ゲンガー 対策。 ゲンガー|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモンGO】ゲンガー対策!おすすめレイド攻略ポケモン

ゲンガー 対策

技が無効化された場合や、自分が『みがわり』状態の場合は発動しない。 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンホームで移動• 野生のゲンガーを捕まえる• 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 それまでに交代したポケモンは効果が消える。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分が場を離れると効果は消える。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 『ノーマル』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 第6世代は威力:80 Lv. ダイマックスしている相手には効果がない。 第7世代以降は、連続で使うと必ず失敗する。 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『ほのお』タイプには無効。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 投げつけた道具はなくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 ただし、必ず先制できる技には無効。 もう1度使用すると元に戻る。 必ず後攻になる 優先度:-7。 もう1度使用すると元に戻る。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 消えている間はほとんどの技を受けない。 相手の『まもる』『みきり』『たたみがえし』『トーチカ』『キングシールド』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 ただし、PPが0になると解除される。 ダイマックスしているポケモンには無効。 なお、ダイマックス技や第7世代のZワザは影響を受けずに使うことができる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 変化技を使えなくする レコ. 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性は入れ替えられない。 自分と味方1体の位置を交代する。 ダブルバトル用。 通常攻撃。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 それまでに交代したポケモンは効果が消える。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 なお、相手の道具を無効にする効果はない。 道具を持っているポケモンは、道具を持っていない状態になる。 相手全体は、逃げたり、交代できなくなる 『ゴースト』タイプを除く。 自分が場を離れると効果は消える。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 レイドでは相手の不思議なバリアのゲージを2つ減らす。 相手を『どく』状態にする。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 [ゴース:Lv. 47 USUM〜BW ,ゴース:Lv. 41 FL ,技50 金銀ク ,Lv. 61 USUM〜BW ,Lv. ただし『ねむり』状態から覚めると『あくむ』状態も解かれる。 『いかり』状態の間、相手の技のダメージを受ける度に『こうげき』ランクが1段階上がる。 別の技を使うと『いかり』状態が解除される 変化したランクはそのまま。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技が第7世代のZワザの場合は失敗する。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 5〜1. 5 が相手に与えるダメージになる。 『あく』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 最大102。 最大102。 ダイマックスしている相手には無効。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 トレーナーもそのポケモンには道具を使えない。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『じめん』タイプの技が当たらなくなるが、それ以外の技が必ず命中するようになる。 ただし、一撃必殺の技は変化しない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性はコピーできない。

次の

ゲンガーの弱点とレイド対策!ゲンガーをソロで倒すには?

