ヤルヲ ジャンバリ。 ジャンバリTVのヤルヲさん出演料は20万円以上!?

ヤルヲさんがうちいくtvを辞めて同業他社へ裏切り転職する理由まとめ

ヤルヲ ジャンバリ

<目次>• ヤルヲの移籍問題をさくっと解説 元々「うちいくTV」に所属しており、「ヤルヲの燃えカス」という冠番組を持っていました。 100万再生を超える動画もあり、人気を保っていた中で公開された「ヤルヲ、うちいくやめるってよ」というタイトルの動画。 動画内では、うちいくTVでの雇用形式や番組への借金がガチだった事など、様々な暴露がインタビュー形式で語られていました。 当初は中の良かったプロデューサ的存在である「ないお」との関係性も悪くなり、ジャンバリTVへの移籍を決心したようです。 動画内の雰囲気からも分かるように、円満退社という訳ではないようで 喧嘩別れのような雰囲気をにじませていました。 しかし、動画を撮れば撮るほど増えていくうちいくTVへの借金に加え、どれだけ来店イベントをこなしても増えない給料という状況を考えると、ヤルヲにとっては移籍せざるを得ない状況だったのかもしれません。 ちなみに、うちいくTVへの借金(185万円)を移籍先であるジャンバリTVが一時的に立て替えているようで、そういった点もヤルヲにとって魅力だったのかもしれません。 ジャンバリ移籍後すぐに冠番組! 2019年11月からジャンバリTVで指導したヤルヲですが、早くも11月3日に 「好きにヤロウ」という新番組をスタートさせています。 タイトルとサムネ画面からも分かるように、ヤルヲとジロウが好きな台を打ちながらトークする番組のようです。 タイトル・内容ともにヤルヲの冠番組と言っても過言では無いと思います。 さらに11月5日にはヤルヲ・ウシオ・トメキチ3人による 「ゴールデンジャケット」という番組もスタートしており、3本の動画でメイン演者として出演していくようです。 元々うちいくTVでの実績があった演者さんなので、主演の冠番組をいきなり持ったとしても不思議ではありませんし、上記でも説明した移籍問題もあり、ネット上での話題性も十分です。 しかし、ほぼ同時に3つの企画がスタートし、これを撮影スケジュール等をこなしていくにはなかなかタイトなスケジュールではないかと予測されます。 動画の内容とネットの評判は? ヤルヲの冠番組でもある「ヤヤヤヤール」の動画内容ですが、ヤルヲが好きな ゲストを呼んで実践するというスタイルの番組のようです。 注目が集まる初回のゲストはフリーのパチスロライター 「くり(栗山直人)」でした。 別媒体で1度だけ絡んだことがあるという二人でしたが、オープニングトークから息も合っており、仲のよさそうな雰囲気をのぞかせました。 内容的にも、並びでGOD凱旋を確保できており、トークを交えながら楽しそうに実践する様子が印象的でした。 YouTubeのコメント欄でも「楽しそうなヤルヲが見られて嬉しい」「うちいくTVから解き放たれて表情が明るい」など、ヤルヲの動画を待ち望んでいたファンからのコメントが目立ちます。 また、ジロウと2枚看板の番組「好きにヤロウ」は、 ヤルヲとジロウが好きな機種をノリ打ちで打つという企画で、記念すべき初回はまさかのバラエティコーナーでの実践となっています。 入場順の関係もあり、予定通りとはいかなかったものの「押忍!サラリーマン番長」と「黄門ちゃま 喝」を並びで打つことが出来たようです。 動画を見ていると初回だったためか二人とも気を遣いあっており、実践している様子が斬新でした。 オープニングトークでも語っていたように、今後二人の関係性が出来上がっていくにつれさらに面白くなっていくのではないでしょうか。 3つめの ゴールデンジャケットは、3人でくじを引き「社長」を引いた人が司令塔になって残りの二人に指示を出す (軍団のようなスタイル)動画のようです。 こちらの企画もノリ打ちが基本となっており、演者間のやりとりも非常に楽しみな内容です。 また、動画のサムネにもあるように、 指定台 様々な理由で世間を騒がせた演者の共演なので、どのような話題を提供してくれるのかも注目です。 ヤルヲの今後の動画はどうなっていく?ヤルヲ新番組まとめ 今後は、上記でも紹介した3本の動画をメインに活躍することが期待されます。 移籍後すぐに新番組が3本もスタートし、来店取材よていもぎちぎちに入っているヤルヲですが、動画の表情はとても生き生きとしているように見えます。 人気演者との絡みで、今までは見られなかった一面が垣間見える可能性もありますし、現在公開されている動画だけを見ても、面白そうな企画だと思います。 一方、某掲示板ではヤルヲの新企画ごり押しに対して、「黒バラや他演者をないがしろにしているのでは?」とジャンバリTV自体を心配する声も上がっていました。 いずれにしても、移籍問題で注目が集まっていただけに、生き生きとしたヤルヲの活躍に期待したいです。

