのは機械族に分類されています。 タイムシーフと名乗るだけあり彼らは時間を操る能力を持っているようで その力を駆使して怪盗をしているのでしょう。 カード名は ベゼル:風防の周りに取り付けられるリング状の時計部品 リダン:文字盤の仕上げ直し フライバック:クロノグラフの数値をリセットし瞬時に再計測する機能 といずれも腕時計に関する用語がモチーフとなっています。 さてそんな時を操るイケメンな怪盗がするべき事と言えば そりゃ勿論「レディの救出」ですよ テーマの説明にも「あなたの計画を崩壊させる」といった表記がなされており 悪い組織から盗みを働き美女を助ける実に王道な怪盗をしています。 こういうのは特に女性にはたまらない人が多いでしょう。 あなたの墓地やデッキよりカードを頂戴しに参ります メインデッキのモンスターはいずれもレベル4であり エクシーズが戦闘破壊されると墓地から蘇生できるTime Thief Regulatorや エクシーズ素材を取り除く事で手札から特殊召喚できるTime Thief Winderなど エクシーズ召喚に特化した性能をしています。 エースモンスターがランク4のクロノダイバー・リダンである事からも ランク4のエクシーズ召喚に特化したテーマと言えます。 それと同時に相手の墓地のカードをエクシーズ素材にできる Time Thief Bezel ShipやTime Thief Flyback、 相手のデッキのカードをエクシーズ素材にするクロノダイバー・リダンなど 「相手のカードを奪ってエクシーズ素材にする」 というのを主なコンセプトにしています。 このテーマのエースとなるランク4エクシーズ、クロノダイバー・リダンは モンスターだけでなく魔法や罠をエクシーズ素材にする事で真価を発揮するので いかに相手の魔法罠をエクシーズ素材として奪うかが重要になってくるテーマです。 他のカードを出張させるのも他のデッキに出張させるのも まずTime Thief RegulatorからRegulatorとWinderを特殊召喚し Winderのサーチ効果を発動しつつリダンのエクシーズ召喚、 というのがこのテーマの基本的な動きとなってくるでしょう。 リダンはエクシーズ素材が多いほど真価を発揮できるカードですが Winderの効果で素材を取り除いたり自身の効果で一時的に除外する事も多いので いかにエクシーズ素材を調整するかがテーマのカギとなってきます。 現在判明しているメインデッキのモンスターは3体しかいませんが 専用のレスキューラビットとも言える効果を持つTime Thief Regulatorに 召喚、特殊召喚時にサーチ効果を発動できるTime Thief Winder、 エクシーズ素材を取り除いて自己蘇生ができるTime Thief Winderと いずれも粒ぞろいでアドバンテージを確保しやすいカードが揃っています。 その上でエクシーズ素材の縛りも召喚制限も特に存在せず 他のランク4用のカードを出張させやすい拡張性の高いテーマとなっています。 逆にTime Thief Bezel Shipなんかは エクシーズモンスターを活用するデッキ全般で繰り返しの蘇生が狙えるカードであり 他のランク4テーマにこのカード、 どうせなら他のクロノダイバーも一緒に出張させるなんて選択肢もアリです。 海外より参上したこの正統派ながらもトリッキーなクロノダイバーを活用し 新時代のエクシーズデッキを作り出していきましょう。 その墓地のXモンスターを特殊召喚し、 その相手のカードを下に重ねてX素材とする。 この効果の発動後、 ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは半分になる。 エクシーズモンスター3体をリンク素材に要求するリンクモンスターです。 クロノダイバー・リダンは自身を一時的に除外する効果を持っており 結果として複数のエクシーズモンスターが並ぶ場面が結構起こりえます。 3体並べられる状況も十分ありえるので そんなときにそれらを素材にリンク召喚出来るこのカードがあると何かと役立ちます。 幻影騎士団シェード・ブリガンダイン 通常罠 「幻影騎士団シェード・ブリガンダイン」は1ターンに1枚しか発動できない。 自分の墓地に罠カードが存在しない場合、 このカードはセットしたターンでも発動できる。 幻影騎士団に属する罠モンスターの一種です。 クロノダイバー・リダンはモンスターだけでなく 魔法罠もエクシーズ素材にしている事で真価を発揮するカードであり 「罠モンスターをエクシーズ素材にする」という動きも結構大事になってきます。 レベル4の罠モンスターの中でもこのカードは条件次第で即時特殊召喚が可能であり 特にエクシーズ素材として活用しやすいカードと言えるでしょう。 