いきなりステーキ お前ら。 いきなりステーキが倒産??みんなの評判や反応は?|ブログと育つ

【972円】いきなりステーキの『いきなりステーキ重』がマジで最高! ワイルドステーキより安い店舗限定持ち帰りメニュー

いきなりステーキ お前ら

ここまで不味いと言われてる理由は何なのか? こんなにネガティブな評判ばかりだと逆にどれだけ不味いのか気になります。 ということでいきなりステーキに初挑戦してみることにしました。 Sponsored Link いきなりステーキは本当に不味すぎて笑えるのか? 僕は味覚オンチ。 基本的に何でも美味しいと感じるタイプなので美味しいものを食べたい欲より不味いものを食べてみたいという好奇心の方が強いのです。 訪れたのは幾度となく前を素通りしてきた吉祥寺店。 とりあえず中に入ってみましょう。 感想 実際食べてみた感想としては不味くないという結論になりました。 でよくよくネットで調べてみると特に固くて不味いと言われているのが「ワイルドステーキ」というメニューらしいです。 しかしワイルドステーキの価格はランチであれば300gで1,390円というリーズナブルな価格設定。 ネットで書かれている口コミはあまり信用できませんがとにかく次はそのワイルドステーキに挑戦してみようと思います。 下手なステーキハウスよりも、他のファミレスでステーキを食べるよりも確かに美味いと思います。 価格対費用は良い方だと思います。 偶にハズレもありますが…。 最近はリーズナブルにステーキを食べられる専門店が増えてきてます。 確かにステーキが身近になる事は良い事です。 しかし、私から言わすと、その程度の肉を食べて「俺はいきなりステーキで国産牛サーロインを食べたんだぜ?(自慢気)」「いきなりステーキの方は〜〜」などなど、いきなりステーキが最上位の店みたいな発言をするお客様が多くなっていることに腹が立っています。 食べた人が満足すれば、それで良いんです。 わざわざ他店に来てまで言うような話ではないんですよ。 実際増えているのが現状。 ナンセンスかもしれませんが、良いステーキハウスの肉に比べたら、いきなりステーキの肉は不味いです。 それは、一度でも良いステーキを食べた人にしか分かりません。 長々と失礼な長文すみませんでした。 メールアドレスも適当です。 餃子も焼き手によって味が変わります。 飲食店の評価はその店の全メニュー食していない限り、料理メニュー個々の評価をすべきと思います。 一度目は、1918・9月ごろ、テレビで見てアメ村のお店に行きました、1g¥6の肩ロースを注文(業務スーパー今川店の100g¥158のお肉と同じ歯が折れそうでした。 最悪でした、夜7時ごろの来店でした。 嫁は行って損したと言っていました。 二度目は1919・6月位アポロ8エレベーター前、和牛ロース1g¥12のお肉を注文しました、しかし、高いだけで和牛では有りませんサシは全く有りません、硬い、硬い最低ですね、あれなら岸田堂の業務の肩ロース100g¥188(結構柔らかく旨いです)100g¥1200も出して、和牛なんて嘘です、肉好きなら誰でもわかります、さようなら「いきなりステーキ」僕は9年間、大阪市場食肉市場に働いて居ました、僕には嘘は通りません。 いきなりステーキで、初めてUSのサーロインを食べました。 ちなみに私はいつもワイルドステーキを食べてましたが、特に不味いとは思わず、普通に美味しくいただいてます。 ま、たまに筋っぽいと感じるときもありますが、何度もいただいてます。 噛みきれないと感じたことはありません。 ちゃっちいホルモンの方がよっぽど噛みきれなくて、嫌い。 で、今回はサーロインを食べてみたくなり注文しましたが、うーん、期待してた程ではなかったです。 たぶん期待の方が高すぎたのかと思います。 過去に町のステーキハウスで、特に価格も高くないのにとても美味しいサーロインを食べたせいかと思います。 