ガラケー line。 携帯電話(ガラケー)でLINEの利用登録をする手順

ガラケーからLINEに登録する方法

ガラケー line

スマートフォンを持っていなくても、携帯電話(ガラケー)があればLINEを利用することが可能です。 そこで、実際にガラケーでアカウントの作成ができるか試してみました。 登録手順をメモしておきます。 携帯電話(ガラケー)版のLINEは無料通話が利用できなかったりと、機能が制限されているので使い勝手が悪いですが、PC版や最近ではGoogle Chrome版などもありますのでスマホがなくてもLINEを利用できる環境が増えています。 ですので、ガラケーしか持っていない人でもアカウントを作っておくと、パソコンでLINEを利用する時にメールアドレスとパスワードを入力するだけでログインできますので、ぜひ試してみて下さい。 ガラケー版LINEの登録手順 まず、お手持ちの携帯電話(ガラケー)でへアクセスします。 naver. アクセスできたら、 「利用登録(無料)」をクリックします。 そのまま 「空メールを送信」をクリックすると、自分の携帯アドレス宛てに 「以下のリンクよりLINE(ライン)の利用登録にお進みください」とメールが届くので、本文内に記載されているURLにアクセスします。 利用登録の画面に移動したら、名前(ペンネーム)を入力して 「同意して参加」をクリックすれば完了です。 引き続き、ID登録の画面になりますが、IDは後から設定が可能ですので、この段階では設定しなくても問題ないです。 利用登録が完了した後に、LINEにアクセスすると自動的にログインした状態になっています。 画面の下までスクロールすると 「設定」メニューがあり、IDやアカウント連動設定が可能です。 アカウント連動設定で、メールアドレス連動設定をするとPC版やGoogle Chrome版でも携帯電話(ガラケー)版と同じ設定でLINEを利用することができます。 ここで設定したパスワードを使って、PC版やGoogle Chrome版でもログインすることが可能です。 ただし、携帯電話(ガラケー)版で他端末ログインを 「許可する」に設定しておく必要があります。 以上が携帯電話(ガラケー)版LINEの利用登録手順です。 ガラケーだと情報量が少ないので、画面の指示に従うだけで簡単に登録できますよ。 登録が完了した後に、家族から「LINEはじめたの?」とすぐに言われたのでちょっとビックリしました。 ガラケー版だと電話帳(アドレス帳)に登録している人にLINEをはじめたことが自動的に伝わってしまうんです。 スマホ版だと利用登録時に設定で友だちにバレずにできるのですが、ガラケー版ではできません。 わざわざ「LINEはじめました」と連絡することを考えれば楽なのかも知れませんが、今回は試しに登録してみただけですし、なんかガラケーだと恥ずかしいので、すぐにアカウントを削除しました。 家族や会社の人などは、自分がガラケーを使用していることは知っているので気にならないのですが、電話帳は昔から全然整理していなかったので、最近は全く付き合いのない人も残ったままです。 ガラケー版でLINEの利用登録をする場合は、電話帳を整理してからにした方がいいですね。 アカウントの削除方法は、 「設定」の画面で最下部まで移動すると 「アカウント削除」のリンクがありますので、クリックした後、確認画面で 「はい」を選択すると削除完了となります。

