中国 自動車 道 事故。 フェラーリやランボルギーニ…13台が事故 中国道 (写真=共同) :日本経済新聞

E2A 中国道リニューアル工事

中国 自動車 道 事故

以下の内容は、主として「中華人民共和国道路交通事故統計年報(2013)」(以下「交通事故統計年報」とします。 )から抜粋したものです。 このページでは、「交通事故統計年報」に基づき、自動車事故の状況の概要を紹介します。 中国の自動車事故の現状を把握することができます。 中国での事故防止の取り組み状況、成果や課題については「交通事故統計年報」巻頭の概要説明に記載されています。 しています 中国に事業所を持つ企業には必携のWORDファイルです。 中文と和訳をWordファイルにしてあります。 ご入金確認後、メールにて送付させていただきます。 詳しくはをご覧ください。 自動車台数の増加と事故件数や死亡者数の推移 中国はモータリゼーションの急速な進展途上にあり、自動車台数は著しい右肩上がりで増加しています。 2013年の保有台数は5年前の約2. 7倍であり、10年前と比較すると約5. 7倍になっています。 そうしたなかで、自動車事故件数も増加し、2001年には死者数(事故後1週間以内に死亡した者も含まれます。 )が10万人を超え、2002年の109,381人がピークとなっています。 2003年以降公安当局が交通違反を減らす取り組みを強化するとともに2004年に道路交通安全法が施行されたことなどから、自動車台数は依然として急増するなかで、その後は事故件数や死傷者数は下降傾向にあります。 なお、グラフには事故件数は載せていませんが、事故件数の年度別推移は死亡者数と同様の推移を示しています。 詳しくはグラフ下の表をご覧ください。 年度 事故 件数 (件) 死亡者数 (人) 自動車 保有台数 含む二輪等 万台 1990 250,297 49,271 1,476. 26 1991 228,278 53,292 1,657. 66 1992 242,343 58,729 1,945. 03 1993 253,537 63,508 2,331. 64 1994 271,843 66,362 2,735. 60 1995 287,685 71,494 3,179. 78 1996 304,217 73,655 3,609. 65 1997 346,129 73,861 4,209. 32 1998 412,860 78,067 4,507. 70 1999 616,971 83,529 5,404. 73 2000 754,919 93,853 6,000. 49 年度 事故 件数 (件) 死亡者数 (人) 自動車 保有台数 含む二輪等 万台 2001 773,137 105,930 6,851. 88 2002 667,507 109,381 7,975. 68 2003 517,889 104,372 9,649. 96 2004 450,254 107,077 10,783. 44 2005 378,781 98,738 13,039. 45 2006 327,209 89,455 14,522. 90 2007 265,204 81,649 15,977. 76 2008 238,351 73,484 16,988. 77 2009 238,351 67,759 18,658. 07 2010 219,521 65,225 20,706. 13 2011 210,812 62,387 22,478. 86 2012 204,196 59,997 23,988. 96 2013 198,394 58,539 25,013. 82 先進国との比較 とは言え、先進各国と自動車事故状況を比較すると、特に台数1万台あたりの交通事故死者数では、中国はかなりの高水準にあることがわかります。 ただ、台数1万台あたりの死亡者数では、2011年では0. 18人の差(中国2. 78人、韓国2. 6人)があった韓国の水準に2012年で並びました。 中国の万車死亡率は2013年には2. 34人に低下しているので、2013年で韓国を逆転しているかもしれません。 なお、中国の公安当局が交通事故の中でも重大な交通事故の減少に重きを置いていることなどから、中国では事故件数の捕捉が十分でない状況にあるので、そうした点も勘案してデータを見る必要はあります。 2012年交通事故状況 「交通事故統計年報」から引用 事故件数 千件 死亡者数 人 死亡者数/万台 死亡者数/10万人 韓国 不明 5,392 2. 5 10. 8 中国 204 59,997 2. 5 4. 4 アメリカ 5,615 33,561 1. 26 10. 7 フランス 60 3,653 0. 9 5. 6 イタリア 187 3,653 0. 7 6. 2 スペイン 83 1,903 0. 6 4. 1 日本 665 4,411 0. 53 3. 3 イギリス 151 1,802 0. 51 2. 8 免許3年未満のドライバーが3分の1以上の事故を起こしている モータリゼーションの急速な進展は、免許証保有者の増加という現象も生み出します。 新人ドライバーの増加が自動車事故の増加につながるとの認識から、中国政府では運転免許取得が厳格にしてきています。 各企業において自動車事故防止の取り組みを展開していくにあたっては、このような運転歴の浅いドライバーの事故をどのように防止するかが、重要なポイントの一つになります。 保有者数 事故件数 死亡人数 負傷人数 数 構成比 数 構成比 数 構成比 数 構成比 合計 45,149 100. 中国の道路交通安全を考えるとき最も大切なことは、法律違反をさせないことであることがわかります。 自動車違反の中では、スピード違反や優先走行・歩行妨害の比率が高いことが目立ちます。 事故件数 件 死亡人数 人 負傷者数 人 数 構成比 数 構成比 数 構成比 小計 176,432 88. 事故件数の補足が十分ではないことの一端が車両単独事故の割合が低くなっている点に見受けられます。 事故件数 死亡人数 数 構成比 数 構成比 運 行 中 の 車 輌 と の 衝 突 小計 127,345 64. この分類で自動車事故件数や死亡者数を見てみると、下の表になります。 ここから分かることは、高速道路、一級道路や二級道路と言われる制限速度が高い道路における死亡者が多いということです。 具体的には高速道路から二級道路までの「高等級道路」では、事故件数の構成比は約3分の1に過ぎないのですが、死亡者数の構成比は半分弱となっていることです。 既に見てきた事故形態の特徴と併せて考えれば、こうしたスピードの出る道における事故は、死亡者を出す確率が高く、特に、正面衝突や横転、転落といった事故を防止するための取組みが求められる状況が窺えます。 単に、ドライバーの意識や技能といった点ばかりでなく、自動車の整備面の課題もクローズアップされてきます。 事故件数 死亡者数 負傷者数 数 構成比 数 構成比 数 構成比 合計 198,394 100. なお、に記載しています。 しています 中国に事業所を持つ企業には必携のWORDファイルです。 中文と和訳をWordファイルにしてあります。 ご入金確認後、メールにて送付させていただきます。 詳しくはをご覧ください。

