助かります 敬語。 「助かります」は間違い!目上の方への正しい敬語表現は?

「助かります」を敬語で言い換えると?目上の人やビジネスメールでは失礼な言い方なの?【例文つき】

助かります 敬語

「助かる」という動詞 ・A(私)はB(上司)が~してくれると助かる。 言い換えると ・B(上司)がA(私)のために~するとA(私)は助かる。 まるでA(私)が主でB(上司)を従と見なしているようにも思えますね。 あまり気にしない上司なら問題ありませんが、「助かる」という言葉はこういう関係を浮き彫りにしてしまうので、あまり使用しないほうが良いでしょう。 また「助かる」は労いの言葉でもあります。 同じく労いの言葉でNGなのが「ご苦労様」です。 代表的な間違い敬語なので一緒に覚えておきましょう。 まずは お願い(依頼)をしたい時です。 正しい敬語表現は以下になります。 また、相手に強引に頼むのではなく、都合を聞く形で、「~していただきたいのですが、ご都合いかがでしょうか」という伝え方もアリです。 次はお礼を言いたい時です。 素直に感謝の気持ちを伝えましょう。 このように「助かる」という言葉を使わなくても感謝の気持ちを伝えることが出来ます。

次の

「助かります」の敬語の使い方(謙譲語/尊敬語/類似語)

助かります 敬語

知り合いから、あるいは見ず知らずの人から、「助かりました」と言われたことがきっとあるでしょう。 反対にあなたから誰かにそう言うこともあるはずです。 生活の中で折々に使われるこの言葉ですが、その意味するところをじっくりと考えてみることはあまりないのではないでしょうか。 この機会に「助かりました」という言葉の持つ意味を、例文を挙げながら改めて確認してみましょう。 例文1「大変助かりました」 非常に高い頻度で使われるのが「大変助かりました」という言い回しです。 シンプルに「助かりました」とだけ言うよりも寧ろこちらの言い方のほうが一般的なほどです。 敢えて「大変」と強めるのは、この「助かりました」という言葉が主観的なものであり、自身の感情に直結している性質のものであることを示していると言えます。 人に力を貸すということは、客観的に見て助けたかどうかではなく、本人が「助けてもらった」と感じているかどうかがポイントです。 だからこそ「大変」という言葉によって感謝の度合いを強くした表現がごく自然に使われます。 例文2「助かりました。 次もよろしくお願いします」 「次もよろしくお願いします」という言葉も「助かりました」とセットのようにしてよく使われます。 これはある意味、助けてもらったことへの感謝の気持ちよりも今後の継続的な助けを期待する気持ちを表しているとも言えますが、だからといって失礼だと腹を立てる人はいません。 なぜなら、「助かりました」という言葉はその中に「とても感謝している」という意味合いを既に含んでいることが前提で、しかもそれは単に「ありがとう」と言うよりも個人的な感謝の念がずっと濃厚だと受け止められるからです。 「助かりました。 次もよろしくお願いします」と言われた相手は、自分が力になれたことに満足感を覚え、頼りにされていることを嬉しく思うでしょう。 例文3「助かりました。 ありがとうございます」 「助かりました」と言う言葉の中に「とても感謝している」という意味合いが既に含まれていると前述しました。 それでも「ありがとう」と明確にお礼の言葉で締めくくるのは、その言い回しにある効果が見込めるためです。 もともと感謝の意が含まれているところに敢えて「ありがとうございます」と念を入れるように重ねることは、主観的に見た場合だけでなく客観的に見ても相手のしてくれた行為がありがたいものであったということを裏づける意味合いを持ちます。 ありがとうございます」といった言い方と同様の効果がある言い回しです。 「助かりました」を敬語として使ってはいけないの? 「助」だけでなく「介」「佑」「佐」「輔」など「すけ」と読む漢字に共通することですが、これらの漢字には「たすける」という意味があり、その意味を掘り下げると「補助する」といった意味合いになります。 