専用の通常罠であるTime Thief Flybackも墓地から除外する効果を持っており 条件を満たせる機会は結構多かったりします。 ちなみにシェード・ブリガンダインに限らず クロノダイバーに幻影騎士団を混ぜたタイプのデッキもあったりします。 相手の墓地のカード1枚を選び、 そのモンスターの下に重ねてX素材とする。 この効果は相手ターンでも発動できる。 墓地のこのカードを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。 デッキから「Time Thief Regulator」以外の 「クロノダイバー」モンスター2体を守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。 墓地のこのカードを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。 相手のデッキの一番上のカードをこのカードの下に重ねてX素材とする。 このカードのX素材を3種類(モンスター・魔法・罠)まで取り除く。 その後、以下の効果を適用する。

次の

《クロノダイバー・パーペチュア》効果考察:リダン・リューズとの相性抜群!過去・現在・未来をつなぐ特異点!?

遊戯王 クロノ ダイバー

クロノダイバーデッキが優勝 2019年9月14日に発売の「エクストラパック2019」で登場した【クロノダイバー】デッキの優勝デッキやカード効果21枚&デッキレシピ・回し方・相性の良いカードなどをまとめています。 【クロノダイバー】デッキは2019年9月14日に発売の「エクストラパック2019」で登場しカテゴリー化されました。 「クロノダイバーデッキ」大会優勝デッキレシピ クロノダイバーデッキの優勝デッキレシピ一覧 「 クロノダイバーデッキの大会優勝デッキ欄です。 大会で優勝した際にはここで紹介していきます。 また最速で優勝情報を知りたい人はツイッターなどの公式検索がオススメです。 【クロノダイバーデッキ】クロノダイバーデッキの優勝デッキレシピ:純構築 【クロノダイバーデッキ】TCGショップディスク遊戯王非公認優勝デッキレシピです。 クロノダイバーデッキを純構築に簡易融合やレベル4を出しやすい工夫がされています。 「クロノダイバーデッキで重要なモンスターの採用枠と共に罠カードの割合を増やすことで除去を行えるような構成になっています。 メタビートに近い形として運用できるのも大きなポイントですね。 こっちはランク4のリダンをフィールドから外せる効果を持っているので即座にPSYフレームの効果を活用する事が出来ます。 ある意味ではかなりの利点になるかもしえません。 誘発枠のスロットも多く、カーテンライザーや簡易的に特殊召喚するコンボを採用するカードも採用する事も。 エクシーズ素材の種類によって効果が変わり、ランク4を出していってビートダウンしているというシンプルさも兼ね備えている面白いデッキですね。 クロノダイバーデッキに限った話では無いんですが、数が少ない分ランク4のグッドスタッフとして運用する事になるでしょう。 クロノダイバーのモンスター効果も主役である《》に全てを託すような感じの効果になっていてとりあえずをフィールドに残し続けて攻めるという1撃離脱で盤面のコントロールを狙っていきます」 今作より日本来日によってエクシーズモンスターが増えたのもあり、クロノダイバー自身の安定性以上に 『クロノダイバーだけで戦うスタンス』が出来るようになったのは利点。 やっぱりランク4と言えば《》などの採用を重要視してしまってしまうなどメジャーに寄ってしまいがちではありますが クロノダイバー・リダンを出しておかないとアドバンテージも取りづらかったりするので、注意したいですね。 メジャーな除去要素などが登場すれば今後変化するかもしれません。 >> 2019年ではクロノダイバー・リダンのみを採用して『ドラゴンリンク等に出張する』というケースが非常に増えました。 理由として『クロノダイバー自身の効果がEXゾーンを埋めない』という面や打点、レベル4自体を利用できる事など背景が色々とあるようです。 実際に先行で除去されにくい打点になる他に深淵など『転生メタ』などしっかりしたものよりも「除去打点を作って明確にリソースを割く方が良い」という場合もあるためですね。 【クロノダイバーデッキ】クロノダイバーデッキの特徴:リダンを気合でエクシーズ召喚できるかで大きく戦況が変わる 「 クロノダイバーデッキの大きな面としてリダンを出せるかどうかが重要視されるランク4デッキというポイントがあるわ。 