ゲンガー 対策

最近、無視できない割合まで増えつつある催眠ゲンガー。 によると、なんと約4割ものゲンガーが催眠術を搭載している、との事です。 今回は、そんな理不尽こと催眠ゲンガーの対策に必要な条件や、具体的な処理ルートについて考えてみました。 〔対策〕 このに対応する手法としては、大きく分けて以下の6つが考えられます。 1 上から1撃で倒す これについて考えるためには、そもそもの上を取れるを把握しておく必要があります。 の上を取れるとしては、 A Sが130より高い B Sが70以上で、且つスカーフを着用可能である という2条件のうち少なくとも一方を満たす、となります。 A については非常に数が少なく、とを除くと、 これら10体しか存在しません。 これらの中でも、・・ ・の4体は打点が足りずを1撃で倒せないので、「上から行動させずに倒す」という目標を達成出来そうなのは、 これら6体という事になります。 この方法の問題点は、ゲンガーに逃げられる可能性がある、という事です。 このリスクは、特にZ頼みとなる・の2体にとっては非常に深刻な問題です。 Z技は1試合に1度しか撃てないので、空振りしてしまうと結局ゲンガー側に圧殺される恐れがあります。 逃さずに処理出来そうなのはの追い討ちでしょうか。 は、逃げようとするゲンガーを追い討ちで仕留めることが出来ます。 それ読みの居座りを嫌うなら、噛み砕くと両立すれば択にはなるものの両対応出来ます。 続いて B の条件を満たすについて考えます。 と言っても、Sが70以上の、となると全部で391体にもなるので、それら全部に対して考察する事は非現実的です。 そこで、今回はスカーフで奇襲を試みるに当たって必要な条件を整理しておくこととします。 B の条件を満たすで、ゲンガーを奇襲するためには、「ゲンガー側の居座りを誘導出来て、尚且つ返しの攻撃で倒せる」という条件を満たす必要があります。 ゲンガー側が逃げてしまうにスカーフを持たせても、結局逃げられた上に後続がゲンガーにキャッチされるリスクがあるので、ゲンガーの居座りを誘導したいところです。 なおかつ、せっかく奇襲を決めても倒せなければアドバンテージにはならないので、奇襲で処理するならゲンガーをワンパン出来るだけの火力が欲しいところです。 以上が、上から何もさせずに倒すルートとして考えられます。 次に 2 のラムで催眠術をかわして切り返す、というルートについて考えます。 例えばHAラムは、登場当初はラムが警戒されにくく、なおかつ耐久型のイメージが強かった為に、ラムで催眠術をかわしてジャイロでワンキル、という動きが成立しやすかったのだと考えられます。 今は周知されたので逃げられるかもしれませんが...... 汎用性のありそうな所でいうとルガモスが良さそうです。 ラムで催眠術をかわしつつ、次のターンの炎技でゲンガーを縛る事ができます。 ちなみに、CSを確定1発にする為に必要な火力を指数で表すと、物理技の場合36097、特殊技の場合41511です。 続いて、 3 の特性による対策について考えます。 催眠術を無効に出来そうな特性としては、マジックミラーと絶対眠りの2つが考えられます。 前者のマジックミラー持ちとしては、 これら4体が考えられます。 ただ、・エーフィについてはサイキネを嫌ったゲンガーが逃げる恐れがある事、も同様にゲンガー側が突っ張って来にくいと考えられる事から、これら3体は「催眠ゲンガーを狩る」というよりも、「催眠術を展開させない」という方向性に重きを置いただと言えそうです。 中でもについては、1度出来れば催眠術読みで繰り出す動きすら可能になるので、並びが開拓されれば催眠ゲンガーメタとして有力である、と考えています。 アブソルについては、気合玉読みで不意打ちを撃つか、身代わり読みでそれ以外の悪技を撃つか、という択が生じてしまうので、催眠ゲンガー対策としては使いにくそうです。 次に、 4 の眠りを封じて展開するルートを検討します。 個人的には、こちらのルートに注目しています。 催眠を封じるルートとしては、他にも挑発やが考えられますが、そもそも挑発はゲンガーの上から挑発できる自体が非常に少ない為、一旦考えない事とします。 コケコ以外のについていうと、で上からを貼りつつボルチェンを叩きつけるのは面白いかもしれません。 更に、レヒレで催眠術を封じに行く強みとしては、ゲンガー側が突っ張って来やすい、という点が挙げられます。 そこを追い打ち枠で捕まえつつ、追い打ちでゲンガーを処理、という動きが理想です。 ただし、この方法にもリスクはあります。 具体的には、ゲンガーに身代わりを貼られて逃げられる事がリスクとして考えられます。 この動きでゲンガーに逃げられた場合、レヒレをキャッチされて処理されてしまう恐れがあるので、その点については注意が必要でしょう。 このリスクに対しては、追い打ち枠としてを採用し、身代わりを貼られた場合に、交代際で吠えるを押せば誤魔化しになります。 運次第なので誤魔化しにしかなっておりませんが...... また、持ち物で対策する、という手も考えられます。 具体的には、ポイヒので処理、などの方法が考えられます。 ただし、こちらの方法は展開に1ターンの隙が生まれるので、守る読みで身代わりを合わされると一気に不利になる点が難しい所です。 追記 5 の高耐久で圧殺する、という方法はFFの某氏から教えていただいた方法です。 具体的にはラッキーやでリソースを管理し、催眠や気合玉のPPを枯らせばゲンガーといえども無力化出来る、という理屈のプランです。 ただ、このルートはゲンガー側が逃げてしまい、後続をキャッチされるリスクが伴います。 以上、大きく分けて5パターンのルートを考察してみましたが、完全な対策は非常に困難ですね...... mokugyo327.

次の

【ポケモン育成論まとめ】メガゲンガーの調整と対策 USUM

ゲンガー 対策

メガゲンガー 特徴 役割 ・特性:かげふみによるサイクル崩し ・特性:かげふみ+みちづれの1:1交換 ・C170の強力な特殊アタッカー 注意すべき技 みちづれ メガゲンガーの一番の強み。 また、きあいだまの採用率が悪タイプには脅威です。 上から殴ることが大切なのでオススメポケモンは、 スカーフサザンドラで突破するのがオススメ。 上からなぐる系 S130族を上から殴れるポケモンが強いです、 しかし、襷持ちが多いため削ってから倒すのが理想です。 有利なポケモンは、 メガミミロップ・メガバシャーモなどが有利です。 受けポケモンで流す メガゲンガーの多くは、特殊アタッカーです。 特殊受けで容易にながせます。 代表的なのは、 抜け殻持ちハピナスなどが有名です。 起点系 型が豊富なため一概には起点にしにくいです。 ただし、 ラッキーは耐久力が高いのでステロをまいたり起点にしやすいです。 流し系 とつげきチョッキ持ちだと有利な対面で処理しやすい一方、採用率の高いみちづれが怖いです。 ただし、 バンギラスなら特性:すなおこしからの展開で処理しやすい。 ゲンガー 対策 オススメポケモン 基本的には上からなぐれるポケモンが有利です。 また、メガゲンガーと同時に対策できるポケモンがいいですね。 メガバシャーモ で受け回した後、メガバシャーモで受けからなぐり突破します。 スカーフサザンドラ タイプ一致のあくのはどうを上から叩き込めます。 ギルガルド シールドフォルムギルガルドなら、メガゲンガーのシャドーボールだって69. 参考 ハピナス きれいなぬけがら持ちのハピナスは、メガゲンガーキラーとして大人気! メガミミロップ 特性:肝っ玉により、ノーマル技があたります。 また、メガゲンガーより素早さが早いので上から殴れます。 参考 バンギラス 特性:すなあらしなので、襷持ちであろうと気になりません。 チョッキを持たせる事で、対面での処理性能が向上します。

次の