おでこ 広い。 おでこが広いのは何センチから?デコが広いと感じる基準について!

おでこが広い男性に似合う髪型15選|デコ広いメンズの短髪のヘアセットも

おでこ 広い

おでこが広い人は前髪が分かれてしまったり、全開にしているとおでこが強調されすぎてしまい全体的に面長の印象になってしまったり、そんなおでこ広めさんに似合う前髪やヘアスタイル、アレンジをご紹介。 おでこを隠すパターンの前髪のポイントや、あえて見せる場合のコツって?潔く全開オールバックのアレンジもかわいいんです!デコっぱち感を出さない、小顔に見せるヘアスタイルでコンプレックスを解消! 【目次】 ・ ・ ・ デコっぱち感のお悩みを解消する前髪の作り方 サイドバングで小顔見え \ヘアスタイルのポイント/ 重要なのは前髪横のこめかみに落ちる毛束で、これをサイドバングと呼びます。 サイドバングを耳付近に向かって流すと、正面から見たとき、眉尻から頬に沿って斜めのラインができます。 さらに頬からあごにかけて髪が顔にかからないようにすると、自然と輪郭がひし形に。 こめかみに落ちるサイドバングを耳に向かって流すと、輪郭がひし形に見えて小顔に!輪郭がひし形になることで、必然的に顔の面積が小さく見えます。 このサイドバング流しにシルエットもひし形になるようなレイヤーボブを合わせれば、小顔効果は最強! 絶対に小顔になりたい人はおすすめです。 こめかみに落ちるサイドバングの毛束を頬にかかる長さでカットします。 正面から見たとき毛先に動きが出るよう顔周りに軽くレイヤーを入れます。 バックは重たく見えないよう、ジグザグにはさみを入れるチョップカットで軽さをプラス。 前髪は目の上ギリギリで薄めにカット。 おでこを隠すことで小顔効果をUPさせつつ、薄めに作っているので幼く見えません。 カラーは6トーンのダークグレージュ。 光に透ける寒色系なので、暗めでも重たく見えずあか抜けた印象に。 \How to スタイリング/ 乾かすとき、全体の毛束を後ろに流しながら乾かして。 前に引き出して乾かすとレイヤーの毛束が顔周りを包み、輪郭がひし形になりにくいです。 また後頭部に厚みができハチが張って見えてしまうキケンもあり。 顔周り、耳前サイド、耳後ろ、後頭部とざっくり毛束を取り、それぞれ 32 ㎜のアイロンで毛先を内巻きにワンカール。 さらに表面の毛束だけ引き上げ、同じく内巻きワンカールをプラス。 耳上にふわっとした毛束を作りシルエットもひし形に近づけます。 前髪は黒目と黒目の間の毛束だけ軽く内巻きに。 ヘアバターをなじませながらカールを崩し、毛先を内、外とランダムに動かします。 サイドバングをサイドに流し、正面から見たとき輪郭がひし形になるように整えれば完成です。 デコっぱちさんにも似合うかきあげ前髪がこなれて見えるポイントって? \ヘアスタイルのポイント/ かっこいい女性の髪型の代名詞といえば、かき上げ前髪。 サッと前髪をかき上げて毛先をバサバサッと揺らせば、それだけでイッキにこなれた印象に。 でもこの無造作に行う一連の流れ、実はベースの髪型がキマってないとただキツく見えたり、古く見えたりするキケンが…。 というのもかき上げ前髪がこなれて見えるのは、トップがふんわり&毛先に大きめのカールがついているときなんです。 トップがペタッとしているとかき上げても立体感が出なくて古く見えるし、ストレートだと見た目のキツさが目立ってしまいます。 さらにもう一点、かき上げ前髪をこなれて見せるポイントをいうなら、ツヤ髪であること。 かき上げたときに動く毛先がパサついているとドラマティックさ半減以下です。 これらをまとめると【1】トップふんわり 【2】大きめカール 【3】ツヤ髪 であることが、かき上げ前髪をこなれて見せる今どきルール。 トップのふんわり感・裾の大きめカール・ツヤ感がかき上げ前髪をこなれて見えるポイント!この3つをクリアした今どきおしゃれなかき上げ前髪を、これまたかき上げ前髪と相性抜群なセミロング。 カールの動きを出しやすくするため、顔周りと耳より上の広めのトップにレイヤーをたっぷり入れます。 カラーは9トーンのセンシュアルブラウン。 センシュアルとは、気品や知性をもつ色っぽさの意味。 ギラつかず肌をキレイに見せる赤みを含むブラウンで、上品な大人っぽさを演出します。 なによりツヤが際立つカラーなので、髪にくすまずきれいなツヤを与えたい人におすすめ。 \How to スタイリング/ 前髪を含むトップの毛束を持ち上げ、地肌を指の腹でこすりながら乾かすと、分け目がパカッと割れずふんわりしたトップになります。 32㎜のアイロンで全体の毛先を2回転内巻きに。 