パグ 寿命。 パグの寿命はどれくらい?最長のギネスとは?短い場合や平均は?

パグの寿命はどのくらい?なりやすい病気の症状と予防法

パグ 寿命

愛する家族の一員であるパグですが、平均的な寿命はどのぐらいなのでしょうか。 長生きさせるコツを知って、できるだけ長く一緒に居たいですよね。 犬の平均寿命は約12歳~13歳と言われているので、ほぼ平均と変わらないか、やや長いくらいですね。 子犬から成犬になる最初の1年で、人間年齢は17歳ほどの年齢になるといわれています。 4歳以降は人間の4倍以上のスピードで歳を取っていくといわれているので、飼い主さんにとってはまだまだ若いと思っていても、思わぬところで老化が始まっている可能性があります。 パグと長く一緒にいるためにはどのような方法を取ればよいのでしょうか。 飼い主さんの心掛け次第で、平均寿命よりも、もっと長くパグと一緒にいられるかもしれません。 パグともっと長く一緒にいるには? パグに長生きをしてもらうのなら、日々の健康管理がとても大切です。 食事の質や量、運動などに気を配り、パグにとって快適でストレスがない環境を作ってあげましょう。 難しいことを考えずに、まずは食事や日々の生活サイクルについて見直してみてはいかがでしょうか。 若いころからの健康管理ももちろんですが、老犬になった後のケアも重要です。 体力が落ち、免疫力も低下しやすくなるので、パグが老犬になったら飼い主さんはより注意してあげましょう。 どんな犬種でも老犬になれば関節が弱くなります。 そのため、関節のサポートを強化するグルコサミンコンドロイチンなどが配合されているフードがお勧めです。 また、衰えた免疫力を補ってくれる抗酸化成分を強化していたり、運動量が減った老犬に必要な良質な高タンパク質、低脂肪、低炭水化物のフードを選ぶのが理想と言えます。 近年では年齢別のドッグフードが販売されているので、パグの年齢や体調に合わせてドッグフードを変えていくようにするといいかもしれません。 歯や顎が弱ったパグは硬いドライフードを食べられないことがあるので、食べやすいウエットフードに切り替えるか、ドライフードを少量のぬるま湯でふやかして食べやすくしてあげましょう。 ふやかしたドッグフードは消化器官にも優しいので、胃腸が弱った子にもオススメです。 特に内臓の疾患については、進行すると手遅れになる可能性もあるので、定期的な健康診断によって早期発見早期治療を心掛けましょう。 ですが、そのままだと肥満に繋がり、皮膚病や呼吸器の疾患などになるリスクも上がるため、できるだけ運動をさせましょう。 ただし、もし関節炎や骨に異常があった場合は運動で悪化する恐れもあります。 もし歩き方がおかしかったり、あまりにも動くのを嫌がる時は一度、動物病院で診察してもらうと安心です。 パグの散歩は20~30分ぐらいの散歩を1日2回するのが適切と言われていますが、老犬になると体が思うように動かないこともあると思いますので、無理をさせない程度に散歩に出るようにしてくださいね。 そのまま刺激が続くと、角膜が炎症を起こし、涙や目に痛みがでる角膜炎へ悪化し、最悪の結果とし失明してしまう可能性もあるので、注意して日々日頃、目のチェックは欠かさずしてあげましょう。 目のチェックと共にしてあげたいのは目や鼻の周りの皺の間の汚れとりですね。 皺の間はとても汚れやすいため、こまめに拭いてあげましょう。 もし目の周りの毛が目に入って痛そうだったり、逆さまつげを発見した際には動物病院で処理してもらいましょう。 特に目が突き出ているパグなどの短頭種(鼻ぺちゃさん)はドライアイになりやすいので、目ヤニや結膜が充血している場合は気にかけてあげましょう。 深刻な炎症に悪化してしまうと、角膜炎や結膜炎などになりやすいので、病院で点眼薬などを投与する必要があるかもしれません。 とにかく目の病気になりやすいパグ。 その過半数が一回は何かしら目のトラブルを抱えたことがあるほど!日々のお目めチェックは欠かせませんね。 本来円形である気管が楕円に変形することで空気の通りが悪くなり、呼吸困難や咳、異常な呼吸音などの症状が現れます。 特に高齢のパグ、そして季節は夏に気管虚脱を発症しやすくなります。 発症する原因は不明ですが、遺伝的に気管の骨が弱かったり、加齢によって気管の周りの筋肉が衰えることで起きるのではないかと言われています。 また肥満や心臓病などの病気による咳や過呼吸も原因になりえるそうです。 一度発症してしまうと、内科手術だけで治療するのは難しく、外科手術によって気管を補強することになるので、悪化する前に症状に気が付いて病院へ行くことが大切です。 脳組織の一部が壊死を起こす症状です。 はっきりとした原因は分かっていません。 主な症状は脳で炎症が起きたことによる神経症状で、動きが鈍くなったり、意識がもうろうとしていたり、急な発作が起こったり、頭を傾げたまま動かなくなるなどの様々な症状がみられます。 病院では内服薬によって脳圧を下げたり、ステロイド剤によって炎症を抑えるなどの治療を行いますが、完治は難しく、現在では対処療法しかないようです。 原因が分かっていないため、予防も難しい病気なので、パグ脳炎と思われる症状が現れたときに病院へ行き、軽度のうちに治療を開始することが大切です。 治療が難しい病気ですが、あきらめずに根気よく付き合っていく必要のある病気のようですね。 最後に 大切な愛犬ですから、できるだけ長く一緒にいたい気持ちを持つのは、どの飼い主さんにも同じだと思います。 健康管理などをしっかり行い、少しでも長生きさせてあげたいですよね。 こちらもオススメ 2020. 16 Thu.

