マスク しない 人 の 心理。 依存症なの??一年中ずっとマスクしてる人の心理とは

マスク苦手な欧米、心理学に答えあり 日本人との違いは

マスク しない 人 の 心理

記者が日々の取材をするなかで気になったテーマを、識者に尋ねました。 Q 新型コロナウイルスの流行で、世界中の人がをするようになりました。 でもそれ以前、欧米では街中でマスクをする習慣はあまりなかったようです。 日本との違いに何か理由は考えられますか。 A の観点から考えると、「コミュニケーションで顔のどのパーツをより重視するか」というのがポイントになっています。 メールなどで使われる顔文字を見て、米国人と日本人が顔のどのパーツから感情を読み取っているかを比較した研究があります。 日本人は目元で、米国人は口元で感情を読み取る傾向があることが実験でわかりました。 別の研究で、ヨーロッパの人々も口元を重視することがわかっています。 顔の中で一番顕著に感情が表れるのは口元で、一番感情を偽りにくいのが目元だと言われています。 口元は1〜2センチは動き、大きく変化しますが、目元は数ミリしか動きません。 他方で、口元の筋肉は意思で動かせるため感情を偽れますが、目元を意思で動かすのは難しいです。 つまり、感情を表に出す文化の欧米人にとっては、気持ちを読み取るのに口元がわかりやすい。 一方、感情をあまり表に出さない文化の日本人にとっては、意思で動かしにくい目元を見る方が、相手の真意を読み取りやすいのです。 日本人は口元が隠されてもそれほど気になりませんが、欧米人には、相手の感情を読み取るのに重要な口元が隠されたマスク姿は、不気味にうつり、なじめないのでしょう。 日本人が、目元が隠されたサングラス姿を見て「ちょっと怖い」という印象を抱くのと似た感覚だと思います。 専門は心理学。 コミュニケーションを支える認知基盤について幅広く研究。 外部サイト.

