リーン ゲインズ 女性。 [リーンゲインズ]減量時の摂取カロリー・PFCバランスの設定方法

リーンゲインズダイエット法|女性でもできる?筋トレは必要?やり方・効果を解説

リーン ゲインズ 女性

お金をかけずに手軽に始められる「リーンゲインズ」。 そんな今注目のダイエット法について詳しく解説していきます。 今までダイエットがなかなか続かなかった人や現在ダイエット中の方にもおすすめですよ! リーンゲインズってなに? リーンゲインズとはマーティン・バークハンというスウェーデン人が考案した人気のダイエット法。 「インターミッテント・ファースティング」というカテゴリーのひとつで• プチ断食に興味がある• お金をかけずに痩せたい• 筋肉を落とさず脂肪だけ落としたい と、こんな方におすすめのダイエット法なんです。 また、リーンゲインズを簡単に言うと、 「食べる時間」を管理していくことで、理想的な体に近づけていくプチ断食ダイエット。 つまり、 短期間の断食と ウエイトトレーニングの2つを行っていきます。 ・・・え?なんだか辛そう? いえいえ、慣れてしまえばこっちのもんです。 シンプルだから続けやすいし、明日からでもはじめられて誰でも簡単に出来ちゃいますよ!何よりお金も時間もかかりません。 ではここからはもう少し詳しく解説していきますね。 リーンゲインズやり方や効果は? リーンゲインズのやり方は、 食事の時間を管理する リーンゲインズでは食事をとる時間を 男性は8時間、 女性は10時間に設定します。 例えば、 【男性の場合】午後12時から20時 【女性の場合】午後11時から21時 といったように、仕事や起きる時間に合わせて自由に決められます。 食事を摂っていいのはこの時間のみ。 あとの16時間(女性は14時間)は断食をして胃を休ませます。 朝食を抜く リーンゲインズでは朝食を抜いて昼間からの2~3回にします。 こうすることで一食あたりの摂取量で満足感が得られやすくなるのです。 初めの3日間はかなりお腹が空きますが、それ以降は不思議と体が慣れてきて、それが普通になっちゃいます! むしろお腹が空かなくなるのでとっても経済的。 「朝食は食べた方がいい」 とはよく聞きますが、人間の体の構造上は 昼間から食べてもまったく問題なし。 朝食を作るのがちょっとめんどう…• 朝はあまり食欲がない という方は、とっても楽に始められるダイエットでもあります。 注意としては、胃腸の働きをよくするためにも朝から水分はしっかり摂りましょう。 また、朝体温が上がりにくくて非常に辛いという人や、女性ホルモンの関係で低血糖を日ごろから起こしやすいタイプの方は、体調を見な行って、合わないと感じたら別のダイエットにした方が良いかもしれません。 食事の時間や回数を設定することで、結果的に体の脂肪が燃焼しやすくなり 痩せやすくなります。 ウエイトトレーニングと休息日で食事を変えよう 基本的に毎日、• 豆類 など このような良質なタンパク質を食べてください。 そしてウエイトトレーニングを行う 週3日は、 炭水化物を多めに摂って、脂肪は少なめにする。 反対に休息日の 週4日は、 炭水化物を少なめに、脂肪をやや多めに摂る。 この独特なサイクルを習慣化していきましょう。 なれるまでは冷蔵庫にこのルールの紙を貼っておくといいかも・・・。 また、食事の管理とともにおこなう、ウエイトトレーニングは必須です! 「え~・・・筋トレか~。 」となげているそこのあなた。 筋肉が付きだすと、 同じ体重でもまったく違って見えてきます! 異性にもモテるようになったという方も。 それに 断然太りにくくもなるので、 スクワットや腹筋など簡単にできるものから少しずつおこなっていきましょう。 女性でも大丈夫? 答えは「イエス」です。 もちろん女性でも出来ますし、むしろおすすめです。 食事をコントロールする上では自炊が好ましいので、女性の方が続けやすいかもしれませんね。 ちなみに女性である筆者は、普段から食事コントロールをおこなっていたので、すぐにこのリーンゲインズを開始することができました。 お風呂に入る直前にウエイトトレーニングをおこなうと、汗も気にならずおすすめです。 