次の

ガラケーユーザがタブレット(iPad&Android)でLINE(ライン)を登録する方法・使い方

ガラケー line

2018年3月で「3Gガラケー版LINE」がサービス終了 ガラケーLINE騒動の最初は、2018年3月に「ガラケー版LINE」がサービス終了したことにある。 ここでいうガラケーとは、3G回線までにしか対応していないケータイのことである。 ・ドコモでいう「FOMA(フォーマ)」 ・auの「CDMA 1X WIN」 ・ソフトバンクの「SOFTBANK 3G」 のガラケーである。 初期のスマホと同時期に販売されていたガラケーであり、スマホ以上に多機能を誇っていた機種が多かった。 ガラケー専用のアプリをダウンロードして、LINEを利用することができたわけだが、スマホのシェアが大きくなってきたこと、auの3G回線が2022年に停波することなどを受けて、3Gガラケーのユーザーが激減。 それを受けて、「3Gガラケー版のLINEサービス」が2018年3月で終了したわけだ。 2019年9月には「Android ver. 1未満」のLINEアプリサービスが終了 つい最近のことであるが、2019年9月に、「Android ver. 1未満」のLINEアプリサービスが終了している。 これはLINE社が、より安全で安定したサービスを提供するためにリソースを集中させるための処置であるようだ。 対象となる機器では、トークの閲覧・バックアップを含め、すべての機能が利用できなくなっている。 具体的には、ドコモの初期型「らくらくスマートフォン」(F-12D)や「スマートフォン for ジュニア2」(SH-03F)といった、一部のスマホが影響を受けることになった。 この処置に関しては、ガラケーにはあまり影響はない。 2019年秋、「LINEが使えるガラケー」はないのか? 「3G回線専用のガラケー用LINE」がサービスを停止して1年半が経過しているが、いまだにガラケーでLINEを使いたい人はいるだろう。 実際のところ、LINEが使えるガラケーは存在しているのだろうか? LINEが使えるガラケーは「一応」ある ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリア3社の現行ガラケー製品を調べたところ、LINEが使える機種は存在している。 現在発売されている各社のガラケーは4G回線に対応した、いわゆる「4Gガラケー」である。 ドコモの場合、いま現在サイトの製品ページに掲載されているあるが、そのなかでLINEが使える機種は1機種となっている。 auの場合は、サイトに掲載されているあり、そのすべてでLINEが使用できる。 ソフトバンクの場合は、サイトに掲載されているで、LINEが使用できるのは4機種となっている。 プッシュ通知が停止する 「なんだ!LINEが使えるガラケーはあるじゃないか」 と思うだろうが、そう簡単に喜べない事情がある。 それが、LINE社から発表された「プッシュ通知機能の停止に関するお知らせ」である。 LINE社は、2020年3月頃に、対象機種でLINEアプリのプッシュ通知機能を停止すると発表しているのである。 プッシュ通知がないとどうなるのか? プッシュ通知とは、誰かが自分や自分が属するグループに送ってきたメッセージや通話の着信を、通知音やバイブでリアルタイムで教えてくれる機能である。 2020年にこれがなくなってしまう。 2020年3月以降、プッシュ通知機能が終了した機種では、LINEアプリを起動していない状態では、メッセージや通話の着信があっても通知音は鳴らない。 LINEアプリを起動させたときに、前回LINEアプリを終了させて以降に届いたメッセージの受信が行われ、音声通話の着信履歴を確認することになる。 プッシュ通知がないとメールや電話の代替えにならない プッシュ通知機能がないということは、常時LINEアプリを起動させておかないと、リアルタイムでメッセージや通話着信を受け取ることができないということになる。 つまり、一般的なケータイメールや電話の機能をLINEで代替することができないわけだ。 これは、実用性としてかなり使い勝手が悪い。 3GガラケーでLINEを使っていたときと同じ感覚でLINEを使うことはできなくなるし、スマホのLINEとの使い勝手の差も大きい。 あえて言ってしまえば、「使い物にならない」。 各キャリアの現行4GガラケーのLINE対応状況 各キャリアのサイトに掲載されている、現行4Gガラケー製品のLINE対応状況を表にしてみた。 各キャリアとも、上に掲載されている製品のほうが新しい機種となる。 なお詳しい対象機種については、各キャリアのサイトに掲載されている。 2018年以前のように、LINEを存分に使えるガラケーは、もう存在しない。 ガラケーのLINEは終息する ガラケー版のLINEを切望している人には残念なお知らせだが、ガラケー用LINEは終息する可能性が極めて高い。 たぶん、開発能力の集中化やセキュリティ強化の面から見て、LINE社は「ガラケーを切り捨てたい」というのが本音だろう。 最新機種はLINEに対応していない LINEがガラケーを見捨てたこと、キャリアもガラケーでのLINE利用を維持する意志がないことは、最新機種の状況を見れば明らかだ。 上の表では、auは最新機種でもLINEが使用できるが、ドコモとソフトバンクは最新機種はLINEが利用できない。 LINEが利用できるのは一世代前の機種止まりである。 「4Gガラケー」の新製品投入ペースは、スマホよりずっと長くなっている。 新製品は頻繁に登場しない状況である。 