クックパッド 吉野家。 「吉呑み」って知ってる!?今宵は「牛皿」で一杯いがか?

クックパッドの凋落、利用者1千万人減で赤字転落…人気のクラシルと真逆の方向

クックパッド 吉野家

料理初心者の人がGoogleで検索するワードといったら• 「つくれぽ 10000」• 「料理 レシピ 人気」• 「料理 レシピ 簡単」• 「料理 レシピ おすすめ」 こんなところではないだろうか。 実際、私もそんなキーワードでなんど検索したことか。 子供から大人まで大好きな「定番レシピ」、おじいちゃん・おばあちゃんが好きな「煮物レシピ」まで殿堂入りしたものばかりなので、家族ウケすること間違いなし! ではさっそく。 スポンサーリンク 目次• 私の好みは、ポン酢を少し多めでネギをガッツリ多め。 唐揚げに続く第2の鶏肉料理入り間違いなし。 甘辛く、味も濃い味なので、晩酌のお供にもご飯のおかずにもおすすめ。 我が家の子供にも大人気になったレシピっす。 食べすぎ注意のレシピです。 チョッとメタボが心配になる「おやじ」にもピッタリなヘルシーメニュー。 カロリー控えめで、食感ふわふわな絶品ハンバーグです。 マーボ丼にしても、そのまま食べてもおいしい、我が家の中華定番メニュー! 味噌ピリ辛マーボで、食欲倍増です。 味ぽんを使った中華あんも絶品です。 あと一品と思った時におすすめ。 ひき肉入りのあんがボリューム一杯で残るので、最後はご飯にのせて肉あんかけご飯! 冬の日本酒晩酌にもピッタリです。 ゴーヤの苦みが少なくゴーヤが苦手な子供たちも食べられるので、家族全員が満足できるレシピです。 通常のカルボナーラでは卵の白身があまりますが、こちらのレシピは全卵使用するので、白身の使い道を考える必要なし! 個人的には、胡椒多めが好みです。 レタスのシャキッと感と、こってり甘ダレの豚が最高! どんぶりではなく、レタスに具だけをのせ、マヨネーズかけて食べても絶品のおかずになります。 あまり親子丼を好きでない我が子も大絶賛! この味を知って、私の中の丼もの順位に変動があったほどのおいしさ。 我が家では、薄切りベーコンではなくブロックベーコンを拍子木切りにして入れます。 つゆだく加減も自分で調整でき、お家牛丼に一時期ハマった。 簡単、スピーディーに作れるレシピなので、朝の忙しい時でもたまに作って食べるほどです。 多めに作り、次の日の朝食にサンドイッチの具として良く活用します。 かぼちゃが苦手な私でもウマイと思った一品です。 常備菜にもピッタリ! 常備菜といいながら、美味しすぎてすぐ無くなってしまいますが...。 月に最低でも3度は作る、超リピートのレシピ。 酒のつまみに欠かせない、私の大好きな一品です。 安いもやしを使ったレシピなので、家計に優しいレシピです。 倍量で作っても、一夜でなくなるほど大好き。 気持ち、コショウ多めで作るのが私の好みです。 きゅうりを大量消費するときの定番レシピです。 超簡単で失敗しないので、小学生の娘にも簡単に作れました。 甘酸っぱくてトロトロのナス、絶品です。 小さなお子さん、ガッツリ食べたい大きなお子さん、さらには、旦那の胃袋まで掴めること間違いなしのレシピだと思いますので、まだ作ったことのない方は一度試してみては。