次の

犬図鑑

パグ 寿命

愛用のある顔と温和な性格で人気のパグ。 しわのある顔が印象的ですよね。 そんなパグは、いったいどれ程の寿命を持っているのでしょうか。 そこで今回は、パグの寿命についてご紹介します。 パグの寿命は10~14年 パグの寿命は、ケア次第で個体差があるのですが、だいたい10歳から14歳程度です。 大型犬に比べると長生きですが、同じような小型犬で室内中心の犬と比べると、やや短い寿命の傾向があります。 この原因は、遺伝的な問題が多いことやパグの体質が病原菌に対して弱いことなどがあります。 ただ、極端に短いということでも、全てのパグが短いわけではなく、傾向として見られるというだけです。 逆にケアをしっかりとすれば、小型犬の一般的な寿命くらいは生きることができます。 しかし、もともとのベースは特に強い体質ではないので、注意が必要です。 メスとオスの差はあるのか パグの寿命は10~14歳程度ですが、メスとオスとの違いはさほどありません。 ただ、他の犬種や動物と同じように、性別による病気のリスクは増えますので、必要に応じて去勢や避妊手術を行うと良いでしょう。 しかし、手術をしたら必ず数年長生きするわけではなく、あまり変わらないこともあります。 それでも、リスクを減らす意味では有効な方法です。 メスの場合は、子宮関係の病気や乳腺に腫瘍ができたり炎症ができたりする可能性は少なからずあります。 これを防ぐには避妊手術は大きな意味があります。 もし、性別による病気にかかってしまうと、パグの体には大きな負担になりますので、必然と寿命が短くなってしまいます。 このようなリスクを減らすことで寿命を長くするのも1つの考え方です。 パグがなりやすい病気を防いで長生き どの犬種もさまざまな病気にかかります。 しかし、特にパグに多い病気もありますので、その点を重点的に気を付けていると、健康をケアできて長生きに繋がります。 まずは目の病気です。 パグは目が突き出ているので、目に怪我をしやすく、菌も付きやすいです。 例えば、日常の動きの中で目をこすってしまって傷がつきやすいです。 そこから病気になったり、目の機能が落ちたりします。 同様に菌も付きやすくなります。 目ヤニや炎症、目の濁りなどを感じたら早めに病院で診てもらいましょう。 また、呼吸器も年齢とともに弱りやすいのがパグです。 呼吸音が大きく聞こえる、雑音が入っているなど気づいたら、呼吸器に問題が生じている可能性があります。 パグがなりやすい病気を知っておくことで、的確な対処ができ重症にならずに済みます。 パグを長生きさせる環境づくり パグは遺伝子的に、体質的に弱い部分を持っていますが、決してひ弱で長生きができないと決まったわけではありません。 すべては普段の生活のケア次第です。 少しでも健康で長生きさせるためには、普段過ごす環境が大切です。 基本的にパグは室内飼いしている方が多いでしょう。 ですので、菌などの危険性は減りますし、予防接種や定期健診などでもリスクを減らすことができて、パグの平均寿命も伸びてきています。 しかし、弱い部分を持っているので飼い主の油断は大敵です。 まずは免疫力を上げておくためにも、ストレスフリーな環境づくりは大切です。 しつけをしつつも、適度な運動をさせて、犬本来の姿をあまり制限しすぎないようにしましょう。 また、食事内容にも気を付けて、バランスよく嗜好品ばかりを与え過ぎないようにします。 さらに、常に衛生面には気を配って、エサや水、排泄物に気を付け、室内も湿度の保持、間違って口に入れるようなものは置かないなどの配慮も必要です。 一番大切なのは、健康なうちからよく観察し、ちょっとした変化に気づくことができるようにすることです。 パグの寿命を延ばそう パグはウィークポイントもありますが、それも飼い主のケアと早めの気づきによって十分にカバーできます。 ですから、よく観察して、かかりつけの獣医師を持っておくことがオススメです。 早めの対処でパグも長生きできますので、ちょっとおかしいと感じたら、すぐに対応できるように飼い主も体制を整えておきましょう。 また、予防することも大きな意味を持っています。