次の

ヤルヲさんジャンバリTVへ移籍

ヤルヲ ジャンバリ

明日は愛知県高浜市のスロ専にいきます! 桜ノ宮の桜です!綺麗でした! — ヤルヲ@JANBARI. 見損ないました。 政府アンチですね。 今はこそっと来店したらいいのに。 しかも愛知って — yu1980 nFrpgcmmYevhEKu 自粛しろよww — 丼スケ せどりレベル2 donsuke0801 批判が凄いですね — とっつぁん 100日後に射精 abcdefgedcb 必死に戦っている医療現場を見て下さい。 まともならそんな告知できません。 — Pooh Pooh74555513 くんなや — 番バカ Bループ名人 blueolololo スロ系で告知してんのお前だけだぞ。 仕事ってのはわかるけど、世間が自粛してんのにな。 残念だよ。 ジャンバリいってすっかりかわってしまったよね。 楽しそうにスロット打ってないもん。 うちいくでの出始めの頃が懐かしいよ。 — マサイさん 生涯有安杏果推し momonohu0315.

次の

ヤルヲさんwww.lojadassabrinas.com(ジャンバリTV)移籍決め手はジロウ?

ヤルヲ ジャンバリ

二人が喧嘩した原因とは ヤルヲさんの不満は「金銭の苦悩・演者の苦悩」 いくら頑張っても、ヤルヲさんにはギャラがあまり支払われていなかったようです。 借金のみが増え続ける一方で、演者としてのインセンティブもナシ。 これではやる気がでるわけがありません。 しかも、離婚の一件などもあり、借金は増えて、家庭もなく、貯金もなく。 また、番組のマンネリ化もあって批評には遭うし、お金をもらえないのに演者として苦悩もあるし。 さらにいえば、年齢ばかりが年老いて、残る資産・財産はなにもありません。 まさに二重苦・三重苦の状態にありました。 人間がそういう状態で頑張り続けることができるわけはありません。 ヤルヲさんが移籍を考えるのも無理はない状況でした。 また、ヤルヲさんが、そういうことを相談しても、ないおさんは別の考え方をしており、悩み解決に至らなかったことが一番の原因でしょう。 ないおさんは「会社を盛り上げたい」と考えて「ヤルヲをないがしろ」にしてしまった 昔は実戦動画で、ヤルヲさんと一緒にノリ打ちをしていたないおさんでしたが、いつからか動画に出ることはほとんどなくなり、プロデューサーのような立場になって、完全に裏方に回りました。 新演者ナカキンさんの支援だったり、ボートレース分野への進出だったり、他の女性演者たちのプロデュースだったり。 また撮影・編集のスタッフを雇ったりして、「うちいくTV全体」を盛り上げるため、会社経営のほうにリソースを割くようになっていきました。 そうなると、当然、何をするにもお金はいるし、スタッフを雇ったら給与も支払わないといけないので、ヤルヲさんの稼いだお金をすべてヤルヲさんに与えるわけにはいかず、会社のほうに資金を回します。 これが一番の原因です。 要するに、ヤルヲさんは「 自分の待遇を良くしてくれ」といい、ないおさんは「 会社を盛り上げるためだから我慢してくれ」という平行線になってしまったのです。 冷静に考えると、完全に経営方針のミス このへんはシバターさんも言っていますが、 「自分の媒体の人気演者(金の元)を抱えられないのはアホ」という指摘が、まさに当てはまります。 ヤルヲさんは、うちいくTVにおいて、大事な収入源。 それなのに、その収入源の待遇をミスるのは、愚の極みです。 結局のところ、ないおさんが「スタッフや色んな新規事業で忙しく、またそのことに費用がかかるから我慢してくれ」というのは、 経営者としての手腕不足なだけです。 ヤルヲさん事業は、ヤルヲさんの待遇をよくすることで完結させるべきであり、それとは別に、新規事業がやりたかったり、事業拡大がしたいなら、資金を別に集めたり、もっと収入源につながる勝算を徹底的に考えてから実行したり……とにもかくにも、ヤルヲさん事業とは切り離してやるべきでした。 なのに、ヤルヲさんの収入源に頼って、ヤルヲさんをないがしろにして、会社を大きくしようというのは、虫のいい話に過ぎません。 なにかを経営・プロデュースしたいのであれば、自らお金を出資するか、だれかに出資してもらうか、または融資でも借金でもして、経営者がリスクを抱えて勝負するしかありません。 それなのに 安全圏から、ヤルヲさんの人生を犠牲にして、会社を盛り上げようなんて、まさに悪質経営そのものです。 金の切れ目が縁の切れ目 結局、この格言通りです。 最後は「お金」が決定的な理由になって、二人は喧嘩・不仲になり、決定的な決裂となりました。 今後は、ヤルヲさんはジャンバリTV。 ないおさんはクビになって、なにか別のことをやる様子。 そしてうちいくTVは、うちいくTV2ndとして、残ったスタッフたちで、どうにかがんばっていくようです。 最終的に、だれも得していない結果に終わってしまい、なんとも残念です。

次の