エース デュース。 エースデュース

【ツイステッドワンダーランド攻略】ランク別カード一覧!属性・バディも!

エース デュース

『ONE PIECE magazine』で描かれている【novel A】 スペード海賊団誕生前~の物語のあらすじ 「Vol. 1」 【マスクド・デュース】 エースが最初に仲間にした男。 デュースの名はペンネームで本名は不明。 いつも仮面をつけており、その素顔は海軍も知らない。 後に『おれ』として、エースの生き様を書に記す。 エースってのはイイ名前だよな。 」と言い放った ・名乗らない男にエースはそう名前をつけたのだ ・続けてデュースが顔につけている仮面を見て「マスクド・デュース」と名付けた ・デュースが仮面をつけている理由は、海軍に目をつけられても正体がわからないからだと ・デュースの故郷では自由を求めて海へ出る人間は馬鹿にされる…そんな背景もあった ・ふと互いの生い立ちについて触れる ・親兄弟はいるが疎まれ、帰る場所などないデュース ・血の繋がりはないが大好きな弟がいるエース ・だがエースの母は出産と同時に死んでしまい顔もわからず、父親はあの大犯罪者 ・それを知ってしまったデュースは言葉が出なかった ・それからは互いに別々の行動をとった ・僅かな水と食料を集めようと彷徨い、1日を終えるデュース ・イカダを造り海へ漕ぎ出そうとするも失敗ばかりのエース ・日に日にやつれていくデュースは、エースの後を追いかけた ・見つけたエースの手には、丸々とした大きな果実が握られていた ・極限まで空腹となったデュースがそれを奪ってやろうと考えるまでに時間はいらなかった ・手近にあった太めの枝を握りしめるデュース ・ここは誰もいない無人島、相手はあの極悪人の血を引く息子…罪悪感など抱く必要はない ・しかし、その腕を振り上げた瞬間に腹が鳴り情けない声まで漏れる始末… ・何のことはない、実を奪うどころか立っていることすらままならない状態だった ・そんなデュースにエースは「食えよ」と笑顔で果実を差し出す ・この果実をどこでみつけたんだと尋ねるデュース「もっとたくさんあるんだろ?」 ・腹を鳴らすエース「いいや、ついさっき拾ったんだ。 おれ達と同じ様に流れ着いたのかもな」 ・その瞬間デュースは衝撃を受け、自分の行動と考えを恥じた ・結局その果実は半分にして2人で食べる事に ・まずはエース、そしてデュースも ・デュースは「まずいけど、うめェ」と泣きながらその実を食べた ・まもなく日が落ちる ・しかしいつもの様な寒さを感じないデュースはふとエースの方を見た ・するとエースは燃えていた ・感情の比喩ではなく現実としてメラメラと燃え盛るエース ・落ち着きを取り戻し、あの果実が「悪魔の実」だった事に気付く ・泳げない体になってしまい益々この島からの脱出が困難になったと心配するエース ・しかし、その炎をみたデュースは一縷の希望を見出した ・デュース「脱出、出来るかもしれねェぞ」 ・翌日からエースの炎の出力を操る特訓が始まった ・炎を得た事でサバイバルも順調に ・そしてついに島を脱出する日が来た ・デュースが造った炎を動力とする船…その名は「ストライカー」 ・炎を動力とするその船はグングンと進み島を後にした ・エース「一緒に…来てくれるよな?」 ・デュース「…お前といれば、いい冒険記が書けそうだ」 ・固い握手を交わす2人でスペード海賊団は結成された ・エース「海賊王を、超えてみせる!」 【Vol. 2」 ・デュースの考える船長の資質は「人に愛される事」 ・人を引き付ける「なにか」があるエースは、正に船長にふさわしい男 ・2人で立ち上げた「スペード海賊団」には、そんなエースを慕って自然と人が集まってきた ・そんなスペード海賊団の頭脳担当「インテリチーム」の役回りをしてるのはデュースと他二人。 ・ミハール。 通称:先生。 職業:教師。 引きこもり気質で滅多に船室から出てこないが凄腕の狙撃手。 ・スカル。 髑髏グッズコレクターの海賊マニア。 海賊ですらない男。 ・そして海賊団の船長として頭角を現したエースには既に多額の懸賞金が掛かっていた ・故にその懸賞金を狙って多くの敵にも狙われる様になる ・戦闘のメインはスペード海賊団の武闘派チームだ ・そんなクルーは、エースと出会ってようやく自分の居場所を見つけた者ばかり ・敵船との戦いが終わると恒例の宴が始まる ・その最中、エースとデュースが襲ってくる敵について話している ・エースの懸賞金はまだ新世界にも辿り着いていないルーキーの額としては高額だった ・エースだけが高額の懸賞金を付けられている理由は誰も知らない。 ・デュースは裏で蠢く意図を感じずにはいられなかった。 見えずとも必ず付きまとう「ロジャー」の影 ・宴の最中にエースになついているオオヤマネコのコタツが声を上げ、海の先を見る ・クルー達もその視線の先を見ると霧の中に無数の船影が浮かんでいた。 ・その艦隊の影の正体は海軍の軍艦。 カモメのマークが霧を抜けてくる ・率いるのは「釘打ち」という異名を持つ凄腕の少尉 ・その軍艦と距離を取り作戦を決行しようとするデュース ・しかしその時、スペード海賊団の船の上に一人の若い女性海兵が佇んでいた「良い船だな」 ・この女性海兵こそ「釘打ち」のイスカ少尉。 