川崎市 給付金 遅い。 特別定額給付金10万円はいつ振り込まれるの?

千葉市特別定額給付金振込はいつ?入金まで遅い?|情報ナビゲーター

川崎市 給付金 遅い

もう振り込みされている人もいるんですね。 郵送申請について 郵送申請分の給付開始は、6月中旬からを予定しています。 通常、申請を受付後、概ね2~3週間程度で指定の口座に振り込みますが、申請書の返送が集中した場合、3週間以上かかる場合がございますのでご了承ください。 郵送申請書の受付開始当初は、申請が殺到し給付までに時間がかかることが予想されます。 お急ぎでない方は、申請の分散化に御協力をお願いいたします。 オンライン申請について オンライン申請分の給付については、審査が完了したものから順次給付を行っております。 出典: 川崎市の定額給付金、入金された人の声まとめ! オンライン申請を終えた方は、既に振り込みが完了して入金された人もいるようです。 一方で、申請書が届いたのは6月10日など、遅かったようです。 振り込まれた人の声をまとめました! 7月16日(木曜日)振り込まれた 今口座チェックしたら川崎市給付金入金されてた。 事前にはがきが来るらしいがそれは来てない(今日あたり届いてるかも知れんが)。 6週経ってもはがきすら来なかったら問い合わせた方がいいかも。 15日(火曜日)振り込まれた 14日、15日に振り込まれたという口コミは発見できませんでした。 まだまだ入金されていない人がいるようですね。 家族4人分の給付金の入金を昨日確認しました。 文句言うのは楽だよな、ありがとうございました。 政府にはもう少し迅速に動いてほしかったです。 — miru MiruEternity 7月10日(金曜日)振り込まれた 本日10日に入金されたという声は未だありませんでした。 7月9日(木曜日)振り込まれた 川崎市10万円本日振り込みされました。 給付金通知は6月8日に来て、9日に送付。 7月7日(火曜日)振り込まれた 振り込まれたという声もあり、1ヶ月立っているのに振り込まれてないという声もあり、 混沌としている状況です…! 待っていたらいつかは振り込まれると思うので、とりあえず待つしかなさそうですね。 川崎市 定額給付金の振り込みを確認しました。 意外と早かったか? — 美味しいもの好き@🐸 winesakebeer もうさすがに振り込まれているかなと思った特別給付金ですが、まだでした。 6月10日に申請書は川崎市に届いている筈なのですが・・。 調べて見ると、通常申請書が届いてから振込まで2~3週間との事ですが。 既に過ぎております。 だんだんありがたみも薄れてきました。 やっと入金です。 なお支給決定通知書はまだ届いていません。 川崎市で給付金が出たご家庭は6月8日頃までに郵送していたご家庭のようです。 約3週間で振り込まれているようです。 川崎市は混雑を避ける為か各町を一定の期間を空けて申請書類を発送していたようなのでスムーズに給付が進むのかと思います — ジョン johnandriza 川崎市の給付金はまだまだ配られないのに、役所で働く方々のボーナスはでたんでしょうかねぇ... @川崎臨港住。 はてさて、いつになる事やら....。 — 🤪あっきゃまん🐹🍀 JAZZTAKO 6月26日(金曜日)振り込まれた 26日に入金されたという声はありませんでした! アベノマスクもですが。 川崎市は遅すぎます。 給付金の入金ですが。 別の方の情報だと、毎週月曜、木曜だけのようです。 入金のお知らせハガキも届くようですが。 ハガキの方が遅いそうです。 — toshi. toku toshitoku2 6月25日(木曜日)振り込まれた 川崎市からの給付金入ってたー。 けっこう早いんじゃないの。 やるじゃん。 川崎市の給付金の入金目標のスケジュールが、川崎市ホームページに掲載されてた。 郵送申請始まったの少し遅かったから、今月中に貰えたらラッキー程度に思ってたけど意外と早かった。 職員の人たちに感謝。 申請書で提出した方は、まだ少し時間がかかりそうですね。 6月17日(水曜日)振り込まれた 6月17日に振り込まれたという口コミはありませんでした。 川崎市はもう少し先ですかね。 指定された口座への振込みまで、しばらくお待ちください。 やったぜ — よしを ysw2012 定額給付金、マイナンバー申請から無事に振り込みいただきました! ありがとうございます! 有効に使わせていただきます! ご丁寧に通知書をもらいましたが、ぜひ次回からはメールかシステムでの確認のみにしていただいて、郵送は無くしていただければと思います! — マルちゃん 10kg痩せたい maru03.