次に耳より前の毛束を、先ほど巻いた毛先より上の部分から1回転内巻きに。 さらに後頭部の毛束をトップから上に引き出し、中間まで内巻きに。 レイヤーが入っている裾全体に動きをつけたいので、後頭部から耳後ろを横ラインで4〜5回に分けて表面を繰り返し巻きます。 全体を巻いたら手ぐしでカールをバサバサッと崩し空気感を出して。 ソフトワックスとツヤの出るオイル系のワックスをMIXし、カールを中心に揉み込めば完成です。 レイヤーが入っているのでカールの動きが出やすく、かき上げたときリッチなボリューム感に。 セミロングは女性らしさもありつつ、もたつかない長さなのでかき上げ前髪と相性抜群。 ラフな大人女子を目指したい人におすすめしたい、ワンカールミディ。 ワンカールというと古くなりそうですが、こちらは今っぽく抜け感がありおしゃれです。 ポイントは、まず前髪を伸ばしておでこを見せること。 幼くなりがちなスタイルですが、前髪を作らずさらに片サイドだけ耳掛けするとグッと大人っぽくなります。 次に表面と顔周りにレイヤーをいれること。 これによりカールに段が出て重たくならず軽やかに。 カールは大きめに作ることも重要で、ふんわりエレガントな印象を与えます。 スタイリングも簡単な大人のワンカールミディ。 軽やかなスタイルで、ヘアチェンジしたい人にもおすすめです! \How to ベース&カラー/ 鎖骨ラインでカットした前上がりレイヤーベース。 レイヤーは表面と顔周りに入れます。 高い位置から入れるとカジュアルになり過ぎるので、低めに入れて裾に重たさを残すのが大人っぽく見せるポイントです。 前髪はあごラインでカットし、自然とサイドへ繋げて。 カラーは9トーンのシナモンベージュ。 赤みを抑えながら柔らかさを出す色で、抜け感のある軽やかなカールに見せます。 \How to スタイリング/ ペタッとしないように、全体の根元を立ち上げながら乾かします。 トップは分け目を作らないように左右に寄せながら乾かし、最後に 6: 4に分けるとふんわりします。 3mmの太めのアイロンで、毛束を持ち上げながら裾をワンカール内巻きに。 軽くなじみつつ程よく束感の出るミルクワックスをもみ込み、片サイドだけ耳掛けを。 表面をふんわりするように整えたら完成です。 アイロンが苦手な人はパーマをかけても OK。 結んだりとアレンジのきく長さなので、大人女子を目指す人だけでなく、おしゃれの幅を楽しみたい人もぜひ tryを! おでこが広い人は前髪を奥から作ること \ヘアスタイルのポイント/ おでこが広い人は、奥の位置から作って割れを防ぐ。 ふわっと軽やか、が印象の甘めフェミニンバング。 どんな顔型にも合いやすい、ソフトな動きのあるセミディスタイル。 表面にレイヤーを入れ、丸みのあるフォルムに。 アッシュカラーと、平巻きで作った動きで女性らしい透明感を引き出して。 \FRONT/ 奥から作り、ペタッと感を軽減。 おでこが出ている場合、奥の方が透けていると薄毛に見えるので、透けさせるのは毛先側半分にすること。 かきあげ風でなびくような立体感を \ぺたんこ感を軽減して華やかに!なびかせ立体バング/ ペタッと見えてしまうため、分け目がふわっとなるように横から分けて根元を立ち上げて。 毛先は外への動をつけながらこめかみは隠して、でこ広をカバー。 \巻いた後に分け目を変えて、エアリーに/ 【STEP1】 センターパートで内巻きに。 まずは前髪を真ん中で分けてから、毛先をアイロンでワンカールの内巻きにする。 【STEP2】 横から分ける。 その後、分け目ジグザグのサイドパートに。 こうすると根元が立ち上がって、ふんわり。 おでこ全体にフィットするようなプチバング \サイドにラウンドでつなげるモードめプチバング/ レイヤーを入れて動きをつけた、鎖骨下7cmのロング。 平巻きとミックス巻きを合わせ、緩く自在な毛流れに。 オリーブベージュカラーで、スモーキーな柔らかさを加えて。 前髪は手前から作って幅を狭くし、両端はサイドへ斜めにつなげる。 広いおでこにフィットするよう、ピンパーマで緩くくせづけておくと、スタイリングも楽々。 厚めのラウンド前髪がベストバランス \軽く流してなじみ度アップ! サラツヤ丸みバング/ バストラインのロングの顔周りにレイヤーを入れた、やや重めのスタイル。 太めのアイロンで毛先はワンカール、表面はミックス巻きにしてエアリーに見せて。 重めスタイルには、軽さの出せる眉上バングがマッチ。 おでこ広め&面長が目立たないように、前髪は厚めに作って毛先だけ透けさせるとベストなバランス。 