釘を打つように正確に獲物を穴だらけにするという。 ・ミハールの狙撃を剣で弾く程の実力を持つ ・イスカは一人でスペード海賊団を相手取り大立ち回り ・しかしそれは海軍の時間を稼ぐ作戦で、スペード海賊団の船を海軍の軍艦が包囲していた ・作戦を決行していたのはコチラも同じ、岩礁地帯に誘導することで軍艦の一つを航海不能に。 ・その船から落ちた海兵を、イスカは何の躊躇もなく海に飛び込み助けに行った ・イスカの泳ぎは達人級だったが、いかんせん波が強く翻弄されてしまう ・そんなイスカの姿を見てエースは黙って浮輪を投げ入れる ・イスカ「なぜ助ける!」 エース「さあな」 ・そう言うと岩礁の隙間を縫ってその地帯を抜けた ・そして宴が再開された ・旅は続き新世界目前、前半戦を終えシャボンディ諸島に辿り着く ・その時にはスペード海賊団のクルーは総勢20名と1匹になっていた ・ここで船のコーティングの為に三日間掛かる ・シャボンディ諸島の幻想的な光景をデュースは思うままに書き留めるが、クルー達におの稚拙な文章を馬鹿にされてしまい憤慨。 ・デュース「いずれ冒険記を書いた暁には、あいつらの名前だけは意地でもあえて出さないようにしてやろう」 「Vol. 3」 ONE PIECE magazine Vol. One Piece Novel A Character File 02 — YonkouProductions YonkouProd ・シャボンディ諸島に辿り着いたエース達を待ち構えていたのはイスカ ・その姿に呆れ顔のスペード海賊団クルー達 ・これまで何度も行く先々で現れては、エース逮捕に燃えていたからだ ・ただイスカがこのシャボンディ諸島に来ていたのは休暇中のたまたまの旅行 ・船の下でエースに向かって「降りて来い」と叫ぶイスカだが、すでにエースは船を降りて街に行っていた ・しかしエースは財布を忘れており、無一文で街へ食事に行ってしまったと慌てるクルー達 ・このシャボンディ諸島には3日滞在しなければならない故、余計なトラブルはご法度だ ・すると早くも「食逃げだあああ!」という何人かの怒号が聞こえた ・当のエースはシャボンディパークの観覧車の下で口に物を詰め込みながら爆睡中 ・デュース達が飲食店の従業員に頭を下げ代金を支払いなんとか許してもらった ・エースに説教し終わると、観覧車に乗ろうと誘われたデュース ・渋々承諾しゴンドラに乗り込むと、エースを見つけたイスカが踏み込んで来てそのまま三人で観覧車に ・イスカは幼い頃に海賊に襲われ火災により両親を亡くし、自身も火傷を負った ・その時に助けてくれたドロウという海兵に憧れ海軍へと入隊したイスカ ・イスカはエースに「海賊を辞めて海兵になれ」と提案した「お前は悪人には見えない」と ・エースは「そいつはできねェ相談だ」と観覧車の頂点に差し掛かったゴンドラから炎となり下に降りて行った「またなイスカ」 ・観覧車を降りると、休暇中のイスカは「出直して来よう」とその場を後にする ・それから船のコーティングが終わるまでの間はクルーそれぞれが思い思いの時間を過ごす ・デュースは島中を食べ歩き回るエースのお供 ・そろそろ船に帰ろうとした時にまたイスカが現れた ・いつもの部下達ではなく、「正義」の文字が入ったコートを羽織った将校と共に ・その男、イスカの恩人であるドロウ中将はエース宛の手紙を持っていた ・それは「七武海」入りを打診する内容の手紙 ・「いい話だろう?」と嬉しそうなイスカだが、あっさりと断るエース「制度自体がどうも気に入らねェ」 ・ドロウ中将は同意見だと、エースに対し拳を振り上げいきなり攻撃を仕掛ける ・狼狽えるイスカだが、戦闘モードのドロウ中将は火炎放射器を取り出しエースもろともあたり一面を火の海にする ・周りにいた子供達も巻き込まんとしていた為にイスカがドロウ中将を止めるが聞く耳を持たない ・デュースの活躍でエースVSドロウの一騎打ち ・ドロウは覇気を使い、炎であるエースの首を掴む ・ドロウ「海賊さえ居なけりゃあ、おれがこうして火を放って回る必要もなくなるんだ」 ・ドロウはイスカの故郷に火を放った張本人だった ・怒りがピークに達したエースはドロウと互角、それ以上に渡り合う ・ドロウ「なぜ貴様が覇気を使っているんだあああ」 ・エース「知るかよっ!」 ・エースの腕から炎がほとばしり、推進力を増した拳は流星のようにドロウ目掛けて突き出された ・ドロウを倒したものの、信じていた者に裏切られたイスカはもう元には戻れない ・エース「イスカ…おれの船に乗れ、もちろんお前を海賊なんかにはさせやしねェ。 賞金稼ぎになるんだ。 」 ・イスカ「バカ野郎…火拳お前、賞金稼ぎと標的が手を取り合ってどうする」 ・3人でスラムを抜け船に向かった ・すでに港や沖合には海軍の軍艦が並びスペード海賊団の出航を阻止しようとしていた ・動く船に飛び乗る形での出航 ・デュースが飛び乗り、エースも船に飛び乗ったが、イスカは一人岬に残った ・エース「なんで…っ!? 」 ・イスカ「これでも私は海兵なんだ…一緒には行けない…死ぬなよエース。 ありがとう」 ・例えどんな別れがあろうとも船長としてエースは戦い続けなければならない「…いくぞ、野郎どもっ!!

