シャンデラ 調整。 シャンデラ : 第6世代眼鏡シャンデラ|ポケモン育成論ORAS・XY|ポケモン徹底攻略

シャンデラの育成論・パーティ・対策を究める。「ポケモン剣盾(ソードシールド)」

シャンデラ 調整

皆さまはじめまして。 第五世代振りにポケモン対戦に復帰したカノンと申します。 ポケモンの育成論を投稿するのは初めてなので至らぬ点も少なからずあると思いますが、大好きなポケモンであるの魅力を皆さまにお伝えしたくて今回投稿に踏み切りました。 また、エースバーン対策というタイトルですが シャンデラ一匹で返り討ちにできるという意味ではなく、シャンデラを絡めたサイクルで容易に対処できるようになるという意味です。 シャンデラを含めたサイクルについては『相性の良いポケモン』の項を参照ください。 以外にこのタイプを持つポケモンはとのみで、現在 2020年6月26日 今作に登場しているのは内定していたと鎧の孤島で追加されただけです。 最大の個性はC種族値の高さであり、伝説枠であると同じ145という数値を誇ります。 この数値は現在ランクバトルで使用できるポケモンの中ではと並ぶ1位です。 S種族値は80という中速かつ激戦区に位置し、前述した環境トップに対抗するためには襷やスカーフといった持ち物による行動回数のサポートが必須であるといえます。 コンセプト コンセプトは『特性すりぬけを活かし壁展開とみがわり展開への対策をしつつも、環境トップのポケモン達にもある程度撃ち合えるようにする』ことで、持ち物であるこだわりスカーフは主に後者の理由から採用していますが、相手とこちらの持ち物を入れ替える補助技『トリック』を採用することで、受けポケモンを破壊する性能を高めています。 それでも敢えて比較するとすればシャンデラにはないじめん技、かくとう技、ドラゴン技、でんき技、はがね技というサブウェポンの豊富さと、特性ひらいしんによるでんき技への受け出し性能が魅力的です。 しかし火力を出そうとすると持ち物が『ふといほね』に限られてしまう点は型の拡張性を狭めており、かなり読まれやすいポケモンだと言えます。 S種族値が45とかなり低めなので『トリックルーム』に適正があり、またSを捨てて耐久に努力値を回すことができるのでB110という高さも相まって、サイクル戦になった場合の継戦能力が高めです。 サニゴーン ゴースト単タイプで同等のC種族値の持ち主ですが、特性はくだけるよろいとほろびのボディであり、種族値配分においてもA種族値が95・B種族値が50・D種族値が130とアンバランスさが目立ち、純粋な特殊アタッカーや対害悪ポケモンとしてはシャンデラよりもかなり扱いにくいポケモンです。 とはいえ一応物理型を警戒させられる? 点やDの高さが環境に多い系統などの特殊アタッカーとの対面で活きる場合もあるので、シャンデラを完全に下回るポケモンとは言い切れないでしょう。 また、サブウェポンの豊富さにも光るものがあり、特殊のみず・いわ・こおり技を覚える点でシャンデラに勝ります。 主流な特性であるすりぬけはと同様の特性であり、物理型と特殊型更には起点作りや壁張りまで熟し、技範囲に関してもの方が広く単純な性能や役割対象の広さではドラパルトに劣っていると言わざるを得ません。 しかし、扱いやすいくさ技『エナジーボール』を持つ点 ドラパルトも『ソーラービーム』を一応覚えますが で勝り、などのくさ4倍弱点のポケモンを相手取る場合はシャンデラの方が向いています。 またCの種族値もドラパルトが100であるのに対し、シャンデラは145なので交代された場合の相手へかける負荷の大きさやのようなほのお弱点の受けポケモンへの相手をする場合にはシャンデラが勝ります。 特にこの型においてはスカーフトリックが行えるので、受けポケモンに対する破壊力に関してはドラパルト以上のものがあります。 全体的な種族値の高さと耐性の豊富さ、『わるだくみ』、『みがわり』、『ちょうはつ』などの適正の点においてに勝ります。 特性はふゆうなので、すりぬけのシャンデラとは違う強みがあります。 しかしC種族値の上ではシャンデラに20劣り、と同様にくさ技を扱えないことからくさ技が4倍弱点のポケモンへの処理速度で劣ります。 また、がフェアリータイプが4倍弱点であるのに対しシャンデラはフェアリータイプ半減であることや、来シーズンから環境に台頭してくる と思われる やなどの強力なノーマルタイプの対策として増えるであろうかくとうタイプを相手取る際もシャンデラが上を行きます。 