あ、ミディアムレアで注文したのですが結構火が通っていたので、これについてはレアにしておけば良かったと思いました。 ワイルドステーキの固さについては、酷評が多いですが、私は固さは特に気になりません。 家で食べる100gあたり100円未満の肉を普段食べてるからか、、、 一応、ワイルドステーキを美味しくいただく人間もいるんだなっていう参考になればいいかな。 今度はリブロースを試したいと思います。 ワイルドステーキも今後も食べる予定です。 いきなりステーキの店舗数が縮小するとのことで、記念に行ってきました。 雰囲気も悪くなく、というか普通の店でした。 立ち食いの店ではないです。 落ち着いた感じの店でした。 一つ疑問に思ったのが、肉を焼くスペースです。 肉を焼いて調理している人は見えるのに、肝心の肉が殆ど見えていないというところに疑問を持ちました。 文字で書いてまで、肉をここで焼いてます、カットしてます。 という主張にそんなに意味があるのかなーと思いました。 というか、席から遠い。 ヒレステーキの300gを実食し、初めての感想……。 おいし…い……のか…? 肉はヒレなので、当然淡白な味でした。 伝えるとしたら、鳥胸肉に近かったです。 まあ、当然か……。 ヒレ肉だし……。 柔らかく、肉を食べているという感覚も伝わってきて非常に良い肉でした。 ただ、問題は…肉以外にありそうでした。 肉にはほぼ下味が無く、ステーキソースも薄っぺらい味しかしませんでした。 例えるならそう、とても良い鳥胸肉をステーキにして食べている感じです! 水分の飛ばない絶妙な焼き加減で、中はレア。 肉の焼き方は完璧でした! 味が殆どせず、香辛料も後乗せ、さらに言えばステーキソースが薄くてまずいし種類もない! 肉以外にお前らは興味ないのか! と、言いたくなるくらい他が疎かで私はダメでした。 サービスの鉄板の再加熱にかける手間……、待つのめんどくさくないですか……? 私は無理です。 ステーキは出された時点が最高でなくてはならない派です。 そもそも最初にステーキを出された時点で鉄板の熱が足りず、ステーキソースをかけても油や水の飛び散り方が非常に弱く問題がありました。 これではステーキソースの良い匂いがまったく立ち上らず、食欲もそそられませんでした。 注文して最初にエプロンを渡されましたが、エプロンで抑えきれる熱にはなんの意味があるのでしょうか? テーブルを拭くときは簡単に済ませられるのかもしれませんが、それならより肉を直接紙で囲って熱を閉じ込めるべきだと思いました。 あの程度の熱では鉄板で肉を焼くことさえ間に合いません。 そもそもステーキハウスのステーキは! エンターテイメントであるべきなんです! メニューを見ている間のドキドキ……、 待っている間の周りのお客さんの楽しそうな食事の風景…、 肉が運ばれた時のワクワク感…、 ステーキにソースをかけた時の、あの香辛料と甘みの匂い……、 そしてクライマックスに差し掛かる、肉を食べるあの最高の瞬間……。 それら全てが完璧でなくてはならないのです! 私は最後の最後で残念な気持ちになりました! 肉自体は良かったですよ…。 ただ、それ以外に問題があったと思います! というか、ビールもコーラも高え! USA産で味を外すのが嫌だったので国産サーロインを注文しました。 ナイフでカットしながら嫌な予感が・・・一口目、なんだこの固い肉は!!味も大味で自分には濃すぎる味付け。 わざわざ国産を注文してこの固くてまずい肉を提供してるとは。 かなりショックでした。 これならよくいっている焼肉屋さんで同じくらいの値段で柔らかくておいしい肉が食べれるのに、と後悔。 ていうか、スーパーでステーキ買って自分で調理したほうが何倍もいいと思ってしまった。 よくこんなひどい肉で大々的に商売してるものだ。 期待したのが間違いでした。 そりゃ閉店していくよね。 これでおいしいなんていう人や、リピートしてる人の舌を疑う。 もう二度といかないです。