実際にエクシーズ召喚を決めた後にも、エクシーズ素材の種類で効果が変わるから「相手のデッキトップを固定化したりするコンボ」などでは有効な感じになってるわね。 ブリキンギョ、ゴブリンドバークなどを採用してランク4を立てるのを前提にしたデッキとして作れば初心者でもわかりやすいデッキになるわよ。 除去もされづらく、壊獣等には脆いもののエクシーズ素材を活用するデッキ故に展開する場合はRRなどを採用してしまうなんてのも視野に入ってきたり。 1 :自分フィールドに「クロノダイバー」Xモンスターが存在し、 魔法・罠カードが発動した時に発動できる。 その発動を無効にし、そのカードを自分フィールドの「クロノダイバー」Xモンスターの下に重ねてX素材とする。 クロノダイバー・スタートアップ このカード名のカードは1ターンに1度しか使用できない 手札からクロノダイバーモンスター1体を特殊召喚する 自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し自分フィールドのクロノダイバーX見モンスター1体を対象として発動できる。 自分の墓地からクロノダイバーカード3種類をそれぞれ1枚ずつ選んで対象のモンスターの下に重ねてX召喚する。 「 クロノダイバーデッキの大きな利点としてクロノダイバー自身の効果や展開が素材確保が難しいという欠点がありましたが、クロノダイバーの新規カードがイグニッションアサルトより登場したお陰で一気に展開がしやすくなりました。 エクシーズモンスターの展開に加えて墓地のクロノダイバーカードを素材にしたりとリダンの効果が確実に発生しやすくなっています。 1 :自分・相手のスタンバイフェイズに発動できる。 相手のデッキの一番上のカードをこのカードの下に重ねてX素材とする。 2 :自分・相手ターンに発動できる。 このカードのX素材を3種類(モンスター・魔法・罠)まで取り除く。 その後、以下を適用する。 モンスター:このカードをエンドフェイズまで除外する。 魔法:自分はデッキから1枚ドローする。 罠:相手フィールドの表側表示のカード1枚を選んで持ち主のデッキの一番上に戻す。 1 :自分・相手のスタンバイフェイズにこのカードのX素材を1つ取り除き、 「クロノダイバー・パーペチュア」以外の自分の墓地の「クロノダイバー」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 2 :このカード以外の自分フィールドのXモンスター1体を対象として発動できる。 デッキから「クロノダイバー」カード1枚を選び、対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。 この効果は相手ターンでも発動できる。 手札・デッキから「クロノダイバー」カード1枚を選び、対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。 相手の墓地のカード1枚を選び、対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。 【クロノダイバー】クロノダイバーデッキの回し方。 動かし方,展開など 「 クロノダイバーデッキはクロノダイバー・リダンを出して展開して攻撃する基本なシンプルな回し方を基本にしています。 クロノダイバーのカード効果等を駆使してエクシーズ素材を増やし、時にはエクシーズ素材がない状態を作ってRUMを打ちつつ少しずつアドバンテージを取っていきます。 まずは主要カードを使いつつランク4を立てるところ始めましょう。 1 :自分・相手のスタンバイフェイズに発動できる。 相手のデッキの一番上のカードをこのカードの下に重ねてX素材とする。 2 :自分・相手ターンに発動できる。 このカードのX素材を3種類(モンスター・魔法・罠)まで取り除く。 その後、以下を適用する。 クロノダイバーのエースはこのリダンで、このカードを出せるかどうかで勝敗が別れると言っても過言ではありません。 出来れば最初のターンで無理やりにでも出して、アドバンテージを稼いでいきましょう。 クロノダイバーデッキの回し方その1:リダンをまずはエクシーズ召喚! 「 各種クロノダイバーモンスターは、リューズやベゼルシップのような特殊召喚が出来るカードも多いので是非とも活用したい所。 ただしエクシーズモンスターがいる事が前提であるカードも多く、初手では《クロノダイバー・レギュレーター》を使うのがメジャーになったりとそこまで難しい展開はありません。 汎用レベル4を使ってエクシーズするような感じで戦う印象です。 「このカードは見てわかる通り、 「クロノダイバーを2体展開する」という露骨なサポートカードで、最大で2回展開するチャンスがあります。 