しかし、ポケモンというゲームは6匹のポケモンでパーティを構築して戦うゲームなので、その他5匹のポケモンによってもこれらの評価は変わってくると思います。 データ• H 無振りで実数値135 8n-1 になっているのでステロなどのダメージを抑えられます。 A 振る意味がないです。 B 現環境は物理環境ですが、来シーズンからが解禁されると思われるのでダウンロード対策で特防に振っています。 C ぶっぱですが適当に振っているわけではなく、性格をおくびょうにしているためひかえめに比べて火力が落ちること、火力を落として他に振りたいステータスがないことが理由です。 D 余りです。 Bの項目と同文です。 S ぶっぱです。 性格をおくびょうにしてSに最低236振ることで最速が抜けるようになりますが、他のスカーフ持ちの80族や同じ型のミラー、ダイジェットなどでSが一段階上昇しているポケモンに同速対決を挑めるので削ることはできません。 持ち物 こだわりスカーフを持つことでドラパルトをはじめとする環境トップの上を取れるようになる他、トリックで押し付けることでなどの受けポケモンに刺さります。 またとの対面時には相手にとってダイジェットを除いた安定択が基本『ふいうち』のみなので、『トリック』を合わせることで、命の珠などの火力アップアイテムを奪いつつ、リベロの強みである臨機応変な技の打ち分けを抑制することができます。 エースバーンは『かえんボール』『とびひざげり』『とびはねる』『ふいうち』という技構成がメジャーですが、『かえんボール』以外の技はこだわりアイテムと相性が悪いため、スカーフを押し付けることで珠を失ったことによる火力の低下も伴い、裏のポケモンで受けやすくなります。 みがわりビルド型などの搦め手を用いる型であった場合もスカーフトリックで機能停止させられるので、安定して弱体化させることができます。 技構成• シャドーボール タイプ一致で一貫性が高く命中安定のメインウェポンです。 威力がやや低めですがシャンデラの高いC種族値によってそれなりのダメージが出ます。 確定枠です。 オーバーヒート タイプ一致で火力が高い命中そこそこのメインウェポンです。 『オーバーヒート』には威力で劣るものの連発が可能な『だいもんじ』、中威力命中安定の『かえんほうしゃ』からの選択ですが、ほのお技の受けられやすさとこだわりスカーフという持ち物の性質上打ち逃げすることが多く、最も威力が高く受けだしに負荷を掛けやすい『オーバーヒート』を採用しています。 あとオバヒは当たるけどもんじは体感結構外れます。 エナジーボール 超優秀なサブウェポンです。 などを始めとするくさ技が4倍弱点のポケモンに刺さり、などを削れます。 弱保持ちが多いバンギラスには撃たないことをお勧めします。 確定枠です。 トリック コンセプトであり、受け破壊の性能の高さから確定としたいのですが、他にどうしても入れたい技があるのならば変えるのはこの枠でしょう。 受けポケモン全般に刺さります。 他の技 サイコキネシス……主にに叩き込みます。 かくとうタイプにも刺さります。 DMして撃つことでサイコフィールドが張れるので、ミミッキュを始めとする先制技持ちと対面した際にサイコフィールドを張っておけば、DMがとけてスカーフが復活した際に勝てる可能性があります。 おにび……やなど撃ちたい相手は多いです。 ラムのみ持ちが多いなどには撃ちにくいかもしれません。 のろい……スカーフの縛りを解くために手元に戻したけど特に役割ないな……という時に役に立つかもしれません。 有効打のないポケモンを削ることができます。 クリアスモッグ……積んだ相手にいやがらせができます。 すり抜けなので『みがわり』も貫通します。 ダイアシッドにして特攻を上げたりもできますが元の威力が低いので扱いにくいです。 仮想敵と大まかな立ち回り 環境で見かけるメジャーな型のポケモンに絞って書いています。 機能停止させられるが倒すのが難しい受け・害悪ポケモン など 『じこさいせい』連打などをされると倒しきれない場合もありますが、『トリック』を撃って機能停止させれば基本的には倒したも同然です 積みの起点にするのもアリかも)。 後出しからでも『トリック』が間に合うポケモンが多いです。 