次の

【ツイステッドワンダーランド攻略】ランク別カード一覧!属性・バディも!

エース デュース

株式会社エースデュース ACEDEUCE inc. )は、かつて映画製作、配給および放送番組、録音物の制作、販売、タレントマネジメントを行っていたの企業。 概要・沿革 [ ] 元は 株式会社エースデュースエンタテインメント、 株式会社エースデュースアドベンチャーズ、 株式会社エースデュースコードの3社で構成された企業グループ・「 エースデュースグループ」であった。 2005年(平成17年)9月20日、3社ともが株式会社の完全子会社となった。 2007年(平成19年)1月1日、株式会社エースデュースアドベンチャーズが株式会社エースデュースエンタテインメントに吸収合併された。 2008年(平成20年)10月1日、株式会社エースデュースエンタテインメントと株式会社エースデュースコードが合併し、 株式会社エースデュースとなった。 2010年(平成22年)3月9日、株式会社エースデュースの全株式が株式会社ウェッジホールディングスの親会社であったA. ホールディングス株式会社に譲渡された。 同年12月3日、は株式会社エースデュースの手続き開始を決定した。 破産手続は2014年(平成26年)に終結した。 製作作品 [ ]• ハード・リベンジ、ミリー• THE MASKED GIRL 女子高生は改造人間• 少林老女• 漫画喫茶都市伝説呪いのマンナさん• のプライベートジャーニー 流通作品 [ ]• 完全版• 追悼のざわめき• 第一部(1969年) - ソ連映画人連盟賞• 橋のない川 第二部(1970年) 脚注 [ ] []• エースデュースグループ. エースデュースグループ. 2005年11月26日時点の [ ]よりアーカイブ。 2018年9月19日閲覧。 2005年7月29日. 2018年9月19日閲覧。 ウェッジホールディングス 2006年11月17日. ウェッジホールディングス. 2018年9月19日閲覧。 ウェッジホールディングス 2008年5月30日. 株主プロ. 2018年9月19日閲覧。 2010年12月13日. 破産データバンク. 2018年9月19日閲覧。 官報 2014年3月3日. 破産データバンク. 2018年9月19日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• [ ]• [ ] この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

エースデュース

エース デュース

株式会社エースデュース ACEDEUCE inc. )は、かつて映画製作、配給および放送番組、録音物の制作、販売、タレントマネジメントを行っていたの企業。 概要・沿革 [ ] 元は 株式会社エースデュースエンタテインメント、 株式会社エースデュースアドベンチャーズ、 株式会社エースデュースコードの3社で構成された企業グループ・「 エースデュースグループ」であった。 2005年(平成17年)9月20日、3社ともが株式会社の完全子会社となった。 2007年(平成19年)1月1日、株式会社エースデュースアドベンチャーズが株式会社エースデュースエンタテインメントに吸収合併された。 2008年(平成20年)10月1日、株式会社エースデュースエンタテインメントと株式会社エースデュースコードが合併し、 株式会社エースデュースとなった。 2010年(平成22年)3月9日、株式会社エースデュースの全株式が株式会社ウェッジホールディングスの親会社であったA. ホールディングス株式会社に譲渡された。 同年12月3日、は株式会社エースデュースの手続き開始を決定した。 破産手続は2014年(平成26年)に終結した。 製作作品 [ ]• ハード・リベンジ、ミリー• THE MASKED GIRL 女子高生は改造人間• 少林老女• 漫画喫茶都市伝説呪いのマンナさん• のプライベートジャーニー 流通作品 [ ]• 完全版• 追悼のざわめき• 第一部(1969年) - ソ連映画人連盟賞• 橋のない川 第二部(1970年) 脚注 [ ] []• エースデュースグループ. エースデュースグループ. 2005年11月26日時点の [ ]よりアーカイブ。 2018年9月19日閲覧。 2005年7月29日. 2018年9月19日閲覧。 ウェッジホールディングス 2006年11月17日. ウェッジホールディングス. 2018年9月19日閲覧。 ウェッジホールディングス 2008年5月30日. 株主プロ. 2018年9月19日閲覧。 2010年12月13日. 破産データバンク. 2018年9月19日閲覧。 官報 2014年3月3日. 破産データバンク. 2018年9月19日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• [ ]• [ ] この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の