次の

いきなりステーキの駄目なところ:たくわん(*´Д`*)ノDのブロマガ

いきなりステーキ お前ら

ここまで不味いと言われてる理由は何なのか? こんなにネガティブな評判ばかりだと逆にどれだけ不味いのか気になります。 ということでいきなりステーキに初挑戦してみることにしました。 Sponsored Link いきなりステーキは本当に不味すぎて笑えるのか? 僕は味覚オンチ。 基本的に何でも美味しいと感じるタイプなので美味しいものを食べたい欲より不味いものを食べてみたいという好奇心の方が強いのです。 訪れたのは幾度となく前を素通りしてきた吉祥寺店。 とりあえず中に入ってみましょう。 感想 実際食べてみた感想としては不味くないという結論になりました。 でよくよくネットで調べてみると特に固くて不味いと言われているのが「ワイルドステーキ」というメニューらしいです。 しかしワイルドステーキの価格はランチであれば300gで1,390円というリーズナブルな価格設定。 ネットで書かれている口コミはあまり信用できませんがとにかく次はそのワイルドステーキに挑戦してみようと思います。 下手なステーキハウスよりも、他のファミレスでステーキを食べるよりも確かに美味いと思います。 価格対費用は良い方だと思います。 偶にハズレもありますが…。 最近はリーズナブルにステーキを食べられる専門店が増えてきてます。 確かにステーキが身近になる事は良い事です。 しかし、私から言わすと、その程度の肉を食べて「俺はいきなりステーキで国産牛サーロインを食べたんだぜ?(自慢気)」「いきなりステーキの方は〜〜」などなど、いきなりステーキが最上位の店みたいな発言をするお客様が多くなっていることに腹が立っています。 食べた人が満足すれば、それで良いんです。 わざわざ他店に来てまで言うような話ではないんですよ。 実際増えているのが現状。 ナンセンスかもしれませんが、良いステーキハウスの肉に比べたら、いきなりステーキの肉は不味いです。 それは、一度でも良いステーキを食べた人にしか分かりません。 長々と失礼な長文すみませんでした。 メールアドレスも適当です。 餃子も焼き手によって味が変わります。 飲食店の評価はその店の全メニュー食していない限り、料理メニュー個々の評価をすべきと思います。 一度目は、1918・9月ごろ、テレビで見てアメ村のお店に行きました、1g¥6の肩ロースを注文(業務スーパー今川店の100g¥158のお肉と同じ歯が折れそうでした。 最悪でした、夜7時ごろの来店でした。 嫁は行って損したと言っていました。 二度目は1919・6月位アポロ8エレベーター前、和牛ロース1g¥12のお肉を注文しました、しかし、高いだけで和牛では有りませんサシは全く有りません、硬い、硬い最低ですね、あれなら岸田堂の業務の肩ロース100g¥188(結構柔らかく旨いです)100g¥1200も出して、和牛なんて嘘です、肉好きなら誰でもわかります、さようなら「いきなりステーキ」僕は9年間、大阪市場食肉市場に働いて居ました、僕には嘘は通りません。 いきなりステーキで、初めてUSのサーロインを食べました。 ちなみに私はいつもワイルドステーキを食べてましたが、特に不味いとは思わず、普通に美味しくいただいてます。 ま、たまに筋っぽいと感じるときもありますが、何度もいただいてます。 噛みきれないと感じたことはありません。 ちゃっちいホルモンの方がよっぽど噛みきれなくて、嫌い。 で、今回はサーロインを食べてみたくなり注文しましたが、うーん、期待してた程ではなかったです。 たぶん期待の方が高すぎたのかと思います。 過去に町のステーキハウスで、特に価格も高くないのにとても美味しいサーロインを食べたせいかと思います。 あ、ミディアムレアで注文したのですが結構火が通っていたので、これについてはレアにしておけば良かったと思いました。 