明確に有利な受け・害悪ポケモン などほのお・ゴースト技が抜群のポケモン、くさタイプが4倍弱点のポケモン、やどりぎのタネを使えるポケモンのほぼすべて 交代読みで削られ、相手を倒せない場合は『トリック』で機能停止させ、そうでない場合は弱点を突くことで倒せます。 しかし、あまりにに不利すぎるポケモンは引いてくる可能性が高いので交代を読んだ技選択も重要です。 などに受け出しすると眠らされる場合があるので読みが重要になります。 対面有利なポケモン など 相手のDMや技構成、持ち物にも左右されますが基本的に有利な対面です。 パルシェンのような確実に積み技から入ってくるポケモンには『トリック』を撃ち、一生からを破っていて貰いましょう。 後だしから勝てるポケモン など オーロンゲは悪技がなければ有利がとれ、ラプラスはキョダイセンリツを誘って受け出しし、DMを切ることで返り討ちにできます。 対面不利だが勝てなくはないポケモン・役割を果たせるポケモン ドラパルトは襷やスカーフ以外の型ならこちらが抜いているので勝てる可能性がそこそこあります。 ミミッキュ・エースバーンは素直に他のポケモンに引くか、『つるぎのまい』『ふいうち』に合わせて『トリック』を打っておけば弱体化させられるので、裏のポケモンで何とかしましょう。 ギルガルドも襷型でなければ『オーバーヒート』で焼くことができます。 カビゴンはお互いに有効打がないことが多いですが、『トリック』でスカーフを押し付けることで大きく弱体化させることができます。 ほぼ確実に勝てないポケモン 基本的にこちらに有効打がなく、相手はこちらの弱点をつけるポケモンです。 スカーフを押し付けられても戦える強力なポケモンが多いです。 大人しく引くか、相手の交代読みの積み技に『トリック』を当てて何とかしましょう。 トゲキッスとウォッシュロトムはHP次第でトドメを刺せる場合もそこそこあります。 ダメージ計算 で対面することが多いポケモンについて書きます。 基本的に環境でよく見かける型のダメージ計算を乗せますが、受けポケモンに関してはHD振りに関しても載せておきます。 HD振りのダメージ計算が確定1発だった場合や高乱数だった場合、HB振りの場合のダメージ計算は必要ないと思われるので省略させていただきます。 DMすることが少ないポケモンについては考慮しない事とします。 相手がDMしてきた場合こちらもDMを切るタイミングを合わせる必要があります。 裏のポケモンに任せるか相手にDMがない場合や積んだDMを受けきれる場合は『トリック』でスカーフを押し付け『つるぎのまい』を撃たせ続けましょう。 襷がはがれている場合は倒すことができます。 またお互いダイマックスした場合はスカーフの効力が切れ、相手に確実に先手を打たれるのでダイバーンを確定で耐えられてしまい不利になります。 『わるだくみ』に『トリック』を当ててもスカーフキッスとしての活躍をされてしまったり、DMで大損害を受けるので大人しく他のポケモンに任せるのが良いでしょう。 相性の良い味方 ナットレイ……のんきHBで使っています。 と下記のとはお互いの弱点をカバーしあえる関係です。 が苦手ななどに強いです。 いかくギャラドス……わんぱくHBオボンのみで使っています。 『エレキボール』を採用していなければを後出しから受けることができるポケモンです。 が『トリック』で作った起点を利用して『りゅうのまい』を積むことで全抜きも狙えます。 上記のと相性がよく、サイクル戦に向いています。 いわゆる『ギャラナット』の並び の苦手ななどに強いです。 バンギラス……いじっぱりHAで使っています。 『ギャラナットシャンデラ』の並びが苦手ななどに強く出ることができます。 性格をようきに変え、Sに振ってが『トリック』で作った起点から『りゅうのまい』を積むのも強力かもしれませんね。 と相性がよく、バンギラスに飛んでくるかくとう技を読んで交代することで弱点をカバーすることができます。 『ギャラナットシャンデラ』の並びが苦手ななどに強く出ることができます。 最後に スカーフの育成論がまだ掲載されていなかった というか削除なされたようですねので、私が使っているシャンデラについての育成論を書いてみました。 の台頭と環境トップのポケモン達によりどうにも向かい風なシャンデラを使ってあげたくて、色々と考えた結果このスカーフトリック型に行きついたのでした。 ダメージ計算に要望やミスあれば積極的に追加・訂正していきたいと思っています。 ほぼ同じような型使ってます。 それなりに強いですよね。 