「助成する」「介抱する」「補佐する」といった熟語について考えてみると、どれも「お助け申し上げている」といったイメージを持っていると言えます。 上司が部下を、年配者が若年者を「お助け申し上げている」というのは不自然です。 「助かる」という言葉の持つニュアンスから 「助かる」と言うとき、助かるのは誰でしょう。 助ける人ではなく、助けられる人です。 助かっているのはあくまで自分であって、相手は助かっていない(=助けてくれただけ)のですから、「助かりました」というのは考えようによっては身勝手な言い方です。 この点を踏まえると「助かる」という言葉が相手を敬う意味合いを持っていなことがわかります。 従って、「助かりました」という表現は敬語としては不適切です。 目上の人には「助かりました」をどう言えばいいの? ここまで目上の人に対する「助かりました」の気持ちを伝えるための敬語表現を見てきました。 では反対に目上の人から「助かったよ」と言われたときにはどう敬語表現化して受け答えをすればよいでしょうか。 「とんでもないことです」「恐縮です」と謙遜するのはひとつの返答方法ですが、今後も力になりたいと考えているということを言い添えるとよいでしょう。 もうひとつの返答方法として「どういたしまして」と返すというものがあります。 この場合にも、これからも協力することで良好なビジネス関係を築いていきたいという思いを併せて伝えるとベターです。 ここではさまざまなシチュエーションで使える返答の敬語表現の具体例をご紹介します。 「お役に立てて嬉しいです」 「どういたしまして」を敬語化するとまさにこれといったところです。 英語でいうならMy pleasureに当たるでしょうか。 あらゆる相手に対して使える敬語表現のフレーズです。 「こちらこそありがとうございました。 貴重な経験となりました」 上司にとって部下の成長は喜ぶべきことです。 自分にとってもよい経験となったということを伝えるこの言い回しは、敬語表現の中でも主に上司向けでしょう。 また、相手の力となっただけでなく自分自身も得るところがあったと明言することで、「手伝わせてしまって申し訳なかったな」という相手の気持ちを軽くするという効果もあります。 「恐れ入ります。 多少なりともお力になれましたなら光栄です」 まずは目上である相手から礼を言われて恐縮しているということを伝えた上で、相手の助けとなれたことが自分にとって何より嬉しく価値あることだと知らせます。 上下関係に厳しい相手にも安心して使える敬語表現です。 「喜んでいただけで何よりです。 またいつでもお申し付けください」 今回に限らず、いつでも喜んで引き受けるという気持ちを伝えることで、強固な信頼関係につなげていきましょう。 「助かりました」の敬語表現はビジネスの潤滑油 今回は「助かりました」という言葉の意味や使い方を確認し、敬語表現への言い換え方をご紹介しました。 ただ「ありがとう」と言うのではなく「助かりました」「助かったよ」と言うことで、ありがたく思う気持ちを伝えることができます。 しかし、それは敬語ではないため目下の人もしくは同僚や友人といった同じ立場にある相手に対してのみ使える言い方である点に注意が必要です。 そうした注意を要するために、日常のいろいろな場面で「助かりました」と言ってよいものかどうか、敬語表現に言い換えるとすればどう言い換えればよいか、戸惑うことも少なくないのではないでしょうか。 しかし、相手が目上であれ目下であれ感謝の気持ちはやはり伝えるべきものです。 今回ご紹介した内容を参考として、目下の人や同じ立場にある人に対しては「助かりました」と、目上の人に対しては敬語表現で言い換えて、あなたがありがたく思っていることをしっかりと伝えましょう。 「助かりました」という言葉は人間関係における潤滑油です。 日常生活ではもちろんのこと、適切に敬語表現に言い換えることができればビジネスにおいてもスムーズなやり取りが可能になるでしょう。 上手に使うことでよりよい関係を築くことができるはずです。