次の

【オススメ】マスク付けない人の心理 マスクの目的 コロナ対策

マスク しない 人 の 心理

最近、病気や花粉症でもないのにマスクをしている人をよく見かけますよね。 海外の人が日本に来ると、日本人のマスク着用率の高さに驚くそうです。 海外ではマスクは「重い感染病を患ったときにするもの」という認識なので、行き交う人の多くがマスクをしている日本の光景は異様なもの。 日本にいると見慣れてしまって分かりませんが、海外の人が驚くほどの着用率なのですね・・・ ところで、皆さんは「マスクがあるとなんだか安心する」と感じたことはありませんか? 健康なのに、マスクが手放せなくなってしまった・・・ それはもしかしたら 「マスク依存症」かもしれません。 実は今、内面や容姿のコンプレックスを隠そうとマスクに依存する人が増えています。 しかし「マスク依存症」には、不衛生だったり対人関係が悪化するなどのデメリットも多いのです。 今回は、 そんな「マスク依存症」の原因と、克服する方法をご紹介します。 マスクがないと不安!「マスク依存症」は心の病気? マスクをしていないと不安で、手放せなくなってしまった・・・それが「マスク依存症」です。 「マスク依存症」とは、健康であるにも関わらず、マスクがないと不安で毎日マスクをしてしまうこと。 もちろん、花粉症や風邪予防でマスクをする人は、依存しているわけではないので「マスク依存症」ではありません。 「たかがマスク」と侮るなかれ。 マスクを手離せなくなってしまった人は、心理的に深い悩みを抱えています。 また「依存症」と言うだけあって、一度マスクに頼ってしまうと、今度はなかなかマスクを外せなくなってしまいます。 「マスク依存症」は、抜け出すのが難しい「心の病気」と言えるかもしれません。 マスクをする理由は、自信のないところを隠したいから 「マスク依存症」の人は、なぜマスクをするのでしょう。 皆さんは、次のように思ったことはありませんか?• マスクがあると落ち着く• マスクを外して職場にいくと、なぜかお腹が痛くなる• マスクがないと人と目を合わせて話せない• ブスだから顔を見られたくない• 口臭が気になるからマスクで隠そう• ニキビを見られたくないからマスクをしよう このように毎日思っていると、マスクを手放せなくなってマスクに依存するようになっていきます。 マスクがあれば、隠したいところを隠すことができるから。 では、マスクで「隠したいところ」とはどこなのでしょうか? 考えられるものが3つあります。 顔のコンプレックス 自分がコンプレックスに思っている容姿に関して、他人にどう思われているのか気になりますよね。 顔のパーツで言えば、歯並び・骨格・鼻や口の形・顔の大きさ・・・人によって様々です。 自信がない部分は必要以上に気にしてしまい、隠したくなります。 内面 自分に自信がないと、人に言われたことを極度に気にしてしまいます。 傷ついて落ち込んでしまうこともあるでしょう。 そんな時、マスクをすることで話しかけにくい雰囲気をあえて出すという人もいます。 人と距離をとることで自分の内面を見られないようにするのです。 表情 表情を見られたくない、という場合も。 言われたことに、思わず嫌な顔をしてしまったりすることがありますよね。 自信がないと 「思わずした表情をきっかけに人間関係が悪くなるかもしれない」という怖さが強くなるものです。 女性は特に表情の変化に敏感と言われます。 女性に「マスク依存症」が多い原因と関係があるかもしれません。 以上の3つをまとめると、 「自信がないことで、他人にどう思われるか気になった結果、マスクで隠すことにした」 ということになります。 つまり、「マスク依存症」の根源は「対人関係の不安にある」と言えるのです。 先程のチェック項目で「マスクを外して職場にいくと、なぜかお腹がいたくなる」と思った人は、対人関係のストレスでお腹が痛くなっていたのかもしれません。 まわりの人は表情が見えなくて困っている ただ、不安に思っているのは、本人だけではないかもしれません。 マスクをすることで、まわりの人(家族や友人、職場の人)が困ることもあります。 深い呼吸ができない 深い呼吸は酸素を多く取り込み、気持ちをリラックスさせる作用があります。 マスクをすることで酸素が体内に入りにくくなり、ストレスが溜まりやすくなるのです。 