太字はです。 サニゴーンとの比較については後ほど追加します。 またガラガラについての考察・比較も ちょっと投げやりだったので追加しました。 その技でスカーフ固定されます。 もしかしたら理解しているかもしれませんが、「ふいうちを打ち続けさせる」という表現は誤解を生むので辞めた方がいいと思います。 この型はランクバトルでも使用しているので実戦のの中でトリックの仕様は何度も検証しています。 ふいうちは優先度+1なので失敗しても先手になるはずです。 ふいうちが不発になった時は後手に終わると記憶違いしていたかもしれません。 もしかしたらシャンデラに対する有効打がふいうちしかないため、お相手も縛られるの覚悟で突っ張っていたのかもしれません。 後ほど本文を修正しておきます。

次の

【ポケモン剣盾】シャンデラの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

シャンデラ 調整

5%(うち10連勝1回)で駆け上がったシャンデラカビゴンの並びを紹介します。 シャンデラカビゴン構築のコンセプト トリルおきみやげからのはらだいこダイマックス コンセプトは以上です。 具体的な手順としては• シャンデラトリックルーム• シャンデラおきみやげ• カビゴン死に出し• カビゴンはらだいこ。 オボンのみ発動• ダイマックス となります。 戦い方のイメージがつくと思います。 (シャンデラでなくヒトモシなのと、厚い脂肪オボンではなく食いしん坊イア型で技構成などが違いますね。 ) シャンデラの型• 特性:すりぬけ• 個体値:AS逆V他V(Aは妥協してもいい。 逆Vならイカサマやちからをすいとる対策になるかもくらい。 もちもの:きあいのタスキ• わざ:トリックルーム・おきみやげ・シャドーボール・かえんほうしゃ れいせい逆V(評価ダメかも)の最遅にすることで無振り56族と同速になります。 60族にオーロンゲ・ニンフィア・ギルガルド・ラプラス、61族にバンギラスがいるので、このあたりよりもすばやさを低くでき、安心してトリックルームをはれます。 わざはトリックルーム+おきみやげは必須ですが、2枠は自由です。 おすすめはかえんほうしゃとシャドーボールで、シャンデラカビゴン構築以外の選出をするときにも役立つ場面が多かったです。 かえんほうしゃ(命中安定。 やどみがエルフーンや他の戦術で採用してアーマーガアを落とすときに。 オーロンゲ対面でかえんほうしゃ2確を狙うときにも。 シャドーボール(命中安定。 壁・みがわりドラパルトを落としたいときに。 オーバーヒート(Cぶっぱなのでかえんほうしゃでこと足りますが、CをBにふるなど調整したときに)• しんぴのまもり(カバルドンやトリトドンのあくびや後続カビゴンへの鬼火対策に)• クリアスモッグ(別戦術で採用したときのストッパーとして使う場合) カビゴンの型• キョダイマックス• 特性:あついしぼう• 個体値:C不問S逆V他V(SをVにしてもOK)• もちもの:オボンのみ• わざ:はらだいこ・アイアンヘッド・からげんき・DDラリアット カビゴンは特防は種族値110と高いものの、防御種族値は65と紙なので物理防御をガチガチにします。 H244なのははらだいこでオボンのみを発動させる2n調整です。 のんきS逆Vにすることで最遅30族になり、無振り15族より遅くなります。 流石に無振り5族よりは速いです。 ただしわんぱくSVにすることでトリックルームが切れた後にナットレイなどを抜けるので環境によって選択するのがいいですね。 もちものは、はらだいこカビゴンの場合は特性くいしんぼう+フィラのみを採用するトレーナーも多いんですが氷(vsドラゴンや飛行)炎(vs鋼)が強い環境で氷炎わざを使ってくる強力なポケモン(パルシェン・ヒヒダルマ・エースバーンなど)がそこそこいる上に、かなりの頻度で選出されてくるので、あついしぼう+オボンのみが良さそうでした。 わざははらだいこは確定で他3つは選択です。 普通のダイマックスカビゴンのダイアタックは倒しきれないときに相手のすばやさを下げられますが、その盤面がほぼなかったので非推奨です。 からげんき(ロトム系のでんじはや鬼火で弱体化を狙われることが多いので。 ロトムは確定1発で落とせます。 キョダイマックスでキョダイセイセイして多少回復。 3体目の戦闘でミリ耐えする場面が何回かありました。 のしかかり(ちいさくなる相手に)• かわらわり(壁貼り相手に。 