伸ばしかけの前髪は毛先の流し方がポイント \毛先をたゆんと遊ばせる伸ばしかけウインクバング/ 鎖骨と胸の間の長さで、毛先をグラデーションカットにしてなじませる。 カラーは、こっくりした茶系のバーガンディブラウン。 アイロンで縦に落ちるようなゆるウエーブに。 目の下から緩やかなカーブをつけ、サイドにつなげる。 毛先がなじむよう、ハサミを縦に使ってカット。 巻いたらバームでセミウエットに仕上げる。 \横に流れるようなくせをつける/ アイロンを縦に使って巻く。 毛束を少しずつ取り、アイロンを縦に使って外にカールがつくように巻いてほぐす。 面長もカバーできる王道の下し前髪 \厚めで清楚に見せる王道下ろし流しバング/ ベースは、鎖骨下のミディ。 毛先に丸みがつくようグラデーションカットにして、内と外のワンカールのミックス巻きに。 光に当たったときにぬくもりを感じるダークブラウンでカラー。 おでこが広いので、生え際が透けないように厚めに作ること。 これで面長もカバーできる。 毛先は透けるようなカットにすると、ダークカラーでも重くなりすぎない。 おでこが丸くて広めの人はカールがおすすめ \【おでこは丸い】丸みを生かして優しい表情に。 ルーズカールバング/ 前髪はリップライン、全体は鎖骨ラインで作り、グラデーションでまとまりやすく。 平巻きのデジタルパーマで大きくうねる動きをつけ、エラが気になるフェースラインをカバー。 リップラインで作った前髪は、レイヤーを足して動きをサポート。 根元を立ち上げたら、1度内側に曲げ、毛先は外側に。 おでこの出る面積を、バランス良く調節。 おでこが四角くて広めの人はほんのりかきあげに \【おでこは四角い】高さをプラスして縦ラインを意識。 ほつれかきあげバング/ 丸顔がカバーできる、肩ラインの前下がりボブにカット。 毛先に重さを残しつつ、毛量を調節してエアリーな質感に。 光に当たったときに透け感が出る、アッシュベージュカラーに。 イカつく見える四角のおでこは、こめかみを斜めに隠して丸く見せるのが大事。 さらに縦長に見せるため、サイドからジグザグに分けて根元を立ち上げること。 大胆な分け具合でおでこを見せることで小顔に見える 【前髪なし】 モデル 土屋巴瑞季さん ナチュラルな感じでいつも分けています。 強い生えぐせはなし。 仕事柄、どの方向にも分けやすいように、特別な分け目は作らず、毎日何となく違う位置から分けている。 \AFTER/ ポジティブに見えるおでこ出しはちょっとしたお出かけのときに。 大胆な横分けにして、根元を立ち上げる。 大人っぽさと、ヘルシーな色気を感じさせるレディライクな分け方。 おでこを出しつつも顔に陰影が生まれ、おしゃれなムード。 逆サイドは耳にかけると、メリハリが生まれて小顔効果も!逆サイドから9:1で分け、根元からジェルをつけながらかきあげるようにして。 ただのおでこ全開はNG!ニュアンスをつけて お悩み:「メリハリのないTHE・薄顔に、自然な陰影をつけたい! おまけにおでこが広く、顔が縦に伸びて見えるのも悩みです」 \おでこ全開の前髪も改善を/ おでこをふわっと覆うように、丸く整える。 おでこが広い人程、前髪に少しニュアンスがつくだけで印象は歴然。 柔らかいワックスを指先になじませたら、丸みをもたせながら自然な毛流れに整えて。 コンプレックスをチャームポイントに変える!あえて見せるオールバックアレンジ ひと工夫でこなれる!大人の前髪アップテク 前髪が鼻にかかるくらいの長さのため、邪魔に感じることもあるというヘアサロンKATE スタイリスト MAKOさん。 「前髪をピンで留めてしまえばすっきりしますが、留め方次第で幼く見えたり、おしゃれとは無縁になってしまったり…。 なので、前髪を上げる時は、ひと工夫しています」とのこと。 トップの分け目をジグザグにして前髪を左右に分けると、いい感じのラフさが出ます。 【STEP2】 前髪を取る量は分け目から指2本程度。 うっとおしいと感じるのは前髪が目にかかるから。 なので、前髪全部を上げる必要はなく、中央部分だけ上げればOK。 センターの分け目から、左右指2本くらいの幅の毛束を取ります。 【STEP3】 前髪を片方ずつねじってからアメピンで留める。 片側の前髪を横に軽くひっぱりながら、内巻きにねじっていきます。 おこでの端くらいまでねじったら、毛流れと逆方向からアメピンを指します。 先に毛束をねじっているので、しっかりと留まりますよ。 反対側の毛束も同様に留めます。 【STEP4】 ねじったところから少しつまみ出してラフに。 【STEP3】で留めたアメピンを片手で押さえながら、ねじった前髪を少しつまみ出してラフさを出します。 