ぜひ気になる人は挑戦してみてくださいね。 まとめ いかがでしたか?• リーンゲインズは食べる時間を管理するだけのとっても手軽なダイエット法です。 朝食を抜くだけでもできます• トレーニングする日としない日で食事メニューを変えるとより効果的です 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 関連記事• 人気記事ランキング• 459ビュー• リーンゲインズ中のプロテインの飲み方についてまとめました。... 401ビュー• マツコの知らない世界2015年6月16日放送世界一の日本人ピザ職人山本さんおススメのドミノピザのメニューが紹介... 148ビュー• 139ビュー• 抜けたら通すのがめんどうなパーカーやスウェットのひもを家にあるものでカンタンに通す裏ワザや、ラップの切れ目が分... 95ビュー• マツコの知らない世界2015年6月16日放送世界一のピザ職人山本さんおススメの、プロの目か見てスゴイと思うピザ... 80ビュー• あさイチ 2014年10月29日放送 減塩に気を付けても、 加工食品にはたくさ... 76ビュー• トリックハンター 2014年11月19日放送 お料理研究家 浜内... 74ビュー• 林修の今でしょ講座 2015年3月3日放送 眼科医が実際にやっている近視予防としてお風呂でできることや、... 64ビュー• WINDOWS XPから8への移行 古いXPパソコンのデータの完全消去を無料でやるには XPのサポートがい... 63ビュー.

次の

1週間で1.5kg減⁉プチ断食のリーンゲインズでスッキリ痩せられる

リーン ゲインズ 女性

リーンゲインズ考案者 マーティン・バークハン 断食と筋力トレーニングを組み合わせて肉体改造 インターミッテント・ファースティング リーンゲインズは、短時間の断食を取り入れたダイエット法で、食事を摂る時間と全く摂らない時間を決めて、そのサイクルを繰り返します。 英語では「インターミッテント・ファースティング」と呼ばれるカテゴリーに入るダイエット法のひとつで、そのまま日本語に訳すと「断続的な断食」となります。 「食事を抜く」という意味では、最近日本でよく聞く「ファースティング・ダイエット」や「断食ダイエット」と共通する所もあります。 インターミッテント・ファースティングには、時間の区切り方や食事内容の設定によっていろいろなやり方がありますが、このサイトでオススメしているリーンゲインズという方法は「意図的に朝食を抜く事」と考えてもらえれば分かりやすいと思います。 欧米で人気沸騰 日本では、このサイトで紹介する肉体改造法をすべてまとめてリーンゲインズと認識されている感もありますが、それは少し違います。 リーンゲインズは、もともとマーティン・バークハンというスウェーデン人によって考案されました。 いろんな体形や目標の人に使えるようにうまくシステム化されており、少ない手間と時間で良い結果につなげられるのが特徴で、英語圏ではその素晴らしい効果に人気が集まっています。 このサイトでも、忙しい日本人に使える選択肢のひとつとして紹介しています。 食事の量と時間帯を工夫するので、サプリメントやダイエット食品に高いお金を使う必要はありません。 このサイトでもサプリメント販売などは一切していません。 その分、しっかり自分に合った食事プランを立てる必要があるのですが、日本語ではその実践方法に関する情報がほとんど無いのが現状です。 さらに英語圏での人気の高さから、8時間ダイエットというタチの悪いコピー商品も生まれました。 8時間という時間設定に魔法のような効果があるワケではないので、食事管理の重要な所から押さえて自分に合ったプラン作りをするようにしてください。 リーンゲインズの概要 食事管理の基本は変わらない 自分に合った食事量(カロリー収支・三大栄養素)を摂るという食事管理の基本は変わりません。 食事回数が少なかったり、トレーニングをする日としない日で食事を変えたりするので、その独特な時間帯設定が注目を集めがちですが、リーンゲインズでも他のダイエットと変わらずピラミッドの土台から固めていくことが重要です。 