格闘弱点の相手と対面することは多いもののからげんきで事足りることが多いです。 じしん(威力もさることながらダイアースで特防を上げられます)• DDラリアット(なにかの間違いで防御を積んだアーマーガアに。 はらだいこ後なら高乱数2発で落とせます。 サニーゴやドラパルトなどゴースト対面でも。 通りがいいので交代読みでうつことも多いです。 アイアンヘッド(ダイマックス後初手ダイスチルで防御を上げることが多いです。 2連ダイスチルが決まれば物理ではほぼ突破不可能なカビゴンになります。 特殊アタッカーが多いときはキョダイサイセイ連打が多いですね。 タネばくだん(てんねんヌオー、B特化ハードロックドサイドン対策に。 かみなりパンチ(ダイサンダーではらだいこターンにうってくるブラッキーニンフィアのあくび対策に。 カバルドンはダメ。 ドヒドイデ対策はからげんきで十分です。 じわれ(てんねんナマコブシ対策) カビゴンの採用するわざ次第で対応可能なストッパーと不可能なストッパーが明確に別れてくる(たとえばタネばくだんを非採用ならてんねんヌオーを倒せない)ので、裏選出にはカビゴンが絶対に勝てないポケモンを絶対に狩るポケモンの組み合わせを置くのがいいでしょう。 シャンデラカビゴン構築の強いところ 最初の3ターンは相手は一切ダメージを受けないので、油断していることもあるんですがはらだいこが決まった次の3ターンでカビゴンが全抜きします。 ストッパーがいないパーティはその時点で試合終了です。 ストッパーがいても相手のパーティを半壊させることが可能なので、3体目に相手のパーティに合わせた対面性能の高いポケモンをおいておけば勝率も高めです。 また、シャンデラの火力が非常に高いことから初手ダイマックスで耐えようとしてくるヤンキー戦法を取る相手も狩ることができます。 初手きあいのタスキで耐える(ドリュウズのがんせきふうじダイロック程度なら砂嵐ダメージ込で普通に耐える。 いわなだれダイロックでも乱数で耐える。 おきみやげでダイマックスターン2ターン目耐えつつ攻撃性能半減デバフ• ダイマックスわざでも高耐久カビゴンのHPは25%〜30%程度しか削られずに3ターン目終了。 という感じです。 最初の数手で相手が何をするかでほぼ試合が決まりますが、ダイマックスしてもだめ、交代してもだめなので取れる選択肢は多くありませんし、選出時点で勝負がほぼ決定しています。 うまくハマるとダイマックスしていようが相手を一撃でなぎ倒していくので、気分爽快なのがこの構築のいいところですね。 シャンデラ枠はデスバーンもあり? 同じゴーストタイプで格闘を無効化できてトリックルーム+おきみやげを両方覚えるポケモンとしてデスバーンがいます。 最初にマスターボール級に上がったのが同じ展開をするデスバーンカビゴン構築でしたが、デスバーンが変化技を多用するポケモンであることからちょうはつをうたれることが非常に多く、機能停止の機会が多くてやめました。 また、ミトムなど特殊弱点と対面したときにシャンデラ対面はボルトチェンジが多いですがデスバーンはボルトチェンジを無効化することからハイドロポンプで落としにくることも多いです。 それぞれを無効化する持ち物がメンタルハーブ・きあいのタスキですが、どちらのパターンも半々くらいで遭遇するためにマスターボール級では勝率は上がりにくく、結局デスバーンは外すこととなりました。 カビゴン枠はヒヒダルマやヨクバリスもあり? カビゴン以外にはらだいこする候補としてはダルマモードヒヒダルマやヨクバリスもありかもしれません。 ダルマヒヒダルマは高速アタッカーになるので、トリックルームを打たなくていいのがいいところですが、耐久が紙なのですばやさが上を取られる相手に即やられてしまうのが難点です。 ヨクバリスはほおぶくろで回復できる上にすばやさも20と低く、防御種族値がカビゴンより高い95なので、物理特化なら強いですが特防が75と低く、あついしぼうもないのでやや総合的な耐久が下がりそうです。 シャンデラカビゴン構築の弱点 交代や相手のダイマックスも勝ち筋にするこの構築ですが、普通に弱い点もあります。 