次の

川崎市の定額給付金振り込み入金はいつ?多摩区/麻生区/高津区/中原区/宮前区/幸区/川崎区

川崎市 給付金 遅い

1人一律10万円の特別定額給付金の受付や支給が始まっている。 自治体によってそのスピード感は様々だが、特に人口が多い政令指定都市や中核市などでは、これからというところが多いだろう。 では、今から給付金の支給を考える場合、オンライン申請と郵送による申請ではどちらが早いのか? 「お急ぎの方はオンラインで」という謳い文句だったが、実は郵送の方が早い可能性があるというのだ。 役所の窓口に人が殺到した理由 「オンライン申請の方が遅くて、郵送による申請の方が早い」とは一体なぜなのか? それを検証していこう。 言うまでもなく、10万円給付の申請方法は2つある。 マイナンバーカードを使って、パソコンやスマートフォンで行う「オンライン申請」と、市区町村から郵送された申請書類に必要事項を記入して返送する「郵送による申請」。 早く給付金が欲しいという人には、オンライン申請が推奨されていた。 しかし、いざ蓋を開けてみれば、オンライン申請なのに役所の窓口に人が殺到。 理由は大きくわけて3つあり、まず第1に「そもそもマイナンバーを持っていない人が、この機会にマイナンバーカードを発行しようとした」のだ。 その普及率の低さが、ここへ来て大きく影響してしまったことになる。 第2に「カードは持っているが、暗証番号を忘れ再設定したい」という人。 普段からマイナンバーカードを多用することはまずない。 そのため、暗証番号を忘れてしまった人は多いだろう。 再設定するためには役所に行く必要があるため、これが原因で窓口が混んでしまった。 そして、第3に「暗証番号を5回間違えて、ロックされてしまった」という人。 パソコンやスマートフォンと同様、マイナンバーカードも暗証番号を間違え続けると、ロックがかかってしまう。 それを解除するためには、これまた役所に足を運ぶ必要がある。 オンライン申請と郵送申請の根本的な違い 連日ニュースでも報道されていたように、役所の窓口は5時間待ち、8時間待ちなどという、人気アトラクションよりも酷い待ち時間となっていたようだ。 いくら人が多く訪れたとはいえ、なぜここまで窓口対応に時間がかかってしまうのか? そこにはオンライン申請と郵送による申請で行う作業に、大きな違いがあるからだ。 まず、「郵送による申請」の場合。 住民基本台帳に基づいて、世帯主など必要事項は全て印字済み。 したがって、役所が行う作業は申請者から返送されてきた書類に書かれた振込口座の確認のみ。 流れ作業のように、スムーズに作業を行うことができる。 一方、「オンライン申請」の場合はそうはいかない。 実はマイナンバーカードの本来の目的は、社会保険、税、災害対策の3分野の行政手続きを簡素化することにある。 今回のような感染症による給付に関しては想定外のため、法律的に住民基本台帳とひもづけて使うことができないのだ。 ひもづけられないということは、確認作業が手作業になるということ。 そのため、役所で入力された住所や氏名などの情報を、わざわざ自治体の住民基本台帳と突き合わせる作業が発生する。 これが膨大な時間を要することになってしまうのだ。 実は郵送申請の方がスピードは10倍速い 例えば、東京都品川区の場合。 テレビ朝日によると、品川区では2人一組で申請内容と住民基本台帳の突き合わせ確認作業を行っていて、処理できる数は一日あたり350人分だという。 これが住民基本台帳の突き合わせ作業が必要のない郵送による申請になると、何と一日あたり3000人分の処理が可能となる。 単純にスピードは約10倍。 これだけ見ても、本来は早いなずのマイナンバーカードによるオンライン申請が、全くの本末転倒になっていることがおわかりだろう。 ちなみに、今からマイナンバーカードを作ろうとすると、できあがるのは約2か月先になるという。 あなたはどっちを選ぶ? 人口が少ない市区町村ではすでに給付が始まっているところもあるが、大都市では郵送による申請自体がこれからという自治体が多い。 東京23区の場合、中野区と練馬区はすでに5月15日から申請書の発送をスタートしていて、その他の区でも5月中旬から6月初旬にかけて発送される。 給付の開始については、5月下旬から6月下旬に行われる予定。 神奈川県横浜市や川崎市、埼玉県さいたま市、千葉県千葉市など、同様のスケジュールになるという自治体が多いようだ。 もちろん、各自治体によって状況は異なるが、カードを持っていない人や暗証番号を忘れてしまった人については、オンライン申請よりも郵送の方が早い可能性がある。 マイナンバーカードの準備が整っていなくて、かつ特別急ぐ必要がなければ、申請書の到着を待った方が賢明かもしれない。 オンライン申請の本末転倒 政府があれだけ声高に叫んでいたにも関わらず、実はオンライン申請の方が手間がかかるという矛盾。 安倍首相が10万円を一律給付すると正式に表明したのは4月17日。 この国難ともいえる緊急事態の中で、いまだにこんなことが話題になっていること自体が、スピード感の遅さを表していると言わざるを得ないだろう。 オンラインにマイナンバーの数字自体を使ってないせいで、記載内容をひとつひとつチェックしてるらしい。 source: テレビ朝日、毎日新聞 image by: ウィキメディアコモンズ経由で MAG2 NEWS.