食事を摂る時間• 食事を摂る時間として8時間の枠を設定し、(女性の場合は10時間)残りの16時間はまったくカロリーを摂らないようにする。 8時間というのは目安の数字でしかないので、食事時間がズレる日があっても大丈夫。 食事の時間を何時に設定するかは自由ですが、一般的な生活スタイルなら午後1時〜9時あたりにするといいでしょう。 シンプルに「朝食を抜くだけ」と考えると馴染みやすいかも知れません。 食事回数• 食事を何回摂るかは重要ではないので、生活スタイルに合わせて自由に設定して大丈夫です。 1日3食摂る人も多いですが、午後1時~9時の例では午後1時と午後8時30分というように1日2食にしても分かりやすいでしょう。 リーンゲインズで朝食抜きの1日2食にすると、1食あたりの食事量が増えて満足感が得やすくなり、調理やカロリー計算に掛かる手間を減らせるので、長く続けやすくなるメリットがあります。 トレーニング日・休息日ごとの設定• 週3日ウェイトトレーニングをして、あとの4日は休息日とする。 トレーニング日・休息日ともにたんぱく質をしっかり摂る。 トレーニング日には炭水化物を多く摂り、脂肪は低く抑える。 休息日は炭水化物を控えめに、やや脂肪摂取を増やす。 ざっくりまとめるとリーンゲインズの食事設定はこんな感じになります。 筋力トレーニングと並行して行うのが前提なので、これから身体づくりを始めようと考えている人は、こういう細かなルール設定の前にトレーニング環境を整えることから始めてください。 このサイトでは、バーベルを中心にしたトレーニングをオススメしていますが、他のトレーニング方法と組み合わせて行うことも可能です。 リーンゲインズの利点 あまり聞き慣れないカタカナ言葉で、さらに「断食」というと苦しかったり、身体に良くなかったりというイメージを持たれる方もいるかも知れません。 また、これまでフィットネス業界で一般的に受け入れられてきたダイエット情報に馴染みがあると、抵抗を感じる方も少なくありません。 実際これまで一般的に勧められてきたダイエット法とは考え方が違うところがたくさんあります。 どんな効果があるのかカンタンに紹介します。 減量の空腹感が少ない 体脂肪を落としたいと考えている人にとって、リーンゲインズの最大の魅力はこれでしょう。 1回の食事量が多くなるので満足感を得られやすくなります。 また、この食事法を始めて数日経つと、食欲を促すなど体内のホルモンが新しい食事サイクルに合わせて調節され、全体の食事量を制限しても空腹感に悩まされにくくなります。 効率よく脂肪燃焼できる 食事のあと、ヒトの身体は食事から摂った栄養素や、体内のグリコーゲン(筋肉や肝臓に蓄えられた炭水化物)をエネルギー源にするので、脂肪燃焼が起こりにくくなります。 断食中に徐々にエネルギー源がグリコーゲンから脂肪へと切り替わり、少しでも効率よく体脂肪を落とせると考えられます。 (食事量の管理は必須です。 ) 1日6食摂らなくていい フィットネス業界では、食事を小分けにして1日5〜6回食べるのが良いとされてきました。 1回に吸収できるたんぱく質の量に限界があるから、食事回数を増やすことで基礎代謝が上がるからといった理屈が付いてきます。 実際には1日に6回も食事を摂れる環境にある人は多くないので、ストレスの原因になることも少なくありません。 また、食事が用意できずプロテインなどに頼る機会が増えるので、サプリメント業界が売上目当てに広める情報も少なくありません。 リーンゲインズは、そういうトレンドに対するアンチテーゼとして生まれた側面もあります。 1日6食の生活で問題でなく成果が出ている人を否定するものではありません。 ただ、そういった生活にストレスを感じている方には、自由になれるきっかけになるかもしれません。 8時間に魔法のような効果はない 8時間の食事時間と16時間の断食時間が注目されがちですが、あくまでも生活リズムを作るための目安です。 この時間設定に魔法のような効果があるわけではありません。 アメリカでリーンゲインズをパクった「8時間ダイエット」というのが生まれ、日本でも一時流行しましたが、8時間なんでも好きなものを好きなだけ食べて、16時間の断食がすべて無かったことにしてくれるなんてことは起こりません。 