あくびカバルドン(カビゴンが眠る)• のろみがミミッキュ(化けの皮とみがわりで止まる)• きあいのタスキ(3体目が持っている場合に詰め切れないことがあります)• はたきおとす(オボンのみで回復できずカビゴンの耐久が下がる)• トリルが切れた後やはらだいこターンのくろいきり(カビゴンがただのデブになる)• トリルが切れた後のイカサマ(はらだいこが逆効果に)• でんじは(麻痺している間にカビゴンが削られてしまう)• てんねんナマコブシ(弱点をついても完全に受け切られる)• いのちのたまダイマックスダイストリームインテレオン(デバフしても雨下でカビゴンを飛ばしてくる)• ちょうはつ(初手シャンデラにうたれるとプラン崩壊。 うってきそうな相手には攻撃技か3体目交換で中盤に再チャレンジ推奨。 コオリッポ(物理型なのでダイマックスされると受け切られる)• みがわり(ダイマックスカビゴンが小デブになってしまう。 ) 一般的な積み構築対策のストッパーがほとんどですね。 シャンデラカビゴン構築の弱点にたいする対策案• あくびカバルドン:シャンデラのしんぴのまもり。 もしくはそもそも別の選出をする。 のろみがミミッキュ:ダイマックスを切らずにアイアンヘッド連打• きあいのタスキ:ダイスチルを詰めば問題にならないことも多い。 はたきおとす:ドラピオンやタチフサグマなど。 2体目までは持っていけるが3体目までカビゴンの耐久が持たないので、そもそも別の選出をする。 トリルが切れた後やはらだいこターンのくろいきり:運が良ければ立ち回りで勝てるが、カビゴン対面されると勝てないのでドヒドイデやミロカロスなどがいるときはそもそも別の選出をする。 トリルが切れた後のイカサマ:バルジーナなどあくタイプであることが多いので3体目は悪につよいポケモンをおく。 でんじは:気にせずからげんきするしかない。 てんねんナマコブシ:絶対勝てないのでじわれを採用してない場合は選出しないか3体目に高火力電気をおいておく。 いのちのたまダイマックスダイストリームインテレオン:選出時点でプラン崩壊なので、トリックルームしたあとははらだいこせずに削るプランで処理• ちょうはつ:シャンデラにうってくるリスクをとる相手は多くない(攻撃技だとシャンデラの高火力は大体のポケモンを確定2発で倒す)ので、あたったら運が悪かったと思うかちょうはつをうってきそうな相手には初手でトリックルームではなくシャンデラで攻撃技をうって普通に戦うプランに変更する• コオリッポ:カビゴンがあついしぼうならゴリ押しでもなんとかなる。 みがわり:ダイマックスとトリックルームターンを枯らされるので、一番キツい。 1体目は倒せているとしても、死に出しで出た相手の2体目がみがわりをはるということは耐久を削っているので3体目で2体目までは倒せるが、相手の3体目のダイマックスでこちらの3体目はやられてしまう。 ダイスチル連打で耐久を上げて物理耐久を強くするか、ダイアース連打で特殊耐久を強くしてゴリ押しする以外にないかもしれません。 ハマると非常に強力で連戦連勝を重ねられることもあるので、選出時点で相手のパーティにこの戦術が通用するか見抜けるトレーナーが使えば真価を発揮できるかもしれません。 ただ、僕の場合はまだまだトレーナースキルが足りないので選手時点で見抜けずに、一旦369位になったものの再び連敗して今は5桁に落ちてしまいました。 よかったら試しに使ってみてください。 それでは今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 長時間座ってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 「」 Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。 「」 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

シャンデラ : スカーフ調整シャンデラ

シャンデラ 調整