ニキビができやすくなる マスクをするとマスク内が蒸れ、ニキビの原因となるアクネ菌が増えます。 雑菌が繁殖しやすくなる 長時間マスク内が蒸れた状態で続くと、雑菌が繁殖しやすくなり衛生的ではありません。 化粧が崩れる せっかく化粧をしても、マスクで擦れてファンデーションが落ちてしまいます。 話す相手に意図が伝わりにくい 顔を隠すことで自分の意図が相手に伝わりにくくなり、誤解が生まれる可能性が高まります。 「マスク依存症」の克服方法は、自信をつけること! では、マスクで隠さずに過ごせるようにするには、どうしたらいいのでしょうか? はじめに、マスクに依存してしまうのは「自信がなくて隠したいところがあるから」とお話ししました。 逆に言えば、自信を持つことができれば、マスクに頼らなくてもいいかもしれません。 自信を持つためには「自分を受け入れる意識」を持つことです。 「自分を受け入れる」とは、顔のパーツや性格を自分の個性として認めること。 例えば、本人は分厚い唇が嫌だと思っていても、他人はセクシーな唇でいいなあと思っているかもしれません。 本人は無口で暗いところが嫌だと思っていても、他人は冷静で的を得たことを言う人だと思っているかもしれません。 つまり、見方を変えれば自分の嫌だと思っていたことが、長所に見えてきます。 ポジティブに捉えられるようになると、自分の個性として認めやすくなるでしょう。 「・・・とは言っても、自分を受け入れるって難しいよ」という人にオススメの本があります。 『嫌われる勇気』岸見一郎・古賀史健/ダイヤモンド社 出典: この本はアドラー心理学について書かれています。 アドラー心理学は心理学者のアルフレッド・アドラー(1870~1937)によって創られました。 アドラー心理学は「全ての悩みは対人関係の悩みである」という思想です。 ありのままの自分で、他人の目を気にせずに生きるヒントになります。 「マスク依存症」の人に、家族・友人・周囲の人ができること まわりの人たちが、「マスク依存症」の人に自信をつけてあげることがマスクを取ることにつながります。 「マスクを取った方が優しくみえるね」など、マスクを取った方がより良く見えるということを伝えると、マスクを取りやすくなるでしょう。 口臭・ニキビも「マスク依存症」の原因 対人関係の不安が原因でマスク依存症になった人が多いと考えられますが、精神面以外の理由もあります。 口臭が気になるから 「もしかして自分の口は臭いかも・・・」と思って、口臭をごまかすためにマスクを手放せなくなった人もいます。 口臭が原因でマスクをしているのであれば、ごまかし続けず口臭を治すのが一番です。 口臭の解決方法• 意識的に水を飲む 口内の乾燥が、口臭につながっていることがあります。 口の中を清潔に保つ 食べたあとは歯磨きをする、定期的に糸ようじを使ってお手入れする• 病院に行く 虫歯が原因で、口臭がひどくなることがあります。 放っておくと口臭も虫歯も悪化しますので、早めに歯医者へ。 また口臭の原因は口の中に限らず、胃腸にあることも考えられます。 胃炎や胃潰瘍の可能性もあるので、病院で診てもらいましょう。 ニキビを隠したいから 特に若い女性に多いのが、「ニキビを隠したい」という理由。 しかし前述の通り、 マスクをするとマスク内が蒸れ、アクネ菌が増えて更ににニキビを増やすことになります。 ぜひマスクを外し、風通しをよくしましょう。 ニキビの予防にできること• 睡眠をよく取る 睡眠不足は、自律神経の乱れを引き起こす原因に。 自律神経が乱れると皮脂の分泌量が多くなり、ニキビができやすくなります。 適度な運動 体を動かすことで代謝がよくなり血行が促進。 血行がよくなれば栄養を十分に送り込めるし、不要な老廃物を流せます。 「マスク依存症」を克服したいなら、無理のない方法で! 今回は「マスク依存症」になる理由として、 「対人関係の不安」「口臭が気になる」「ニキビを隠したい」を紹介しました。 しかし、対人関係の問題などはそれこそ千差万別ですし、人によって理由は様々。 ただ、マスク依存症の人全員に確かに当てはまることは「マスクで何かを隠したい」です。 何を隠したいと思っているのかハッキリさせると、自ずと解決すべき問題がわかります。 ただ、毎日マスクをしていた人が、無理にマスクを取るのは大きなストレスになります。 大切なのは、無理のない方法で少しずつ「マスク依存症」から抜けることです。