はじめまして。 参考になる記事をありがとうございます。 28歳の会社員男性です。 この自粛期間中に健康意識が高まり、リーンゲイズにたどり着きました。 現在は朝食を抜き、12:00-20:00の間に昼食、夕食をとっています。 集中力も高まっている気がし、継続的に続けていきたいと考えているのですが、ここで1点質問があります。 私は土曜日に社会人サッカーをやっており、その練習が午前中に行われます。 この場合、さすがに朝食抜きで練習に参加するのは体力面等で問題があると思うのですが、何か対策はありますか? 今考えているのは、 ・前日の金曜日は、朝食、昼食をとらず、21:00-翌日7:00で食事をとる ・土曜日だけ朝食をとる ご意見いただければとおもいます。 しょうごさん、コメントありがとうございます。 サッカーの練習での運動量としょうごさんの生活リズムによって何が良いかは変わってくるかと思いました。 しょうごさんに合う形を柔軟に模索していただくのが良いかと思います。 運動量が多く、内容もキツいようなら完全な空腹状態では全力を出せなくなってしまうかもしれません。 そういう意味では練習前に朝食を摂られると良いかもしれません。 ただ、食べてすぐに練習に入ってしまうと途中で気持ち悪くなってしまったりするかもしれません。 悪影響を抑えるには朝食を摂るにしても量を控え目にしたり、消化の良いものを摂るようにしたり、朝食から練習まである程度時間を取るようにしたりすると練習中の体調やパフォーマンスは変わるのではと思います。 こういった工夫が難しいと感じられれば、前日の夕食を多めに摂るという方法もあるかもしれません。 8時間という時間設定に強くこだわる必要はないと思います。 しょうごさんの生活スタイルにもよると思いますが、前日の朝食と昼食を摂らないというのは生活リズムを保ちにくくなって、メリットを感じづらいのではと思いました。 お返事が遅くなってしまい、失礼致しました。 リーンゲインズを行う目的や花子さんの普段の食生活などによって答えが変わる部分かと思います。 リーンゲインズは体重や体脂肪を落とすことよりも生活リズムを作る意味合いが強いです。 体重を管理するには、食事量を調整することが大切になります。 もし花子さんが普段から規則正しく食事を摂っているのであれば、リーンゲインズを行わなくてもいいかもしれません。 リーンゲインズを行う場合、生活や食事のリズムが大きく変わってしまうかもしれません。 もし新しい生活リズムが身体に合わず、体調に異変が出たり、続けるのが無理だと感じたりするようなら、元の生活スタイルに戻すのがいいと思います。 何よりも、花子さんが無理なく続けやすいということを優先してみてください。 参考になれば幸いです。 初めまして、リーンゲインズを勧められて実践して約1週間の30代女性です。 リーンゲインズをきっかけにこちらのサイトを知り、トレーニング方法なども参考にさせて頂いています。 こんなにタメになる情報を公開して下さってありがとうございます。 質問なのですが、私は元々朝食 7~8時 プロテインのみ、昼食夕食はカロリーとPFCバランスを気をつけて、の生活だったのですが、このような者でも効果はあるのでしょうか? 夕食が大体19時頃なので、翌9時過ぎ 女性は12~14時間推奨と伺ったので にプロテインを飲んで、その後は12時昼食、19時夕食です。 以前の生活と1日の総摂取カロリーは変わらないのですが、それでも効果はあるのかなとふと疑問に思いました。 断食時間が長いことで脂肪燃焼にプラスになるのならばこのまま継続したいと思います。 お忙しいと思いますが、お返事頂けると幸いです。 はじめまして。 最近リーンゲインズを知りまして、色々調べていてこちらにたどり着きました。 まだリーンゲインズを始めたばかりですが、大体どのくらいの期間で効果がでてくるのでしょうか? 自分は62歳の男性で、筋トレ暦は3年ほどです。 (ジムでのウエイトトレーニングは2年ほど) 去年の3月に前立腺癌(ステージ4)が見つかりホルモン療法と言う治療をしているのですが、注射と飲み薬でテストステロンをカットされているので、その副作用で去年の今頃に比べて体脂肪率が5%くらい増えてしまいました。 