ジグザグ分けしたラインと、つまみ出してルーズに崩した前髪が大人の余裕を感じる仕上がりに。 おでこをすっきり見せているのにラフな仕上がりで、大人かわいい前髪上げの完成! カチューシャを使っておでこをもっと可愛く見せちゃう ファッショニスタたちの間でブームの、カチューシャを使ったヘアアレンジを楽しんでいるacca 伊勢丹 新宿店 店長 野田さつきさん。 大人でもトライしやすい、フェースラインをカバーしたカチューシャアレンジのコツを教えてもらいました。 「幅が太めのカチューシャも人気が高いですが、使いやすいのは細めのもの。 2本をずらして留めれば幅広に見えて今っぽくなります。 カチューシャをするときは、前髪をあげた方がすっきりとして大人っぽい仕上がりに。 でも、フェースラインを全部見せてしまうと、顔の丸みが気になるので、後れ毛を引き出してカムフラージュするのがポイントです」 \顔の丸みをカバーしつつ旬のカチューシャスタイルを楽しむHow to/ 【STEP1】 もみあげを多めに残してサイドの髪を後ろに。 今っぽいカチューシャ使いをするなら、カチューシャで髪を動かして留めるのではなく、ある程度スタイルを作っておき、カチューシャはのせるだけにするのがコツ。 フェースラインをカバーするために、もみあげを多めに取っておきます。 【STEP2】 前髪を持ち上げながらカチューシャをつける。 カチューシャをするときは、前髪を上げてすっきりさせると大人っぽくなるので、前髪の束を後ろに持っていきながら、カチューシャで抑えます。 【STEP3】 2本目のカチューシャを少し手前にオン。 2本目のカチューシャは、1本目よりも1cmほど手前につけます。 間隔を空けることで髪をしっかり抑えることができ、今っぽい幅広風のカチューシャに見せることもできます。 【STEP4】 ヘアオイルで前髪の後れ毛ともみあげに動きをつける。 前髪の後れ毛ともみあげが自然とつながるように、ヘアオイルをなじませながら動きを出します。 顔まわりに動きのある毛束があると、フェースラインが目立ちにくくなります。 おでこを出すことで、すっきりとしたカチューシャスタイルに。 結べる長さがなくても、前髪を上げておでこを出しちゃえ。 ざっくり留められておしゃれさも引き出せる、コームを活用してみましょう! \How to/ 少量のソフトワックスを手に広げ、前髪をかきあげる。 シンプルなコームで、髪が落ちてこないようにセンターから適当に留める。 こめかみ部分は髪で隠すのが素敵に見えるコツ。 思い切りのいいリーゼント風でかっこよく 潔く上げた前髪でクールかつ女っぷりよく。 大胆に引き出しボリューム感を出すのがポイント。 \How to/ 【STEP1】 前髪をラフにかきあげてゴムで結ぶ。 前髪全体を上げてトップで結びポンパドールに。 次のプロセスで髪を引き出すので、きつめに結びしっかり固定。 【STEP2】 ポンパドールの髪を思いきり良く引き出す。 結び目を指で押さえ、髪を上につまみ出す。 この量が少ないとボリューム不足になるので大胆に引き出してOK。 【STEP3】 全体をざっくりまとめてひとつに結ぶ。 顔周りの髪を少し残し、ポンパの毛先ごと全体をまとめて結ぶ。 サイドの髪も引き出して耳に緩くかぶせて。 簡単なのにおしゃれに見えるねじりポンパドール 細ロープのようなイメージで「前髪をねじって留める」を繰り返せば、人とはかぶらない、スタイリッシュな前髪の完成。 \How to/ 【STEP1】 前髪を少量ずつトップと合わせて取る。 前髪を4束に分け、それぞれトップの髪を合わせて縦長に取る。 そうすることでねじりが浮かずにトップと一体化! 【STEP2】 キュッときつめにねじりつつ上げてピン留め。 4つの毛束を、前髪を巻き込みつつ同じ方向にねじり上げピン留め。 両サイドの髪をひと束残し全体を緩く結ぶ。 【STEP3】 ねじりをくずさないよう、少しずつ髪をつまみ出す。 ねじりの束から1〜2か所ずつ髪を引き出し、ニュアンスをつける。 短い前髪が飛び出たらワックスでなじませて。 ひと手間くるりんぱでかわいく! 定番のくるりんぱも前髪だと新鮮なかわいさをゲット。 後ろ髪は全くいじらず、前髪アレンジだけで華麗に変身できちゃうんです! \How to/ 【STEP1】 トップとサイドの髪ごと前髪を取りゴムで結ぶ。 トップとサイドの髪も取りつつ前髪を上げて、根元から10cm程上でひとつに結ぶ。 細めのシリコンゴムが最適。 【STEP2】 根元側の毛束を半分に割って毛先側を通す。 根元側の毛束を半分に割って穴をあけ、毛先側を上からくるりと通して引っ張る。 