ここにうららを打たれるかで大きく戦況は変わります。 デッキから「クロノダイバー・レギュレーター」以外の「クロノダイバー」モンスター2体を守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。 このカードを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。 リダンの効果はコズミック・ブレイザーのような逃げる事が得意なカードだから除去が物凄い難しいし、相手からするとロービートでは苦戦を強いられるカテゴリーだったりするのか。 クロノダイバーデッキでは、主にリダンを1度出せば後続にリューズやベゼルシップによる展開を行いつつ次のエクシーズ召喚を行って展開していきます。 クロノダイバーデッキはモンスターがだいぶ固定化されてしまうのでソリティアのような感じの展開はできないものの、ランク4を展開しての綺麗な流れを目指していきましょう。 そのためにもうららを防ぐ墓穴シリーズなどで意地でも通したいですね。 その際にエクシーズ素材を使って特殊召喚できるリューズやベゼルシップの効果を使いつつ、後続の盤面を作っていきます。 幸いな事にクロノダイバーのモンスター効果は「クロノダイバーのエクシーズモンスターを指定しない効果」である事も多く、汎用エクシーズの素材を取り除いたりラウンチを早期に打てるんですよね。 このカードを手札から特殊召喚する。 デッキから「クロノダイバー・リューズ」以外の「クロノダイバー」カード1枚を手札に加える。 クロノダイバー・リューズの効果で上記の《クロノダイバー・レギュレーター》をサーチしつつ次のターンでもう一度クロノダイバーを出すという流れもあります。 相手の墓地からカード1枚を選び、対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。 この効果は相手ターンでも発動できる。 このカードを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。 「後は魔法罠でリダンの打点等を補ったり、素材を増やすことでエクシーズ素材のバリエーションを多くして素材を使いつつアドバンテージを取っていきますの。 この際に素材に出来るカードのバリエーション次第で強さが変わるので、できればうまく2種類以上は入れたいですわね。 罠カードの場合は起動効果での除去になる分罠カードを出来る限り素材にしておきたいですの。 また魔法カードばかりでもドローするだけで相手の切り札を除去できるかは難しい分罠カードを多めに入れたくなる感じはしますよね。 一応、エクシーズサポートとしては罠カードであれば《》などのメタカウンター。 《》を採用したりして狙えないわけではありません。 無限泡影を素材にできればラッキーですね。 「相手のデッキでは無限泡影とかも採用されてたらラッキーね。 手札・デッキから「クロノダイバー」カード1枚を選び、対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。 相手の墓地のカード1枚を選び、対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。 クロノダイバーデッキの回し方その3:リダン+汎用エクシーズで制圧 クロノダイバーデッキの回し方その3:リダン+汎用エクシーズで制圧 「リダンを出すことが出来ればその効果でフィールドから離れるので実質クロノダイバーデッキはEX枠が勝手に空く仕様になっています。 最終的にリダン+汎用カードで盤面を作っていこうというのが前提となりそうです」 「汎用カードは上記に上げたけど、リダンの効果を使いつつも動けるデッキがベストって感じね。 あとはクロノダイバーデッキの最大の特徴としてエクシーズ素材を使って特殊召喚が出来るから、クロノダイバー自身の効果と様々な展開を狙っていきたいわ。 現状だとラスティバスディッシュなどの効果と合わせてしまうなどがあったわね」 「難しく考えてしまいますが 、クロノダイバー自身がランク4の誓約とかを持ってないので汎用デッキでクロノダイバーを採用するって感じにしても十分に動けるかと思います。 月光デッキなどのレベル4を展開する手段もそうですしRRも含めて「過去にレベル4を並べるデッキ」はそのまま採用してしまえるのも魅力。 《クロノダイバー・リダン》や《クロノダイバー・ベゼルシップ》の効果は出張性能として非常に高いので、一度自分で持っているレベル4デッキに採用出来るか確認してみましょう。 クロノダイバーの相性の良いデッキのポイントはレベル4かつランク4を展開できるデッキである事でしょう。 