次の

中国道の事故・渋滞情報

中国 自動車 道 事故

一長一短ですね。 判断は人によって分かれます。 時間としては、渋滞がなければ山陽道の方が早いです。 行楽シーズンの場合は時間帯によりますが中国道経由が早い場合もよくあります。 カーブ、勾配がきついですが、法定速度前後の速度域であればそんなに苦にはならないと思いますが。 下の方の説明のように距離は明らかに山陽自動車道の方が短いのは事実です。 しかし、交通量は圧倒的に山陽道の方が多く、広島、岡山市内は東名・名神並みのことがよくあります。 ですから、小生は交通量から考えれば、中国自動車道を選びます。 混雑というストレスは全くなく、流れは実にスムーズです。 山陽道よりもカーブがきつくて坂道が多いのは事実ですが、交通量が非常に少ないので危険だとは感じないはずです。 (ちなみに、小郡ICから高速に乗って大阪方面へ帰る途中、小生以外の車は全て山陽道へ入って行きました。 ) 一方、山陽道は海岸線を走る時もありますが、基本的に山間部を抜けていますので、兵庫県内から広島市内までトンネルが多くなっています。 さらに橋脚が多いので、冬場は凍結が心配です。 両者を比べると、山陽道の方が走りやすいようですが、小生のように渋滞が嫌で、かつワインディングロードの運転が気にならないな人だったら、中国自動車道を勧めます。 (ちなみに、小郡から広島JCまでの間、約160キロありますが、昨年の2月に走った時、20台ほどしか抜きませんでした。 どれほど交通量が少ないかお分かりかと思います。 ) 老婆心ながら申し上げますが、ここに回答してくる者の中には、実際に行ったこともない、走ったこともないのに、道路検索サイトなどで調べて解答してくるものがいますので、ご注意ください。

次の

中国自動車道と山陽自動車道どっちがいいですか。

中国 自動車 道 事故

自動車メーカーの数も恐らく世界最大級です。 そのなかでも「ビッグ5」と呼ばれる自動車メーカーが存在します。 それは第一汽車、上海汽車、東風汽車、長安汽車、奇瑞汽車の5つです。 Q:外国メーカーが中国で販売しているクルマに「一汽」とか付いているけど、これは何? A:中国に自動車を輸入する場合、とても高い関税がかけられてしまいます。 たとえばスバルは中国で現地生産を行わず輸出のみの商売ですが、現地ではレクサスやアウディクラスの高級車価格です。 では「現地で生産すればいい」となるわけですが、中国では「現地生産する場合には現地メーカーとの合弁会社を設立しなければならない」という決まりがあります。 「一汽トヨタ」や「東風日産」というのは、合弁会社の名前なのです。 アウディはいち早く現地生産を開始し、中国ではドイツ御三家のなかではもっとも人気のブランドとなっています。 Q:では、中国メーカーはどんなのがある? A:詳しくは下の表をご覧になってほしいのですが、大きく分けて「国営」と「民間」の2つに分かれています。 乱暴にいえば「地名の入っている社名のメーカーは国営」くらいの認識でOK(例外あり)。 表の右部分は、中国メーカーと合弁会社を設立している主な外国メーカーです。 トヨタやホンダ、マツダのように複数の会社と合弁会社を設立している例もあります。 一汽マツダと長安マツダは厳密に言うと別会社というわけです。 余談ですが、ボルボは吉利汽車(正確には親会社)が買収しましたが、下の表を見ると合弁会社の相手は上海汽車! なんとも複雑怪奇、わけのわからない状況になっています。 Q:中国メーカーは、外国メーカーとの合弁会社以外にクルマを作っているの? A:はい、作っています。 だからややこしいのです。 中国メーカーは合弁会社のほかに、自主ブランドでクルマを販売しています。 ところが近年報道で大々的に報道された「パクリクルマ」のイメージを払拭するために、一部メーカーはさらに自主ブランドをたて「今までのクルマとは違うのだ」という商売を始めています。 「自主ブランドの自主ブランド」というわけです。 ただでさえメーカー数が多いのに、ブランド自体はさらに増殖している、というわけです。 Q:合弁会社はどんなクルマを作っているの? A:ものすごくざっくりいうと、外国との合弁会社は「型落ちのクルマを現地生産する」というイメージです。 最新のクルマを作ると合弁会社で組んだ中国メーカーへの技術流出してしまう、それを防ぐ、というのが理由のひとつのようです。 新旧モデルを並売していたりするのはそういうわけです。 もちろんすべてのメーカーがそうではなく、メルセデス・ベンツのように現行モデルでもCクラスやGLAのような人気車のみ現地生産しているメーカーもあります。 またマツダのようにCX-5やアテンザは「一汽マツダ」、CX-4やアクセラは「長汽マツダ」というように、現行モデルでも合弁会社によって作り分けていたりもします。 いかがだったでしょうか? これでアナタも明日から中国自動車メーカー通!.

次の