さよならの今日に 歌詞。 さよなら

【藤井風/さよならべいべ】歌詞をもとにプチ小説作ってみた

さよならの今日に 歌詞

日本テレビ開局20周年記念番組。 「東京の新宿に住むサラリーマンの一家を中心に、家族たちのもつれや、彼らが仕事や街角で知り合った人たちとの心のふれあいを毎回完結で描くホームドラマ。 しばらく仕事を遠ざかっていた原田芳雄をはじめ浅丘ルリ子、栗田ひろみ、山田五十鈴、森繁久弥、山村聡らが出演する。 映画「夏の妹」でデビューした栗田の本格的テレビドラマ第一弾。 とくに柱となるストーリーを作らずに散文的にドラマを描いた点が斬新といわれる。 なお、主題歌にビリーバンバン「さようならをするために」と記載しているドラマ資料があるが誤り。 この曲は「三丁目四番地」の主題歌だったという。 「ドラマの最初は、みどり 中野良子 の詩的モノローグでしたね。 「さようならと言って 別れを予感するのは あなたの愛・・・」で始まる一節は、けっこう憶えてます。 【この項、文・nagisarei】」「男性ですが、46才の今でも心に深く残っています。 最終回の再放送をテープに残しました。 取り壊される家にみんなが集まり、それぞれ家の思い出を語り合います。 愛する東京23区をひとつひとつ上げてゆきます。 日本海に旅立った緒方健からの手紙を浅丘ルリ子が読んでいます。 場面は日本海の海岸……(関西弁で)「夏子さん、…ありがとう…「花に嵐の例えもあるぞ。 さよならだけが人生さ」僕のすきな言葉です。 さようなら、本当にさようなら。 そして又会えるときにこんにちは。 」そして家を取り壊わすブルドーザーの音でドラマは閉じます。 【役名(演技者)】長女・吉良夏子(浅丘ルリ子)、吉良緑(中野良子)、吉良愛子(栗田ひろみ)、吉良友二郎(山村聡)、吉良洋司(山口崇)、高橋清(緒形拳)、吉良太郎(原田大二郎)、和気一作(原田芳雄)、伊藤良平(林隆三)、清の妹・吉良路子(小鹿ミキ)、緑の実父・石川(近藤準)、伊藤冬子(大原麗子)、清の母・高橋菊代(山田五十鈴)、真弓(名和真由美)、真弓の祖父・雄三(中村是好)、良平の母・伊藤和代(森光子)、真弓の母・誘子(緑魔子)、高橋作造(森繁久彌)。 「東京の新宿に住むサラリーマンの一家を中心に、家族たちのもつれや、彼らが仕事や街角で知り合った人たちとの心のふれあいを毎回完結で描くホームドラマ。 しばらく仕事を遠ざかっ... 出典:テレビドラマデータベース.

次の

あいみょん『さよならの今日に』歌詞の意味を考察・解釈

さよならの今日に 歌詞

今日ね、やっとさよならをあなたに言います。 別れてから何回泣いたかな。 何回後悔したかな。 沢山伝えたよ。 でもね。 伝わらなかった。 直接はたぶん伝えられないからここで最後に言わせてね。 沢山の初めてを、幸せをありがとう。 視点がすごく個性的なんよね。 はい、花です、端っから、その内話し始めます、華々しく、鼻白む程。 そうなるのか、花は鼻に匂う話さない華々しさをぉ。 曲よりもMVの全貌が気になったのは初めてかも。 雲のような優しさでそっとぎゅっと抱きしめたことは無いし、アイラブユーの言葉じゃ足りなくなった経験はないけどいい曲だよね。 誰か助けて。