次の

コロナ一律10万円給付【川崎】申請や支給の時期は何時?手続きの方法は?

川崎市 給付金 遅い

新型コロナウイルス感染症のまん延に対応した緊急経済対策として、国民1人当たり一律10万円を給付する「特別定額給付金」。 そのオンライン申請を巡り、実務を担う各自治体から悲鳴が上がっている。 最大の要因は、政府が自治体の実情を踏まえずに「迅速に給付できる」とオンライン申請を推奨した点にある。 政府が2020年4月7日に閣議決定した新型コロナに関する緊急経済対策で、個人への給付金についてこう記した。 実際に給付金のオンライン申請が始まった5月1日当日、高市早苗総務相は会見で次のように述べた。 「マイナンバーカードをお持ちの方は、ぜひ、申請書の到着を待たずにオンライン申請をご利用いただきますよう、お願い申し上げます」。 オンライン申請を推奨したのには理由がある。 政府はリーマン・ショック後の経済対策として2009年に定額給付金を実施した際、紙ベースの申請に全国の自治体が人海戦術で対応した結果、給付までに3カ月ほどかかるケースが続出したからだ。 リーマン不況を超えるとも言われる新型コロナの景気後退に迅速に手を打つため、2020年4月1日時点で国民の16%にまで普及したマイナンバーカードを使ったオンライン申請を勧めたわけだ。 ところが、この推奨に対して、自治体の現場からは悲鳴が上がっている。 マイナンバー制度の個人向けサイト「マイナポータル」経由のオンライン申請を迅速に処理して振り込むための、各自治体におけるシステム対応が間に合っていないからだ。 給付遅れや人海戦術が相次ぐ 特に人口100万人超の大都市から、準備が間に合わずに給付が遅れるとの嘆き節が聞こえる。 人口109万人(2020年5月1日現在)の仙台市は国会で給付金の予算が4月30日に成立したのを受けて、5月2日に市議会で申請システムの予算が通った。 5月8日時点でIT企業とシステム開発の契約を済ませたという。 「大規模な申請システムなのですぐ完成とはいかない」(仙台市の情報システム担当者)。 マイナポータルから届いた申請データを職員が手作業で処理できるのは1日100件程度が限界とみる。 「本市くらいの人口だと1日1万件を超える申請が想定され、とても手作業では対応できないだろう。 システムの準備が整うのを待つしかない」と前述の担当者は明かす。 手作業では処理できない」とする。 マイナポータル経由の申請データを処理する一連のシステムについて、5月11日時点で仕様について協議中であり、「システムの運用開始を待って、5月下旬には初回の振り込みができるようにしたい」(情報システム担当者)とした。 2009年と同様に人海戦術で対応する自治体もある。 福岡市や京都市だ。 福岡市は5月11日時点でシステムが完成するまでの暫定対応として、マイナポータルから届いたデータと住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)上の住民情報との照合や入力ミスのチェックなどを、35人程度の職員が手作業で確認しているという。 「少しでも早く給付金を住民に届けるための措置だ」(情報システム担当者)。

次の