徳島 市長 選挙 内藤 佐和子。 「難病東大生」が最年少の女性市長に 徳島市長は36歳:朝日新聞デジタル

「難病東大生」が最年少の女性市長に 徳島市長は36歳:朝日新聞デジタル

徳島 市長 選挙 内藤 佐和子

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 5日投開票された徳島市長選は、まちづくり団体代表の内藤佐和子氏(36)が約2千票差の接戦を制し、現職の遠藤彰良氏(64)の再選を阻んだ。 先月28日に誕生日を迎えたばかりで、史上最年少での女性市長になる。 支持者らに祝福されると、内藤氏は「徳島を前に進めるため、市民が決断して下さったんだと思います」と喜びを語った。 当選が決まると、内藤氏はピンクのジャンパーに白のジーンズ姿で事務所に現れた。 ジャンパーには選挙戦のキャッチフレーズ「みんなでいっしょに前へ」の文字。 支持者から花束を受け取った内藤氏は「街を二分する戦いになったと思いますが、徳島を愛する心は一つ。 ワンチームになってみんなで前に進んでいきたい。 コロナウイルスの影響で、世界中に閉塞(へいそく)感があるが、この徳島をワクワクする徳島に作り変えていきましょう」と呼びかけた。 県選出の自民の国会議員の支持が分かれ、保守分裂選になった。 かつて徳島で三木武夫元首相派と後藤田正晴元副総理派で自民同士で激しく争った時代を引き合いに「令和の阿波戦争」と呼ぶ陣営もあった。 内藤氏は、自民県連会長の山口俊一氏(衆院徳島2区)や福山守氏(比例四国ブロック)らの支援を受け、遠藤氏は後藤田正純氏(衆院徳島1区)や自民市議団が推した。 保守分裂の背景には昨年4月の知事選で、自民県連が飯泉嘉門知事を推薦したのに対し、後藤田氏が新顔の県議を推した経緯がある。 福山氏と後藤田氏は次期衆院選の徳島1区の公認を争っている。

次の

【結果確定】徳島市長選挙 開票速報2020 情勢予想や出口調査・立候補者の公約・投票率まとめ|議会議員選挙や市長選挙の開票速報・開票結果・立候補者の情勢・当選者出口調査を配信|選挙結果速報ニュース

徳島 市長 選挙 内藤 佐和子

来歴 [ ] 出身。 、、を卒業。 (15年)文科三類に入学したが、文科一類を受験し直し、第3類(政治コース)卒業。 現在、機械工学科の学生(休学中)で一児の母。 東大に在学の20歳の時、を覆うが壊れて剥き出しになる難病()にかかった。 、家業の機械製造会社、応神鉄工の役員に就任。 、帰郷。 から約7年間(JRT)の「」の月曜日を務めた。 、が制作し、出身のが監督した短編「AWA TURN(仮)」 に同名の主人公「サワコ」役で出演。 息子の内藤大世も同名の「タイセイ」役で出演している。 選挙結果 [ ] 2020年徳島市長選挙 [ ] 1月15日、任期満了に伴う徳島市長選挙に立候補する意向を正式表明した。 同年3月29日告示 、投開票の徳島市長選挙に徳島県支部連合会会長のや自民党衆議院議員のらの支援を受けて立候補。 自民党衆議院議員のや自民党徳島市議会議員団が推した現職のを僅差で破り、初当選した。 当選時の年齢は36歳0ヶ月で歴代最年少であり、また史上最年少で当選した女性市長である(内藤が当選するまでは、長を務めたの36歳6ヶ月が史上最年少)。 、就任。 徳島市長に女性が就くのは初めて。 ()(2011年4月25日)- ゲスト、(2013年4月1日 - 2020年1月6日) - 月曜日コメンテーター• 徳島市長選挙(四国放送)(2020年4月5日)- ゲスト 映画 [ ]• AWA TURN(仮)(2019年3月公開、徳島県) - サワコ役 著書 [ ]• 『難病東大生 できないなんて、言わないで』(、) 脚注 [ ].

