アスクル トナー 回収。 使用済みカートリッジ(トナー/ドラム)回収のご案内[無償] 富士ゼロックス

廃トナーボックスとは?【トナーの替え方や回収の仕方】

アスクル トナー 回収

対象地域 全域 翌日・翌々日配送エリア 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 静岡県 鳥取県 岡山県 山口県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 ご不要になった古いカタログを商品をお届けにうかがったドライバーに直接お渡しください。 回収させていただいたカタログは、リサイクル資源として有効に活用させていただきます。 また、アスクルカタログは、アスクル「」に基づき、カタログ用紙の調達とリサイクルがしやすい仕様による制作を委託しております。 カタログの回収にのみ伺うことはできませんので、ご了承ください。 ダンボール回収 対象地域 全域 翌日・翌々日配送エリア 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 静岡県 鳥取県 岡山県 山口県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 下記の地域は紙袋も回収いたします。 対象地域 全域 翌日・翌々日配送エリア 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 ご不要になったダンボール・紙袋を商品をお届けにうかがったドライバーに直接お渡しください。 回収させていただいたダンボール・紙袋は、リサイクル資源として有効に活用させていただきます。 枚数・冊数が多い場合は束ねてお渡しください。 量が多い場合は、事前にお客様サービスデスクまでご相談ください。 また、回収量、その他の状況により改めておうかがいさせていただく場合がございます。。 ご購入いただいたレーザープリンタ用トナーカートリッジ(ドラムカートリッジ、感光体ユニットを含む)、FAX用トナーカートリッジ、コピー用トナーカートリッジ・インクカートリッジを、無料回収しております。 再利用と再資源化を推進するだけでなく、オフィスでの廃棄コスト削減にもお役立ていただけます。 (無料) WebかFAXでお申込みください。 (注1)インクカートリッジは5個以上からの回収となります。 (注2)当日配送エリア・翌日配送エリアは、でご確認ください。 (注3)回収はトナーカートリッジのみとなります。 誤って他の商品等をお渡しいただいた場合、お戻しできない可能性がございます。 ご購入いただいたキングジム「テプラ」テープカートリッジ、カシオ計算機「ネームランド」テープカートリッジ、ブラザー「ピータッチ」テープカートリッジを、無料回収しております。 回収したカートリッジは、メーカーで再び資源として活用されます。 30個以上の使用済みキングジム「テプラ」テープカートリッジがたまりましたら、お手数ですが下記住所まで 着払いにてご送付くださいますようご協力ください。 〒136-0075 東京都江東区新砂2-3-5 東京流通センター2号倉庫 1階 アスクル新砂返品センター アスクル「テプラテープ回収BOX」係 30個以上の使用済みカシオ計算機「ネームランド」テープカートリッジがたまりましたら、お手数ですが下記住所まで 着払いにてご送付くださいますようご協力ください。 〒136-0075 東京都江東区新砂2-3-5 東京流通センター2号倉庫 1階 アスクル新砂返品センター アスクル「ネームランドテープ回収BOX」係 50個以上の使用済みブラザー「ピータッチ」テープカートリッジがたまりましたら、お手数ですが下記「ブラザーコールセンター」までお電話ください。 着払いの宅配状と回収箱をブラザー社より送付させていただきます。 ブラザーコールセンター TEL. 0120-590-383(フリーダイヤル) 受付時間:月曜~土曜 9:00~12:00/13:00~17:00 アスクルの環境への取り組み.

次の

使用済みカートリッジの回収(トナー/インクカートリッジ)