現在の体脂肪率は15%くらいです。 見た目はこんな感じです。 できれば体脂肪率を10%くらいまでは落としたいと思っているのですが、リーンゲインズでどのくらいの期間で落とせるでしょうか? 人によって期間は違うとは思いますが、大体で良いので教えていただければ幸いです。 kenchanさん、こんにちは。 コメントありがとうございます。 >見た目はこんな感じです。 おそらく写真をあげていただいたのかと思いますが、リンク先を拝見することができなかったのでリンクを削除させていただきました。 体脂肪を落とすのにかかる期間は、カロリー収支のマイナス幅によって大きく変わります。 これはリーンゲインズに限らず、どういうダイエットでも共通です。 もう少しカロリー制限幅を小さくして、長い期間をかけて落とされる方もいます。 体脂肪率は研究施設で使われる高価な機器でも正確に測定することができないものなので、大まかな参考と捉えていただければと思います。 kenchanさんは治療との兼ね合いもあるかと思いますので、医師のアドバイスを優先して食生活を考えていただくのがいいかと思います。 非常に有意義な記事をありがとうございます! 2点ほど質問失礼します。 1つ目に、現在ローファットで減量しており、2ヶ月目で停滞期を迎えてしまいました。 そこで停滞を打破するためによく言われるチートデイ、ハイカーボデイなどありますが、1日だけ摂取カロリーを増やしただけで起きた代謝が戻るとは思えず実行していません。 そこでリーンゲインズ法の記事をみて、このダイエット法はレプチンのレベルを上げるなどの作用があると聞き減量の停滞打破に良いのではないかと思っているのですが、停滞の打破に際してリーンゲインズ法は有効でしょうか? 2点目は、リーンゲインズ法の断食の際、カタボリックなどは起きませんか? もし起きるのであれば断食中にプロテインを飲むのはリーンゲインズ法をする上で有効でしょうか? 長文失礼しました。 大野さん、こんにちは。 コメントありがとうございます。 >2ヶ月目で停滞期を迎えてしまいました。 大野さんの状況を詳しく把握できていないので確かなことは言えませんが、一般的に停滞期と言われる「食べていないのにヤセない状態」だと感じたときに考えてみるといいことを挙げてみます。 体重の変化を正確に把握できているか? 2. 身体のサイズの変化はどうか? 3. カロリー摂取量を把握できているか? こういったことを確認してみると、問題はいわゆる「停滞」ではないと気付く場合が多いです。 ただ、確実にカロリー収支がマイナスになるように食事制限をしているのに身体に変化が見られないという場合には、少し食事量を減らしてみるのがいいかもしれません。 いまの食生活でも苦しくて続けられないと感じられる場合には、少し食事制限を休んでみるのもいいかもしれません。 >カタボリックなどは起きませんか? 減量期間中に筋肉が減るかどうかは、減量ペース、全体でのたんぱく質の摂取量、トレーニング内容など多くの要素が関係してくるので、「リーンゲインズ=減る or 減らない」という答えは出せません。 ただ、1日2食よりは3食の方がリスクを多少減らせるかとは思います。 神経質にならなくてもいいとは思いますが、気になるようならプロテインを飲むのもいいと思います。 タツヤさん、コメントありがとうございます。 >自重トレーニングやプランクなどの体幹トレーニングでも同程度の効果 タツヤさんが何を目的としてトレーニングをされるかにもよりますが、体形改善を目的とする場合、ある程度のトレーニング用品を揃えて、その種目のフォームを確実に覚えることから始めると効果を得られる可能性は高まると思います。 腕立て伏せや懸垂といった自重トレーニングでもギリギリまで追い込むことができれば理屈上は近い効果が得られるはずです。 ただ、自分の筋力に合わせた負荷設定が難しかったり、全身を鍛えるのが難しかったりするので、自重に頼らなくてもいい環境があるとベターだとは思います。 これはトレーニング経験の少ない人には特に当てはまるかと思います。 丁寧なブログ記事ありがとうございます。 