ワイルドステーキの固さについては、酷評が多いですが、私は固さは特に気になりません。 家で食べる100gあたり100円未満の肉を普段食べてるからか、、、 一応、ワイルドステーキを美味しくいただく人間もいるんだなっていう参考になればいいかな。 今度はリブロースを試したいと思います。 ワイルドステーキも今後も食べる予定です。 いきなりステーキの店舗数が縮小するとのことで、記念に行ってきました。 雰囲気も悪くなく、というか普通の店でした。 立ち食いの店ではないです。 落ち着いた感じの店でした。 一つ疑問に思ったのが、肉を焼くスペースです。 肉を焼いて調理している人は見えるのに、肝心の肉が殆ど見えていないというところに疑問を持ちました。 文字で書いてまで、肉をここで焼いてます、カットしてます。 という主張にそんなに意味があるのかなーと思いました。 というか、席から遠い。 ヒレステーキの300gを実食し、初めての感想……。 おいし…い……のか…? 肉はヒレなので、当然淡白な味でした。 伝えるとしたら、鳥胸肉に近かったです。 まあ、当然か……。 ヒレ肉だし……。 柔らかく、肉を食べているという感覚も伝わってきて非常に良い肉でした。 ただ、問題は…肉以外にありそうでした。 肉にはほぼ下味が無く、ステーキソースも薄っぺらい味しかしませんでした。 例えるならそう、とても良い鳥胸肉をステーキにして食べている感じです! 水分の飛ばない絶妙な焼き加減で、中はレア。 肉の焼き方は完璧でした! 味が殆どせず、香辛料も後乗せ、さらに言えばステーキソースが薄くてまずいし種類もない! 肉以外にお前らは興味ないのか! と、言いたくなるくらい他が疎かで私はダメでした。 サービスの鉄板の再加熱にかける手間……、待つのめんどくさくないですか……? 私は無理です。 ステーキは出された時点が最高でなくてはならない派です。 そもそも最初にステーキを出された時点で鉄板の熱が足りず、ステーキソースをかけても油や水の飛び散り方が非常に弱く問題がありました。 これではステーキソースの良い匂いがまったく立ち上らず、食欲もそそられませんでした。 注文して最初にエプロンを渡されましたが、エプロンで抑えきれる熱にはなんの意味があるのでしょうか? テーブルを拭くときは簡単に済ませられるのかもしれませんが、それならより肉を直接紙で囲って熱を閉じ込めるべきだと思いました。 あの程度の熱では鉄板で肉を焼くことさえ間に合いません。 そもそもステーキハウスのステーキは! エンターテイメントであるべきなんです! メニューを見ている間のドキドキ……、 待っている間の周りのお客さんの楽しそうな食事の風景…、 肉が運ばれた時のワクワク感…、 ステーキにソースをかけた時の、あの香辛料と甘みの匂い……、 そしてクライマックスに差し掛かる、肉を食べるあの最高の瞬間……。 それら全てが完璧でなくてはならないのです! 私は最後の最後で残念な気持ちになりました! 肉自体は良かったですよ…。 ただ、それ以外に問題があったと思います! というか、ビールもコーラも高え! USA産で味を外すのが嫌だったので国産サーロインを注文しました。 ナイフでカットしながら嫌な予感が・・・一口目、なんだこの固い肉は!!味も大味で自分には濃すぎる味付け。 わざわざ国産を注文してこの固くてまずい肉を提供してるとは。 かなりショックでした。 これならよくいっている焼肉屋さんで同じくらいの値段で柔らかくておいしい肉が食べれるのに、と後悔。 ていうか、スーパーでステーキ買って自分で調理したほうが何倍もいいと思ってしまった。 よくこんなひどい肉で大々的に商売してるものだ。 期待したのが間違いでした。 そりゃ閉店していくよね。 これでおいしいなんていう人や、リピートしてる人の舌を疑う。 もう二度といかないです。

次の

いきなり!ステーキ 売り上げ35.2%減 なんでお前ら食べないの?