アスクル トナー 回収

手軽に美しい印刷をすることができる業務用プリンターやレーザープリンターは、仕事の強い味方です。 これがないと仕事にならない、という会社も多いことでしょう。 家庭用のインクジェットプリンターはインクカートリッジが必要ですが、業務用プリンターや、レーザープリンターの場合はインクトナーを使うものが一般的です。 カートリッジと同じく消耗品なので、定期的な交換が必要になります。 このトナーの廃棄方法に悩んでいるところもあるでしょう。 そこで、今回は業務用プリンターに使われているトナーの回収や廃棄方法を解説します。 この記事を読めば、トナーの廃棄方法に悩むことはありません。 業務用のプリンターを使っているという人は、ぜひ読んでみてくださいね。 関連記事 2.トナーを回収してもらう方法 この項では、トナーを回収してもらえる場所や企業などを解説します。 どのようなところで回収してもらえるのでしょうか? 2-1.メーカーで回収してもらう方法 トナーやプリンターを製造・販売しているメーカーでは、トナーの回収サービスも行っています。 メーカーによっては、新しいトナーを配達してくれるついでに、古いトナーを回収してくれるサービスを実施しているところもあるので、古いトナーがたまりがちという場合は、引き換え回収サービスを利用してみましょう。 また、家電量販店では、各メーカーのトナー回収ボックスが設置されているところもあります。 2-2.トナー販売業者に回収してもらう方法 トナーを専門に販売している会社も、回収サービスを行っているところがあります。 トナーを製造・販売している会社と同じように、新しいトナーを配送する際に古いトナーを引き取ってくれるところもあれば、使用済みのトナーだけを郵送で回収するところもあるでしょう。 この場合は、専用のボックスなどに入れて郵送するのが一般的です。 2-3.ベルマーク運動に参加する方法 ベルマーク財団では、ベルマーク運動の一環としてトナーの回収を行っています。 学校ではプリンターを使う機会も多いでしょう。 ベルマーク運動に参加すれば、学校の備品と交換も可能です。 ベルマーク運動に参加したい場合は、ベルマーク財団に回収箱を送付してもらい、そこにトナーをこん包して送りましょう。 2-4.産業廃棄物として回収してもらう場合 どうしても回収先が見つからないという場合は、産業廃棄物として専門の業者に回収してもらいましょう。 ただし、トナーはどんな業者でも回収してくれるというわけではありません。 現在、取り引きしている産業廃棄物業者がある場合は、トナーを回収してくれるか事前に尋ねてから、回収を依頼しましょう。 関連記事 3.トナーを不用意に捨ててはいけない理由 トナーカートリッジに入っているインクは、粉末状です。 この粉末は非常に細かく、使用済みのトナーでも完全になくなっているわけではありません。 そのため、トナーが破損して内部の粉末が空気中に飛び散ると、粉じん爆発を起こす可能性があります。 また、空気中に飛び散った粉末を体内に吸い込めば、具合が悪くなることもあるでしょう。 インクカートリッジに使われている粉末は、基本的に体に害がないもので作られています。 しかし、万が一吸い込んでしまった場合は病院を受診してください。 このように、トナーの廃棄は専門の業者でないと、難しいのです。 回収してくれる場所がないからと、家庭ゴミとして捨ててはいけません。 なお、家電量販店などに設置しているインクのリサイクルボックスは、家庭用のインクカートリッジしか回収していないところもあります。 トナーは、トナーも回収しているボックスに入れてください。 関連記事 5.トナーの回収・廃棄に関するよくある質問 Q.家庭用のインクカートリッジは企業による回収サービスはないのでしょうか? A.はい、ありません。 家庭用インクカートリッジは、家電量販店の店頭にあるリサイクルボックスなどを利用しましょう。 Q.トナーカートリッジは、一度にどれくらい回収してくれますか? A.業者によって異なりますが、まとめて回収もしてくれる業者が多いでしょう。 Q.トナーは、必ず回収してもらわなければならないのですか? A.いいえ。 回収してもらう義務はありません。 しかし、回収してもらったほうがエコ活動に役立ちます。 Q.リサイクルトナーはやはり粗悪品なのでしょうか? A.粗悪品ということはありません。 しかし、いろいろなメーカーに対応できるようになっているので、エラーがおきやすかったり、色むらが出やすかったりします。 色合いを大切にしたい場合は、純正品を使いましょう。 Q.トナーを取り外しする際、インクがこぼれることはありませんか? A.正しい方法で取り扱えば、こぼれることはありませんので、取扱方法が分からない場合は必ず説明書を確認してから取り外しましょう。

次の

トナーの回収・廃棄方法を知りたい! ゴミとして捨てても大丈夫?

アスクル トナー 回収

商品お届けのドライバーに直接お渡しください。 その他の地域のお客様は、下記お申し込み方法をご確認ください。 お客様がご使用されたレーザープリンタ用トナーカートリッジ(ドラムカートリッジ、感光体ユニットを含む)、FAX用トナーカートリッジ、コピー用トナーカートリッジ、インクカートリッジを無料回収しております。 回収したカートリッジは、リサイクルメーカーの工場で純正品よりも圧倒的にリーズナブルな価格のリサイクル品として生まれ変わります。 (再使用不可能なものは、再資源化または廃棄されます。 ) 午後3時まで(土・日・祝日を除く)にご依頼いただきますと、翌営業日(土・日・祝日を除く)に 配送会社より回収便がオフィスまでお伺いいたします。 回収はお客様がご使用されたトナー・インクカートリッジに限ります。 インクカートリッジは5個以上からの回収とさせていただきます。 ご使用になったトナーカートリッジは、ご購入時の箱に入れて回収にお出しください。 保守つきコピー機用トナーボトル、インクリボン、FAXリボンなどは 回収を行っておりませんのでご注意ください。 その際はガムテープやひもなどで、箱の中でばらつかないよう固定してください。 ご了承ください。

次の