質問させてくださいませ。 44歳の女性で、154センチ54キロ前後、ずっとこんな感じですが、数年前加圧トレーニングで50キロを切りました。 が、同時にお尻も小さくなってしまいました。 体重が戻ったと同時にお尻もそこそこ戻りましたがお腹周りに肉が集中して、、これをなんとかしたいです。 私の目標は、痩せたいというより、お尻は外人体型並みに大きくして、お腹だけスッキリさせたいというもの。 それで検索していてリーンゲインズにたどりつきトライしています。 1ヶ月くらい経ち、多少ヒップアップはしたかな、と思うものの、GWに旅行をしたりしたせいか体重は全く変わりません。 細かいカロリー計算が苦手なのでざっくりしていますが、私のような目標の場合は、やはりかなりカロリー摂取を気をつけないといけないものでしょうか?? ちなみに今は、ざっくりとした計算で、基礎代謝は超えないようにきをつけているのと、 *タンパク質は多め(プロテインはトレーニング日に50グラムぐらい摂取 あとは食事で) *トレーニング日は炭水化物多め *トレーニングしない日は脂質多め、カロリー摂取は少なめ、 くらいをきにしています。 もう少し細かくするべきですか? それともう一つ、トレーニングは午前中にしているので、今までトレーニング後はまだ断食時間でもあるにもかかわらずプロテインを飲んでいました。 他の方の質問の回答を見ると、この辺りはフレキシブルでも良さそうですが、私のようにお尻は大きくしたいけれど、お腹はスッキリさせたい、、という場合はどうでしょうか? 他にこの場合に気をつけることがあればアドバイスいただければ有難いです。 どうぞよろしくお願いいたします。 ありがとうございました。 カロリー摂取に関してもうひとつだけ伺わせてください。 まだ三大栄養素に分けてまでは考えられないので全体の摂取量の話です。 すごく根本的なことがわかっておらず恐縮なのですが、、 カロリー収支(摂取量vs消費量) とサイトにありました。 ここの「摂取量」とはその日に口にしたカロリーのことで、 消費量はその日の運動量ですよね、、まだまだ消費量が圧倒的に少ないのですが、これをマイナスにする、ということですか? お尻を落としたくないので、有酸素運動はしてなくてそこで消費量が稼げていません。 基礎代謝として減る分も含めて、でしょうか? その場合、もし計算式などが載ってるページなどございましたら教えてください。 先程、書き込みしたのが消えてしまったので重複するかもしれませんがもう一度書き込みさせていただきます。 当方39歳の女性です。 2018年7月からパーソナルトレーナーのもとでウエイトトレーニング、有酸素、食事管理 ローファットorローカーボ で17キロ減量しました。 ですが、長期の食事制限でメンタル、身体ともに限界がきてしまい体を壊してしまいました。 現在は厳しい食事管理はしてませんがトレーニングは続けています。 有酸素はラン、ウォーキング、エアロバイクを気分にあわせて平日は1~1. 5H、土日祝などは3H~、週5~6日行ってます。 せめて標準体重までとは思っていますが、なかなかあと一歩が届きません。 そんな解きに知人にリーゲインズ法を教えてもらい、このサイトにたどり着きました。 もしよろしければ、ご一読いただきアドバイスなどいただけましたらありがたいです。 宜しくお願い致します。 そるらさん、こんにちは。 コメントありがとうございます。 体脂肪を落とすことを目標とされているのであれば、長期的に見てカロリー収支をマイナスにするということになります。 具体的にカロリー収支のマイナス幅やカロリー摂取量をどの程度にするのが良いかは個人によって大きく違いがあるので、コメント欄でお話をお聞きする範囲で答えを出すことはできません。 現在の体重と目標の減量ペースから理屈上の数字を計算することは可能ですが、実際にそういう数字がそるらさんにとって身体的にも精神的にも良い目安になるかは分からないというのが問題です。 現時点で食生活を安定させるのが難しいと感じられていれば、減量よりもそちらを優先して考えられるのが良いかと思います。 もし、つらい想いをされているのであれば過食症の専門家のアドバイスを求められるのも良いのかもしれません。 