次の

あいみょん さよならの今日に

さよならの今日に 歌詞

【藤井風/さよならべいべ】歌詞をもとにプチ小説作ってみた まず、 「なんで解釈じゃなくてストーリーを書いたの?」と思われるかもしれません。 それを説明するには、セルフライナーノーツ(彼の曲の解説)を見てください。 「上京する時の心情は歌にしといたほうが良い」と言われた。 自分でもそう思った。 でもそれがまさかのこんなロックチューンになろうとは自分でも思ってなかった。 アルバムの中でも異彩を放っているリアルな上京ソング。 藤井風 「リアルな上京ソング」と書かれていますよね。 それを元に歌詞を見てみるとかなりストレートに歌詞が書かれていることがわかりました。 そのため、「 歌詞の解説をするよりも歌詞が書かれた背景を考察したほうが面白いかな」と思い、今回に至ります。 とはいえ、文才はないのであまり期待はしないで下さいね!笑 ストーリーの部分では極力歌詞の順番に話を繋いでいます。 基本設定 それではまず歌詞を元に考えた基本設定を話していきます。 主人公は、もちろん風君。 岡山の田舎に住んでいます。 ストーリーは全て 風君目線で書いています。 そして彼には家族ぐるみで仲の良い付き合って長い幼馴染の彼女がいました。 これは彼が出発当日、東京行きへの電車に乗るまでのストーリー。 さよならべいべ それは針のように細かい雨が降る日じゃった。 時間ってもっとダラダラ進むもんだと思っとった。 わしは机と向き合ってずっと手紙を書いていた。 でも一向に筆が進まない。 外国の映画の主人公のようにロマンチックに愛を伝える表現なんてたくさんある。 でもそんなの使ってもあんたにはばればれじゃ。 あぁ、どうしよう。 胸が張り裂けるような思いでわしはおかしくなりそうじゃった。 自分を飾ってもすぐボロが出る。 そう思ってわしは自分の体から出てきた言葉をそのまま紡いでいくことにした。 そうしてダサくてカッコの悪い手紙ができた。 あんたが読むだけじゃもん。 それでいいよな。 ふと時計を見るといつの間にか3時を回っていた。 彼女には今日出発するということは伝えていない。 手紙も彼女の机に置いた。 もう行かなきゃ。 ・・最後までカッコ悪いわしでごめんな。 外は雨も上がり、わしの気持ちとは裏腹に空には虹がかかっていた。 真っ赤な夕焼けを背に、大量の荷物を引きずるようにして駅へと向かった。 駅のホームのベンチで電車を待っていた。 そうじゃ、わしはこれから夢を掴みに行く。 覚悟はできている。 彼女にはもう会わないと誓った。 その方がお互いにいいと思った。 わしだって、。 わしかてずっと一緒におりたかったわ。 これまでの思い出が走馬灯のように過ぎる。 東京の雑踏に揉まれてこの気持ちも忘れてしまうんかなぁ。 わし1人だけぽつんといるホームを見渡した。 今日くらい少し泣いてもええよな。 電車が来た。 涙を拭いて重い腰を上げた。 ふと中から外を見ると遠くからだれかがこちらに走ってきている。 まさか・・・。 それは明らかに彼女じゃった。 手を振りながらこっちへ走って来ていた。 わしはありったけの力をこめて手を振り返した。 彼女が点になって見えなくなるまで、ずっと手を振り続けた。 笑顔で「さよなら」ができた。 そう思っていた。 ふと、頬に大粒の涙が伝っていることに気付いた。 さよならべいべ、胸がしめつけられる上京ソング いかがでしたでしょうか? ドラマみたいな展開ですが、歌詞を見ていると本当にこのような状況を想像せずにいられません。 私が最も好きなのは 最後の「さよならべいべ」の繰り返しの部分。 彼の心の葛藤全てが滲み出ていますよね。 これは状況に限らず、誰にでもありますよね。 卒業もそうですし、死は誰もが経験する別れですよね。 今こうやって生きていてしかも近くにいてくれる存在。 奇跡という言葉がぴったりですよね。 この限りある時間の中でその人達を大切にしていきたいです。 今日も読んでいただきありがとうございます! アルバム全曲の詳細はこちらをご覧ください!.

次の