そんななかで、今後登場する「新製品ガラケー」がLINEに対応するとは考えづらい。 結論としては、「ガラケーのLINEは終わった」といっていいだろう。 LINEが使いたければスマホに移行が正解 当たり前の結論になってしまうが、モバイル通信端末でLINEを使いたいならば、スマホに移行するのが正解である。 2019年10月現在に、LINEの利用が目的で「4Gガラケー」を購入しても、5カ月程度でプッシュ通知機能が停止してしまうからだ。 現状、スマホ移行以外に手軽かつ低コストでLINEを使用する方法は思いつかない。 ガラケーの皮をかぶったスマホ「ガラホ」でも将来性はない 「ガラケーでLINEを利用する方法」をネットで検索すると「Androidで動いているケータイならできる」という記事が多く見つかる。 いわゆる「ガラホ」(ガラパゴス・フォンの略で、KDDIの商標)なら、「LINEアプリをダウンロードして使用できる」としている。 それは事実であり、auのなどはその系統にある。 しかし、この機種ですら、2020年3月のプッシュ機能停止の対象機種ある。 「ガラホならできる」というのは、いささか古い情報といわざるをえない。 ガラホに積極的なauは、まだ「Androidで動いている4Gガラケー」の存在を公言しているが、ドコモとソフトバンクの最新機種は、OSについての言及はなく、Androidで動いていない可能性もある。 Android以外のOSで動いている機種が、LINEに対応する可能性は極めて低いだろう。 スマホが苦手な人がLINE目的で移行するなら、この機種! 「いまはガラケーだが、この先もどうしてもLINEが使いたい」となれば、スマホに移行するしかない。 しかし、「でもスマホは苦手」というならば、 「ガラケーに近い使い勝手を実現したスマホ」を選ぶといいだろう。 ずばり、 それは「シニア向けスマホ」である。 端末価格もiPhoneに較べればはるかに安価なので、経済的な負担も少ない。 ドコモのおすすめ「らくらくスマートフォン me F-01L」 ガラケーの「らくらくフォン」の流れを組む、元祖シニア向けスマホが「らくらくスマートフォン」である。 メーカーは富士通。 シリーズ化しており、最新作は「」となる。 ガラケーのメニューに似たデザインのホーム画面を持ち、タッチ操作であることさえ理解できれば、すぐに操作に慣れることができる。 「Google Play」に対応しているため、様々なアプリをあとからインストールすることができるが、LINEを起動するためのメニューは、あらかじめ用意されている。 耐水性に優れ、泡ハンドソープでの丸洗いもできる。 1300万画素カメラを搭載し、ワンセグやおサイフケータイに対応するなど、機能は一般向けスマホと遜色ない。 元祖シニア向けスマホの最新機種。 テレビCMなどで女性向けのカラーばかりが目立つが、ボディカラーはピンク、ゴールド、ブラックの三色展開。 男性もブラックなら違和感なく使える auのおすすめ「AQUOS sense2 かんたん」 auのシニア向けスマホ「」は、一般向けの「AQUOS sense2 SHV43」をベースに、大きなアイコンのホーム画面や、見やすいフォント、見やすい画質調整といった改良を施してシニア向けにしたもの。 メーカーはシャープである。 シニア向け機種の常道で、ホーム画面は、ガラケーのメニュー画面に似たデザインになっている。 LINEを起動するアイコンは、ホーム画面をスライドさせた2ページ目にあらかじめ配置されている。 ベースモデルが一般向け機なので、当然「Google Play」にも対応。 アプリはいくらでも追加できる。 防水・防塵なので、扱いが少々ラフでも大丈夫。 メインカメラは1200万画素となる。 おサイフケータイには対応しているが、ワンセグ・フルセグのテレビ機能は搭載していない。 近年シャープのスマホは評判がよく、そのシニア版ということで機能・性能は間違いない。 ボディカラーはブライトシルバー、ミントグリーン、クリアホワイトの三色展開。 どの色も男女兼用という印象だ。 ソフトバンクのおすすめ「シンプルスマホ4」 ソフトバンクのシニア向けスマホ「」もシャープ製。 防水・防塵のタフなボディに、「聞きやすい」「見やすい」スピーカーと画面が搭載されている。 ケータイに似たデザインのホーム画面も、auの「AQUOS sense2」かんたんと、ほぼ共通している。 「Google Play」に対応しており、アプリのインストールが可能。 LINE起動用のアイコンもあらかじめ用意されている。 このあたりの仕様もauの端末と共通している。 「シンプルスマホ」というだけあって、機能はある程度絞られており、ワンセグの視聴はできるが、おサイフケータイの機能は搭載していない。 シニア層には音声検索が好評とのことで、本体側面に音声検索用のボタンを装備している。 画面デザインだけでなく、本体の各種ボタン配置・役割までシニア層にマッチするよう設計されている。 ボディカラーはシャンパンシルバー、ネイビー、ピンクの三色展開。 まとめ 残念なことだが、LINEを利用できるガラケーは存在するが、2020年3月には重要な機能である「プッシュ通知」が停止してしまうので、リアルタイムの連絡手段としては役に立たなくなってしまう。 いまから、LINEのためにガラケーを機種変更するのは無謀。 LINEを使うことが目的ならば、スマホに乗り換えるしかない。 一般財団法人家電製品協会認定の家電総合アドバイザーでもある。 長年にわたり月刊『特選街』の制作に携わり、パソコン関連の著書も多い。