毛先は耳にかけるかピン留め。 【STEP3】 ゴム部分を押さえつつ髪を引き出す。 ゴムの近くの髪を上に少し引き出し、ボリュームアップを。 そうすると、前髪の生え際部分も自然にふんわりと。 おでこが広い人も小顔に見えるおすすめヘアスタイル 丸顔もカバーできるコンパクトボブ \ヘアスタイルのポイント/ 女性らしさを残しながらカッコ良さを表現できる大人女子に嬉しいショートボブ。 前髪を作らず顔周りに縦のラインを作る、頬ラインにボリュームを出しあごラインに沿ってシャープになるようひし型にカットする、などを考慮すれば、丸顔をカバーし小顔効果にも期待大。 サイドはやや前下がりで、顔周りに長さを残します。 襟足には厚みを残しつつ、頬からあごラインに向かってシャープな毛流れになるようグラデーションカット。 表面に動きを出しやすくするためレイヤーを入れ、リップラインでカットした長めの前髪を作ります。 正面から見たときは毛束がなじむので前髪なしの印象に。 この毛束により顔周りに動きが出て、表情が明るく見えます。 カラーは8トーンのブラウンベージュ。 好感度の高いツヤのある落ち着いたカラーです。 短くても軽く見えず上品な印象に。 \How to スタイリング/ トップを乾かすとき、まず毛束を右に寄せながら乾かし、次に左に寄せて乾かします。 左右に揺さぶるように乾かすことでトップが潰れなくなり、センター付近で分けたとき立ち上がりやすくなります。 分け目はセンターではなく6:4に。 ちょっとずらした方が今っぽくおしゃれに見えます。 表面の毛束にアイロンを挟み、毛先が軽く内巻きになるように滑らせます。 全体の毛先にシアバターをなじませ、頬ラインに立体感が出つつあごラインに沿って毛先がキュッとシャープになるように整えます。 顔周りの毛先に束感を作り軽く動かせば完成です。 前髪に立体感が出ない人は、前髪の根元に極少量のシアバターをなじませると髪にコシが出て立ち上がりやすくなります。 スタイリングが簡単なので、忙しい女子にも嬉しいショートボブ。 そんな残念髪を克服するにはパーマをかけるのもひとつの手です。 スタイリングに時間のかからないラフなパーマで、適度なボリュームをKeepしたこなれヘアを手に入れましょう!エアリーな毛先でクールなワンレンボブを柔らかな印象に。 \How to ベース&カラー/ あごラインのワンレンベース。 レイヤーは入れず、裾を一直線の切りっぱなし風にすることで今っぽい仕上がりに。 表面に細めのロッドでスパイラル巻きのパーマをかけて。 ワンカール以上の動きが出るように巻くと猫っ毛でもボリュームが出やすくなります。 カラーは6トーンのブルーアッシュ。 落ち着いたトーンの中に透明感がプラスされ知的な印象に。 パーマの軽やかさとカラーの落ち着き効果で、どんなシーンでもサラッと決まる今旬のボフスタイルが完成します。 \How to スタイリング/ スタイリングはパーマをかけた部分を水で濡らし、セミウエットなスタイリング剤を軽くもみむだけでOK。 あえてスタイリングを頑張らないことでパーマのラフな質感を楽しめます。 髪型で考えるイイ女の代名詞は、前髪なしの搔き上げスタイル。 憧れるとはいえ、面長がコンプレックスの人はおでこを出すことに抵抗があることも。 そんな人におすすめしたいのが、こちらのサイドにボリュームを出した三角形のボブ。 顔の中心付近で裾が横に広がっているので、顔全体が丸く見えて面長が気になりません。 また耳を見せるのも輪郭を丸く見せるポイントです。 裾の位置がボブにしては高めですが、ボリュームがあるのでボーイッシュにならず、むしろ女っぽさを演出します。 デジタルパーマで作るのでスタイリングは簡単!今まで面長だからとおでこを隠していた人でも、このスタイルなら自信を持っておでこを出してOK。 ラフな毛先は搔き上げとの相性抜群なので、いい女を目指してぜひトライを! \How to ベース&カラー/ 前髪を6:4で分けます。 裾はあごラインのやや前下がりのワンレンベース。 顔周りの毛束をリップラインでカットしサイドと差をつけ、毛先の動きを見えやすくします。 表面にグラデーションカットを入れ、三角形の角を取って柔らかい印象に。 全体の毛先に22㎜のロッドでワンカールのデジタルパーマをon。 デジタルパーマはアイロンで巻いたようなくりっとしたカールがつきやすく、忙しい朝でもしっかりボリュームを出すことができます。 カラーは9トーンのシナモンベージュに透け感のあるブルーアッシュをMIX。 落ち着いた中にも柔らかさと透明感のあるこなれカラーです。 \How to スタイリング/ 乾かすとき、まず分け目と反対側に髪を流しながら乾かし、7割乾いたら分け目に戻して乾かすと前髪が立ち上がりやすくなります。 裾は毛束を耳前、耳後ろ〜後頭部のセンターに左右それぞれ分け、ねじりながら乾かすとデジタルパーマが復活します。 ヘアバームを毛先にもみ込み、ふわっとした立体感を出せば完成です。 デジタルパーマは乾燥しやすいので、必ずバームやオイルなど油分の多いスタイリング剤やトリートメントを使ってホームケアすることが、長持ちをさせる秘訣です。 おでこを出すと大人っぽく見えるだけでなく、自信のあるイイ女に見せる効果もあり。 スタリングに時間がかからないラフなパーマスタイルなので、バリバリと働く女性にもおすすめです! 長め前髪&平巻きパーマで大人スタイル \ヘアスタイルのポイント/ 大人には大人のハイトーンカラーがあることを知っていますか? ポイントは、レングスを短めにしてカラーの面積を減らすこと。 おすすめは前髪長めのボブで、顔周りがパッと明るくなるだけで派手に見えません。 前髪があると幼く見える、ロングだと毛先が傷んで見えやすいこともマイナス要因に。 平巻きパーマボブには、面長をカバーしたりペタっと見せない効果もあり!ふわっとした毛先がハイトーンの透明感をキワ立てます。 また色味も大切で、黄色やギラギラするカラーはNG。 やや赤みを帯びたウォームベージュならツヤっぽく見え、上品なハイトーンを演出します。 大人だから…と控えめにならず、ポイントを押さえたハイトーンでおしゃれを楽しんで! \How to ベース&カラー/ あごラインのグラデーションボブベース。 前髪を鼻ラインでカットし自然にサイドに繋げます。 ひし形に見えるよう、耳下の毛束にはグラデーションカット、表面にはレイヤーを入れます。 毛先は重たくなりすぎないよう毛量調整を。 カラーは10トーンのウォームベージュ。 黄みを押さえた赤み系ベージュで、ハイトーンでもキツくならず柔らかな印象に。 ツヤ、があり肌に透明感を与えるカラーです。 \How to スタイリング/ ダメージが少なく柔らかなカールに仕上がる低音デジタルパーマを使用。 全体の毛束を、襟足、中間、表面と3段に分け、それぞれ20㎜、22㎜、24㎜のロッドで1回転半巻きます。 スタイリングは全体をぬらし、襟足からトップに向かい根元を立ち上げるように乾かして。 さらに毛先を持ち上げ、指に巻きつけながら温風をあてカールを復活させます。 パサつきを抑えてツヤをだすシアバターのスタイリング剤を毛先中心にもみ込み、カールをほぐしながらふわっと整えれば完成です。 パーマをかけているのでスタイリングは超簡単。 乾燥を防ぐトリートメントの使用やケア効果の高いシアバターを使ってダメージを防ぐことも、大人のハイトーンカラーを楽しむ重要ポイントです! どんな顔でも小顔に見えるレイヤーカット \ヘアスタイルのポイント/ 髪型でカバーしたい顔の形の悩みは人それぞれ。 でもどんな顔の形でも、小顔に見せるカット方法はあるんです。 そのポイントとなるのが、レイヤー。 レイヤーを入れた毛先をどう動かすかで顔の印象はグンと変わります。 例えば丸顔に悩んでいるなら、あご下からレイヤーを入れ縦のラインを強調します。 エラ張りなら、気になるエラの部分にレイヤーの毛先が落ちるようにしてカバー。 面長なら、表面にレイヤーを入れふわっとした毛束を作り、横幅を広げて見せます。 こんな風に万能なレイヤースタイル。 気になる顔型をカバーすると、自然と小顔に見える嬉しい効果もあり。 顔周りのレイヤーは、輪郭そのものを包むので顔の面積が自然と減ります。 またあごを包むように左右の毛束を落とすとより小顔に。 表面のレイヤーは、ふわっとした毛束を作ることができ、これが髪の内側にある顔をキュッと小さく見せてくれます。 つまり顔周りと表面のWレイヤーを入れれば、顔型をカバーしつつ小顔も手に入るんです。 レイヤーの小顔効果を発揮しやすいのはボブ~ミディ。 バックの中心からサイドに向かって、やや前上がりに丸みをつけてカット。 (写真のモデルは丸顔なので)あご下から鎖骨にかけてレイヤーを入れ、顔周りに縦のラインを作ります。 またレイヤーを入れた左右の毛束であごを包むのも小顔に見えるポイントです。 トップにもレイヤーを入れ、表面にふわっとした毛束を作ります。 前髪は軽く巻いて目の上に流れるように、目にかかる長さでカットし自然とサイドにつなげます。 厚めに作っておでこを隠すと小顔効果UP。 カラーは7トーンのアッシュブラウンで、ツヤを出しつつ赤みを抑え上品な印象に。 \How to スタイリング/ 乾かすときトップの毛束を持ち上げ、左右に寄せながら乾かすとふんわりします。 