H60 A55 B90 C145 D90 S80 第5世代より登場したポケモン。 種族値を見てまず目に付くのはCが 145という意味がわからない数値である点。 Sはトゲキッスやマンムーと同じ80。 耐久はHが低いお陰で並程度という種族値を持っています。 特性は「もらいび」「ほのおのからだ」、未解禁ではありますが「かげふみ」と、なかなかの特性を持っています。 ポテンシャルが高く、対戦でも良く使われるポケモンです。 がしかし、こいつを使って行くうちに気になってくるのが ・Sが中途半端 ・耐久があんまりない という点。 それのせいでこの子は中途半端になりがちです。 その部分を補う為に「きあいのタスキ」や「こだわりスカーフ」を持たせた場合でも、ステルスロックが蔓延している現状ではタスキが腐ったり、スカフ型に最低限の耐久調整を施したら今度は火力が半端になってしまったり、と。 どうしたものか。 そこで今回は、耐久に性格補正と努力値を注ぎ込み、「こだわりメガネ」を使って火力を補い、タイマン性能を強化した型を書いて行こうと思います。 概要 ・ 耐久力を強化し、 繰り出し力やタイマン性能を強化した型。 ・ 珠コジョンドのストーンエッジをほぼ耐えるので、 格闘に対してある程度の繰り出し性能を確保。 ・オマケ程度ですが、死に出しでなら逆鱗を撃ってるガブリアスをある程度駆逐可能。 ・B特化の熱湯持ちブルンゲルを後出しから突破可能。 この子を使えるタイミング• 死に出し 先発• 無、闘 もらいびの場合、焔も含む の技に対して繰り出し、無償降臨を狙う• 虫、鋼、草、氷 毒 の技に対して半減読みで繰り出す• C無振りブルンゲルが熱湯を撃っていた時、繰り出す• ガブリアスが逆鱗を撃ってる時、死に出しで繰り出す• ステロを撒かれた状態でスカーフガブリアスが逆鱗を撃ってる時、死に出しで繰り出す 5と6に関してですが、まずそんなピンポイントな状況になる確率が低いので、オマケ程度のものと考えていただければ幸いです。 特性 だいもんじ メインウェポン。 オーバーヒートとの選択 両立も可 ですが、焔技を連打したい時もあるので確定。 H4ラティオス 確定1 H156ラティアス 超低乱1 6. 他に格闘や岩や水等のタイプがありますが、今回は確定欄は氷とさせていただきます。 H252ガブリアス 確1• 選択技 オーバーヒート 焔タイプ威力140の大技。 だいもんじと選択 両立も可。 撃ち逃げすることが多い眼鏡と相性が良い技。 H252D4ローブシン 確1 H140D100サンダー 低乱1 18. もらいび発動時確1 トリック BW2にて習得。 S無振りのこの個体では若干使い辛さがあるものの、積みポケや耐久ポケ、輝石持ちや物理アタッカーに有効な技。 エナジーボールが有効な相手に総じて刺さることから、確定欄入り。 シャンデラ自身が相手に水ポケモンを呼びやすい為、撃てるシーンは多いです。 が、眼鏡トリックで上記のポケモンを対策できるために候補止まり。 HD252ラグラージ 確定1 HD特化ヌオー 確定1 HD252トリトドン 確定1 おきみやげ 相手の攻撃、特攻を下げつつ退場する技で、起点作りとして非常に優秀。 耐久調整を生かして強引に起点を作ることができますが、拘りアイテムの所為で使い辛い面があるので注意。 ねごと 同じくBW2にて習得。 催眠技対策として使われる技。 対キノガッサに。 どくどく 耐久型の相手に対して有効な技。 あると便利ではありますが、拘りアイテム持ちの為に若干使い辛い点があるので候補止まり。 特性「こんじょう」持ち相手に注意。 おにび 物理アタッカーに有効な技。 こちらもどくどくと同じ理由で候補止まり。 注意すべき相手 育成論は以上です。 評価よりもコメントにて感想をお願いします。 ・ギリさんのアドバイスより、「トリック」の優先度を上げました。 それに伴い、文章を一部編集しました ・「トリック」を確定欄に移行。 それに伴い「エナジーボール」の優先度を下げました。 ・ああさんのアドバイスにより、「概要」の項目に「対格闘の繰り出し」に関する文章を追加しました。 それに伴い、「概要」の項目内の文章を一部編集しました。 仰る通り、ラティアスに対しては低乱1です。 修正しますね。 >サザンドラ 分かりやすい解説と一緒に書き込んでくださり、ありがとうございます。 後ほどサザンドラを「相性がいいポケモン」一覧に加えさせていただきます。 ただトリトドンには個体数は少ないですが眼鏡を持たせた奴もいるので、そこは注意がいると思います。 とは言ったものの、仰る通り別にこいつだけで相手を見よう見ようとしなくても、トリックして他の味方に投げて草四倍相手を起点にして暴れてもらえばいいですもんね。 了解です。 トリックの優先度、上げます。 後ほどの修正になりますので、多少の時間が掛かる点は御容赦願います。 開成生wwwさんとギリさん、それぞれアドバイスありがとうございます。 「S調整」ではなく「C調整」の間違いです。 失礼しました。 