次の

助かりました 敬語

助かります 敬語

知り合いから、あるいは見ず知らずの人から、「助かりました」と言われたことがきっとあるでしょう。 反対にあなたから誰かにそう言うこともあるはずです。 生活の中で折々に使われるこの言葉ですが、その意味するところをじっくりと考えてみることはあまりないのではないでしょうか。 この機会に「助かりました」という言葉の持つ意味を、例文を挙げながら改めて確認してみましょう。 例文1「大変助かりました」 非常に高い頻度で使われるのが「大変助かりました」という言い回しです。 シンプルに「助かりました」とだけ言うよりも寧ろこちらの言い方のほうが一般的なほどです。 敢えて「大変」と強めるのは、この「助かりました」という言葉が主観的なものであり、自身の感情に直結している性質のものであることを示していると言えます。 人に力を貸すということは、客観的に見て助けたかどうかではなく、本人が「助けてもらった」と感じているかどうかがポイントです。 だからこそ「大変」という言葉によって感謝の度合いを強くした表現がごく自然に使われます。 例文2「助かりました。 次もよろしくお願いします」 「次もよろしくお願いします」という言葉も「助かりました」とセットのようにしてよく使われます。 これはある意味、助けてもらったことへの感謝の気持ちよりも今後の継続的な助けを期待する気持ちを表しているとも言えますが、だからといって失礼だと腹を立てる人はいません。 なぜなら、「助かりました」という言葉はその中に「とても感謝している」という意味合いを既に含んでいることが前提で、しかもそれは単に「ありがとう」と言うよりも個人的な感謝の念がずっと濃厚だと受け止められるからです。 「助かりました。 次もよろしくお願いします」と言われた相手は、自分が力になれたことに満足感を覚え、頼りにされていることを嬉しく思うでしょう。 例文3「助かりました。 ありがとうございます」 「助かりました」と言う言葉の中に「とても感謝している」という意味合いが既に含まれていると前述しました。 それでも「ありがとう」と明確にお礼の言葉で締めくくるのは、その言い回しにある効果が見込めるためです。 もともと感謝の意が含まれているところに敢えて「ありがとうございます」と念を入れるように重ねることは、主観的に見た場合だけでなく客観的に見ても相手のしてくれた行為がありがたいものであったということを裏づける意味合いを持ちます。 ありがとうございます」といった言い方と同様の効果がある言い回しです。 「助かりました」を敬語として使ってはいけないの? 「助」だけでなく「介」「佑」「佐」「輔」など「すけ」と読む漢字に共通することですが、これらの漢字には「たすける」という意味があり、その意味を掘り下げると「補助する」といった意味合いになります。 「助成する」「介抱する」「補佐する」といった熟語について考えてみると、どれも「お助け申し上げている」といったイメージを持っていると言えます。 上司が部下を、年配者が若年者を「お助け申し上げている」というのは不自然です。 「助かる」という言葉の持つニュアンスから 「助かる」と言うとき、助かるのは誰でしょう。 助ける人ではなく、助けられる人です。 助かっているのはあくまで自分であって、相手は助かっていない(=助けてくれただけ)のですから、「助かりました」というのは考えようによっては身勝手な言い方です。 この点を踏まえると「助かる」という言葉が相手を敬う意味合いを持っていなことがわかります。 従って、「助かりました」という表現は敬語としては不適切です。 目上の人には「助かりました」をどう言えばいいの? ここまで目上の人に対する「助かりました」の気持ちを伝えるための敬語表現を見てきました。 では反対に目上の人から「助かったよ」と言われたときにはどう敬語表現化して受け答えをすればよいでしょうか。 「とんでもないことです」「恐縮です」と謙遜するのはひとつの返答方法ですが、今後も力になりたいと考えているということを言い添えるとよいでしょう。 もうひとつの返答方法として「どういたしまして」と返すというものがあります。 この場合にも、これからも協力することで良好なビジネス関係を築いていきたいという思いを併せて伝えるとベターです。 ここではさまざまなシチュエーションで使える返答の敬語表現の具体例をご紹介します。 「お役に立てて嬉しいです」 「どういたしまして」を敬語化するとまさにこれといったところです。 英語でいうならMy pleasureに当たるでしょうか。 あらゆる相手に対して使える敬語表現のフレーズです。 「こちらこそありがとうございました。 貴重な経験となりました」 上司にとって部下の成長は喜ぶべきことです。 自分にとってもよい経験となったということを伝えるこの言い回しは、敬語表現の中でも主に上司向けでしょう。 また、相手の力となっただけでなく自分自身も得るところがあったと明言することで、「手伝わせてしまって申し訳なかったな」という相手の気持ちを軽くするという効果もあります。 「恐れ入ります。 多少なりともお力になれましたなら光栄です」 まずは目上である相手から礼を言われて恐縮しているということを伝えた上で、相手の助けとなれたことが自分にとって何より嬉しく価値あることだと知らせます。 上下関係に厳しい相手にも安心して使える敬語表現です。 「喜んでいただけで何よりです。 またいつでもお申し付けください」 今回に限らず、いつでも喜んで引き受けるという気持ちを伝えることで、強固な信頼関係につなげていきましょう。 「助かりました」の敬語表現はビジネスの潤滑油 今回は「助かりました」という言葉の意味や使い方を確認し、敬語表現への言い換え方をご紹介しました。 ただ「ありがとう」と言うのではなく「助かりました」「助かったよ」と言うことで、ありがたく思う気持ちを伝えることができます。 しかし、それは敬語ではないため目下の人もしくは同僚や友人といった同じ立場にある相手に対してのみ使える言い方である点に注意が必要です。 そうした注意を要するために、日常のいろいろな場面で「助かりました」と言ってよいものかどうか、敬語表現に言い換えるとすればどう言い換えればよいか、戸惑うことも少なくないのではないでしょうか。 しかし、相手が目上であれ目下であれ感謝の気持ちはやはり伝えるべきものです。 今回ご紹介した内容を参考として、目下の人や同じ立場にある人に対しては「助かりました」と、目上の人に対しては敬語表現で言い換えて、あなたがありがたく思っていることをしっかりと伝えましょう。 「助かりました」という言葉は人間関係における潤滑油です。 日常生活ではもちろんのこと、適切に敬語表現に言い換えることができればビジネスにおいてもスムーズなやり取りが可能になるでしょう。 上手に使うことでよりよい関係を築くことができるはずです。

次の