裾は後ろから手前に持ってくるように手ぐしを入れながら乾かして。 32㎜のアイロンで毛先のみ軽くワンカール。 顔周りの毛束があごを包むと小顔に見えます。 前髪も軽く巻いてサイドに流します。 少しセット力のあるクリームワックスを全体になじませ、表面の毛束をふわっとさせれば完成です。 レイヤーの入ったミディは、写真のように内巻きにすれば上品に、外ハネワンカールにすればカジュアルな印象に。 毛先が軽いので動きを出しやすく、アレンジがしやすいのも嬉しいポイントです。 小顔を手に入れつつおしゃれを楽しみたい人は、ぜひレイヤーを入れた髪型にすることをおすすめします! 前髪&丸みのあるひし形シルエットで可愛らしく \ヘアスタイルのポイント/ いつだって好感度の高いふんわりしたミディスタイル。 最近では外ハネやくびれヘアが流行っていますが、愛され系の大人可愛いを狙うなら、断然内巻きがおすすめです。 耳上あたりにボリュームがあり、首元にいくほどタイトになるひし形シルエットは、自然と顔を柔らかく見せ、さらに小顔効果もあります。 また裾が内巻きだと女性らしい印象に。 可愛らしさをプラスするなら、前髪も絶対に必要です。 特に面長の人はクールに見られやすいので、前髪を作って顔の縦の面積を少なくし、丸顔に寄せると可愛らしさがグンとUPします。 ひし形シルエットになるように、あご下からレイヤーを入れます。 前髪は眉下でカットし、こめかみ上に落ちるサイドバングは頬骨からリップラインでカット。 前髪とサイドバングを自然に繋げると小顔に見えます。 カラーは柔らかな9トーンのアッシュブラウン。 好感度の高い上品ブラウンですが、透明感があり軽やかな印象になります。 \How to スタイリング/ 前髪は乾きやすいので、クセがつく前に最初に乾かして。 トップは左右に振りながら乾かすと、パカっと割れずにふんわり仕上がります。 サイドにクセが出ないよう全体は前にもってきながら乾かして。 乾かしながら毛先をブラシで軽く内巻きに整えておくと、後のスタイリングが楽になります。 32㎜のアイロンで、毛先を内巻きにワンカール。 しっかり巻かず、軽く滑らせて毛先が内に向いている程度がおしゃれです。 アイロンが苦手でしたら、内巻きワンカールのパーマをかけてもOK。 前髪の毛先にも軽くワンカール巻くと、顔の印象がよりかわいらしくなります。 柔らかいワックスを全体にもみ込み、軽く耳掛けをして耳上の毛束をふわっとさせれば完成です。 レイヤーが入っているのでまとまりやすく、スタイリングが簡単なのも嬉しいスタイル。 顔がクールに見えがちな面長の人や、とにかくかわいいを狙い人はぜひTRYを!.

次の

おでこが広い女性|3つの原因と6つの対策&芸能人の髪型を徹底研究

おでこ 広い

私たちはそれぞれ、顔の形やバランスは違ったものを持っています。 みんな同じ形をしているなんてことは決してありません。 たとえ双子であったとしても微妙に形が異なるとも言われているそうです。 違いがある、と言うことはつまり「特徴」をそれぞれ持っていると言うことでしょう。 そんな「特徴」の中でも、今回は「おでこが広い」と思われがちな人の特徴について迫っていこうと思いますが、おでこが広いとどのような悩みを抱えてしまうものなのでしょうか?まず考えられるのが「ヘアスタイル」が決められないと言う点です。 女性にとってヘアスタイルはとても重要なものでもあります。 ヘアスタイルを全体的にバランスをよく見せるためには、前髪がポイントとなりますが、おでこが広めの人の場合、その「前髪」がうまく決められないと言う悩みを持っているようです。 どうしても広いおでこを隠そうと前髪をセットしますが、なかなか難しいようですね。 おでこが広い人の悩み:はげてる? 先ほども軽く述べたように、顔の面積が広いように見えてしまうのがおでこが広い人です。 それはつまり、顔が大きいような錯覚をされてしまうこともあるのです。 小顔を目指すために髪の毛でカバーするのはよくある方法ですから、顔の面積が多く見えれば見えるほど「顔が大きい」と思われてしまうのです。 女性であればなおさら自分の顔が大きく見えるなんてこと、避けたいに決まっています。 たかがおでこの広さでそんなにも変わるだろうか?とも思われがちですが、人間は簡単に錯覚を起こしてしまうものです。 肌の色が多く見えると言うことはそれだけ顔の面積が広いと感じてしまいます。 おでこ(デコ)が広い女性に似合う髪型のポイントは? おでこ(デコ)が広い女性に似合うポイント:すべて隠す必要はない ではおでこ(デコ)が広いと悩んでいる女性に似合う髪型のポイントについて触れていきましょう。 