冷凍 ご飯 解凍 方法。 冷凍ご飯のお弁当はパサパサでまずい?の常識を裏返す裏技3テク [時短生活] All About

冷凍ごはんのおいしい解凍の仕方は?注意点や賞味期限をご紹介

冷凍 ご飯 解凍 方法

電子レンジには解凍機能がついているものもありますが、解凍機能は使わずに温め機能を使う事がおすすめです。 解凍機能は凍った肉などをじっくりと温める機能なので、水分がでてしまい美味しさのバランスが損なわれやすくなってしまいます。 電子レンジによって異なりますが、ご飯1膳を解凍するのに600Wで3分が目安です。 加熱の途中で一度取り出し、ラップからお茶碗に移し変え、ほぐしてから再びレンジに入れて加熱すると良いでしょう。 最後までラップで包んだままの状態で加熱してしまうと、ラップの内側に付着した水分をご飯がすべて吸収してしまいます。 その結果ご飯がべチャッとした食感になってしまうので、必ず1度取り出すのがおすすめです。 取り出す目安は、加熱から1分後ぐらいです。 1分くらい経つとご飯がほぐれやすくなっているので、お茶碗に入れて固まりにならないようにしっかりとほぐしてから、再び電子レンジで1~2分加熱しましょう。 冷凍ご飯が固くなるのを防ぐ解凍の裏技 電子レンジで冷凍ご飯を温めると、どうしても水分が蒸発してしまい、ご飯の水分が失われてしまいます。 水分がなくなってしまうと、固くてパサパサな美味しくないご飯になってしまいます。 ご飯が美味しくないと食欲が減退してしまいます。 そうならないためにも、冷凍ご飯を解凍する際は水分を足してあげる事が必要です。 電子レンジで温める前に、霧吹きでご飯に水分をふりかけます。 霧吹きがない場合は、手に付いた水分をパッパッとご飯にふりかけましょう。 カチカチに固まった冷凍ご飯の固まりを、思い切って水で洗ってから解凍するのもおすすめです。 ラップからご飯を取り出して、水で洗い流し、水を切ってから再びラップに包んで電子レンジでチンします。 びっくりするくらい良い感じのご飯に仕上がりますよ。 水で洗い流せば、冷凍庫のニオイを取り除いてくれる効果も期待できます。 冷凍ご飯の解凍に失敗したときはアレンジ 冷凍ご飯は調理してから食べれば美味しく食べる事ができます。 解凍に失敗してしまった場合は、チャーハンや雑炊などに美味しく変身させちゃいましょう。 パラパラのチャーハンを作るには、水分がないご飯の方が上手くいきます。 そのため、チャーハン作りには冷凍ご飯が向いているでしょう。 水分が少ない冷凍ご飯は、炊き立てよりも美味しいだし汁をご飯がたくさん吸い取るので雑炊にもぴったりです。 雑炊なら、凍ったままでも調理を開始する事ができ、解凍の手間が省けます。 鍋を食べた後の締めの雑炊にも冷凍ご飯がおすすめです。 冷凍ご飯の保存方法おすすめは2重 ご飯を冷凍して保存すると、1ヵ月は日持ちすると言われています。 ただし、時間が経てば経つほど味は落ちていくものです。 1週間以上冷凍する事が決まっている場合は、ラップに包んだご飯を冷凍保存用の保存袋に入れて2重にしておくと、より良い状態で保存する事ができます。 冷凍ご飯はお茶碗1杯分ずつ小分けにして冷凍しましょう。 小分けにしたご飯をラップでピッタリと包んで、平らにします。 炊きたてのアツアツのご飯はそのまま冷凍せずに粗熱をとってから冷凍庫に入れてください。 冷凍に時間をかけなければ、より美味しく保存できるので、急速冷凍室がある場合は急速冷凍室に入れて早く冷凍させましょう。 急速冷凍室がない場合でも、金属製のトレイなどにのせて冷凍すると、冷凍にかかる時間を早める事ができます。 ラップを使わなくても、保存容器があればご飯を冷凍する事ができます。 タッパーなどの保存容器にご飯をギチギチに詰め、蓋をして粗熱をとってから冷凍庫に入れます。 容器いっぱいにご飯を詰めれば、余計な空気が入らず美味しいままの状態で保存する事ができます。