次の

ガラケーユーザーでもLINEストアの利用は可能か?

ガラケー line

ガラケーユーザがタブレット(iPadやAndroid系タブレット)でLINE ライン を使うためのユーザ登録手順・初期セットアップ方法などについて書きたいと思います。 LINE ライン といえば、今や老若男女問わずに多くの人に利用されている大人気のコミュニケーションアプリです。 そんなLINE、意外にタブレットだとLINEを使えないと思っている人も多いんですが、実は出来るんです。 スマホユーザしか使えない訳ではないんです。 スマホ・スマホと言われていますけど、やはり月々の料金が上がってしまうので、ガラケーを使っている人は年配の方を中心に結構多かったりします。 そんなガラケーユーザがタブレットでLINEを始めるためのあれこれを以下紹介したいと思います。 目次 ガラケーの人がタブレットでLINEを利用する方法 今までに、yossyはガラケー使っていてタブレットを購入した知人がタブレットでLINEをできるように設定を手伝った事が何度かありました。 一応先に断りを入れておくとLINEを使えるようにするといっても、 LINEをガラケー自身で使う方法ではなく、ガラケーユーザが別途で持っているタブレットでLINEを使う事を前提とした話なので、あしからず。 こちらのサイトなど()を拝見すると、一応ガラケー単体でもLINEを使えない訳ではないみたいですけど、明らかにスマホ・タブレットなどでLINEを使うような使い方は出来ないですし、不便が多いし、ガラケーの料金プランによってはLINEを使う事で通信料の関係で以前よりも月々の料金が高くなってしまう可能性もあるので、個人的にはあまりおすすめできません。 タブレットでLINEのアプリをインストールする。 まずはお使いのタブレットでLINEのアプリをインストールします。 iPadならAppStoreから、Android系タブレットならGoogle playからLINEのアプリをインストールします。 (ちなみにyossyの母はiPad3 第3世代)の結構古めのiPadですが、LINEアプリは何の問題なく動作しています。 ) ちなみにiPadでのアプリダウンロードの注意点としては、初期設定だとiPad用のLINEをインストールすることになるんですが、iPad用LINEアプリだとiPhone用LINEで使えるような無料通話・ビデオ通話が出来ないなどの一部機能の制限があります。 また年輩の方などには文字が小さくやや読みづらいと思います。 だから、 iPhone用のLINEのように無料通話・ビデオ通話も使いたいし、文字も大きい文字で使いたいというい人は、iPhone用のLINEをインストールした方が良いと思います。 標準のApp Storeの検索設定だと、LINEと検索してもiPad用アプリしか検索結果に上がってきません(Line for iPad)。 iPhone用アプリのLINEが検索結果に表示されました。 このLINEをタップしてダウンロードします。 ダウンロード完了するとこんなアプリアイコンがホーム画面に表示されます。 ここで利用しているガラケーの電話番号を入力します。 すると、ガラケーの電話番号にショートメールが届きますので、そこに記載されている4桁の認証番号を次の画面で入力し、認証を行います。 名前の設定 最初の初期設定でLINEで相手に表記される名前を設定する必要があります。 名前はニックネーム tarokichi でも大丈夫ですけど、本名(山田太郎)の方が良いと思います。 友だちのLINE上への表記がここで設定した名前が表示されるのですが、ニックネームだと誰か分からないというケースがよくあるからです。 友だちの設定 最初の初期設定で、友だちの設定をどうするかを選びます。 「友だち追加」の設定は、自分の友達(トークや無料通話などをLINE上でする相手)を自動的に追加されるようにしたい場合は、ONにします。 ちなみに何を基準に友だちとして自動的に追加されるかというと、以下の条件が揃った場合に、友だちリストに自動追加されます。 