ピコ フラクショナル レーザー。 ピコシュア(ピコレーザー)|北九州の美容外科・美容皮膚科、さくらビューティクリニック

ニキビ肌や萎縮性瘢痕に効果的なピコフラクショナルレーザー|京都・滋賀の大西皮フ科形成外科医院【大津石山,四条烏丸】

ピコ フラクショナル レーザー

ピコフラクショナルレーザーとは? 2019. 25 木 「ピコフラクショナルレーザー」について :毛穴を目立たなくさせる最新レーザー治療 札幌クララ美容皮膚科の院長の得地です。 良くいただくお肌のお悩みに「毛穴の開き」「ニキビ跡」があります。 レーザーで良くなりませんか?と良く聞かれます。 そこで当院含め、「ピコフラクショナルレーザー」がとても良い効果実感を得られております。 以下の項目に当てはまる方には大変お勧めです。 ・ニキビ跡が気になっている ・毛穴が目立ち化粧でも隠せない ・ダウンタイムが短いほうが良い ・肌のきめを整えてすべすべ肌を手に入れたい ・痛みが苦手でなるべく痛くない治療を希望している そもそもピコフラクショナルレーザーーってなに? 一言でいうとピコレーザーを応用したフラクショナル治療です。 ピコレーザーとは、別名ピコ秒レーザーとも呼ばれます。 これによりどのような作用を持つレーザーになるかが決まります。 例 532nm シミ、肝斑に効果 694nmシミに効果 755nm z.