次の

徳島市長選挙2020立候補者の情勢予想と日程!経歴と公約・政策、争点まとめ|選挙ネット

徳島 市長 選挙 内藤 佐和子

前回の徳島市長選挙結果 ちなみに前回の徳島市長選挙結果は以下のとおりでした。 遠藤彰良氏 41,073 立石量彦氏 28,671 原 秀樹氏 24,214 小松 格氏 826 有権者数 208,737 投票者数 95,386 投票率 45. 70% 2020年 徳島市長選挙 候補者 遠藤彰良氏 無所属 徳島市長の遠藤彰良でございます。 この度Twitterを始めました。 何卒よろしくお願いいたします。 — 徳島市長 遠藤彰良 えんどうあきよし endoakiyoshi 遠藤彰良(あきよし)/64歳。 1955年(昭和30年)10月27日石井町生まれ。 石井中学、城北高校、青山学院大学法学部へと進む。 中高時代は吹奏楽部、大学時代は落語研究会に所属。 1980年、四国放送にアナウンサーとして入社。 以来アナウンサー一筋で35年余り。 主な番組として、入社した年にスタートしたラジオ番組『あんたがたいしょう』は28年3カ月にもわたりパーソナリティーを務め、また『あきよしのえんやこらワイド』なども担当。 テレビは1991年から「おはようとくしま」を20年間担当し、月曜日の「徳島の朝」のコーナーでは県内各地から1000回近くの生中継を行った。 2008年アナウンス部長、2014年からラジオ局次長を兼務し、2015年11月30日付けで同社を退職。 2016年3月、徳島市長に当選。 そんな市にするためにまず行ったのが医療費助成の延長です。 中学校修了まで伸ばしました。 学校の先生曰く「どうせできないだろう」というのが本音だったらしく、予想以上に喜んでもらえました。 子供が安全にのびのびと学べる場所となり大変嬉しく思います。 — 徳島市長 遠藤あきよし endoakiyoshi 3 ネーミングライツの導入 『ネーミングライツ』 市立の建物の名前を協賛企業が考案したものに変更する、という取り組みです。 徳島の企業の名前を多くの人に知ってもらうことができ、市としては、協賛金で予算の安定化を図ることができます。 今あるものを有効活用し、徳島市全体のためにできることを続けていきます。 — 徳島市長 遠藤あきよし endoakiyoshi 4 5 6 内藤佐和子氏 無所属 当選 本当はもっとたくさんのことが言いたいけれど、待機児童や学童のような言わずもがなのことは端折りました。 微調整はしていくかもしれないけれど、これが現状のアウトラインです。 ! — 内藤佐和子 sawacom0327 内藤佐和子/1984年3月、徳島県徳島市に生まれる。 一児の母。 35歳。 応神小学校、徳島文理中学校・高等学校(高校一年時にダラス近郊のCeleste High School に一年間交換留学 を経て、東京大学法学部政治コース卒業。 在学時 20歳 に多発性硬化症という難治性疾患にかかるも、積極的にビジネスコンテストに参加して受賞し、ベンチャー企業数者の経営に参画。 また、経済紙を発行するダイヤモンド社の学生記者クラブの立ち上げに携わり、日米学生会議のプレ会議にも参加した。 2009年に徳島の課題解決型のコンテスト、徳島活性化コンテストを徳島県と共催したことをきっかけにまちづくり活動に携わるようになり、2010年に帰郷。 現在はの取締役を務める傍ら、中小企業庁のミラサポ専門家派遣で中小企業や商店街の企画やPR、 販促支援などを行う。 また、学校や大学への主権者教育や SDGs 教育なども積極的に行い、県の社会教育委員や阿波市の図書館アドバイザーも務め、自身も徳島大学工学部機械工学科に再入学した。 現在は休学中。 四国放送「」月曜日コメンテーター(2013年4月1日から約7年間)。 さらに、県や市の審議会の各種委員を歴任。 (観光、男女共同参画、障がい者、教育振興、総合政策、 規制改革、社会教育委員、子ども子育て会議等。 ) さんま祭りを主催した経験からイベント時の飲食物提供の規制改革を実現したり、DVを受けた経験から男女共同参画会議で女性用トイレにDVの啓発ステッカーを貼る事業を提案・実現したり、自分の経験からさまざまな施策を実現してきた。 徳島市では2019年度は行財政改革や駅前再開発、国土強靭化、教育振興の委員を務め、市の課題を肌で感じている。 世界的プレゼンテーションイベント、TED WOMEN 初代日本代表。 徳島市きらめく女性大賞第一回大賞受賞。 「難病東大生」の著者。 内藤佐和子氏 公式サイト みんなでいっしょに前へ 7つの約束 です。 1 対話のできるまち、徳島 徳島市は県庁所在地として、県内市町村や県との連携をして決めなくてはいけないことがたくさんあります。 また、各種団体等とも協議を進める必要があります。 そごう跡地や音楽ホール、阿波おどり、広域ごみ処理施設や木工会館等、対話をベースにまちのあり方を検討し、一歩ずつ前に進めていきます。 もちろん、すべての意見を反映できるわけではありませんが、対話を重ね、理解を得るための 努力を惜しまないことこそが一番重要だと考えています。 2 行財政改革を推進するまち、徳島 すべての事業について、事業の見直しや事業費の精査を行います。 扶助費(社会保障費)が上昇し、法人税で得られる歳入が減少している今、このままいけば基金(徳島市の貯金)も底をつきます。 市の借金も増えています。 市民の皆さんに少しの我慢はしていただくこともあるかもしれませんが、持続可能な徳島市を 子どもたちに残すため、徹底した行財政改革をすすめます。 3 誰一人取り残さない子育てや福祉を行うまち、徳島 子育てをするのは大変です。 私自身が振り返ると産後うつになっていたように感じています。 そんなときに役所に行くのではなく、明石市のオムツ宅配事業のように家まで先輩ママが話を聞きに来てくれる事業があれば少しは楽だったのではないか、と思います。 そのように市役所で待つのではない外に出て行く福祉を展開します。 また、医療的ケア児、発達障害児や制度の狭間にいる子どもたちの支援も積極的に行います。 4 多様性を推進するまち、徳島 女性、LGBT、障がい者等、社会的マイノリティを支援するまちでありたいと思っています。 自分が自分らしく、誰もが居心地がいいまちにするために積極的に当事者の声を聴いて いきたいと思っています。 そして、周囲の人が理解できるような施策も積極的に展開していきます。 私自身が難病患者、働く女性として、自分事として取り組んでいきます。 5 誰一人取り残さない教育をすすめるまち、徳島 テクノロジーを用いて誰一人取り残さないモデルの構築を進めます。 先にあげた子育てと教育には将来の投資という意味もありますが、子育て世帯を呼び込む 人口増加のための施策でもあると考えています。 同時に先生の負担軽減策も考え、先生も子どもも教育を受け、働きやすい徳島を目指します。 6 防災意識がどこよりも高いまち、徳島 ハード面もさることながらソフト面での意識を高める事業を行います。 子どもにも大人にも紙芝居や読み聞かせなどで防災意識の浸透がはかる施策を行っていきます。 また、発災時の要配慮者やペットの避難のシミュレーションも積極的に行い、災害に備えます。 福祉避難所が実際に機能できるように、さまざまな機関と連携を図りたいと考えています。 7 地域経済をけん引するまち、徳島 徳島にある企業の大多数は中小企業です。 また、農業や漁業などの一次産業従事者も多いです。 そこで働く皆さんがいきいきしていないと地域経済に活力は生まれません。 人材不足に備え、若者の働きやすい環境を整え、給与のアップに貢献するような取り組みには 積極的な支援を行います。 また、地元に位置する中小企業、個店等の人材獲得や域外進出、PR等を応援します。 公約 記者会見、質問、候補者の顔の共同インタビューもろもろが終わって、市役所を出たのが17時半。 やっと一息つけました😊 今回、マスコミにリリースした公約です。 行財政改革に力を入れること、プロセスを踏んで県市協調を行い、徳島のまちのグランドビジョンを描いていくことを主眼に置いています。

次の