そこまで深刻でないとすれば、そるらさんにとってストレスにならない範囲で、長い目で見てカロリー収支がマイナスになるように食事や運動を工夫できると良いのかと思います。 体形改善は長い目で見て取り組むとうまくいくことが多いです。 短期的な変化に強くとらわれず、長く続けられる生活スタイルを模索してもらうのが良いのかなと感じました。 少しでも参考になれば幸いです。 はじめまして。 リーンゲインズ法というものを知人から教えてもらい、ネットで検索したところこちらに辿り着きました。 身長156センチ 体重59キロ 体脂肪24~25% 内臓脂肪レベル 5~6 基礎代謝 1200キロ台 ウエイトトレーニングは高重量・低レップ、低重量・高レップを組み合わせ週4回、有酸素週5~6日です。 とにかく食べることが大好きで、甘いもの、揚げ物が大好きです。 ローカーボorローファットでは体を壊してしまい過食症気味になってしまいました・・・ 私くらいの運動量だとオン・オフでどの程度までカロリー摂取してもいいものでしょうか? 付き合いも多く外食ほ頻度も高めです。 アドバイスいただけたらと思い失礼かとは思いましたが書き込みさせていただきました。 よろしくお願いいたします。 はじめまして、こんにちは。 いつもこちらの記事を参考にさせていただいています。 当方40代女性なのですが、リーンゲインズを昨年少し試して、劇的な 減量とまでは行かなくても、なかなか満足な結果でした。 今年もまたリスタート したのですが、トレーニング日とオフ日のカロリー(PFC)摂取をあまり ギャップがないものにした場合、あまり良い結果は得られないのでしょうか? というのも、年末年始で少し体重が戻ってしまったため、しっかり食事と 運動を気を付けてやっているのですが、カロリーを摂りすぎると また体重が増えてしまうのではないかという不安が少しあるためです。 BMRが1,200くらい(活動量なし)なので、トレーニング日でも1,200cal (P:110g、F30g、C120g程度)にしています。 オフ日は1,100cal(P:110g、F60g、C30g程度)を目標にしています。 ただし、全然体重が落ちません。 あまりに摂取カロリーが低すぎるのでしょうか。 または、トレーニング日とオフ日のカロリーギャップがなさすぎるのでしょうか。 何かアドバイスいただけると助かります。 panplonaさん、こんにちは。 コメントありがとうございます。 >摂取をあまりギャップがないものにした場合、あまり良い結果は得られないのでしょうか? 1週間くらいのスパンで見てカロリー収支がマイナスになっていれば減量は進んでくれます。 例えば、毎日同じ食事設定にする方が続けやすいと感じられれば、そうしてもらうのが良いと思います。 >全然体重が落ちません。 あまりに摂取カロリーが低すぎるのでしょうか。 体重が落ちない理由というのは多岐にわたるので、コメント欄でお聞きする範囲で答えを出すことはできないです。 すみません。 体重が落ちないから体脂肪が落ちていないとは言い切れないのが大事なところです。 基本的に男性向けに書いていますが、を参考に経過チェックをしてもらうのが良いように感じました。 八百さま 早速お返事ありがとうございます! 早速サイトを拝見させていただきました。 定期的にウエスト、下腹部、ヒップ、太もも周りは計測しているのですが、一時期体重が減っていた時期(2-3㎏違うのですが)と比べて、サイズは大した変化がありませんでした。 異様に増えているということもなく。。。 その時期は糖質をかなりゼロに近づけていた時期でもあるので、もしかすると水分が抜けていただけなど、体重という数字に振り回されていただけなのかもしれません。 カロリー収支は週単位であればマイナスになっているはずなのですが(活動量を入れると1,800-2,100calくらいなので)、どこかでカウントしていないものを食べていたり飲んでいたりするのかもしれません。 それと、増量が怖くてトレーニングの頻度が上がってしまっているので、体をしっかり回復させる休養をとりつつ、食生活も今一度見直してみます。

次の