次の

パグの平均・最長寿命は何年?長生きのコツや病気の予防、保険も解説

パグ 寿命

パグは小型犬ですのでやはり大型に比べて寿命は長いほうです。 平均としては12年から15年程度、他の小型犬とほぼ変わりません。 最近はパグの寿命も色々な意味で伸びています。 ドッグフードの質も向上し、サプリメント類で栄養補給もしやすく、室内犬の場合はもちろん外敵からの侵入も少なくなりますし、やはり獣医さんの質も向上しています。 パグを飼うのであれば誰もが1日でも長く生きて欲しいと思うはずです。 やはり飼い主さんとしてはできるだけ楽しく生活してくれることも励みになりますが、長生きももちろんです。 できるだけパグを長生きできるようにするためには、健康管理が不可欠です。 食事の質、量、運動量の適度な調整やストレスをできるだけ避けることなど、ごく身近なことからどんどん知識を深めていって対応してあげることが大切です。 またパグにも残念ながら生まれつき病気をしやすいタイプもいます。 ペットショップやネットの販売店などで選ぶ場合もよく注意して選ぶことが大切です。 病気をしてしまうと寝たきりになる可能性もあります。 特に最近は可愛がってばかりいるために運動不足になってしまって寝たきりになるパグも増えています。 人間と同じで年をとれば身体は言うことを聞かなくなります。 パグが要介護になってしまったら大変です。 ヘルニアなどになると下半身が麻痺して排泄すらできなくなりますが、パグの世話で多大な時間を割くことができるでしょうか、、やはり元気でいてくれるのが何より、人間とまったく同じことです。 パグの寿命が延びてくれることはとても嬉しいことですが、反面不自由なまま長生きされるのも飼い主の負担がとても増えてしまいます。 それでも構わないという方も多くいますが、正直面倒みきれないという方も多くいます。 まさに動くことが出来ないまま長生きするのであれば、誰もかまってくれなくなる可能性も大です。 寝たきりで長生きするパグではなく、健康で長生きできるパグにするために、常に飼い主がパグの健康を心掛けてあげることが大切です。

次の