いきなりステーキ お前ら

ここまで不味いと言われてる理由は何なのか? こんなにネガティブな評判ばかりだと逆にどれだけ不味いのか気になります。 ということでいきなりステーキに初挑戦してみることにしました。 Sponsored Link いきなりステーキは本当に不味すぎて笑えるのか? 僕は味覚オンチ。 基本的に何でも美味しいと感じるタイプなので美味しいものを食べたい欲より不味いものを食べてみたいという好奇心の方が強いのです。 訪れたのは幾度となく前を素通りしてきた吉祥寺店。 とりあえず中に入ってみましょう。 感想 実際食べてみた感想としては不味くないという結論になりました。 でよくよくネットで調べてみると特に固くて不味いと言われているのが「ワイルドステーキ」というメニューらしいです。 しかしワイルドステーキの価格はランチであれば300gで1,390円というリーズナブルな価格設定。 ネットで書かれている口コミはあまり信用できませんがとにかく次はそのワイルドステーキに挑戦してみようと思います。 下手なステーキハウスよりも、他のファミレスでステーキを食べるよりも確かに美味いと思います。 価格対費用は良い方だと思います。 偶にハズレもありますが…。 最近はリーズナブルにステーキを食べられる専門店が増えてきてます。 確かにステーキが身近になる事は良い事です。 しかし、私から言わすと、その程度の肉を食べて「俺はいきなりステーキで国産牛サーロインを食べたんだぜ?(自慢気)」「いきなりステーキの方は〜〜」などなど、いきなりステーキが最上位の店みたいな発言をするお客様が多くなっていることに腹が立っています。 食べた人が満足すれば、それで良いんです。 わざわざ他店に来てまで言うような話ではないんですよ。 実際増えているのが現状。 ナンセンスかもしれませんが、良いステーキハウスの肉に比べたら、いきなりステーキの肉は不味いです。 それは、一度でも良いステーキを食べた人にしか分かりません。 長々と失礼な長文すみませんでした。 メールアドレスも適当です。 餃子も焼き手によって味が変わります。 飲食店の評価はその店の全メニュー食していない限り、料理メニュー個々の評価をすべきと思います。 一度目は、1918・9月ごろ、テレビで見てアメ村のお店に行きました、1g¥6の肩ロースを注文(業務スーパー今川店の100g¥158のお肉と同じ歯が折れそうでした。 最悪でした、夜7時ごろの来店でした。 嫁は行って損したと言っていました。 二度目は1919・6月位アポロ8エレベーター前、和牛ロース1g¥12のお肉を注文しました、しかし、高いだけで和牛では有りませんサシは全く有りません、硬い、硬い最低ですね、あれなら岸田堂の業務の肩ロース100g¥188(結構柔らかく旨いです)100g¥1200も出して、和牛なんて嘘です、肉好きなら誰でもわかります、さようなら「いきなりステーキ」僕は9年間、大阪市場食肉市場に働いて居ました、僕には嘘は通りません。 いきなりステーキで、初めてUSのサーロインを食べました。 ちなみに私はいつもワイルドステーキを食べてましたが、特に不味いとは思わず、普通に美味しくいただいてます。 ま、たまに筋っぽいと感じるときもありますが、何度もいただいてます。 噛みきれないと感じたことはありません。 ちゃっちいホルモンの方がよっぽど噛みきれなくて、嫌い。 で、今回はサーロインを食べてみたくなり注文しましたが、うーん、期待してた程ではなかったです。 たぶん期待の方が高すぎたのかと思います。 過去に町のステーキハウスで、特に価格も高くないのにとても美味しいサーロインを食べたせいかと思います。 あ、ミディアムレアで注文したのですが結構火が通っていたので、これについてはレアにしておけば良かったと思いました。 