自分のタブレットの連絡先に電話番号を登録している人(iPadの場合、最初からホーム画面に入っている連絡先というアイコンの事です)• かつ、その連絡先に登録されている人がLINEを使っている人、つまりLINEユーザだった場合 友だちを手動追加する必要がほとんどなくなるので手間が楽なのはいいんですけど、反面、連絡先に電話番号を登録しているけども親しい間柄ではなかったり仕事上のつきあいだけの人が自動的に友だち追加されるのは嫌だという場合は、「友だち追加」はOFFにした方がいいです。 ちなみにyossyは「友だち追加」はOFFで使っています。 あと、もう一点の 「友だちへの追加を許可」について。 これは自分の電話番号を保有しているLINEユーザに「自分はLINEやってます」と通知する機能です。 「友だちへの追加を許可」をONにすると、相手のスマホ・タブレットの連絡先に自分の電話番号が登録されている場合は、相手側のLINEに友だちとして自動追加されます。 逆に「友だちへの追加を許可」をOFFにすると、相手のスマホ・タブレットの連絡先に自分の電話番号が登録されていても、相手側のLINEに友だちとして自動追加されませんし、相手にLINEをやっている事は分かりません。 ONにしておけば、知り合いが自分を自動で友だち登録できるので手間が楽でいいんですが、LINE上で友だちになりたくない相手のLINE上に友だちとして自分が認識される可能性があるので、そういうのは避けたい場合はOFFにした方が無難です。 ちなみにyossyは「友だちへの追加を許可」もOFFで使っています。 とりあえず初期設定の段階では、「友だち追加」と「友だちへの追加を許可」は最初はOFFにしておいた方が、良いかもしれませんね。 ID設定 ID設定もで必須設定項目ではないですが、きればやっておいたほうが良いですね。 ID設定と「IDで友だち追加を許可」の設定です。 ここで言うIDは、友達追加する際の手段として使えます。 注意点としては、IDは設定済みでも、「IDで友だち追加を許可」をOFFのままだと、ID検索で見つからないので、ID設定と合わせて、、「IDで友だち追加を許可」はONにしましょう。 ちなみにIDは一度設定したら後から変更できないので適当に決めないほうが良いですね。 メールアドレスとパスワード タブレットでの初回ログイン時にメールアドレスとパスワードを登録する必要があります。 普段使う機会はありませんが、LINEを再インストールする際や、PCでLINEを使いたい場合に必要になりますので、何かに控えを取っておいた方が良いですね。 メールアドレスはガラケーのキャリアのメールアドレス docome. jpなど でも良いですし、ガラケー以外のタブレットで使う別のメールアドレス(GMAILやYAHOOアドレスなど)でも良いです。 常時メール受信できるメールアドレスならどちらでも良いですが、強いて言えば、ガラケーのメールアドレスをここで登録すると、さきざき携帯キャリア変更する場合にメールアドレスが変わってしまうので、そうなるとこのLINEのメールアドレス情報も変更する必要が出てくるので、ガラケー以外のメールアドレスのほうが良いと個人的には思いますね。 まぁ後から変更もできるので、そんなに気にせず登録しましょう。 紛らわしいですが上記のパスワードとは別のものです。 以前は設定してもしなくてもどちらでも良かったのですが、セキュリティ強化のため今では必須設定項目となっています。 上記のパスワードと違い、普段使う機会はありませんが、機種変更のログインの際に必要になります。 こちらも後から変更できます。 メールとは違う、楽しくて便利なコミュニケーションツールとして使えると思いますよ。 1対1の時系列の履歴が全て把握できるトーク機能、無料通話、LINEスタンプ、LINEグループ機能などなど、とても便利です。 yossyもLINEを使うようになってからというもの、メールの使用回数は激減して、LINEを使う頻度がかなり高くなりました。 とりわけグループ機能で飲み会メンバーを日程や場所の調整などにも非常に役立ってますね(笑) ガラケーユーザでタブレット持ちの方は、是非LINEデビューしちゃいましょう。

次の