次の

肌再生レーザーを用いる場合|京都・滋賀の大西皮フ科形成外科医院【大津石山,四条烏丸】

ピコ フラクショナル レーザー

ピコレーザーとは? ピコレーザーは、シミ、くすみに効果的なトーニング治療(メラニンを減らす治療法)を進化させた治療機器の事なんです。 今までのシミ取り治療器のスタンダードはナノ秒レーザー(ルビー、アレキサンドライト)というレーザーを照射するものだったんです。 ピコレーザーは、シミ・ソバカス・あざ・刺青治療で一般的なQスイッチレーザーの照射時間「ナノ秒(10億分の1秒)」よりはるかに短い「ピコ秒(1兆分の1秒)」単位で照射します。 照射時間が極めて短いことで、熱発生がほとんどなく、痛みや皮膚へのダメージ(照射後の赤み・黒ずみ)が最小限に抑えられます。 また、今まで施術が大変だったタトゥーや、アートメイクの除去にも利用する事が出来ます。 そして、ダウンタイムを非常に短くすることが可能となったんです。 パルスとは? パルスってなかなか普段聞かない言葉だと思いますが、『短時間の間だけに生じる振動現象』だそうです。 機械技術用語だそうです。 ピコレーザーはその『パルス』が『ピコ秒』でうてるという画期的な美顔治療の機械です。 従来のフラクショナルとは? 従来のフラクショナルは、 皮膚表面にダメージを与えるレーザーでした。 フラクショナルレーザーで肌にダメージ(点状にレーザーを照射し、かるい火傷を表皮に起こすこと)を与えることで、皮膚の再生を促進し、肌の入れ替えをおこなうというもので、効果が高い分ダウンタイムも長いのです。 最近では、もう少し性能が高い機械が開発されて、比較的低いレーザーエネルギーで皮膚に刺激を与え、照射直後から肌の引き締めや小じわ軽減などの効果を実感でき、治療後は日常生活にほぼ支障が少なくなってきてはいますが、やはりダウンタイムがゼロというわけではありませんでした。 個人差は範囲の広さにもよりますが、ダウンタイムは施術直後に赤味が出て、1週間〜2週間ほどでかさぶたが剥がれていくというものです。 ピコフラクショナルとは? ピコフラクショナルとは、毛穴、ハリ、キメ、肌質改善などに効果が高い施術です。 今までのレーザーとは違い、熱発生がほとんどなく、痛みや皮膚へのダメージ(照射後の赤み・黒ずみ)を最小限に抑えた施術が可能となったんです。 衝撃波による色素の破壊ができるため、痛みが少なく、火傷もできにくくなりました。 症例と他レーザーとの比較は以下です。 「ピコフラクショナル」は、肌全面にレーザーを一度に当てるのではなく、微細な点状にして当てていき、お肌のハリや毛穴の開きを改善していきます。 ピコフラクショナルはニキビ跡や毛穴に効く? ピコフラクショナルはニキビ跡にどんなふうに効くのでしょうか。 ピコレーザーをフラクショナル照射モード(リゾルブ)に切り替え、小さな点状に照射することで、 皮膚表面を傷つけずに、表皮や真皮に作用するんです。 点状にメラニンを壊し、 真皮内では微細な傷を作り、自己再生機能にスイッチを入れ、お肌を若返らてくれるんです。 従来のフラクショナルレーザーでは、熱エネルギーによる痛みと強い赤み、小さなかさぶたが1週間程度生じ、ダウンタイムが目立つという欠点があって手が出せない方も多かったかもしれません。 ピコフラクショナル照射後は、一部に点状の赤み(微小点状出血)が1~数日間生じますが、皮膚表面は傷がつかないんです。 そのため、痛みが少なく、そんな大げさなカサブタにもならず、ダウンタイムが大幅に軽減出来たんです。 1回の施術でトーンアップ、毛穴の引き締まりとハリの高まりを実感し、繰り返して施術することで、ちりめんジワやニキビ跡の凹凸など難治性のダメージも改善させる効果があります。 ピコフラクショナルレーザーの治療経過 ピコフラクショナルレーザーの治療経過をまとめてみました。 施術当日 日焼け直後のような赤みと腫れが出て、肌が脈打つような状態になりますが、1~2時間ほどで治まります。 しっかりと冷やす事が大事です。 当日は日焼け止めまで、翌日からメイク可能です。 (UVケアをしっかりしましょう)• 施術後1~3日 個人差がありますが、治療後の強い赤みは殆ど落ち着いてきます。 スポット照射部分が見えない小さなかさぶたになり、肌がざらついてきます。 施術後4~7日 数日かけて皮膚が剥け、ツルツルの肌があらわれてきます。 無理に剥がさず、自然にはがれるまで待ちましょう。 施術後1ヵ月 赤みや腫れは完全におさまり、次の治療を受けることが可能となります。 ピコフラクショナルで効果のある回数は?いつから実感できる? ピコフラクショナルは何回くらい受ければ効果があるんでしょうか。 機械によっても違いますが、ピコフラクショナルの治療ペースはだいたい1ヶ月間隔です。 1回で治療改善効果を実感する方もいますが、満足のいく結果になるには3回~5回ほどの治療回数が必要になる事が多いようです。 毛穴やニキビ・ニキビ跡の改善を求められる方は、ニキビ跡のクレーター具合・毛穴の程度によっては3回の治療では少し足りないこともあるそうです。 だいたい1ヶ月に1回治療を受けたとして、 5ヶ月ほどで満足のいく効果を得られるという事です。 コンビネーションで治療を受けた場合は、3回くらいが適した回数です。

次の

ピコフラクショナルレーザーとは?|新着情報|札幌クララ美容皮膚科

ピコ フラクショナル レーザー

ピコフラクショナルレーザーとは? 2019. 25 木 「ピコフラクショナルレーザー」について :毛穴を目立たなくさせる最新レーザー治療 札幌クララ美容皮膚科の院長の得地です。 良くいただくお肌のお悩みに「毛穴の開き」「ニキビ跡」があります。 レーザーで良くなりませんか?と良く聞かれます。 そこで当院含め、「ピコフラクショナルレーザー」がとても良い効果実感を得られております。 以下の項目に当てはまる方には大変お勧めです。 ・ニキビ跡が気になっている ・毛穴が目立ち化粧でも隠せない ・ダウンタイムが短いほうが良い ・肌のきめを整えてすべすべ肌を手に入れたい ・痛みが苦手でなるべく痛くない治療を希望している そもそもピコフラクショナルレーザーーってなに? 一言でいうとピコレーザーを応用したフラクショナル治療です。 ピコレーザーとは、別名ピコ秒レーザーとも呼ばれます。 これによりどのような作用を持つレーザーになるかが決まります。 例 532nm シミ、肝斑に効果 694nmシミに効果 755nm z.

次の