次の

冷凍ご飯のお弁当はパサパサでまずい?の常識を裏返す裏技3テク [時短生活] All About

冷凍 ご飯 解凍 方法

温めるときに水を入れる とはいえ、方法は実にシンプル。 フライパンに入れたご飯の上に、水をかけるだけです。 後はフタをして、水蒸気を利用してご飯を柔らかく解凍します。 水は、茶碗1杯のご飯におたま半分の量で大丈夫です。 しばらく蒸気で温めると、ご飯が自然とほぐれてきます。 後はご飯の山を崩して平らにならし、全体が温まるようにすれば完了です。 この方法の良いところは、冷凍庫から出したてのご飯でもしっかり解凍できる点です。 水の力でご飯が焦げることもほぼありません。 ご飯は冷凍保存が主流ですが、それだと電子レンジが必須。 我が家には電子レンジがないので、どうしてもフライパンで美味しく解凍する必要がありました。 最初のうちは、カチカチのご飯を無理やりスパチュラでほぐして解凍。 時間がかかってご飯はパサパサになるし、ごはん粒は潰れて形がなくなるしで、全く美味しい仕上がりになりませんでした。 けれど「水を足す解凍法」を覚えてからは、ご飯のクオリティが格段にアップ。 炊きたてに近い仕上がりになったときは、ただの白ご飯に心から感動を覚えました。 うっかり冷凍庫から出すのを忘れた、電子レンジが故障したときなどは、蒸気を利用した解凍が便利です。 冷蔵庫保存でも美味しくなる さらにこの方法なら、冷蔵庫で保存したご飯も柔らかくできます。 パサパサに乾いたご飯に水蒸気を足して、潤いを取り戻させるのです。 温める時間は、冷凍ご飯より冷蔵ご飯の方が早いです。 少しでも時間を節約したいときは、「冷蔵ご飯+水」の温め方が楽です。 いざとなったらおかゆにする ただ、ご飯の量が多いとうまく解凍できないことがあります。 いざとなったらさらに水を足して、おかゆにしてしまうのが一番確実です。 お茶碗1杯のご飯に、やはり茶碗1杯の水を入れればOKです。 水の量が多いとご飯の山も崩しやすく、普通に解凍するよりも簡単に早く仕上がります。 野菜やたまごを足せば、簡単にアレンジできるところも魅力です。 解凍・保存のポイント 以下、フライパン解凍で美味しく仕上げるためのポイントを見ていきます。 できれば朝のうちに冷凍庫から出しておく 冷凍庫保存の場合、朝イチで冷凍庫から出しておくのが理想です。 冬なら室内で、夏なら冷蔵庫で解凍します。 ご飯の自然解凍にはかなり時間がかかるので、仕事に行く前に出しておくぐらいで丁度よいです。 ただ、私のようなうっかりやの場合、ご飯を冷凍庫から出す忘れる事態がひんぱんに起こります。 そのため最近では、ご飯が凍らない冷蔵保存の方が多くなりました。 無理にご飯を崩そうとしない ご飯をフライパンで解凍するときは、無理やり山を崩そうとしないのがポイントです。 あまりガシガシ削ると、ごはん粒の形がなくなります。 ごはんの山に水をかけてしばらくすれば、山は自然とほぐれます。 中心は時間がかかりますが、フライパンの熱で確実にほぐれていくので大丈夫です。 温まったご飯を崩すのに、余計な力はいりません。 まとめ炊きして冷蔵庫でおかまごと保存 これは、最近私がやっている方法です。 炊飯器があるならまとめ炊きして、おかまごと冷蔵庫へINするのが一番簡単です。 そのままだとパサパサになるので、上にラップやフタをするのがポイントです。 この方法だと、数日間冷蔵保存したご飯でも美味しく食べられます。 タッパーに分ける必要もないので、洗いものが減って楽なのも良い点です。 一人暮らしであれば、ご飯をまとめ炊きすることが多いかと思います。 おかまごと保存すれば、一度に大量のまとめ炊きができて便利です。 普通に電子レンジを買う方が早いとも思いますが、まだまだ粘れそうです。 やる気さえあれば、フライパン1つで大体のことはできます。

次の

ご飯の冷凍方法!美味しく冷凍する3つのコツと上手な解凍の仕方

冷凍 ご飯 解凍 方法

冷凍したご飯が、「どうしても美味しいと感じられない」理由は、水分の影響が多いと前述で触れました。 ご飯を冷凍したしたものを、レンジや蒸し器、自然解凍などにするときには、どうしても水分の蒸発は避けられません。 できるだけ解凍時間は少なく、手短に解凍をしてしまうことが大切です。 そして、基本的なことですが「中まで暖かく解凍する」ことが大切。 このホカホカもご飯の美味しさのひとつですからね!そのために、電子レンジなどで解凍するとき、解凍時間の半分くらいで一度取り出してご飯をほぐして冷たさを均等にすると効果的です。 例えば解凍時間が1分半程度なら、1分前くらいで一度取り出してほぐす。 残りの時間、ほぐしたご飯をレンジで温める。 こうすることで中まで暖かく、ご飯の解凍ができます。 一度冷凍すると、水分が氷のつぶになって食品の中から出てきてしまいます。 解凍した食品は中はパサパサという経験はないでしょうか。 蒸し器などで蒸気加熱する解凍方法なら、このパサパサ冷凍食品への水分補給もできます。 レンジで温める場合は、どうしても水分が蒸発してラップなどに付着、ご飯の中へは戻りにくいです。 また、冷蔵庫のニオイがする水分をご飯に戻しても美味しくないのは想像できますよね。 冷凍肉まんなどを美味しく温めるときにも使える小技です。

次の