次の

クックパッドニュース:ゴクゴク飲みたい!おいしい「アイスカフェオレ」の作り方3選

クックパッド 吉野家

サイト「トクバイ」より 東京株式市場で6月24日、約2カ月半ぶりに新規株式公開(IPO)が再開した。 新型コロナウイルスの感染拡大による新興市場の株価急落を受け、IPOが次々と延期されていた。 買い物情報サービス「 トクバイ」を運営する ロコガイド、画像認識ソフトウエア開発のフィーチャ、実演販売を中心とした卸売業のコパ・コーポレーションの3社が東証マザーズに上場した。 コロナ禍から株式市場の本格的な復活を象徴するイベントは狂騒に包まれた。 個人投資家の投資余力は十分で、値幅を取りたいマネーが集中した。 午前9時の取引開始前の気配値は、フィーチャとロコガイドは公開価格の4倍、コパは2倍に達した。 取引が始まるとフィーチャは買い注文が売り注文の14倍に達した。 IPO株の抽選に当たり公開価格で株を手に入れた個人投資家は大幅な値上がりをみて「こんな幸福があるのか」と喜びを隠せず、思わずツイートした。 フィーチャとコパは気配値をそれぞれ公開価格の2. 3倍まで切り上げたが売買は成立せず、初値を翌日以降に持ち越した。 コパは25日、公開価格の2. 3倍の4530円の初値をつけた。 フィーチャは2日後の26日にやっと売買が成立。 初値は公開価格の9. 1倍の4710円までふっ飛んだ。 一方、ロコガイドは上場初日に4605円の初値をつけた。 公開価格(2000円)の2. 3倍である。 終値は5310円まで上昇した。 あまりの狂騒ぶりに過熱への警戒感が急激に高まった。 コパは5900円まで上昇したが、7月8日の終値は4410円と初値を下回った。 7月13日の終値は4590円(390円高)。 フィーチャも5410円の高値をつけたが、7月8日の終値は3675円で初値を割り込んだ。 7月13日には2980円まで下げた。 高値から45%崩落したことになる。 対してロコガイドの株価は右肩上がりの値上がりを続けた。 7月8日の終値は前日比640円(8. 5%)高の8150円。 上場来高値を更新した。 初値の1. 77倍だ。 7月13日には一時、8780円(920円高)。 さらに上場来高値に進んだ。 3銘柄のなかで断トツの軽い値動きを続けている。 ロコガイドは著名な経営者・穐田誉輝社長が率いるとあって注目度が高く、個人のみならず機関投資家も買っているとの観測も聞かれた。 「穐田買い」の様相を呈したわけだ。

次の

つくれぽ1000丨牛丼人気レシピ10選【殿堂入り】

クックパッド 吉野家

「」より 料理検索サイトの大手「 クックパッド」が今、苦境に立たされている。 ユーザー数の多いサービスという印象が強いクックパッドだが、今年の2月7日に発表した2019年12月期の連結決算では、なんと9億6800万円の最終赤字を計上している。 最終利益4億700万円という前年の黒字決算から、上場以来初の赤字決算となってしまった。 また、月間の利用者数平均も、2016年に比べると約1000万人近く減少してしまっているようだ。 今回は、こうしたクックパッド低迷の原因を、ITビジネスや最新テクノロジーに関する本を多数手がけてきた編集者の久保田大海氏に聞いた。 創業当初はまさに画期的なシステムを誇っていたと久保田氏は解説する。 「1998年から始まったクックパッドは、インターネット黎明期に登場した革新的サイトだったと思います。 その理由に、ネット史の大きな変革であったポータルサイトから検索エンジンへの転換があります。 日本における巨大ポータルサイトの代表的な存在としてヤフーがありますが、さまざまな情報を一つのサイトから探っていけることでユーザーからの人気を得ました。 一方で、検索エンジンの代表は グーグルなどですが、ユーザーが知りたいキーワードを検索ボックスに入力して欲しい情報にたどり着く仕組みです。 クックパッドはユーザーの人気がポータルサイトサイトから検索エンジンに大きく移るなかで、レシピ名や材料名などのキーワードを入力すると、検索エンジンのトップに表示されるように工夫しました。 つまり、わざわざクックパッドのサイトに行ってリンクをたどらなくても、すぐに求める情報にアクセスできたのです」(久保田氏) クックパッドが採用している「CGM(コンシューマー・ジェネレーテッド・メディア)」という仕組みがその人気を支えていたという。 「これは、ユーザーが投稿したもので形成していくメディアのことで、掲載するレシピをユーザーに委ねていたことが革新的でした。 これにより、蓄積するまでに時間はかかるものの、運営側が大きな労力を払わずに莫大な量のレシピを提供できました。 これは、PCで検索する人が多かった当時の時代背景も大きく関係していたと思いますね」(久保田氏).

次の