次の

マスクをしない人の心理

マスク しない 人 の 心理

マスクをしない人の心理とは? まず、マスクをしない人に対して、 「マナーがない最悪の連中だ!」 というのはカンタンですが、 そういった人たちの心理を理解することで、 どういった対策が必要かがわかってきます。 なので最初に、マスクをしない人の心理を4つ紹介していきましょう。 マスクをしないでいる人は共感性が低く、• 自分の咳で相手が嫌な気持ちになること• 「風邪が移ったら嫌だ」と思われること• 不衛生だと感じ取られること こういったことをあまり気にとめません。 つまり、「人の立場に立って考える」ということが苦手なのです。 逆に、共感性が高ければ、 「マスクをしないで咳をしたら他人が嫌な思いをするだろう」 という気持ちをすぐに察することができます。 ちなみに、共感性が低い人の特徴としては、• 自己愛が強く他人を想わない• 自己顕示欲が強く負けず嫌い• 人との価値観の違いを理解できない• 目的のためには手段は選ばない• 恐いモノ知らず と言った特徴があります。 というのも、羞恥心がある人であればマスクをしないで咳をすることに対し、 「マスクをしないで咳をする自分が恥ずかしい」 と思うことができますよね。 逆に羞恥心がない人は、そういった自分でも恥じることはありません。 また、共感性と羞恥心というのは繋がりがある感情なので、 「共感性が高ければ羞恥心も高く」、「共感性が低ければ羞恥心も低い」ということになります。 どういうことかというと、共感性の高い人というのは、 人の恥ずかしい部分を見たら羞恥心を感じてしまうのです。 あなたがもし共感性の高い人であれば、経験はあるかもしれませんね。 だからこそ、共感能力が高い人は、 「マスクをしないで咳をしている人なんて恥ずかしい」 と羞恥心を感じ、対策をすることができます。 「俺にはマスクなんていらねー!」• 「そんな病人っぽい姿ダサい」 などなど、マスクをすることに対してカッコ悪いというイメージを持っています。 もちろんこれも共感性の低さが関わっているんです。 共感性の低い人は、他人の感情より自分の感情を優先するので、 マスクをつけるのがダサいと思ったらそっちを優先します。 マスクをしない人は、• 「そもそも自分は風邪じゃないかもしれないし」• 「大げさに考えすぎだろ」 と 楽天的に物事を考えている可能性があります。 こういう風に考えていると、本人は実はマスクをする意思があっても、 ついついつけ忘れたり、買い忘れたりしてしまうんです。 マスクをしない人の心理として、 楽天的であることも考えられます。 共感性の低い人は自分の感情を優先する傾向があるので、 自分が風邪でマスクをしないことに対しても重く考えません。 こういった感覚は共感性が高い人からすれば信じられないことですよね。 なので、率直に「マナー違反」だということを伝えてあげましょう。 事実、咳やくしゃみでウイルスが感染してしまう危険性があるので、 風邪のときにマスクをするのはマナーです。 叱りつけるのではなく、冷静に伝えてあげると良いでしょう。 そんな時には思い切ってマスクを手渡してあげましょう。 風邪でマスクをしない人の要因としては色々考えられますが、 単純にめんどくさくてマスクをしない人もいます。 または、 「最近風邪が流行っているので、良かったら余ってるマスクつけてください」 と、相手を思いやる感じで渡してあげると良いですね。 つまり、ハラスメント行為ということですね。 この咳ハラで苦しんでいる人は確かにいて、 それ自体がハラスメント行為になってることを伝えてあげましょう。 最近の世間はハラスメントという言葉に敏感ですから、 危機感を持ってもらえるかもしれません。 というのも、職場や学校ならコミュニケーションができるからまだしも、 マスクをしないで咳やくしゃみをする人は世の中にゴマンといるからです。 電車内や駅構内、施設や道端などなど、 どこにでも存在しますよね。 そういった人たちに一人ひとり対処するのは不可能なので、 風邪が流行しているときなどは自分がつねにマスクをするのが最善でしょう。 流石に知らない人に注意していくのは気が引けるし、 何よりトラブルの要因となるかもしれませんからね。 マスクをしない人の4つの心理とは?対処法まとめ 風邪なのにマスクをしない要因としては4つ、• 共感性が低い• 羞恥心がない• マスクをダサいと思っている• 楽天的 こういったことが考えられます。 なので、信じられないと毛嫌いをするよりは、 心理を理解して対処をしていくのが良いでしょう。 また、そういった人たちの対処法として4つ、• マナーだと伝える• マスクを渡してあげる• ハラスメント行為だと伝える• 自分でマスクをする これを試してみてはいかがでしょうか。 方法としては、職場や学校など、一緒にいる時間が長い人には、 1~3を試してみて、それでもダメなら4をすれば良いですね。 最近、コロナウイルスなどで感染が恐い世の中なので、 しっかりと対策をしていきましょう。 最後までお読みいただき、ありがとうございました!.

次の