ワイルドステーキの固さについては、酷評が多いですが、私は固さは特に気になりません。 家で食べる100gあたり100円未満の肉を普段食べてるからか、、、 一応、ワイルドステーキを美味しくいただく人間もいるんだなっていう参考になればいいかな。 今度はリブロースを試したいと思います。 ワイルドステーキも今後も食べる予定です。 いきなりステーキの店舗数が縮小するとのことで、記念に行ってきました。 雰囲気も悪くなく、というか普通の店でした。 立ち食いの店ではないです。 落ち着いた感じの店でした。 一つ疑問に思ったのが、肉を焼くスペースです。 肉を焼いて調理している人は見えるのに、肝心の肉が殆ど見えていないというところに疑問を持ちました。 文字で書いてまで、肉をここで焼いてます、カットしてます。 という主張にそんなに意味があるのかなーと思いました。 というか、席から遠い。 ヒレステーキの300gを実食し、初めての感想……。 おいし…い……のか…? 肉はヒレなので、当然淡白な味でした。 伝えるとしたら、鳥胸肉に近かったです。 まあ、当然か……。 ヒレ肉だし……。 柔らかく、肉を食べているという感覚も伝わってきて非常に良い肉でした。 ただ、問題は…肉以外にありそうでした。 肉にはほぼ下味が無く、ステーキソースも薄っぺらい味しかしませんでした。 例えるならそう、とても良い鳥胸肉をステーキにして食べている感じです! 水分の飛ばない絶妙な焼き加減で、中はレア。 肉の焼き方は完璧でした! 味が殆どせず、香辛料も後乗せ、さらに言えばステーキソースが薄くてまずいし種類もない! 肉以外にお前らは興味ないのか! と、言いたくなるくらい他が疎かで私はダメでした。 サービスの鉄板の再加熱にかける手間……、待つのめんどくさくないですか……? 私は無理です。 ステーキは出された時点が最高でなくてはならない派です。 そもそも最初にステーキを出された時点で鉄板の熱が足りず、ステーキソースをかけても油や水の飛び散り方が非常に弱く問題がありました。 これではステーキソースの良い匂いがまったく立ち上らず、食欲もそそられませんでした。 注文して最初にエプロンを渡されましたが、エプロンで抑えきれる熱にはなんの意味があるのでしょうか? テーブルを拭くときは簡単に済ませられるのかもしれませんが、それならより肉を直接紙で囲って熱を閉じ込めるべきだと思いました。 あの程度の熱では鉄板で肉を焼くことさえ間に合いません。 そもそもステーキハウスのステーキは! エンターテイメントであるべきなんです! メニューを見ている間のドキドキ……、 待っている間の周りのお客さんの楽しそうな食事の風景…、 肉が運ばれた時のワクワク感…、 ステーキにソースをかけた時の、あの香辛料と甘みの匂い……、 そしてクライマックスに差し掛かる、肉を食べるあの最高の瞬間……。 それら全てが完璧でなくてはならないのです! 私は最後の最後で残念な気持ちになりました! 肉自体は良かったですよ…。 ただ、それ以外に問題があったと思います! というか、ビールもコーラも高え! USA産で味を外すのが嫌だったので国産サーロインを注文しました。 ナイフでカットしながら嫌な予感が・・・一口目、なんだこの固い肉は!!味も大味で自分には濃すぎる味付け。 わざわざ国産を注文してこの固くてまずい肉を提供してるとは。 かなりショックでした。 これならよくいっている焼肉屋さんで同じくらいの値段で柔らかくておいしい肉が食べれるのに、と後悔。 ていうか、スーパーでステーキ買って自分で調理したほうが何倍もいいと思ってしまった。 よくこんなひどい肉で大々的に商売してるものだ。 期待したのが間違いでした。 そりゃ閉店していくよね。 これでおいしいなんていう人や、リピートしてる人の舌を疑う。 もう二度といかないです。

次の