あと、オバヒと大文字でどの程度確定数が変わるかは載せておいたほうがよいと思います。 まぁ個人が調べればいいだけですがこの比較は個人的に大切だと思ってます。 逆鱗耐え調整でシャンデラが耐えても、その前に一体落とされてるので、ガブに仕事されてるだろ、というのも分かります。 ただし、相手の残りがガブリアス一体で、シャンデラのアイテムがばれていない状況もしくはこちらの2体目が地震無効のポケモンでしたら話は別です。 シャンデラには、個体数は減ったものの「風船シャンデラ」という型もあります。 そういう型もある現状、終盤戦でガブリアスが安定して打つ技といったら逆鱗だと思います。 そんな考えから撃ってきた逆鱗を耐えて、めざパで撃破し、勝ち。 そんなワンチャンもあるので、この調整は無駄にはならないと思います。 >オバヒとだいもんじ 一応、ブシンやサンダー相手のダメージ計算は乗っけたのですが、足りないですかね… 了解です。 後程にはなりますが、何か調べて追加します。 鉢巻でないとH252シャンデラを確一にできないなら、同じ状況ならたいていH252シャンデラでもOKなんですよね。 終盤なのにHPが満タンという状況はあまりないはずなので、調整が生きる気がしません。 対格闘を少し意識した眼鏡シャンデラと言われたらこの調整で納得できそうですが、ガブ意識と言われるとなんだかしっくりきません。 すいません、文面だと柔らかい感じに書くのが苦手で・・・ 気分を害されたら申し訳ございません。 笑 miiraさん ああさんが代弁してくださいましたが、もう一度。 スカーフシャンデラの場合、 1. 相手を倒す為にCに努力値を割いて、 2. 相手より早く行動するためにSに努力値を割いて、 3. あれ?もう耐久に割く努力値があんまり無い。 カッツカツ。 という状態になります。 確かに上から相手を叩けるという点は魅力ですが、この型(不利なはずの無振りブルンゲルのねっとうを何故か2耐えする耐久)並みに相手の技に対して繰り出して撃破するだなんて馬鹿技はできません。 スカーフシャンデラの場合、自分より速い相手に対応し切れないこともありますしね。 双方やれることが違うため、この型とスカーフ型との差別化は出来ております。 よって、スカーフで全部OKということは無いと思います。 >格闘に多少は繰り出せる耐久を持ってますよ的な調整 これは、ああさんが仰る表現のがこの型にあってますね。 意地になって文面、アドバイスをなかなか汲み取れず、申し訳ないです。 後ほどこの文面を使い、修正しようと思います。 アドバイス、ありがとうございます。 完全に余談になりますが、実を言うとこの調整、偶然出来たものなんです。 酔った勢いで出たネタで「憎きブルンゲルを苦手なはずのシャンデラで突破出来ないか?」と考えたのがきっかけで、まずはH-Dから調整に入り、勢いで余りをBに振ったら「あれ?ガブのげきりんもそれなりに耐えるぞ?」となったのです。 そのままの勢いでこのシャンデラを作り、実戦投入。 相手の攻撃をそれなりに耐えて反撃、撃破的な流れになることが多く、「勢いで出来た型だけどもこれは使えるんじゃないか?」となり、今回の投稿に至りました。 で、投稿するに当たってそのH-Bの耐久をもうちょい調べたら、「珠コジョンド エッジ耐え」という事実も判明し、今の書き方になったのです。 こんな流れでコイツは生まれました。 しっかし、こうして見返してみるとひどい生まれ方だなコレ・・・w 駄文失礼しました。 アドバイス、育成論に生かさせて頂きます。 コジョの珠エッジが耐えられるといっても格闘技に繰り出せば襷にとっても同じことです(まあコジョには蜻蛉ありますが格闘のエッジをほとんど受けれるなら、という意味です)。 ブルンの熱湯確3は確かに面白いかな、とは思いますが、結局じこさい挑発鬼火あたりに繰り出していけばいいわけですし、ここらはそんな難しい読みが必要なわけでもないと思います。 この型が勝っているのは虫氷等に出しても大した影響を受けないくらいで、だったらガブの地震だろうがラティの眼鏡流星だろうがテラキのエッジだろうがなんでも耐えて、かつこの型より早く技の選択も自由な襷のほうが圧倒的にいいと思います。 この点に関して、私も育成論に書いていなかったために分かり辛いですね・・・ まぁ、この点に気付いたのがのギリさんのアドバイスを受けて運用してみてからなので、正直恥ずかしいですが。 とにもかくにも、後程この点追加させていただきます。

次の