ポイントを押さえて、自分にはどんなヘアスタイルが当てはまるのかを探っていけばよいのです。 まず、おでこ(デコ)が広いと感じたとき、どうしてもおでこを全体的に隠そうとしてしまうものですよね。 しかし必ずしもすべて隠す必要はありません。 おでこの広さをカバーするためには、おでこの広さを相手から意識させなければいいのです。 広いようなイメージを与えなければいいだけなので、おでこ全体を隠さなくてもカバーすることが可能です。 少しだけおでこを出すだけでも十分カバーできますし個性的でかわいくなれますよ。 おでこ(デコ)が広い女性に似合うポイント:重ために隠す おでこ(デコ)が広い女性に似合う髪型のポイントなのが「三角おでこ」を意識することでしょう。 「三角おでこ」とは、おでこの見えている部分が「三角形に見える」状態のことを指しています。 前髪を左右どちらかに分けてスタイリングしましょう。 おでこが四角く見えてしまわないように広さをカバーするのがポイントです。 おでこが広い女性におすすめな前髪のアレンジ方法や作り方については、以下でも詳しくまとめられていますので、是非そちらも参考にされてみてください。 前髪を分けたり、横に流したりとさまざまなアレンジ方法がありますよ。

次の

おでこが広い人必見!似合う前髪やあえて見せるアレンジ術、小顔見せヘアスタイル

おでこ 広い

私たちはそれぞれ、顔の形やバランスは違ったものを持っています。 みんな同じ形をしているなんてことは決してありません。 たとえ双子であったとしても微妙に形が異なるとも言われているそうです。 違いがある、と言うことはつまり「特徴」をそれぞれ持っていると言うことでしょう。 そんな「特徴」の中でも、今回は「おでこが広い」と思われがちな人の特徴について迫っていこうと思いますが、おでこが広いとどのような悩みを抱えてしまうものなのでしょうか?まず考えられるのが「ヘアスタイル」が決められないと言う点です。 女性にとってヘアスタイルはとても重要なものでもあります。 ヘアスタイルを全体的にバランスをよく見せるためには、前髪がポイントとなりますが、おでこが広めの人の場合、その「前髪」がうまく決められないと言う悩みを持っているようです。 どうしても広いおでこを隠そうと前髪をセットしますが、なかなか難しいようですね。 おでこが広い人の悩み:はげてる? 先ほども軽く述べたように、顔の面積が広いように見えてしまうのがおでこが広い人です。 それはつまり、顔が大きいような錯覚をされてしまうこともあるのです。 小顔を目指すために髪の毛でカバーするのはよくある方法ですから、顔の面積が多く見えれば見えるほど「顔が大きい」と思われてしまうのです。 女性であればなおさら自分の顔が大きく見えるなんてこと、避けたいに決まっています。 たかがおでこの広さでそんなにも変わるだろうか?とも思われがちですが、人間は簡単に錯覚を起こしてしまうものです。 肌の色が多く見えると言うことはそれだけ顔の面積が広いと感じてしまいます。 おでこ(デコ)が広い女性に似合う髪型のポイントは? おでこ(デコ)が広い女性に似合うポイント:すべて隠す必要はない ではおでこ(デコ)が広いと悩んでいる女性に似合う髪型のポイントについて触れていきましょう。 ポイントを押さえて、自分にはどんなヘアスタイルが当てはまるのかを探っていけばよいのです。 まず、おでこ(デコ)が広いと感じたとき、どうしてもおでこを全体的に隠そうとしてしまうものですよね。 しかし必ずしもすべて隠す必要はありません。 おでこの広さをカバーするためには、おでこの広さを相手から意識させなければいいのです。 広いようなイメージを与えなければいいだけなので、おでこ全体を隠さなくてもカバーすることが可能です。 少しだけおでこを出すだけでも十分カバーできますし個性的でかわいくなれますよ。 おでこ(デコ)が広い女性に似合うポイント:重ために隠す おでこ(デコ)が広い女性に似合う髪型のポイントなのが「三角おでこ」を意識することでしょう。 「三角おでこ」とは、おでこの見えている部分が「三角形に見える」状態のことを指しています。 前髪を左右どちらかに分けてスタイリングしましょう。 おでこが四角く見えてしまわないように広さをカバーするのがポイントです。 おでこが広い女性におすすめな前髪のアレンジ方法や作り方については、以下でも詳しくまとめられていますので、是非そちらも参考にされてみてください。 前髪を分けたり、横に流したりとさまざまなアレンジ方法がありますよ。

次の