最悪クロノダイバーに依存しない選択肢もありますが、リダン含め盤面を維持しつつのデッキとして作り上げたほうが良さそうです。 このカードはX召喚の素材にできない。 1 :このカードが戦闘を行う場合、 相手はダメージステップ終了時までカードの効果を発動できない。 2 :このカードが「希望皇ホープ」モンスターをX素材としている場合、 このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に、 このカードのX素材を2つ取り除いて発動できる。 このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ5000になる。 「 クロノダイバーデッキの相性の良いカードというよりも汎用エクシーズとしてホープ関連がおすすめです。 1 :このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから鳥獣族・闇属性・レベル4モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターはリンク素材にできず、効果は無効化される。 2 :自分の「RR」Xモンスターの効果が発動した場合に発動する。 デッキから「RUM」魔法カード1枚を自分フィールドにセットする。 速攻魔法カードをセットした場合、そのカードはセットしたターンでも発動できる。 クロノダイバーデッキと相性の良いデッキその3:「幻影騎士団 ファントムナイツ 」 通常罠 「幻影騎士団シェード・ブリガンダイン」は1ターンに1枚しか発動できない。 自分の墓地に罠カードが存在しない場合、 このカードはセットしたターンでも発動できる。 1 :このカードは発動後、通常モンスター(戦士族・闇・星4・攻0/守300)となり、モンスターゾーンに守備表示で特殊召喚する(罠カードとしては扱わない)。 「クロノダイバーデッキと有用なカードと言えば幻影騎士団。 シェード・ブリガンダインの相性の良さもさることながらRRなどのカードと組み合わせる事で、展開する事も出来ます。 RUMのラウンチ等も含めて展開する事が可能だったりしますね。 特にラスティ・バルディッシュから幻影騎士団シェード・ブリガンダインの流れも可能でシナジーも十分。 ランク4を狙うデッキとしては相性良さげです」 クロノダイバーデッキと相性の良いカードその4:SPYRAL [rakuten:gpowerz:10026604:detail] 「SPYRALデッキは、強いソリティアでぶん回して遊ぶデッキです キッパリ。 なんか天才少年が複製したかと思ったら、イカツイ兄ちゃん二人組みが出てきてグルグルと・・・って感じですが、最近は制限改定によってダンディ等を展開するエクシーズデッキとして作っても可。 その自分のモンスターよりランクが1つ高い闇属性Xモンスター1体を、対象のモンスターの上に重ねてX召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚し、このカードを下に重ねてX素材とする。 2 :自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの闇属性Xモンスター1体を対象として発動できる。 手札の「幻影騎士団」モンスター1体を、そのモンスターの下に重ねてX素材とする。 このカードはX召喚の素材にできない。 1 :このカードがX召喚に成功したターン、相手はモンスターの効果を発動できない。 2 :このカードが融合・S・Xモンスターを全てX素材としている場合、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。 相手フィールドのカードを全て破壊する。 2 :1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。 このターン、相手は墓地のカードの効果を発動できない。 この効果は相手ターンでも発動できる。 >> クロノダイバーデッキまとめ:エクシーズ召喚からロマンランク4も立てれる面白さが売り! [rakuten:auc-famikonkun:10080999:detail] 「クロノダイバーデッキの基本的な流れはランク4の構築がメインになりますが、ラスティバルディッシュ等のカードを駆使するだけで十分に展開できたりします。 なんかメリットでもあるのかな?と思って調べてみた内容を載せています。 参加・興味のある企業様等はメールにてご連絡ください。 ご連絡はこちら>>mailog2020 gmail. com.

次の