【初期コストゼロ】誰でも今すぐに始められるリーンゲインズダイエットとは?【2ヶ月半で7kg除脂肪】

リーン ゲインズ 女性

身体が「脂肪燃焼モード」になるので、効率良く脂肪燃焼できる• 脂肪を減らしながら筋肉をつけられる これまでの筋トレ業界では、「脂肪と筋肉は同時について、同時に落ちる」が定説とされてきました。 そのためオフ期はなくなく脂肪をつけて、オン期はなくなく筋肉を落とす必要がありました。 その結果、脂肪のつき過ぎと筋肉の落ちすぎに悩む方が一定数いました。 ところが、 リーンゲインズのメソッドでは、 脂肪を減らしながら筋肉をつけられるのです。 つまり、 ただ脂肪を落とすだけでなく、引き締まった理想の身体を目指せます。 ダイエット期間中に筋肉をつけられるという夢のような本当の話がリーンゲインズの効果であり、長所。 百聞は一見に如かずなので、疑り深い方はリーンゲインズで肉体改造に成功した人たちのビフォーアフター写真集動画をご覧ください。 スポンサーリンク• 1日16時間なにも食べない断食期間を作る(女性は14時間でも可)• 断食中に口に入れてもいいのは、コーヒー・お茶・水だけ• 断食後の8時間は何回でもご飯を食べていい(理想はタンパク質メイン)• 週に3日は筋トレをして、あとの4日は休息日• 筋トレの日は炭水化物を多めに摂取して、脂肪をなるべく控える• 運動をしない日は炭水化物を控えて脂肪の摂取を増やす 食事をとる8時間は好きな時間に設定していいです。 12~20時に設定して、朝食を食べないパターンが一般的。 食事の回数に決まりはなく、三回食べる人もいます。 16時間断食と聞くと長く感じますが、 実際は「朝食をぬく」だけです。 リーンゲインズの摂取カロリー算出法 リーンゲインズダイエットの摂取カロリーは、 トレーニング日とオフ日で使い分ける必要があります。 計算方法がやや複雑なので、詳細は「」の記事でご確認ください。 なぜ断食をするのか?「脂肪燃焼モード」の正体 断食の狙いはグリコーゲンの枯渇による、「脂肪燃焼モード」への切り替えです。 ヒトの身体は食事から摂った栄養素や、体内のグリコーゲン(筋肉や肝臓に蓄えられた炭水化物)をエネルギー源にするので、脂肪燃焼が起こりにくくなります。 断食中に徐々にエネルギー源がグリコーゲンから脂肪へと切り替わり、少しでも効率よく体脂肪を落とせると考えられます。 (食事量の管理は必須です。 ) 引用: 簡単に言えば、 糖質がない間は身体が脂肪燃焼しやすくなる のです。 この糖質を摂取しない時間が長引くと、身体は筋肉を分解してエネルギーに変えてしまいます。 リーンゲインズの場合は、適度なタイミングでタンパク質を摂取するため筋肉分解の心配がありません。 脂肪燃焼しやすい身体を作るという意味では、糖質制限のケトン体回路と似たような現象です。 関連記事 リーンゲインズダイエット中に役立つトレーニング関連記事 本ブログでは、リーンゲインズダイエットを中心として、様々なダイエットやトレーニングに関する記事を更新しております。 リーンゲインズのやり方ではありませんが、全てのダイエットや筋トレに役立つ記事を更新中。 気になる記事がありましたら、是非一度読んで頂けると、幸いです。 体験談• リーンゲインズダイエット実践記 リーンゲインズダイエット開始から、理想の身体を手にするまでの道のりを、毎月報告&公開中。 体型変化と、体重計の証拠写真も掲載しております。 まとめ• リーンゲインズは16時間の断食と8時間の食事タイム• 筋肉をつけながら脂肪を落とせる• 従来のダイエットにはなかった筋肉分解抑止効果がある• 食費が浮く• 午前中の活力と集中力が高まる 始めてファスティング(断食)に挑戦するのが不安な方は、 酵素ドリンクで必要な栄養素を断食時間中に摂取するのもおすすめです。 いきなりの断食でめまい(好転反応なので良い兆候)を感じたりする方もいらっしゃるので、必要最低限の栄養は摂取しましょう。 コップ一杯の酵素ドリンクで、バケツ1杯分の栄養が入っている、腹持ちの良さが特徴の酵素ドリンクもあります。 「優光泉」の詳細な成分や製品の特徴を知りたい方は、「」の記事も参考にされてください。

次の